\他社から乗り換えで13,000pt!/ au

ドコモ光の工事費は何がかかる?無料で工事する方法や注意点まとめ

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

キャラクター画像
まま子さん
光回線を始めるときは、どうしても工事費のことが気になっちゃうよね。
キャラクター画像
すーちゃん
ドコモ光なら工事費を安く抑えられるよ!お得なキャンペーンが用意されてるんだ。

光回線の契約で最も気になるのが工事費。この問題はドコモ光を申し込む場合でも生じます。ドコモ光を契約した場合にかかる工事費は、状況ごとに違ってきます。とはいえ、工事費を無料にしたり、金額を安くしたりする方法があるので大きな負担にはなりません。

そこで、こちらの記事ではドコモ光の契約で発生する工事費と、工事費の負担を減らす方法をご紹介します。

ドコモ光はキャッシュバック充実!

  • オプションなしで30,000円を還元
  • 10ギガプランならさらに17,000円還元
  • 他社からの乗り換えならさらにさらに15,000円増額
  • 最短翌月末に振込!
  • 高速ルーター無料!
  • v6プラス対応でネットが速い!

\申込みはこちら!/

ドコモ光の公式サイト

ドコモ光の工事費はいくら?ほかの光回線と比較!

ドコモ光を新規で契約する場合の工事費は、条件によって金額が異なります。工事費を左右する条件は以下の2つです。

工事費を左右する条件

  • 屋内配線(光コンセント)がある状況なのか
  • 光回線が引き込み済みの状況なのか

条件ごとでのドコモ光の工事費を下記の表にまとめました。

工事の条件 戸建て(税込) マンション(税込)
屋内配線を新設する場合 19,800円 16,500円
屋内配線を新設しない場合 8,350円
無派遣工事 2,200円

自宅に屋内配線があり、屋外から光回線が引き込まれていない場合は工事費が8,350円(税込)となります。

自宅に屋内配線があり、なおかつ屋外からの光回線の引き込みもある状態であれば、無派遣工事となり工事費は2,200円(税込)になります。

屋内配線があるかどうかは、家に光コンセントが設置されているかを確認すればわかります。

光コンセントが設置されていると基本的に光回線も導入済みである場合が多いので、高い確率で無派遣工事になります。ただし、引き込まれている光回線が断線などで故障している場合、最も高い費用のかかる工事が行われるので注意してください。

キャラクター画像
すーちゃん
シチュエーションによって料金は細かく変わるよ。まずは自宅の状況をチェック!

まれに自宅に光コンセントがあっても、光回線が引き込み済みではない場合もあり得ます。光回線が引き込み済みであるかは、ドコモ光の申し込み後にわかります。

家に光コンセントが設置されているのか、光回線が引き込み済みであるのかで工事費の額はかなり変わってくるので、ドコモ光の申し込み前に確認してみましょう。

ほかの光回線と比較してみると、ドコモ光での工事費は割と安めな印象を受けます。

光回線 戸建て(税込) マンション(税込)
ドコモ光 2,200~19,800円 2,200~16,500円
ソフトバンク光 2,200~26,400円 2,200~26,400円
auひかり 41,250円 33,000円
NURO光 44,000円 44,000円

今はどの回線にも工事費の割引キャンペーンがあり負担は無料となるので、事業者ごとに工事費の差はあまり出ません。とはいえ、万が一工事費を支払わなければいけない場合、他社より安くなるのはうれしいところです。

工事費が無料になる場面まとめ!お得なタイミングは?

ドコモ光の工事費は、今の状況と申し込むタイミング次第で無料となります。ドコモ光の申し込みをする前に、今の状況が工事費無料になる条件に当てはまるのか確認してみましょう。

ドコモ光では定期的に新規契約での工事費が無料になるキャンペーンが実施されています。そのため、キャンペーンが実施されているタイミングを見計らいましょう。ドコモ光で工事費が無料になるキャンペーンが実施されている頻度は高いです。

ただし、キャンペーンが行われていないときもあるので、実施されていれば早めに申し込みたいところです。

キャラクター画像
すーちゃん
キャンペーンは予告なく終了してしまう可能性もあるからね。

光コラボかフレッツ光のどちらかからドコモ光へ乗り換える場合、工事費はかかりません。このパターンでは家に引き込み済みの光回線を引き続き利用するからです。ただし、乗り換える際に契約プランの通信速度を変更する場合、工事費がかかるので注意してください。

ちなみに、新規契約・転用・事業者変更のどのパターンで契約する場合も、プロバイダ「GMOとくとくBB」での申し込みがおすすめです。特典として32,000円もの高額なキャッシュバックを受け取れるのでお得ですよ。

ドコモ光キャンペーンサイト

なお、ドコモ光を選んで本当に後悔しないかなと…と不安な方は、「ドコモ光の評判や口コミ」で実際の利用者の意見もまとめましたので、併せて読んでみてくださいね。

工事費無料キャンペーンの特徴は?期間や条件も解説

ドコモ光は2023年4月の時点で、新規契約での工事費を無料とするキャンペーンを行っています。キャンペーンを受ける条件は複雑ではありません。条件はドコモ光を新規契約すること、申し込み月を含む7ヶ月以内にサービスの利用を開始していることの2つです。

工事費無料キャンペーンの条件は非常にシンプルで、ドコモ光の新規契約をする方であればほぼ誰でも適用できます。ドコモ光を新規契約する場合は申し込みをしてから1ヶ月ほどで開通するので、7ヶ月以内に利用を開始する条件も簡単に満たせます。

キャラクター画像
まま子さん
難しい条件がないから安心だね。

時間がかかったとしても、最大で2ヶ月で開通するので心配はありません。

またドコモ光が実施している新規契約での工事費が無料となるキャンペーンには、ほかの光回線が実施している同様のキャンペーンには無い特徴もあるので、詳細な内容を解説していきます。

実質無料ではなく完全に無料になる!

多くの光回線サービスが実施している工事費の負担がなくなるキャンペーンでは、工事費を分割払いにしてその分を月額から割り引く「実質無料」という形式となっています。そのため工事費の支払いがまだ続く状況で解約すると、残額を支払わなければいけません。

さらに工事費の残額は一括で請求されるところが多いので、解約する際の負担が増してしまいます。

ドコモ光のキャンペーンでは工事費が一括払い扱いになり、特典が適用された時点で完全に無料になります。よって、ドコモ光では工事費が無料になるキャンペーンを受けると、どのタイミングで解約しても残額の支払いが発生せず費用がお得になるわけです。

キャラクター画像
すーちゃん
他社のキャンペーンとは一味違う!

キャンペーンが使える期間は?通年ではないので注意

ドコモ光の工事費無料キャンペーンは不定期で実施されているため、公式ホームページでもキャンペーンが開始された日しか確認できません。ドコモ光が工事費無料となるキャンペーンをいつまで行うのかはわからないのが実状というわけです。

キャンペーンの実施期間が延長されるケースは多々あるので、1年間の内でも割と長い期間に特典を受けられるチャンスがあると言えるでしょう。

とはいえ、翌月からも工事費が無料となるキャンペーンを行ってくれるかは当月末までわからないことが多いです。翌月になって突然キャンペーンが終了する可能性も決して低くはありません。

ドコモ光を申し込む場合は、特典が用意されている内に動き始めるのがおすすめです。

プロバイダから申し込んでもキャンペーンは適用できる!

工事費無料キャンペーンはドコモ光公式の特典ですが、プロバイダなどが実施するキャンペーンとの併用が可能です。そのため、新規契約でドコモ光を申し込むのであればプロバイダからがおすすめです。

特に「GMOとくとくBB」なら32,000円のキャッシュバックをもらえるので、とてもお得にドコモ光を利用できますよ。

キャラクター画像
まま子さん
公式と代理店のキャンペーンをダブルで受けられるんだね!

また開通工事が行われるまでは無料でモバイルWi-Fiルーターをレンタルできるので、ドコモ光の利用を開始するまでのネット回線も確保できます。

さらに無線LANルーターが永年無料でレンタルできるので、Wi-Fi環境をつくる費用のお得さも申し分ありません。

キャンペーンがない期間の工事費対策は?申し込みのコツ

もしドコモ光で工事費が無料となるキャンペーンが行われていなかったとしても、工事費の負担を抑える方法がないわけではありません。工事費が無料となるキャンペーンの適用ができなくても、下記2つの方法は活用できるからです。

工事費無料キャンペーンがないときは

  • 代理店などのキャッシュバックで補う
  • 分割払いにすることで負担を抑える

代理店のキャッシュバックはいつでも実施されているので、工事費の実質負担額を軽減できます。またドコモ光では工事費の分割払いが可能なので、契約するときに大きな負担を避けられます。

キャッシュバックで補う

ドコモ光が工事費無料のキャンペーンを実施していない時期でも、代理店やプロバイダは独自のキャンペーンを行っています。代理店やプロバイダからキャンペーンを受ければ、その特典で工事費を補うことで負担を大きく減らせます。

たとえば「GMOとくとくBB」でドコモ光の新規契約を申し込む場合、32,000円のキャッシュバックが受けられます。ドコモ光を新規契約した場合の工事費は最大19,800円(税込)なので、キャッシュバック金額で相殺できてしまいます。

しかも「GMOとくとくBB」のキャッシュバックは有料オプションへの加入が必要ないので、非常におすすめです。

ドコモ光キャンペーンサイト

工事費を分割払いにする

ドコモ光では工事費の分割払いに対応しています。分割払いの回数は12回・24回・36回・48回・60回の5通りから選択できます。最終的に負担する工事費の合計額は変わらないものの、分割払いにすれば初期費用として一括で支払うよりも契約するときの負担を安く済ませられます。

なお、分割払いによる利息などは発生しないので安心してください。

キャラクター画像
すーちゃん
まとめて支払うのが難しい人は分割払いを検討してみて!

工事費の分割払いの途中にドコモ光を解約すると、残額を支払わなければいけません。しかし、ドコモ光から別の光回線へ乗り換える場合であれば、移行先が実施しているキャンペーンによってドコモ光の工事費の残りや違約金を負担してくれることがあります。

ドコモ光の工事費を一括で支払ってしまった場合は、移行先が実施するキャンペーンの対象外となってしまう恐れがあります。この点を考慮すると、ドコモ光が工事費無料キャンペーンを実施していない場合は、分割支払いがおすすめの方法と言えます。

キャンペーンの注意点

ドコモ光の工事費無料キャンペーンは、「ドコモ光の基本工事費が無料になる特典」です。そのため、無料とならない工事費の品目があるので注意しなければいけません。注意しておきたいポイントは以下の3つです。

工事費無料キャンペーンの注意点

  • 引っ越し(移転)の場合は工事費が無料にならない
  • 工事費以外の初期費用や追加の費用はかかる
  • 通信速度10ギガのプランには適用できない

すでにドコモ光を契約している場合や、基本工事費以外の費用が発生するパターンはキャンペーンの対象になりません。また新プランのドコモ光10は、従来のドコモ光とはキャンペーン内容が異なるので注意が必要です。

引っ越しでの移転の場合は工事費無料の適用外

すでにドコモ光を利用中で引っ越しによる移転を申し込む場合、工事費無料のキャンペーンは適用されません。工事費無料のキャンペーンはドコモ光を新規契約する人の特典なので、引っ越しの場合は移転工事費が発生します。

また移転による工事費は引っ越しで東日本と西日本のエリアをまたぐかどうかで変わるので、事前に確認しておきましょう。

東日本と西日本の対象エリアや、各パターンでの移転工事費は以下の通りです。

 

◎東日本エリア

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県

 

◎西日本エリア

富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

現在のプラン 条件 戸建て(税込) マンション(税込)
タイプA/タイプB/単独タイプ/ドコモ光 ミニ エリア内での引っ越し 9,900円 8,250円
エリアが変わる引っ越し 19,800円 16,500円
タイプC 引っ越し先で同じ提携CATVを利用 9,900円 8,250円
引っ越し先で異なる提携CATVを利用 19,800円 16,500円
引っ越しと同時にタイプA/タイプBに変更 19,800円 16,500円
タイプA/タイプB/タイプC/単独タイプ/ドコモ光 ミニ 派遣工事なし 2,200円 2,200円

工事費の負担を避ける方法がないこともありません。一度ドコモを解約してから新規契約する方法を活用すると、工事費が無料となるキャンペーンが受けられます。

しかし、解約と新規契約の手続きが必要なので、多くの手間がかかってしまいます。また一度ドコモ光を解約することによって、違約金が発生するリスクもあります。そのため、引っ越し後もドコモ光の利用を続けるのであれば、通常の移転手続きを行う方法がおすすめです。

そのほかに発生する可能性がある初期費用や追加費用

ドコモ光のキャンペーンを受けると基本工事費は無料になりますが、それ以外の初期費用や工事に追加でかかる費用は無料になりません。そのため、ドコモ光を申し込むときは、工事費以外の費用がどれほど発生するか確認しておきましょう。

ドコモ光を契約するときに発生する可能性がある基本工事費以外の費用は、以下の4種類です。

基本工事費以外の費用

  • 契約事務手数料(税込3,300円)
  • 土日祝日や年末年始の追加工事費(税込3,300円)
  • 電話やテレビなどオプションの工事費
  • そのほか工事内容によって発生する追加料金

契約事務手数料やオプションを契約した場合の工事費は、必ず支払わなければいけません。工事日を土日祝日にした場合の追加工事費は、注意していれば発生しません。工事日を平日にさえすれば、追加工事費の発生は避けられます。

工事内容によって追加料金が発生するかは、自宅の環境により異なります。基本的に工事内容による追加料金が発生する可能性は低いですが、既存の配管が利用できない場合は追加料金の対象になります。

そのため、ドコモ光を申し込む際は、工事の日程や環境をしっかり確認しておきましょう。

10ギガプランは工事費無料の対象外だが特典あり

ドコモ光が新たに展開している最大通信速度10Gbpsの高速通信プラン「ドコモ光10ギガ」では、工事費無料キャンペーンを適用することができません。

とはいえ、ドコモ光10ギガを新規契約する場合は、キャンペーンで工事費に相当するdポイント20,000ptがプレゼントされるので実質的な負担は生じません。さらに12ヶ月間毎月1,600ptのdポイントが受け取れます。

キャラクター画像
すーちゃん
dポイントはコンビニや飲食店などでも使えるよ!

dポイントクラブの会員であれば簡単にこれらの特典が受け取れるので、新規契約であれば10ギガのプランを利用したい方も工事費を気にせず契約しやすいと言えます。

ちなみにドコモ光の通常プランからドコモ光10ギガへプラン変更をする場合、19,800円(税込)の工事費がかかるので注意してください。この場合は工事費が無料になるキャンペーンは受けられません。

まとめ

新規契約でドコモ光を申し込む際の工事費は一戸建てで19,800円(税込)、マンションで16,500円(税込)となるのが基本です。ただし、自宅に光コンセントがあれば安くなるので、設置されているか確認してみるといいでしょう。

転用や事業者変更では工事が行われないので、工事費は無料です。ただし、通信速度を変更する場合は状況に応じた工事費が発生するので注意してください。

ドコモ光の新規契約を申し込む場合、タイミングが良ければキャンペーンによって工事費が無料になります。さらに代理店で申し込めば、独自のキャッシュバックも受けられるのでお得です。

ドコモ光が工事費無料キャンペーンを行っていなかったとしても、代理店で申し込めばキャッシュバックによって負担がほぼ無くなります。

ドコモ光キャンペーンサイト

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事