ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えるメリットは?手順も解説!

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

キャラクター画像
まま子さん
ねーすーちゃん、ソフトバンクからの乗り換え先にイオンモバイルってどう?
キャラクター画像
すーちゃん
料金が安いから、ソフトバンクが高いと思っている人におすすめだよ!

格安SIMのイオンモバイルは大手キャリアよりも料金が安いため、利用料金を安くしたいという理由で乗り換えを検討する方も多いのではないでしょうか。

料金が安いことはもちろん、データ繰り越しや節約モードなど格安SIM特有の便利な機能が充実している点もイオンモバイルの大きな魅力です。

一方で通信速度が遅くなる、キャリアメールが使えないなど注意点もあるので、併せて確認することが大切です。

今回は、ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えるメリット・デメリットや乗り換える手順などについて詳しく解説します。

ソフトバンクからイオンモバイルに乗り換えるメリット

出典:イオンモバイル公式(https://aeonmobile.jp/)

ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えるメリットについて解説します。

  • 料金が安くなる
  • かけ放題の料金も安い
  • 選べるプランの量が多い
  • ドコモとau回線が選べる
  • データの繰り越しが可能
  • 節約モードがある

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

料金が安くなる

イオンモバイルはソフトバンクよりもかなり料金が安いのが特徴です。

下記表にてイオンモバイルとソフトバンクの料金を比較しました。

データ容量 イオンモバイル ソフトバンク
~1GB 858円 3,278円
※各種割引適用時:2,178円
~2GB 968円 4,378円
※各種割引適用時:3,278円
~3GB 1,078円 5,478円
※各種割引適用時:4,378円
4GB 1,188円 7,425円
※各種割引適用時:4,928円
※無制限プラン
2,266円
※1年間:1,078円
※初めてスマホを使う方のみ対象
20GB 1,958円 7,425円
※各種割引適用時:4,928円
※無制限プラン
3,916円
※1年間:2,728円
※初めてスマホを使う方のみ対象
無制限 -
※200GB:11,858円
7,425円
※各種割引適用時:4,928円
※無制限プラン

ソフトバンクの小容量プランは従量制であり、使った分だけ料金が高くなります。

イオンモバイルはすべて定額プランでデータ容量を使い切ると速度が遅くなり、追加料金は発生しないので安心して利用できます。

ソフトバンクで4GB以降の容量を使う場合、無制限プランを使うしか方法がないのでイオンモバイルよりもかなり割高です。

キャラクター画像
すーちゃん
安い4GBと20GBのプランもあるけど、初めてスマホを使う人が対象だからスマホユーザーは使えないんだよね。

ソフトバンクで光回線とのセット割引や複数回線割引などを適用した場合でもイオンモバイルの方が半額ほど安いので、コストを抑えたい方はイオンモバイルの方がお得です。

かけ放題の料金も安い

イオンモバイルは通話かけ放題の料金もソフトバンクより安い価格設定になっています。

かけ放題 イオンモバイル ソフトバンク
完全かけ放題 1,650円 1,980円
10分かけ放題 935円 -
5分かけ放題 550円 880円

完全かけ放題と5分かけ放題の間に10分かけ放題があるのも嬉しいですね。短い時間の通話が多い方なら活用出来ます

ソフトバンクよりも300円ほど安く使えるので、通話をメインで利用したい方にもおすすめですね。

選べるプランの量が多い

イオンモバイルはプランが豊富であり、1GB単位で選べるなど自分の用途に合わせて無駄のないプランを選べる点がメリットです。

参考までに、個人利用向けの音声プラン「さいてきプラン」の料金について紹介します。

さいてきプラン
(音声プラン)
月額料金
0.5GB 803円
1GB 858円
2GB 968円
3GB 1,078円
4GB 1,188円
5GB 1,298円
6GB 1,408円
7GB 1,518円
8GB 1,628円
9GB 1,738円
10GB 1,848円

このように、10GBまでであれば1GB110円刻みでプランを選ぶことが可能なので、「3GBと7GBの間が欲しい」など、よくあるスマホのプランに対する悩みを解消できるサービスだといえますね。

さらに、20GB以降は最大200GBまで選べます。

さいてきプラン 20GB以上
(音声プラン)
月額料金
20GB 1,958円
30GB 2,508円
40GB 3,058円
50GB 3,608円
60GB 4,158円
70GB 4,708円
80GB 5,258円
90GB 5,808円
100GB 6,358円
150GB 9,108円
200GB 11,858円

150GBを超えると、さすがに大手キャリアの無制限プランの方がお得になりますが、イオンモバイルのプランは幅広いニーズに対応しているのがわかります。

ドコモとau回線が選べる

イオンモバイルではドコモとauの回線が選べるので、ソフトバンクの回線に不満がある方にもおすすめです。

自宅や職場などでソフトバンクの回線がつながりにくい、電波が悪いと感じる方はぜひイオンモバイルでドコモまたはauの回線を使ってみてはいかがでしょうか。

データの繰り越しが可能

イオンモバイルでは当月余ったデータ容量を翌月まで繰り越せる機能が利用できます。

ソフトバンクにはデータ繰り越しの機能がないので、プランのデータ容量を無駄なく使いたい方にはイオンモバイルがおすすめです。

キャラクター画像
すーちゃん
データをあまり使わなかった月も損しないのが嬉しいね!

節約モードがある

イオンモバイルには最大200kbpsの低速通信が使える節約モードがあります。

節約モードを使っている間はプランのデータ容量を消費しないので、ネット検索など高速通信が不要な用途の時に使用することで、データの節約が可能です。

キャラクター画像
まま子さん
確かに節約モードを使えば、さらに少ないデータ容量のプランでも足りそうね。

専用アプリで簡単に通信速度の切り替えができる点もイオンモバイルの節約モードのメリットです。

最新情報はこちら!

ソフトバンクからイオンモバイルに乗り換えるデメリット

一方でソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えるデメリットは以下のとおりです。

  • ソフトバンク回線は提供されてない
  • 通信速度は遅くなる
  • キャリアメールが使えない
  • キャリア決済が使えない
  • 通信し放題のプランがない
  • 海外でデータ通信ができない

下記にて、それぞれのデメリットについて詳しく解説します。

ソフトバンク回線は提供されてない

イオンモバイルはドコモ・auの回線に対応しており、ソフトバンクの回線は使えません。

そのため、引き続きソフトバンクの回線を使いたい方は注意が必要です。

ソフトバンクの回線が使えないことにより、イオンモバイルで使うスマホの販売時期によってはSIMロック解除の手続きが必要など、契約に手間がかかる恐れがあります。

キャラクター画像
すーちゃん
2021年9月30日以前に発売されたスマホ(iPhone 13シリーズを除く)は、SIMロック解除が必要だよ。

通信速度は遅くなる

イオンモバイルはキャリアから回線を借りてサービスを提供している格安SIMという仕様上、通信速度が遅い傾向にあります。

イオンモバイルとソフトバンクの通信速度を以下の表にて比較しました。

通信会社 イオンモバイル ソフトバンク
28.73Mbps 119.43Mbps
4.71Mbps 88.95Mbps
夕方 31.43Mbps 105.28Mbps
39.43Mbps  69.22Mbps
深夜 40.37Mbps 115.96Mbps

※上記通信速度は直近3ヶ月間の時間帯別の実効速度です。
※測定期間:2024年1月18日~2024年4月18日
※出典:みんそく

全体的にイオンモバイルの速度が遅く、特に利用者が多くなる傾向にある昼の時間帯はかなり遅くなります。

スマホを快適に使うには20~30Mbps程度必要といわれているので、昼を除いてイオンモバイルの通信速度はその基準を満たしているといえるでしょう。

しかし、ゲームアプリなど通信速度を重視するアプリを使う場合は、ストレスを感じてしまう可能性もあるので注意が必要です。

キャリアメールが使えない

イオンモバイルにはキャリアメールのサービスがないので、キャリアメールを使いたい方はソフトバンクのメール持ち運びサービスを使うしか方法がありません。

ソフトバンクのメール持ち運びサービスを使うと、他社でもソフトバンクのキャリアメールが利用できるようになりますが、月額330円または年額3,300円の有料オプションです。

キャリアメールを使うだけで料金がかかるのは、イオンモバイルのデメリットといえるでしょう。

キャリア決済が使えない

イオンモバイルではキャリア決済が使えません。

ソフトバンクのキャリア決済を使っているアプリやコンテンツは、イオンモバイルに乗り換えた時点で支払い方法を変更する必要があります。

キャラクター画像
まま子さん
キャリア決済を使っていた人は、支払い方法も変えなきゃいけないのね。少し面倒だわ…。

通信し放題のプランがない

イオンモバイルにはデータ無制限のプランがなく、200GBのプランはソフトバンクの無制限プランと比べるとかなり割高です。

150GB・200GBのプランを選ぶくらいなら、ソフトバンクの無制限プランを使った方が安いので、データ容量を気にせずにネットを使いたい方はソフトバンクの方が快適かもしれません。

自分が毎月どのくらいデータ容量を使用しているのか確認し、イオンモバイルでも問題ないかチェックした上で乗り換えましょう。

海外でデータ通信ができない

イオンモバイルには海外データ通信のサービスがないので、海外で利用することができません。

海外旅行や出張が多いなど海外で使う機会がある方はイオンモバイルへの乗り換えを慎重に考えましょう。

イオンモバイルを使っている状態で海外でデータ通信をする方法として、別の会社のSIMとデュアル運用する方法が挙げられます。

デュアルSIM対応スマホであれば、1つのスマホで2社のSIMが使えますよ。

特にpovoは基本料金0円で必要な時だけトッピングを購入し、回線を利用する仕様のSIMです。海外での利用も可能なので、海外で使う専用のSIMとしてイオンモバイルと併用するなどがおすすめです。

最新情報はこちら!

ソフトバンクからイオンモバイルに乗り換える注意点

ソフトバンクからイオンモバイルに乗り換える注意点について見ていきましょう。

  • ソフトバンクで購入したスマホを利用する場合はSIMロックや電波の相性に注意
  • ドコモとau回線なので、ソフトバンクとエリアが異なる

下記にて、それぞれの注意点について触れていきます。

ソフトバンクで購入したスマホを利用する場合はSIMロックや電波の相性に注意

ソフトバンクで購入したスマホを利用する場合、SIMロック解除が必要になる可能性があります。

2021年9月30日以前に発売されたスマホにはSIMロックがかかっているので、SIMロック解除の手続きを忘れないようにしましょう。

SIMロック解除はソフトバンクのショップやMy SoftBank、イオンモバイルショップでの手続きが可能です。

キャラクター画像
すーちゃん
イオンモバイルショップの場合は、エントリーパッケージ取扱店では手続きできないから注意してね。

 

2021年10月1日以降に発売されたスマホとiPhone 13シリーズはSIMフリーなので解除の手続きは必要ありません。

ただし、ソフトバンクとドコモ・auの周波数は異なるので、Androidの場合は端末に対応している周波数によっては電波の相性が悪い可能性もあります。

ソフトバンクのスマホを使いたい方は、事前にイオンモバイル公式サイトで動作確認をしましょう。

ドコモとau回線なのでソフトバンクとエリアが異なる

イオンモバイルで使える回線はドコモとauであり、ソフトバンクの対応エリアと若干異なります。

どの会社も大手キャリアなのでエリアカバー率は同等に高いのですが、一部の場所によってはつながりやすい回線が限られている可能性もあるので自宅や職場など、ドコモまたはauの回線が問題なく使えるか確認した上で、乗り換えの手続きをすることをおすすめします。

各回線のエリアチェックは以下のサイトにて行ってください。

最新情報はこちら!

ソフトバンクからイオンモバイルに乗り換える手順

出典:イオンモバイル公式(https://aeonmobile.jp/about/)

ソフトバンクからイオンモバイルに乗り換える手順について解説します。

イオンモバイルではショップまたはネットで契約することが可能ですが、ショップの場合はスタッフが手続きを進めるので、今回はネットで申し込む手順について紹介します。

  1. スマホの動作確認
  2. ソフトバンクでMNP予約番号を発行
  3. イオンモバイル公式サイトで申し込む
  4. 回線の切り替え
  5. APN設定

それぞれの手順について下記にて詳しく見ていきましょう。

1.利用予定のスマホの動作確認をする

念のために、イオンモバイルで利用する予定のスマホの動作確認をしましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
イオンモバイルで購入する端末は不要だよ。

前述のように2021年9月30日以前に発売されたスマホはSIMロック解除が必要になる場合があります。

特に2021年9月30日以前に発売され、ソフトバンクで購入した端末はSIMロック解除が必須となるので忘れずに手続きしてください。

SIMロック解除は端末を購入したショップやMy SoftBankなどのオンラインサイト、さらにイオンモバイルのショップでの手続きが可能です。

キャラクター画像
すーちゃん
エントリーパッケージ取扱店では手続きできないから注意してね。

2.ソフトバンクでMNP予約番号を取得する

次にソフトバンクでMNP予約番号の発行を忘れずにしましょう。

MNP予約番号は利用中の電話番号をイオンモバイルで引き続き使う際に必要なものです。ソフトバンクで解約手続きをすると電話番号が消滅してしまうので間違えないようにしましょう。

MNP予約番号の発行はソフトバンクのショップ、電話窓口、My SoftBankから手続きできるので必ず契約前に手続きしてください。

また、予約番号の有効期間は発行日から15日間なので余裕をもって申し込みましょう。

3.イオンモバイル公式サイトで申し込む

MNP予約番号の発行が完了したらイオンモバイル公式サイトで契約手続きをします。

契約手続きに必要なものは以下のとおりです。

  • 本人確認書類
  • クレジットカード

運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類を用意しましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
健康保険証は使えないので注意!

所持人記載欄のない日本国パスポートは別途3ヶ月以内に発行された住民票や公共料金の領収書が必要です。

イオンモバイルの支払い方法はクレジットカードのみなので、VISA・MasterCard・JCBのいずれかのクレジットカードを用意しましょう。

ネットから手続きをする場合、すべて自分で情報を入力する必要があります。

住所などの契約情報や加入プラン・オプションなど誤りがないか、申し込み前に確認することをおすすめします。

4.回線の切り替えをする

SIMカードが到着したら回線の切り替え手続きをします。

回線の切り替えをしないと、ソフトバンクの回線を使い続けることになってしまうので注意してください。

キャラクター画像
すーちゃん
イオンモバイルで端末を購入した場合は、切り替え手続きしなくても大丈夫だよ。

回線の切り替え手続きはマイページから進めます。ログインするには、「申し込み完了通知書」に記載のある「お客さまID」と「パスワード」が必要なので確認しなしょう。

受付時間は9時から19時であり、19時を過ぎると翌日以降の切り替えとなり、もし手続きをしなかった場合はMNP予約番号の有効期限の前日17時以降に自動的に切り替わります。

5.APN設定をする

イオンモバイル以外で購入したスマホの場合、APN設定をしないとモバイル回線が利用できません。

キャラクター画像
すーちゃん
イオンモバイルで買ったスマホは、APN設定をしなくても大丈夫だよ。

端末ごとにAPNの設定手順について解説します。

iPhoneの場合

iPhoneの場合はイオンモバイルの公式サイトにアクセスして、専用のプロファイルをインストールしてください。

インストールの手順は以下のとおりです。

ポイント

  1. iPhoneをネットに接続する
  2. イオンモバイル公式サイトでプロファイルのURLを選択
  3. 注意事項が表示されたら「許可」をタップ
  4. インストールする

iPhoneはプロファイルのインストールが完了すれば、モバイル回線が利用できるようになります。

Androidスマホの場合

Androidスマホの場合は端末内にイオンモバイルのAPN情報を直接手入力する必要があります。

キャラクター画像
まま子さん
APN情報ってどこにあるの?
キャラクター画像
すーちゃん
公式サイトに記載されているけど、この章でも紹介するね。

AndroidスマホでAPN情報を入力する手順は以下のとおりです。

  1. 端末の「設定」を開く
  2. 「ネットワークとインターネット」を選択
  3. 「モバイルネットワーク」を選択
  4. 「アクセスポイント名」を選択
  5. 「詳細設定」を選択
  6. イオンモバイルのAPN情報を新規で保存
  7. イオンモバイルのAPN情報を選択していることを確認
  8. 正常にネットに接続していることを確認

AndroidスマホのUIは機種によって異なり、上記とは異なる文言で表示される可能性があるので注意してください。

以下にて、イオンモバイルのAPN情報を確認しましょう。

イオンモバイルのAPN情報
APN i-aeonmobile.com
ユーザー名 user
パスワード 0000
認証タイプ PAPまたはCHAP

eSIMの場合

イオンモバイルではau回線のみeSIMを利用することが可能であり、eSIMの初期設定には専用のプロファイルが必要です。

契約後に専用コードが送付されるのでコードを使ってインストールを進めてください。

なお、eSIMのプロファイルは1つのスマホにつき1つ割り当てられるため、機種変更時にはeSIMの再発行が必要です。

再発行には手数料が220円かかるので注意しましょう。

最新情報はこちら!

乗り換える際にかかる初期費用

イオンモバイルからソフトバンクに乗り換える際にかかる初期費用は、イオンモバイルの契約事務手数料3,300円のみです。

キャラクター画像
まま子さん
契約解除料は要らないの?

ソフトバンクでは契約期間や契約解除料、MNP予約番号の発行手数料が廃止されているため、イオンモバイルで契約する際にかかる手数料のみで乗り換えられます。

以前よりかなり安く他社への乗り換えが可能なので、ぜひ気軽に利用してみてください。

最新情報はこちら!

ソフトバンクからイオンモバイルに乗り換えるべきタイミング

ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えは、ソフトバンクの締め日付近がおすすめです。

ソフトバンクには3種類の締め日があり、ユーザーによって異なります。

締め日 利用期間 支払い期限
10日 前月11日~当月10日 翌月6日
20日 前月21日~当月20日 翌月16日
30日 当月1日~当月末日 翌月26日
キャラクター画像
まま子さん
なんだかややこしいわね…。

締め日はMy SoftBankにログインし、「お支払い情報」の「請求締め日」で確認できます。

ソフトバンクでは解約月(イオンモバイルへ乗り換える月)の料金は日割り計算されなく満額請求されます。

一方で、イオンモバイルの契約月の利用料金は日割り計算されます。

そのため、ソフトバンクの締め日付近で契約した方が、乗り換え当月の利用料金を最小限に抑えることが可能なのです。

自分の締め日がいつなのか確認し、締め日に近いタイミングでイオンモバイルに乗り換えましょう。

最新情報はこちら!

ドコモやauの回線を使いたい方や料金を安くしたい方はイオンモバイルがおすすめ!

ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えるメリットは?手順も解説!

ソフトバンクからイオンモバイルへ乗り換えると、料金が大幅に安くなることがわかりました。

さらにドコモまたはauの回線が使えるので、ソフトバンクの回線に不満がある方にもおすすめです。

全体的に料金が安くなるのが魅力ですが、通信速度はソフトバンクよりもかなり遅くなってしまうので、快適にネットを使いたい方は注意しましょう。

ソフトバンクの端末をイオンモバイルで使う場合は、端末の発売日に応じてSIMロック解除が必要になる可能性もあるので、事前に動作確認をすることをおすすめします。

料金を安くしたい方はぜひイオンモバイルへの乗り換えを検討しましょう。

なお、イオンモバイル以外の格安SIMへの乗り換えも検討してみたい方は下記記事もぜひ参考にしてみてください。

最新情報はこちら!

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事