\他社から乗り換えで6,000pt!/ au

auからpovoに乗り換える方法とメリット・デメリットを解説!

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

キャラクター画像
まま子さん
すーちゃん、aからpovoに乗り換えるとどうなるのかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
料金が安くなってお得だよ!
キャラクター画像
まま子さん
そうなの?詳しく知りたいわ!

大手通信キャリアの料金が高いと感じている方は多いのではないでしょうか。

最近では大手通信キャリアから格安の料金プランが登場しており、料金を安くしたい方・データ通信量をあまり使わない方はそれらの格安料金プランに乗り換える傾向にあります。

今回は、auから同じくKDDI株式会社が運営しているpovoへ乗り換える際のメリットや注意点について詳しく解説します。

auの料金が高い・他社に乗り換えて安くしたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

auからpovoに乗り換えるメリット

出典:povo2.0公式サイト(https://povo.jp/

auからpovoへ乗り換えるメリットは以下の通りです。

ポイント

  • 料金が安い
  • 選べるプラン(トッピング)が豊富│ギガ活でデータがもらえる
  • エリアや通信速度が変わらない
  • auのスマホならそのまま使える

下記にて詳しく見ていきましょう。

料金が安い

povoは基本的にauよりも安く使える点が魅力です。

下記表にてpovoとauの料金を比較しました。

通信会社 povo au
小容量データの料金 1GB(7日間):390円
3GB(30日間):990円
【スマホミニプラン 5G/4G】※
~2GB:3,278円
~3GB:4,378円
~4GB:4,928円
大容量データの料金 20GB(30日間):2,700円
60GB(90日間):6,490円
150GB(180日間):12,980円
【使い放題MAX 5G/4G】※
無制限:4,928円

※auスマートバリュー・家族割プラス(3回線以上)・au PAYカードお支払い割適用時の料金です。

小容量のデータ料金については、auで各種割引を適用した後の金額よりもpovoの方が遥かに安いことがわかります。

また、auは4GBまでの小容量プランのほかは無制限プランしかないため、20GBなど中間のデータ容量を利用したい方には不便に感じるでしょう。

キャラクター画像
まま子さん
わかるわかる。4GBだと少ない気もするけど、無制限は多すぎるのよね…。
キャラクター画像
すーちゃん
povoなら自分に合ったデータ容量が選びやすいね。

ただし、povoはauのように無制限プランがないため、スマホでデータ容量を気にせず利用したい方にはおすすめできません。

一方でpovoにはさまざまなトッピングが用意されているので、自分に合った使い方が可能です。

キャラクター画像
すーちゃん
次の章で詳しく解説するね。

選べるプラン(トッピング)が豊富│ギガ活でデータがもらえる

出典:povo2.0公式サイト(https://povo.jp/spec/topping/list/

povoにはデータトッピングと呼ばれる、有効期限やデータ容量が決められた複数のトッピングを購入することが可能です。

povoのデータトッピングは以下の通り。

povo トッピング概要
月額基本料 390円 990円 2,700円 6,490円 12,980円 330円
データ量 1GB 3GB 20GB 60GB 150GB 使い放題
有効期限 7日間 30日間 90日間 180日間 24時間
低速時速度 128Kbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し ×
5G対応
※この表は右にスクロールできます
※上記は基本のトッピングのみです。この他に期間限定で提供されているものもございます

 

有効期限を過ぎた場合やトッピングのデータ容量を使い切ると通信速度が128kbpsに制限されるので、再び高速で通信がしたい場合はデータトッピングを追加で購入しなければなりません。

データトッピングを使わない場合は基本料金0円なので、必要な時だけトッピングを購入することで毎月の料金をより抑えることが可能です。

キャラクター画像
まま子さん
毎月定額で使いたい人にはちょっと面倒なのかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
オートチャージ機能があるから、有効期限が切れたりデータ容量を使い切った時に自動で同じトッピングを購入するように設定することはできるよ。
キャラクター画像
まま子さん
なるほど、定額プランと同じような使い方もできるのね。

ただしオートチャージ機能はデータ容量を使い切った時にも自動で課金してしまうので、データの使い過ぎには注意が必要です。

ギガ活で効率良くデータ容量をゲット

さらにpovoには「ギガ活」と呼ばれるサービスがあり、対象店舗でau PAYを利用し条件を満たすと一定のデータ容量がもらえます

例えばローソンの場合は、税込500円以上の買い物をすると300MB(3日間有効)がもらえますよ。

対象店舗ともらえるデータ容量については、povo公式サイトをご確認ください。

このように、効率良くデータ容量が手に入るサービスも充実しているので、トッピングを購入する頻度を減らし料金を抑えることにつながります。

キャラクター画像
すーちゃん
でも、povoでは180日間以内に1回以上有料トッピングを購入しないと利用停止になってしまうから、定期的にトッピングを購入してね。

エリアや通信速度が変わらない

povoはauと同じくKDDI株式会社が運営しており、エリアや通信速度はauとほぼ変わりません

通信会社 au povo
下り平均速度 100.49Mbps 103.91Mbps
上り平均速度 16.25Mbps 16.11Mbps

※上記通信速度は直近3ヶ月間の平均実効速度です。
※測定期間:2023年11月16日~2024年2月16日
※出典:みんなのネット回線速度

「みんなのネット回線速度」では全国で測定された実効速度の平均値が算出されているため、多少の誤差はあるもののauとpovoはほぼ同じ通信速度で利用できることがわかります。

エリアもauと同じなので、現在auを使えている場所であればpovoも問題なく利用できるでしょう。

キャラクター画像
まま子さん
使い心地は変わらないのに、料金が安くなるのは最高ね!

auのスマホならそのまま使える

au以外の他社大手通信キャリアで購入したスマホの中には、SIMロックを解除しないとpovoで使えない機種もありますが、auのスマホであれば基本的にSIMロック解除なしで利用することが可能です。

キャラクター画像
すーちゃん
古い機種の場合はSIMロック解除が必要、または使えない可能性もあるので、念のためにpovo公式サイトで動作確認をしてね。

そのため、auからの乗り換えであればSIMロック解除の面倒な手続きや手数料(店頭手続きの場合は3,300円かかります)が不要なので、よりスムーズに乗り換え手続きができますよ。

ちなみに2021年10月以降に発売された機種(iPhone 13シリーズを含む)であれば、どこで購入してもSIMフリーなので、SIMロック解除は必要ありません。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo1.0・auからの変更はこちら

auからpovoに乗り換えるデメリット

auからpovoに乗り換えるデメリットは以下の通りです。

auからpovoに乗り換えるデメリット

  • サポートはすべてオンライン
  • auスマートバリューや家族割プラスの適用対象外
  • キャリアメールが非対応
  • 留守番電話が非対応

下記にて詳しく解説します。

サポートはすべてオンライン

povoは実店舗を持たない格安料金プランなので、店舗や電話窓口がなくサポートはすべてオンラインです。

不明点がある場合もpovo公式サイトのチャットサポートを利用する仕様であり、auの店舗だったとしてもスタッフと音声や対面で話をすることができません。

そのため初めてスマホを使う方や高齢の方など、スマホの操作に慣れていない・わからないことがあったらスタッフに直接聞きたいと考えている方には、不便に感じる可能性があります。

キャラクター画像
すーちゃん
対面や電話サポートが必要な方は、povoではなく同じくau系列の格安SIMであるUQモバイルのように、実店舗やコールセンターを持つ会社がおすすめだよ。

auスマートバリューや家族割プラスの適用対象外

povoではauで適用可能なauスマートバリューや家族割プラス・au PAYカードお支払い割などの各種割引が利用できません

各種割引を適用した状態でもpovoの方が基本的に安く利用できますが、家族複数回線で利用している場合や使っているデータ容量を考慮すると、povoに変えると逆に割高になってしまう恐れがあります。

現在の契約内容とほぼ同じ条件でpovoに変えたらどの程度料金が変動するのか、povoでデータ容量は足りるかなどを確認し、確実に安くなるとわかった上で乗り換えることをおすすめします。

キャリアメール非対応

povoにはキャリアメールのサービスがなく、auのキャリアメールを引き続き利用したい場合は「メール持ち運びサービス(月額330円)」の利用が必要です。

キャラクター画像
まま子さん
povoだとキャリアメールを作られないのね。

アプリの登録など基本的にGmailなどのフリーメールで代替可能ですが、中にはキャリアメールのみ登録可能なサービス(芸能人のファンクラブなど)もあるため、キャリアメールが必要かどうか事前にチェックすることをおすすめします。

留守番電話が非対応

povoでは留守番電話も使うことができません

他社のように有料オプションとして留守番電話を扱っているわけでもないため、留守番電話を利用したい場合は他社サービスを活用する必要があります。

  • Androidスマホの伝言メモ機能を使う
  • スマート留守電など外部の留守電サービスを契約する
  • デュアルSIM対応端末であれば留守電機能がある回線を別途契約する
キャラクター画像
まま子さん
不在着信があった時は折り返せば良いだけだし、そこまで必要ではないかも。
キャラクター画像
すーちゃん
仕事などで留守番電話がどうしても必要な場合は、他の代替案を考えてみてね。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo1.0・auからの変更はこちら

auからpovoに乗り換える方法

auからpovoに乗り換える手順は以下の3ステップです。

  1. povoに乗り換えるau回線のau IDでログイン
  2. povoで契約手続きをする
  3. SIMの開通手続きをする

下記にて、それぞれの手順について詳しく解説します。

1.povoに乗り換えるau回線のau IDでログイン

povoに乗り換える際はまずpovo公式サイトの「auから変更」を選択し、乗り換える回線が紐づいているau IDでのログインが必要です。

au IDでのログインが完了したら、povoの契約に必要なpovoアカウントが作成されます。

ログインの際には本人確認のためにau契約時に登録した4桁の暗証番号の入力が必要です。

キャラクター画像
すーちゃん
3回以上暗証番号を間違えるとロックされちゃうから気を付けてね!

2.povoで契約手続きをする

次に、povoで契約手続きをします。その際に支払い方法の設定が必要となるので、クレジットカードを用意しましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
クレジットカードがない場合は、「あと払い(ペイディ)」が使えるよ。
  1. SIMタイプを選ぶ
  2. 契約者情報を入力する
  3. 同意事項の確認
  4. 申し込み

画面の案内に従って、入力ミスがないか確認しながら手続きを進めましょう。

3.SIMの開通手続きをする

契約手続きが完了し自宅にSIMカードが届いたら、SIMカードの開通手続きをします。

開通手続きの手順はSIMカードとeSIMで異なるため、間違えないようにしましょう。

SIMカードの開通手続き

  1. 郵送にてSIMカードを受け取る
  2. povo会員アプリにてSIMカードを有効にする※9:30~20:00まで
  3. SIMカードを端末に差し込む
  4. APN設定をする
  5. 発信テスト用番号(111)に電話をかける

eSIMの開通手続き

  1. povoの会員アプリでeSIMを有効にする※9:30~20:00まで
  2. povoの会員アプリにて「eSIMのプロファイル」をインストール
  3. 【povo以外に利用している回線がある場合】モバイル通信プランを設定する
  4. APN設定をする
  5. 発信テスト用番号(111)に電話をかける

まずはpovo会員アプリにログインし、SIMを有効にする必要があります。

APN設定やモバイル通信プランの設定は端末によって手順が異なるため、povo公式サイトにて確認しましょう。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo1.0・auからの変更はこちら

auからpovoへ乗り換える際の注意点

auからpovoへ乗り換える際の注意点は以下の通りです。

auからpovoへ乗り換える際の注意点

  • MNP予約番号は発行しない
  • eSIMは対応端末が限られているので事前に動作確認をする
  • au加入同日にpovoへ乗り換えは不可

下記にて詳しく解説します。

MNP予約番号は発行しない

auからpovoへ乗り換える際、MNP予約番号の発行は不要です。

逆に発行してしまうと手続き前にキャンセルする必要があり、手間がかかるので絶対に発行しないようにしましょう。

eSIMは対応端末が限られているので事前に動作確認をする

povoでeSIMを使う場合対応している端末が限られているため、事前に自分のスマホがeSIMに対応しているか確認しましょう。

基本的にiPhoneやGoogle PixelであればeSIMの利用が可能ですが、その他の端末の場合はeSIMが使えない恐れがあります。

eSIM非対応の機種の場合は、新たに機種を購入する必要があるので手続き前に忘れずに確認してください。

au加入同日にpovoへ乗り換えは不可

auに加入した同日にpovoへ乗り換えることはできません。

キャラクター画像
まま子さん
そんなことをするケースってどんな時?
キャラクター画像
すーちゃん
auで端末割引のキャンペーンを使って乗り換えた後に、povoに変えて料金を安くするケースが一番多いかな。

この場合は、auに乗り換えた日の翌日以降にpovoへ乗り換えるようにしましょう。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo1.0・auからの変更はこちら

auからpovoに乗り換えるのに一番良いタイミング

auからpovoに乗り換える際、基本的にいつ乗り換えてもお得になります。

契約解除料や事務手数料などの費用も一切発生しないため、いつ乗り換えても発生する費用は変わりません。

強いて例を挙げるとすれば、povo側でお得なキャンペーン(期間限定のトッピング)を実施している時が最も良いタイミングだといえます。

ポイント還元などの特典については、auからの乗り換えの場合対象外になるケースも多いため、自分に合った期間限定のトッピングがある時を狙いましょう。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo1.0・auからの変更はこちら

料金を今より安くしたい・自由にスマホを使いたい方はpovoに乗り換えよう!

auからpovo

auからpovoへ乗り換えると高い確率で料金を安くできますが、データを無制限で使いたい方はpovoに変えると割高になる恐れがあるので注意が必要です。

povoは基本料金0円で、必要な時だけトッピングを購入できる自由度の高いプランなので、自分好みのプランを作りたい・必要な時だけ課金したい方に適しています。

auの料金の高さやプラン内容に悩んでいる方は、ぜひpovoへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

なお、povo以外の乗り換え先も検討したい方は、ぜひ下記記事も参考にしてみてください。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo1.0・auからの変更はこちら

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事