イオンモバイルでキャリア決済は使えないの?使える格安SIMは?

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

キャラクター画像
まま子さん
ねえすーちゃん、私よくキャリア決済をするんだけど、イオンモバイルでもキャリア決済って出来るのかな?
キャラクター画像
すーちゃん
残念だけど、イオンモバイルではキャリア決済が出来ないんだ。
キャラクター画像
まま子さん
あら、それは残念ね。格安SIMじゃキャリア決済って出来ないの?
キャラクター画像
すーちゃん
格安SIMの中にもキャリア決済が出来るところはあるよ。いくつか紹介するね!

利用料金が安いイオンモバイルに興味を持っている方は多いのではないでしょうか。

イオンモバイルは魅力的なサービスではありますが、残念ながらキャリア決済は出来ません。

そこで本記事では、イオンモバイルでキャリア決済の代わりになる支払方法や、キャリア決済が出来る格安SIMなどを紹介していきます。

いつもキャリア決済を利用している方やイオンモバイルの利用を検討している方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

キャリア決済とは?

キャリア決済とは、通信会社の利用料金と一緒に、他のサービスの利用料金もまとめて払えるサービスのことです。

支払の手続きが簡単なうえに、さまざまな利用料金を一度で払えるので非常に便利です。

キャラクター画像
すーちゃん
月額サービスの支払いや、LINEスタンプの支払いなんかでキャリア決済を使ったことがある人は多いんじゃないかな。

キャリア決済はドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアで利用出来ますが、格安SIMのほとんどではキャリア決済が出来ません。

キャリア決済を利用するメリット

キャリア決済を利用するメリットはいくつかあります。

キャリア決済のメリット

  • 支払いが簡単
  • 複数の支払いを通話料金とまとめられる
  • 限度額が低いため使いすぎない

キャリア決済最大のメリットは、支払いが簡単という点でしょう。4文字の暗証番号を入力するだけで、支払いが完了してしまいます。

そして上でも述べたように、複数の支払いをまとめて、通話料金の支払いと一緒に出来るのも便利です。

キャラクター画像
まま子さん
明細も一つにまとまるから便利なのよね。

隠れたメリットとしては、限度額の低さがあります。

限度額の高いクレジットカードなどで支払う場合は、予想よりもお金を使いすぎてしまうことがあります。

キャラクター画像
すーちゃん
特にクレジットカードを持ち始めた頃って慣れてないから多く使ってしまいがち。

無計画に使ってしまうと、支払いが出来なくなってしまう場合もあるでしょう。

ですがキャリア決済なら限度額が最大でも月10万円ほどなので、支払いが出来なくなることはほとんどありません。

キャリア決済を利用するデメリット

良いところばかりに思えるキャリア決済ですが、デメリットも存在します。

キャリア決済のデメリット

  • 限度額が低いので高額な買い物などは出来ない
  • 支払い回数が選べない
  • 現金などに比べると利用額がわかりにくい

先ほどは限度額が低いのがメリットだと紹介しましたが、逆にデメリットになることもあります。

例えば高額な買い物をしたいときには、キャリア決済だと限度額を超えてしまうため支払いが出来ません

支払い回数もクレジットカードなら自由に選べますが、キャリア決済は一括のみです。

他にも現金と比べると利用額が分かりにくいところなど、細かなデメリットがいくつかあります。

キャンペーンコード【digital24apr】で限定割引!

イオンモバイルではキャリア決済が出来ない

イオンモバイル

最初でも紹介しましたが、残念ながらイオンモバイルではキャリア決済が出来ません。

そのためサービス料金の支払いには、他の方法を利用する必要があります。

キャラクター画像
すーちゃん
ごくまれにキャリア決済でしか支払えないものがあるけど、そんなときは本記事のもう少し下にある「キャリア決済が使える格安SIMは?」で紹介している格安SIMを利用してみてね!

キャリア決済以外のおすすめ支払方法

キャラクター画像
まま子さん
キャリア決済が使えないなら、どうやって代金の支払いをしたらいいの?
キャラクター画像
すーちゃん
キャリア決済の代わりになる方法がいくつかあるから紹介していくね!

キャリア決済が使えないからと言って、代金の支払いが全く出来ないわけではありません。

次はイオンモバイルユーザーが使えるキャリア決済以外の支払方法を、いくつか紹介していきます。

おすすめ支払方法①クレジットカード

おすすめの支払い方法1つ目はクレジットカードです。

イオンモバイルは契約する際にクレジットカードが必要になるので、ユーザーのほぼすべてがクレジットカードを所有しています。

そのためクレジットカード払いが、最も簡単な支払方法のひとつになるでしょう。

クレジットカード会社のポイント還元サービスなどを受けられたりキャリア決済よりも上限額が高いなど、キャリア決済の代わりに利用するメリットも多いです。

おすすめ支払方法②デビットカード、プリペイドカード

もしクレジットカードを使うのが嫌な場合は、デビットカードやプリペイドカードの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

デビットカードは利用すると銀行の預金口座からすぐに引き落としされるカードで、プリペイドカードは使うお金をあらかじめ入金しておくカードです。

どちらも口座残高や入金額以上の買い物が出来ないので、万が一悪用された場合でも、被害を最小限にすることが出来ます

クレジットカードと比べると利用出来るサービスは減ってしまいますが、クレジットカードと似たような使い方が出来るのでおすすめです。

キャラクター画像
まま子さん
クレジットカードだとついついお金を使いすぎちゃうって人は、デビットカードやプリペイドカードを使うと良いかもしれないわね。

その他の支払い方法

クレジットカードなどと比べると利用出来る機会は少ないですが、他にもいくつかキャリア決済の代わりになる方法はあります。

例えばPayPayのような電子マネーを使って支払う方法があります。

電子マネーはあらかじめ入金をしておいて、代金をそこから払えるサービスです。

他にもコンビニで代金を支払えるコンビニ払いや、商品が届けられたときに配達員に代金を支払う代引きなど、様々な支払い方法があります。

キャラクター画像
すーちゃん
サービスによって利用出来る支払方法は違うから、サービスごとにどんな支払方法が選べるのか確認してみてね。

キャンペーンコード【digital24apr】で限定割引!

キャリア決済が使える格安SIMは?

イオンモバイルでキャリア決済は出来ませんが、まれに格安SIMでもキャリア決済を出来るところがあります。

ここではキャリア決済が出来るUQモバイルとワイモバイル、そして一部サービスだけキャリア決済が利用出来る楽天モバイルmineoを紹介します。

加えて大手キャリアの格安プランも紹介しているので、これらの中から自分に合っているサービスを見つけてみてください。

キャリア決済出来る格安SIM①UQモバイル

UQmobile banner

UQモバイルはauと同じKDDIが運営している格安SIMです。

以前はキャリア決済が出来ませんでしたが、2018年からauのキャリア決済サービスであるauかんたん決済が利用出来るようになりました。

auかんたん決済を利用するために申し込みなどをする必要ありませんが、au IDを作成しておく必要はあります。

利用限度額は年齢によって決められていて、詳しくは以下のようになっています。

ユーザー年齢 利用限度額
12歳以下 最大1,500円/月
13歳から17歳 最大10,000円/月
18歳から19歳 最大20,000円/月
20歳以上 最大100,000円/月

詳しくはこちら!

【6月3日まで】最大20,000円相当還元!

キャリア決済出来る格安SIM②ワイモバイル

Ymobile banner

ワイモバイルはソフトバンクと同じソフトバンクモバイル株式会社が運営する格安SIMです。

ソフトバンクが提供しているソフトバンクまとめて支払いとほぼ同じの、ワイモバイルまとめて支払いというキャリア決済が利用出来ます。

ワイモバイルまとめて支払いは、ワイモバイルユーザーなら申し込みなどをしなくても利用可能です。

利用限度額は以下のようになっています。

ユーザー年齢 利用限度額
満12歳未満 最大2,000円/月
満20歳未満 最大20,000円/月
満20歳以上 最大100,000円/月

詳しくはこちら!

乗り換えで最大10,000円相当還元!

※詳細はワイモバイルの公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)でご確認ください

一部のみキャリア決済出来る格安SIM①楽天モバイル

Rakutenmobile banner

楽天モバイルは、ネットショッピングサイトなどを運営する楽天が2019年から開始した格安SIMサービスです。

楽天モバイルで出来るキャリア決済は少し特殊で、Google Playストアのサービスでしか利用出来ません。

iOS端末を利用している方は楽天モバイル決済を利用出来ないので注意してください。

楽天モバイルキャリア決済の利用限度額は以下のようになっています。

ユーザー年齢 利用限度額
13歳以下 最大10,000円/月
14歳から17歳 最大20,000円/月
18歳から19歳 最大50,000円/月
20歳以上 最大100,000円/月
キャラクター画像
まま子さん
QUモバイルやYモバイルのキャリア決済よりも、未成年の限度額が高めに設定されているのね。

詳しくはこちら!

他社から乗り換えで6,000pt!

一部のみキャリア決済出来る格安SIM②mineo

mineo(マイネオ)

mineoはドコモ、au、ソフトバンクの3回線が利用出来る格安SIMです。

mineoも楽天モバイルと同様に、Google Playストアのサービスでしか利用出来ません。

そのためiOS端末では利用出来ないので、iPhoneなどを使っている方は注意してください。

mineoキャリア決済の利用限度額は、以下のようになっています。

ユーザー年齢 mineo契約期間 利用限度額
19歳以下 - 最大10,000円/月
20歳以上 6カ月未満 最大20,000円/月
6カ月から12カ月未満 最大50,000円/月
12カ月以上 最大100,000円/月
キャラクター画像
すーちゃん
他社とは違って、mineoの契約期間に応じて限度額が変わるんだ!

詳しくはこちら!

【限定】事務手数料無料!

※事務手数料無料はmineoとの提携サイト限定キャンペーンです
※上記リンクからのみ特典が適用されます
※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトは特典対象外です

大手キャリアの格安プランではahamoとLINEMOがキャリア決済可能

2021年、大手キャリアでも格安SIM並に利用料金が安い新プランが使えるようになりました。

しかし大手キャリアの新プランの中には、キャリア決済が出来ないものもあるので、ここで確認していきましょう。

キャリア名・格安プラン キャリア決済
ドコモ・ahamo △(一部のみ不可)
au・povo2.0
ソフトバンク・LINEMO

上の表を見ていただけると分かる通り、3社全てがキャリア決済に対応しています。

ただしドコモのahamoは、ほとんどのサービスでキャリア決済出来ますが、dメニューに掲載されているコンテンツだけはキャリア決済出来ません。

日頃dメニューを使わない方であれば問題なく使えますが、dメニュー掲載コンテンツでキャリア決済をしている方は注意しましょう。

詳しくはこちら!

【5月31日まで!】最大15,000円相当還元中!

5分無料通話付き!

イオンモバイルを選ぶメリットは?

イオンモバイル

イオンモバイルはキャリア決済出来ませんが、選ぶメリットはあるのでしょうか?

最後にイオンモバイルを選ぶメリットを見ていきましょう。

メリット①全国各地のイオンにショップがあり、サポートが受けられる

いま住んでいる家の近くに、イオンがある方も多いのではないでしょうか。

イオンモバイルは全国各地にあるイオン店内にショップを構えています。

ショップでは新規の申し込みはもちろん、料金プランの変更や端末修理の受付まで行っているので、格安SIM初心者でも安心して利用出来るはずです。

メリット②利用料金が安い

イオンモバイルの利用料金は、格安SIMの中でも安い部類だと言えます。

通話機能が付いている「音声プラン」では、月額803円(税込み)から利用可能です。

月のデータ通信容量が10GBのプランでも月額1,848円(税込み)なので、毎月の通信費を抑えたい方におすすめできます。

キャラクター画像
まま子さん
月々1,000円以下で使えるのはうれしいわ!

メリット③料金プランが多い

イオンモバイルを選ぶメリットの3つ目は、数多くの料金プランから自分に合っているものを選べるところです。

通話機能がある「音声プラン」のほかに、60歳以上の方だけが選べる「やさしいプラン」、家族でデータ通信容量を分け合う「シェアプラン」、ネット専用の「データプラン」が用意されています。

それぞれのプラン内で月々のデータ通信容量に応じた細かいプラン選択も可能で、たとえば「音声プラン」では0.5GBから50GBまで17種類のプランから好きなものを選択出来ます。

コース データ

容量

月額利用料(税込)
音声プラン データプラン シェア音声プラン
やさしい

プラン

0.2GB 748円
3GB 858円 638円 1,188円
6GB 1,188円 968円 1,518円
8GB 1,408円 1,188円 1,738円
最適プラン 0.5GB 803円
1GB 858円 528円 1,188円
2GB 968円 748円 1,298円
3GB~

10GB

1GB上がるごとに+110円 1GB上がるごとに+110円 1GB上がるごとに+110円
最適プランMORIMORI 20GB 1,958円 1,738円 2,288円
30GB~

50GB

10GB上がるごとに

+1,100円

10GB上がるごとに

+1,100円

10GB上がるごとに

+1,100円

イオンモバイルの料金プランについて、より詳しく知りたい方は、イオンモバイル公式サイトをご参照ください!

メリット④端末の購入が出来る

格安SIMの中にはSIMしか購入出来ないところもありますが、イオンモバイルでは端末も購入出来ます。

購入出来るのはiPhoneシリーズの端末やAndroid端末だけでなく、AndroidタブレットやWi-Fiルーターまであります。

端末は分割払いも出来るので、イオンモバイルの申し込みと同時に購入してみてはいかがでしょうか。

対応端末についてはこちら!

キャンペーンコード【digital24apr】で限定割引!

まとめ

イオンモバイルでキャリア決済は使える?

本記事ではイオンモバイルでキャリア決済の代わりになる支払方法や、キャリア決済が出来る格安SIMなどを紹介しました。

ポイント

  • イオンモバイルではキャリア決済が出来ない
  • キャリア決済が出来なくても、クレジットカードなどを使えば代金支払いは可能
  • キャリア決済が出来る格安SIMはUQモバイルとYモバイル
  • mineoと楽天モバイルは一部のみキャリア決済が可能
  • 大手キャリアの格安プランではahamoとLINEMOがキャリア決済可能
  • イオンモバイルを選ぶメリットはショップサポートの手厚さや料金プランの多さなど

イオンモバイルはキャリア決済が利用出来ませんが、クレジットカードなどを利用すれば様々な代金の支払いは可能です。

月額料金の安さやショップでのサポートなどが受けられる点など、利用するメリットは多いので、気になる方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

キャンペーンコード【digital24apr】で限定割引!

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事