イオンモバイルのデータ繰り越しについて解説!ルールや注意点は?

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

キャラクター画像
まま子さん
今月もデータが余っちゃったわ。もったいないけど、ちょうどいいプランも見つからないし・・・どうしようかしら。
キャラクター画像
すーちゃん
データが余るともったいない気持ちになるよね。イオンモバイルのデータ繰り越しはとっても優秀だから、無駄なくデータが使えるよ!
キャラクター画像
まま子さん
あら。他社で提供している繰り越しとは違うの?詳しく教えてもらえるかしら。

全国のイオンに実店舗があり、格安SIMながら高いサポート力で人気のイオンモバイル。

そんなイオンモバイルは、データ繰り越しがとても優秀でなことをご存知ですか?

当記事では、イオンモバイルの料金プランとデータ繰り越しについて詳しく解説していきます!

この記事でわかること

  • イオンモバイルの料金プラン
  • 他社よりも圧倒的なデータ繰り越しのメリット
  • イオンモバイルで賢く料金を節約する方法

イオンモバイルの料金プランは「さいてきプラン」や「さいてきプラン MORIMORI」

イオンモバイル

まず、イオンモバイルの料金プランを詳しく理解しておきましょう!

イオンモバイルには1人で決まったデータ量を利用する「単独プラン」と、家族とデータ量を分け合える「シェアプラン」があります

単独プランは0.5ギガから最大50GB上限で選択可能!

まず、単独回線で利用するプランをご紹介します。

1人で利用する場合はもちろん、家族で使う場合もデータ量の分け合いが不要であればそれぞれ単独プランを利用することも可能です!

イオンモバイル 単独プラン(さいてきプラン・さいてきプラン MORIMORI)の料金表
0.5GB 803円
1GB〜10GB
(1GB 858円 以降1GBごとに+110円)
858円〜1,848円
20GB 1,958円
30GB 3,058円
40GB 4,158円
50GB 5,258円
通話料金 11円/30秒(イオンでんわ利用時)

5分かけ放題 550円

10分かけ放題 935円

フルかけ放題 1,650円

イオンモバイルの単独プランは、他社と比べてとても計算しやすいプランになっています。

1GBの料金が858円で、以降10GBまでは1GBごとに+110円という料金システムです。

例えば月間3GBなら858円+220円の1,078円、月間7GBなら858円+660円の1,518円。

2021年10月に料金が改定され、20GB以下のプランは業界最安値クラスでお得度も高いプランです!

シェアプランを契約すれば家族5人までで通信量を分け合える!

出典:イオンモバイル公式(https://aeonmobile.jp/plan/share/

続いて、家族でデータを分け合えるシェアプランをご紹介します!

家族など、複数端末でデータ量を分け合うことができお得な料金設計となっています。

イオンモバイル シェアプランの料金表
1GB〜10GB
(1GB 1,118円 以降1GBごとに+110円)
1,118円〜2,178円
20GB 2,288円
30GB 3,388円
40GB 4,488円
50GB 5,588円
通話料金 11円/30秒(イオンでんわ利用時)

5分かけ放題 550円

10分かけ放題 935円

フルかけ放題 1,650円

シェア追加料金 1回線あたり220円
データSIMは2回線まで無料

シェアプランは指定した回線同士でデータ量を分け合うプラン。

データ量に応じて基本料金が発生し、シェアをする子回線は1回線あたり+220円でデータを分け合うことができます。

例えば、2台で10GBのシェアプランに加入すると、基本料金2,178円+シェア追加料金220円の合計2,398円が基本料金です。

3台で10GBなら基本料金2,178円+シェア追加料金220円×2回線で合計2,618円。

回線数が増えるほどお得になる料金設計で、うまく利用すれば1人あたり料金が格安SIM業界でも最安値となります!

また、データ通信専用SIMなら2回線まで無料で追加できるため、タブレットとの併用も非常にオススメです。

イオンモバイルのさらに詳細な料金プランはイオンモバイル公式サイトをご参照ください!

キャラクター画像
すーちゃん
3回線10GBプランなら、1人あたり換算で3.3GBを約840円で使えるよ。この料金は通信業界最安値だよ!
キャラクター画像
まま子さん
イオンモバイルはうまく使えばとっても安いのね!

最新情報はこちら!

イオンモバイルの超優秀な翌月データ繰り越しを解説!

続いて、イオンモバイルのデータ繰り越しについて詳しく解説していきます。

1GB単位で料金プランを決めれるイオンモバイルの繰り越しはとてもお得に使えます!

データ繰り越しとは?

まず、データ繰り越しの概要からお伝えします。

データ繰り越しとは、使わなかった分のデータ量を翌月以降に持ち越せるサービスです。

イオンモバイルでは、特にオプション料金がかかることなく基本サービスに含まれています。

キャラクター画像
まま子さん
大手キャリアだと繰り越しってできないから嬉しいわね。

例えば月間5GBのプランを契約していて3GBしか使わなかった場合、差分の2GBを翌月に繰り越せます。

同じ5GBプランを翌月も継続する場合、基本データ量の5GB+繰り越しデータ量の2GBで合計7GB利用可能です。

余った分も無駄なく使えるデータ繰り越しは、あると嬉しいサービスですね!

イオンモバイルのデータ繰り越しはプラン変更しても消滅しない

データ繰り越し自体は様々な格安SIMで導入されています。

しかし、他社のデータ繰り越しはプランを変えると繰り越しデータ量が消滅してしまうケースもあります。

その点、イオンモバイルのデータ繰り越しはプラン変更をしても繰り越しデータ量が消滅しません。

さらに、イオンモバイルは基本プランが1GB刻みで提供されています。

つまり、余ったデータ量に応じて翌月のプランを安いプランに変更することが可能です。

例えば5GBプランを契約していて2GBデータ量が余ったら、翌月のプランを3GBにしても基本3GB+繰り越し2GBで合計5GB利用できます。

他社の場合、データ量が余って繰り越しができても翌月も使いきれないことが頻繁にありますよね。

イオンモバイルなら余った分だけ安いプランに変更できるため、その分月額料金が抑えられます。

「1GB刻みのプラン」と「プラン変更しても消滅しない繰り越し」の2点によって、イオンモバイルは無駄なく使える超優秀な料金設計です!

キャラクター画像
まま子さん
私は毎月データが余ってるわ。でも、1つ下のプランだと足りないのよね・・・。
キャラクター画像
すーちゃん
イオンモバイルは1GB刻みだから、ぴったりなプランが選べるね!

最新情報はこちら!

データ繰り越しの期間

イオンモバイルのデータ繰り越しができる期間は翌月までとなっています。

例えば10GBプランを契約していて7GB余った場合、翌月は17GB利用できます。

17GBのうち3GBしか使わなかった場合、14GB余る計算になりますが前月から持ち越した4GB分は消滅し、10GBしか繰り越せません。

キャラクター画像
すーちゃん
もしそうなる場合は翌月のプランをもっと安いものに変更した方がいいね。

とは言え、データ消費の優先順位は消滅までの期間が早い分から消費されるため、よっぽど合わないプランを契約しない限り問題ありません。

イオンモバイルは速度切り替えが可能

データ繰り越しと合わせて便利に使える機能が「速度切り替え」です。

速度切り替えとは、高速データ通信と低速通信を必要に応じて切り替えることです。

イオンモバイルでは、アプリからかんたんに切り替えが行えます。

低速通信時の速度は200Kbpsで、LINEやメールなどのメッセージの送受信はストレスなく利用が可能。

キャラクター画像
すーちゃん
速度は遅めだけど使い放題って事!

また、ニュースサイトや検索、SNSも少し待てば閲覧できる程度の速度(画像を多用していたり動画の埋め込みがある場合は表示されない場合あり)です。

速度切り替えのメリットは、低速通信にしている間は高速データ通信量が減らないことです。

高速通信の必要がないメールやLINEでデータ量を消費するのはもったいないですし、予期しない通信でいつの間にか高速データ量が減っているとがっかりしてしまいますよね。

普段は低速にしておき、動画閲覧や素早くWebをみたい時だけ高速通信に切り替えれば無駄なくデータを活用できますね!

イオンモバイルの通信速度に関する記事はこちら!

イオンモバイル

イオンモバイルのデータ繰り越しを他社と比較

続いて、イオンモバイルのデータ繰り越しを他社と比較します。

イオンモバイルと人気格安SIM事業者の繰り越し 比較表
イオンモバイル ワイモバイル OCNモバイルONE
繰越可能データ量 上限なし 翌月のプラン量まで 上限なし
プラン変更時の繰越
プランの種類 1~10GB(1GBごと)
12GB,14GB,20GB
30GB,40GB,50GB
3GB,15GB,25GB 1GB,3GB,6GB,10GB

比較には格安SIMでも特に人気で、繰り越しサービスの性能が高い「ワイモバイル」「OCNモバイルONE」を対象にしました。

大手通信キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)はプラン変更時の繰り越しができず、そもそも繰り越し非対応のプランも多いため比較対象から外しています。

人気事業者だけあり、ワイモバイルとOCNモバイルONEはプラン変更時でもデータの繰り越しが可能となっています。

イオンモバイルとOCNモバイルONEはデータ量の上限なく繰り越し可能ですが、ワイモバイルは「翌月の契約データ量」が条件です。

例えばワイモバイルの15GBプランを利用していて7GB余った場合、翌月は15GB+繰り越し分7GBで合計22GB利用できます。

しかし、3GBプランに変更する場合「翌月プランの上限までしか繰り越しできない」ため3GB+3GBで合計6GBまでしか利用できません。

OCNモバイルONEは上限なくデータの繰越ができますが、提供プラン数が4種類しかなくデータ量の無駄が出やすい仕様。

その点、イオンモバイルは提供プランが豊富で自分に合った料金プランを無駄なく選択可能です!

人気事業者と比較しても、イオンモバイルのデータ繰り越しはメリットが大きいですね。

キャラクター画像
まま子さん
1GBごとにプランを決めれるのは便利ね!
キャラクター画像
すーちゃん
月末日以外なら、いつでも翌月使うプランが変更できるよ!

最新情報はこちら!

まとめ:イオンモバイルは無駄なく使えてお得!

イオンモバイルのデータ繰り越し

当記事ではデータ繰り越しを中心にイオンモバイルの解説をしました!

超優秀な繰り越しはもちろん、プラン自体の安さも見逃せないポイントですね。

特に高齢者にとっては全国のイオンに実店舗があり、サポート面でもイオンモバイルはオススメです。

優秀な繰り越しと豊富な料金設計のイオンモバイルで、無駄なくスマホを使いましょう!

最新情報はこちら!

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事