\他社から乗り換えで13,000pt!/ au

OCN光の速度は安定してる?遅いと言われる理由や実測値・評判を紹介!

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

キャラクター画像
まま子さん
OCN光に興味があるんだけど、速さがちょっと心配……。
キャラクター画像
すーちゃん
遅いっていう評判もあるけど、最近は安定して速さが出るんだよ!

OCN光の契約にあたって、「速度はどれくらい出るの?」「遅いって聞いたけど本当?」と悩んでいる人も多いはず。

結論から言うと、OCN光は安定した速度が出せる光回線です。全国で使える光コラボ回線の中でも、比較的速い光回線なんですよ。

今回は、そんなOCN光の速度を実測値や口コミを交えてじっくりご紹介。さらに快適な速度が出せる速度オプションについても解説します。これを読めば、OCN光の速さの秘密が分かります!

今ならお得にOCN光が始められるキャンペーンも用意されているので、あわせてチェックしてみてくださいね。

OCN光の速度はどれくらい?理論値・実測値と他社比較

OCN光は、フレッツ光の回線を利用した光コラボ回線です。

全国で利用でき、通信速度は最大1Gbps。そのうえ面倒な手続きなしで快適なインターネット速度を実感できる「IPoE通信」が標準搭載されており、夜間でも混雑知らずで利用できます。

料金プランは、戸建てプランとマンションプランの2種類。速度重視の人必見のオプション「IPoEアドバンス」をつければ、さらに速い速度を実感できますよ。速度にこだわりたい人にぜひおすすめの光回線です。

OCN光の実測値と他社比較

最大速度1GbpsのOCN光は、IPoE通信が標準搭載されているため、夜間でも安定した通信速度が実感できます。

とはいえ、ほかの光回線と比べて実際にどれだけ速いのかが気になりますよね。まずはOCN光の実測値を他社と比較してみましょう。

光回線 ダウンロード速度 アップロード速度
OCN光 279.8Mbps 220.13Mbps
ドコモ光 273.8Mbps 233.01Mbps
auひかり 466.82Mbps 441.17Mbps
ソフトバンク光 326.04Mbps 254.32Mbps
ビッグローブ光 272.8Mbps 224.95Mbps
So-net光プラス 263.96Mbps 249.88Mbps
コミュファ光 551.72Mbps 496.06Mbps
NURO光 561.35Mbps 505.16Mbps

参照:みんなのネット回線速度

光コラボ回線の中だと、OCN光は比較的速い光回線だとわかります。特にダウンロード速度はソフトバンク光に次ぐ速さです。

auひかり・コミュファ光・NURO光などの独自回線は圧倒的な速さを誇りますが、利用エリアが限られているというデメリットが存在します。

全国で使える速い光回線を選ぶなら、ぜひOCN光を検討してみましょう。

OCN光の評判まとめ|利用者の口コミはどう?

OCN光の速度をチェックするうえで、確認しておきたいのが実際の利用者の評判・口コミです。どれだけ数値を比較しても、本当に使い心地が良いのか気になりますよね。

利用者の満足できる速度が出ているのかどうかを口コミから探ってみましょう。

快適な速度を実感できているという人がいれば、遅いと感じている人も。中には、「遅いけど支障はない」といった口コミもありました。

遅いと感じる人は、快適な速度が実感できるIPoE通信を正しく利用できていない可能性があります。IPoE通信に対応させることで、速度は改善されていくでしょう。

OCN光のキャンペーンを見る

OCN光の速度を安定させているIPoE通信って?

OCN光では、次世代インターネット接続サービス「IPoE通信」を利用し、快適なインターネット接続を可能にしています。

IPoE通信には、従来の接続サービス「PPPoE通信」に比べて回線の混雑を感じにくいというメリットがあります。

出典:引用元:OCN光公式サイト

これまで使用されていた「PPPoE通信」では、インターネット接続の際にネットワーク終端装置を通る必要がありました。インターネットにアクセスしようとする人が増えれば増えるほど、この装置を通る際に混雑が発生します。

一方でOCN光が採用している「IPoE通信」には、このネットワーク終端装置が存在しません。おかげで、混雑しやすい時間帯でもスムーズなインターネット接続が実現できるのです。

ちなみに、IPoE通信は「IPv6方式」に対応しています。IPv6方式とは、インターネットの住所である「IPアドレス」を振り分けるバージョンのことです。

ところがIPoE通信では、これまでのPPPoE通信で対応していたIPv4方式のwebサイトにアクセスできないという特徴があります。

しかしOCN光ではIPv4 over IPv6という仕組みを採用しているので、両方のサイトへスピーディーにアクセスが可能です。

IPoE通信の設定に必要なものは?ルーターの料金はどれくらい?

OCN光では、面倒な申し込みなしでIPoE通信を利用できます。ただしIPoE通信に対応したルーターを用意する必要があるので注意しましょう。

IPoE通信の利用方法は、以下の3種類が挙げられます。

 

IPoE通信の利用方法
  • 市販のルーターを購入する
  • ホームゲートウェイを利用する
  • Wi-Fiルーターをレンタルする

市販のルーターは、「OCNバーチャルコネクト対応ルーター」を選ぶようにしましょう。家電量販店やオンラインストアで購入できます。料金は7,000~10,000円ほどです。

ホームゲートウェイは、NTT東日本・西日本から提供されるルーターのことです。対象のプランに申し込んでいる場合、OCN光から提供されます。利用には「ひかり電話」の契約が必要です。

Wi-FiルーターのレンタルはOCN for ドコモ光とセットで申し込んだ場合のみに利用できます。

長く使い続けることを考えると、市販のルーターを購入したほうがコスパが良くておすすめですよ。

IPoEアドバンスならさらに速度が快適に!特徴を解説!

IPoE通信によって快適な速度を実現しているOCN光ですが、さらにストレスのない速度を求めるのなら「IPoEアドバンス」を利用するのがおすすめです。

IPoEアドバンスは、オンラインゲームのラグや遅延をとことん減らし、リモートワーク中のオンライン会議などもスムーズに行える速度オプション。大容量の通信でも問題なくインターネットが利用できるプランです。

IPoEアドバンスが速い理由は、IPoEアドバンス専用の広帯域ネットワークを確保しているから。道路で例えると、IPoEアドバンスだけの高速道路が用意されているイメージです。

OCN光が標準搭載しているIPoE通信も速度が安定していますが、IPoEアドバンスはさらに快適な速度を実感できます。そのうえWindowsアップデートなど混雑の原因になりやすいものは通常の回線から分けてくれるので、いつでも快適なインターネット通信が可能です。

なおIPoEアドバンスは通常の月額料金にプラスしてオプション料金が必要です。詳しい料金プランは以下の通りです。

費用 戸建 マンション
工事費用 19,800円 16,500円
事務手数料 3,300円 3,300円
月額費用 7,458円 5,808円

※全て税込

通常の月額費用は戸建て5,610円(税込)、マンションは3,960円(税込)です。IPoEアドバンスのオプション料金1,848円(税込)をプラスすることで、月額料金は上記のようになります。

現在、OCN光では最大6カ月間の月額料金とIPoEアドバンスのオプション料金が無料になるキャンペーンを行っています。キャンペーンを利用すれば、IPoEアドバンスの速度をお得に試すことができますよ。快適な速度を実感してみたい、という人はぜひ利用してみてくださいね!

OCN光の速度が遅い時の対応方法まとめ

速度の速さが魅力のOCN光ですが「速度が出ない」「遅い」と感じる場合もあるでしょう。

本来はIPoE通信を利用して快適な速度を実感できる光回線です。速度が遅いときは以下の対応方法を実行してみると、速度が改善されるかもしれませんよ。

 

対応方法まとめ
  • ルーターを再起動する
  • Wi-Fiの接続先を確認
  • IPoE通信になっているか確認
  • LANケーブルを買い替える
  • 光回線プランの見直し

上記の5つの方法を試すことで、ほとんどの場合OCN光の速度が改善されていくはずです。

どうしても速度が改善されない場合はプロバイダ側で問題が起きている可能性もあるので、サポートセンターに問い合わせてみてくださいね。

ルーターやONUを再起動!電波が届き速度改善へ

ルーターやONU(終端装置)などの機器を再起動することで、速度が改善される可能性があります。これまで電波が思うように届いていなかっただけで、再起動で電波が届くようになるかもしれないのです。

再起動の手順は、PCなどの電源を切り、ホームゲートウェイ→ONUの順番でコンセントを抜くだけ。5分ほど時間をおいてから、ONU→ホームゲートウェイの順番で電源を再度入れていきます。

全ての機器が再起動出来たら、PCの電波状況を確認してみましょう。速度が改善されているはずです。

Wi-Fiの接続先をチェック!通信規格を「a」に変える

Wi-Fiの接続先名を確認してみると、「a」と「g」、2種類の通信規格が確認できる場合が多いです。それぞれに異なる特徴があるので、うまく使い分けると速度が改善されるでしょう。

aの特徴
  • 高速通信に対応している
  • 電子レンジやBluetoothなどの電波干渉を受けにくい
  • 遠くに電波が飛ばせず、障害物に弱い
gの特徴
  • 障害物に強い
  • 離れていても電波が届く
  • 電波干渉を受けやすい

aの通信規格はほかの機器の電波干渉を受けにくく、スピーディーなインターネット通信が可能です。gの通信規格を使っていて「遅い」と感じているのなら、Wi-Fiの接続先を変えてみましょう。

ルーターから距離のある部屋でPCを使う場合は、gの通信規格に変えてみましょう。インターネットにつながりやすくなるはずです。

IPoE接続環境になっている?ルーターの種類も確認

OCN光では、申し込み不要で誰でもIPoE通信を利用できます。しかし非対応のルーターを使っている場合はIPoE通信を利用できません。

IPoE通信に対応しているかどうかは「IPoE接続環境確認サイト」から調べられますよ。

IPoE通信への接続が確認できなかったら、ルーターの種類を確認するようにしましょう。

なおルーターは「OCNバーチャルコネクト対応ルーター」を選ぶことが大切です。「v6プラス対応」などのルーターだとOCN光でIPoE通信が利用できない可能性があるので注意しましょう。

CAT5e(カテゴリー5e)以上のLANケーブルに買い替える

有線でインターネットを利用している場合は、LANケーブルの種類を確認しましょう。

LANケーブルの種類が「CAT5(カテゴリー5)」だった場合、最大100Mbpsしか速度が出せません。OCN光の最大速度は1Gbpsなので、かなり遅いことがわかりますね。

CAT5e(カテゴリー5e)以上のLANケーブルなら最大速度1Gbpsに対応しているので、100Mbps以上の通信速度を出すことができますよ。LANケーブルのカテゴリーをぜひチェックしてみてくださいね。

プランの見直しで速度が改善される可能性も

マンションなどの集合住宅では、ひとつの回線をみんなで分け合いながらインターネットを使用します。つまり、混雑しやすい時間帯はどうしても速度が遅くなってしまうのです。

またマンションの配線が「VDSL方式」だった場合は、そもそも最大100Mbpsまでしか速度が出せないという特徴があります。

しかし、マンションでも「戸建てプラン」を契約すれば速度を改善できる可能性がありますよ。戸建てプランは自分の家庭だけに回線を引けるので、ほかの家庭やVDSL回線の影響を受けなくなるのです。

ただし別途工事が必要になるので、プランの見直し時によく確認するようにしましょう。

まとめ

IPoE通信に対応しているOCN光は、安定した速度が出せる光回線です。ほかの光コラボ回線と比べても快適に使える光回線だとわかります。

さらに速度を求めるのなら、オプションのIPoEアドバンスを利用してみましょう。オンラインゲームのタイムラグを感じにくくなるので、素早い判断が求められるFPSゲームのプレイも快適です。

キャンペーンを利用すれば、月額料金やIPoEアドバンスの利用料金が6カ月間無料。お得に高速通信を試せるチャンスです。ぜひ利用してみてくださいね!

今ならOCN光のキャンペーンがお得!



出典:OCN光公式サイト(https://service.ocn.ne.jp/hikari/campaign/morimori-hikari202302/)

  • 月額料金が最大6ヶ月間無料
  • 新規開通の回線工事費が無料
  • 毎月dポイントがたまる!

\申込みはこちら!/

OCN光の公式サイト

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事