IIJmioで下取りサービスはある?スマホをお得に買い替えるには?

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

キャラクター画像
まま子さん
IIJmioへ乗り換えたいんだけど、新しいスマホを買う時に今使ってる機種を下取りに出せたりするのかな?
キャラクター画像
すーちゃん
残念ながら下取りサービスがないんだよね…。でも、買取サービスとの提携を行っているよ!
キャラクター画像
まま子さん
そうなのね。IIJmioへ乗り換える際に、スマホをお得に買い替える方法について教えて!

IIJmioへ乗り換えるにあたって、今使っているスマホを下取りに出して新しい端末をお得に買いたいという方もいるのではないでしょうか。

この記事では、IIJmioに下取りサービスがあるのかについて解説します。

また他社の買取サービス等との比較や紹介も行っているので、参考にしてください。

IIJmioで下取りサービスは展開してない

結論から言うと、IIJmioでは下取りサービスをとくに展開していません。

IIJmioではたくさんの種類から好きなスマホやタブレットなどを回線とセット購入できますが、その際に手持ちのいらなくなったスマホを下取りに出すことはできないのでご注意ください。

下取りキャンペーンはないが「にこスマ」を買取金額増額の特典付きで利用できる

IIJmioには下取りキャンペーンがありませんが、「にこスマ」のスマホ買取と提携しているためにこスマ利用時に買取金額を増額してもらえます。

具体的にどれくらい増額されるかは公表されておらず、IIJmioの会員ページからサービスを利用する際に売りたい端末から確認できるしくみです。

キャラクター画像
まま子さん
どれくらい増額されるかわからないのはちょっと心配だけど、IIJmioユーザー向けの特典があるのは嬉しいわね。

6/3まで!初期費用割引中!

にこスマ買取と他社の下取り・買い取りサービスの比較

nikosuma banner

にこスマの買い取り価格は他社の下取りや中古ショップでの買い取りと比べてお得なのか、気になりますよね。

キャラクター画像
まま子さん
確かに、できるだけお得に買い取ってもらいたいところだわ。

にこスマ買い取りと、大手キャリアの下取りや中古ショップでの買取価格を比べてみました。

比較するのは、iPhone 13の128GB・SIMフリーモデルにおける下取り・買い取り価格です。

iPhone 13・128GB(SIMフリー)の中古下取り・買い取り価格比較(2024年3月16日時点)
にこスマ買取 13,250~53,000円
ドコモ下取りプログラム 43,000円
※画面割れ品12,900円、機能不良品10,100円
au・下取りプログラム 45,100ポイント
※Pontaポイントでの還元、破損品は13,200ポイント
ソフトバンク・下取りプログラム 50,400円→PayPayポイントは51,600ポイント
※良品でない場合15,120円→PayPayポイントは15,480ポイント
楽天モバイル・スマホ下取りサービス 45,570円
※画面損傷13,670円、外装損傷・機能不具合4,560円
じゃんぱら買い取り 64,000円
イオシス買い取り 63,000円
ゲオ買い取り 63,800円

見ての通り、にこスマの買い取り価格はキャリアの下取りプログラムよりは最大額が高額、しかし、じゃんぱらやイオシス、ゲオといった中古ショップよりは安価という状態でした。

ただし、IIJmioユーザーだと買取金額の増額があるので、もう少し中古ショップとの差が縮まるかもしれません。

近くにスマホの買い取りを行っているお店がある、またはオンライン申し込みができるなら基本的には中古ショップの利用がおすすめですが、手軽にオンラインで申し込んでIIJmio経由でお得に買い取りをしてもらいたい場合は必要に応じてにこスマも検討してみてください。

ちなみにフリマアプリを利用すれば、より高額で売却できる場合もあります。

しかし、必要事項の記入漏れ(状態に関する説明など)があると、購入者とのトラブルになる場合もあるので注意して使いましょう。

また、スマホの場合は意外とフリマアプリで売った場合と中古ショップでの買い取り金額に差がないケースもあります。

キャラクター画像
すーちゃん
手数料とか送料を含めると、近くのお店で売ったほうがむしろお得なケースもあるんだ。
IIJmio banner

スマホの下取りを行っている格安SIM

最後に、スマホの下取りに対応している主な格安SIMについて解説します。

UQモバイルは下取りサービスで乗り換えや機種変更をお得にできる

UQmobile banner

UQモバイルはau回線の格安SIMで、KDDIが自ら展開しているauのサブブランドとなっています。

結果として自社の回線をそのまま使えるため回線速度が高速で安定しているメリットがあります。

UQモバイル 料金プラン概要
ミニミニプラン トクトクプラン コミコミプラン
月額基本料 2,365円 2,277円・3,465円 3,278円
月額基本料
(最大割引時)
1,078円 990円・2,178円 割引無し
データ量 4GB 1GB・15GB 20GB
低速時速度 最大300Kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
無料通話 付帯なし 10分以内通話無料
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

ただしIIJmioと比べると、料金プランは金額が高めであることにご注意ください。

キャラクター画像
すーちゃん
品質が良い代わりに、料金はちょっと高いって感じだね。

UQモバイルへの乗り換え時は機種代金からの還元という形で下取りが可能で、例えばiPhone 13・128GBなら最大45,100円(画面割れなどの破損があれば最大13,200円)で下取ってもらえますよ。

機種変更の際も下取りが可能ですが、Pontaポイントでの還元という形になります。こちらも還元額自体は2024年3月16日時点だと共通でした。

UQモバイルで端末を買う際は、必要に応じて下取りサービスを活用してみてください。

【6月3日まで】最大20,000円相当還元!

ワイモバイルは下取りプログラムでPayPayポイントか機種代金の値引きを受けられる

Ymobile banner

ワイモバイルはソフトバンクが展開しているサブブランドの格安SIMで、UQモバイルと同様自社回線を使ったサービスなので高速・安定している快適なサービスです。

ワイモバイル料金プラン シンプル2概要
S M L
月額料金 2,365円 2,915円・4,015円 2915円・5,115円
各種割引適用後料金
(契約翌月以降)
1,078円 1,078円・2,178円 1,078円・3,278円
データ容量 4GB ~1GB・20GB ~1GB・30GB
低速時速度 最大300kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※割引金額は「おうち割 光セット(A)」「PayPayカード割」両方適用時の価格です
※表は右にスクロールできます
 

料金プランもUQモバイル同様ちょっと高めですが、LYPプレミアムによるYahoo!ショッピングでの高還元等の特典をもれなく使えるのはメリットに挙げられますよ。

そして、ワイモバイルには下取りプログラムがあり、下取り額はPayPayポイントか機種代金の値引きでもらえるようになっています。

利用は新規契約(MNP含む)か、機種変更時に行えますよ。

例えばiPhone 13なら正常品は50,400円または51,600PayPayポイント、破損があると15,120円または15,480PayPayポイントの還元です。

ちなみにワイモバイルのiPhone下取りでは、とくに容量毎の金額の違いがありません。

キャラクター画像
まま子さん
大容量モデルだとちょっと損になるかもだけど、小容量なら他社よりちょっと高めでお得かも。

乗り換えで最大10,000円相当還元!

※詳細はワイモバイルの公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)でご確認ください

楽天モバイルはスマホ下取りサービスで本体を下取りしてもらえる

Rakutenmobile banner

楽天モバイルは楽天が自社回線を使って展開している、大手キャリアのサービスです。

楽天モバイル「Rakuten最強プラン」概要
月額料金 1,078円 2,178円 3,278円
データ容量 3GBまで 3~20GBまで 20GB以上
通話料 国内通話無料(Rakuten Link使用時)
22円/30秒(標準アプリ使用時)
5G対応
※表は右にスクロールできます
 

大手キャリアですが料金設定は格安SIM並みで、3GBまで1,078円や使い放題で3,278円といった低価格で通信できます。

またRakuten Linkというアプリから発信すれば、通話も無料でかけ放題になりますよ。

キャラクター画像
まま子さん
無料でかけ放題はすごいわね!

楽天モバイルにはスマホ下取りサービスがあり、楽天キャッシュで下取り額を受け取れます。

現金ではありませんが、楽天市場や楽天ペイなどで現金と同じように使えますよ。

例えばiPhone 13・128GBなら最大45,570円、画面損傷があると13,670円、外装損傷・機能不具合の場合は4,560円での下取りになります。

キャラクター画像
まま子さん
楽天はサービスがたくさんあるから、ポイント系でも使い道に困ることはなさそうかしらね。

他社から乗り換えで6,000pt!

povo2.0はスマホギガトレードで通信量をもらえる!

povo banner

povo2.0は月額基本料0円の格安料金プランで、auが展開しています。

通信品質はキャリア並みでありつつ、低価格になっていますよ。

povo トッピング概要
料金 390円 990円 2,700円 6,490円 12,980円 330円
データ量 1GB 3GB 20GB 60GB 150GB 使い放題
有効期限 7日間 30日間 90日間 180日間 24時間
低速時速度 128Kbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し ×
5G対応
※この表は右にスクロールできます
※上記は基本のトッピングのみです。この他に期間限定で提供されているものもございます

 

アプリからトッピングを購入することで高速通信が可能、330円で24時間使い放題など充実したプランが用意されていますよ。

povo2.0では下取りではなく「スマホギガトレード」というサービスがあり、利用すると現金の代わりに20GB・30日間の通信量をもらえます。

つまり手持ちのスマホをpovo2.0に送ることで、一定期間支払い不要で通信ができるんです。

例えばiPhone 13の128GBモデルなら、最大420GB分(56,700円相当)の通信量と交換できますよ。

今後の通信料金をしばらく抑えるという形での還元を受けたい場合は、スマホギガトレードを使用してみてください。

キャラクター画像
まま子さん
変わったタイプの下取りなのね。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo1.0・auからの変更はこちら

ahamoの下取りプログラムはahamoでの端末購入時に利用可能

ahamo banner

ahamoはドコモがオンライン申込専用で展開している、格安の料金プランです。

ahamo 料金プラン概要
月額基本料 2,970円 4,950円
データ量 20GB 100GB
低速時速度 1Mbps
通話料 22円/30秒
無料通話 5分かけ放題付帯
データ繰り越し ×
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

月額2,970円で、20GB+5分かけ放題を、1,980円の大盛りオプションを契約すれば80GB追加で100GBの通信も可能です。

ahamoの下取りプログラムは、ahamoで端末を購入する際に下取りが可能です。

もらえるのはdポイントとなっているので、現金を受け取ったり直接購入する端末代の割引を受けたりしたいと考えていた方はご注意ください。

例えばiPhone 13・128GBの他社・SIMフリーモデルなら、最大43,000円・画面割れ品12,900円、機能不良品10,100円分のdポイントで下取りをしてもらえますよ。

5分無料通話付き!

まとめ

IIJmioで下取りサービスはある?スマホをお得に買い替えるには?

今回は、IIJmioの下取りサービスについて解説しました。

ポイント

  • IIJmioには下取りサービスがない
  • にこスマと提携しているため、IIJmioユーザーならお得に端末を買い取ってもらえる
  • 大手キャリアの下取りサービスと比べると、にこスマの買い取り価格は高め
  • 中古ショップへの売却なら、状態が良ければよりお得に買い取ってもらえる
  • UQモバイルやワイモバイルなど、格安SIMで下取りサービスを提供しているものは複数存在する

今回の解説を参考に、手持ちのスマホの処分方法について検討してみてください。

お得に手放すなら中古ショップやフリマアプリが無難です。

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事