povo2.0の特徴やデメリットは?料金プランやメリット・評判など徹底解説!

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

キャラクター画像
まま子さん
ドコモでahamoっていう安いプランが出たけど、auからも出てるんだよね?
キャラクター画像
すーちゃん
auでは、2021年3月から新プラン「povo」が登場!その年の9月からは「povo2.0」になって、1GBから150GBまでの容量を自由に追加して使えるようになったんだ。

povo2.0はauの格安プランで、オンラインでの申込受付やサポートとなっている代わりに、月額0円+トッピング料金という激安価格で通信を行えます。

料金面ではメリットが豊富ですが、一方で一部サービスが割愛されているなどのデメリットもあることに注意が必要です。

この記事ではpovo2.0の特徴や、メリット・デメリットについて解説します。

povo2.0は月額0円+トッピングで使える!auのオンライン向け格安プラン

povoはauが展開する格安料金プランで、最新のpovo2.0だと月額基本料金は0円となっています。

しかし0円の状態だと速度は128kbpsしか出ないので、メールやネットサーフィンのようなライトな用途でも利用は困難です。

キャラクター画像
すーちゃん
そこで重要なのが、データトッピング!

0円の利用料にデータトッピングとしてデータ容量を追加することで、高速通信が利用できます。

以下の表に、au従来の料金プランとpovo2.0の特徴を大まかにまとめたので、まずはご覧ください。

povo2.0とauの比較 povo2.0 au・使い放題MAXMAX 5G au・スマホミニプラン
月額料金 990円(3GB)
2,700円(20GB)
※期間が30日のもの
7,238円(~3GB5,588円) 3,465円(~1GB)
4,565円(~2GB)
5,665円(~3GB)
6,215円(~4GB)
データ容量 1GB~150GBを選択可能 無制限
※テザリングは30GBまで
最大4GB
※超過後は最大300kbps
通話料金 30秒22円 30秒22円 30秒22円
申込み・サポート オンライン auショップやオンラインなどが利用可能

※表は右にスクロールできます。

povo2.0には家族割などのサービスがありませんが、割引なしでも低価格で通信を行える魅力があります。

例えばauのスマホミニプラン 5Gは1GB月額3,465円、家族割やauスマートバリュー、au PAYカードお支払い割適用時は2,178円ですが、povo2.0はもれなく3GB990円(30日間)などの金額で使えます。

キャラクター画像
まま子さん
それで、データトッピングってなんなの?
キャラクター画像
すーちゃん
データトッピングのしくみについて、詳しく教えるね!

povo2.0はデータトッピングで高速通信ができる!

povo2.0では一般的な「月額○○円で×GB」といった料金体系になっておらず、必要に応じてデータ容量を「トッピング」して使うようになっています。

従来のpovoでは月額2,728円で20GB固定でしたが、povo2.0では1GBや3GBなども選べるようになりました!

キャラクター画像
まま子さん
20GBじゃ多すぎる!みたいな人には朗報ね。
キャラクター画像
すーちゃん
データトッピングの種類はこちら!
povo トッピング概要
料金 390円 990円 2,700円 6,490円 12,980円 330円
データ量 1GB 3GB 20GB 60GB 150GB 使い放題
有効期限 7日間 30日間 90日間 180日間 24時間
低速時速度 128Kbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し ×
5G対応
※この表は右にスクロールできます
※上記は基本のトッピングのみです。この他に期間限定で提供されているものもございます

 

1GBから150GBまで、豊富なラインナップから選ぶことができますが、注意したいのは、それぞれに利用日数の上限があることです。

1GBは390円と安いですが、7日間経つと容量が余っていても失われてしまい、速度は128kbpsに戻ってしまいます。

キャラクター画像
まま子さん
流石に7日だけだと使う場面は限られてきそう。30日使える、3GBや20GBを選ぶのが一般的になりそうね。

3GBや20GBは30日使えるのでほぼ1ヶ月間活用できますが、31日まである月だとラスト1日のタイミングで高速通信ができなくなるので、高速通信を続ける場合は31日の段階でトッピングを追加するような形になります。

キャラクター画像
すーちゃん
容量だけでなく、有効期限にも気をつける必要があるね。

60GBや150GBは30日換算だと20GBを選ぶよりもお得

60GBや150GBは一見高額ですが、それぞれ90日間、150日間という長い期間使えます。

そして、20GBの30日間2,700円と比べると実は60GBや150GBの方が金額的にはお得なんです。

データ容量 利用期間 30日ごとに使える容量の平均 30日間の利用料金
20GB 30日 20GB 2,700円
60GB 90日 20GB 2,163円(6,490円÷3)
150GB 180日 25GB 2,163円(12,980円÷6)

※表は右にスクロールできます。

60GBなら実質30日20GB使えて2,163円、150GBなら30日25GB使えて2,163円になりますよ。

キャラクター画像
まま子さん
ほんとだ。月々20GB以上使うなら、大容量を選んだほうが金額的にはお得になるのね。

トッピングで24時間データ使い放題にも対応!

povo2.0にはahamoやLINEMOにない、「データ使い放題24時間」というトッピングがあるのも魅力です。

1回330円の「データ使い放題24時間」を申し込むと、24時間は容量を気にせずに通信可能となります。

旅行などで1日だけたくさん通信する必要が生じても、povo2.0なら他の日の通信を犠牲にする必要はありません。

ただし、「データ使い放題24時間」の利用時はネットワークの混雑時や、動画やクラウドゲームで大容量の通信を行う際に速度が制限される場合があることにご注意ください。

キャラクター画像
すーちゃん
あくまで「通信量が1日自由になるオプション的なトッピング」ってことだね。

かけ放題もトッピングで対応!5分かけ放題は月額550円

povo2.0ではかけ放題がオプションでの提供となっていて、通常の通話料金は30秒22円です。

通話トッピングは以下の2つで、必要に応じて契約可能となっています。

キャラクター画像
すーちゃん
通話トッピングは、他のトッピングと違って月額課金になっているよ。

かけ放題の種類 月額利用料金
5分以内通話かけ放題 550円
通話かけ放題 1,650円

ただし、LINEやSkypeなら無料通話ができる時代なので無理にオプションを申し込む必要はありません。

キャラクター画像
まま子さん
確かに、そう言われてみると私もずっと家族や友達とはLINEで通話しているわ。

電話回線を使ってのかけ放題がどうしても必要な場合にのみ、これらのオプションを申し込むのがおすすめです。

コンテンツトッピングは対象サービスの使い放題!

povo2.0になって「コンテンツトッピング」という、対象サービスの使い放題も追加されました。

データトッピングのように利用料金と利用期間が設定されているので、期間内なら自由に対象コンテンツを楽しめます。

コンテンツ名 利用期間 利用料金
DAZN 7日間 925円
※2024年3月より1,145円
smash. 24時間 220円

DAZNはスポーツ中継などの配信、smash.はライブ配信などを楽しめるサービスです。

今後他にもコンテンツトッピングが増えていく可能性もあるので、さらなる発展に期待したいですね。

eSIMでも使える!

povo2.0では契約後すぐにデータ通信や音声通話が可能な「eSIM」も選択できます。

eSIMはiPhoneやPixelシリーズなどが対応していて、SIMのデータをダウンロードすればSIMカードを入れなくても通信が可能となります。

また、他社のSIMカードを別に持っていればpovo2.0と合わせて2つの電話番号やデータ容量を1台のスマホで使えます。

eSIMを活用したい方にとっても、povo2.0という選択肢は見逃せません。

キャラクター画像
すーちゃん
格安SIMだとeSIMはあまり普及してないんだよね。eSIMが使えるのは、povo2.0の強み!

詳しく知りたい方はこちら!

事務手数料や解約料は無料!auやUQモバイルからは移行手数料もかからない

povo2.0では契約や解約時の各種手数料が無料に設定されています。

さらに、auからUQモバイルへ乗り換える際は移行手数料もかかりません。

手数料各種 料金
契約事務手数料 0円
解約金 0円
MNP転出手数料 0円
auやUQモバイルから乗り換え時の移行手数料 0円

自由に契約や解約ができるのも、povo2.0の魅力です。

なお、過去1年以内に同一名義で5回線以上新規契約する場合に限り、1回線あたり3,850円の契約事務手数料が発生します。
キャラクター画像
すーちゃん
格安SIMなどから乗り換える際は、乗り換え前のサービスで3,000円前後の移行手数料がかかる場合もあるので注意してね。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo2.0の他社と比べてのメリットは?ahamoやLINEMOとの違い

povo banner

povo2.0以外にも、ドコモでahamo、ソフトバンクでLINEMOというオンライン受付のプランが開始されます。

各社の特徴・料金を、表にまとめてみました。

キャラクター画像
すーちゃん
各社の優れている点を太字、イマイチな点は赤字にしてみたよ。

比較要素 povo2.0 ahamo LINEMO
月額料金
(3GB/20GB)
990円/2,700円
※30日間
×/2,970円 990円/2,728円
データ容量 1~150GB 20GB 3GB・20GB
制限時通信速度 最大128kbps 最大1Mbps 最大300kbps(3GB)
1Mbps(20GB)
5分かけ放題 月額550円 標準で利用可能 月額550円
サポート オンライン オンライン オンライン
国際ローミング 海外データトッピングを購入
別途通信料がかかる
国内と合わせて
20GB利用可能
別途通信料がかかる
その他特徴 330円で24時間使い放題
eSIM対応
eSIM対応 eSIM対応
LINEギガフリー
LINEスタンプ使い放題

※表は右にスクロールできます。

povo2.0の優れている点は利用料金の安さで、特に60GBや150GBのトッピングなら1ヵ月あたり20GB、25GB使えて2,163円と破格になります。

ahamoと違って5分かけ放題はオプションとなっていますが、60GB以上のトッピングなら、5分かけ放題込みでも20~25GBで2,713円となるためahamoより安い形になります。

キャラクター画像
まま子さん
裏技みたいな方法だけど、ahamoより安く20GB+5分かけ放題を使えるのね!

povo2.0独自のその他の魅力は24時間使い放題のオプションが存在することでしょうか。

以前は国際ローミングを使った海外でのデータ通信が出来ませんでしたが、現在はトッピングを購入することで可能となっています。

また、速度制限時はahamoやLINEMO20GBプランなら最大1Mbpsですが、povo2.0では128kbpsなので速度制限時のスピードではpovoが不利です。

キャラクター画像
すーちゃん
1Mbpsなら動画を見たりも普通にできたんだけどね…。povo2.0は制限にかからないよう、トッピングを活用しながら使うことが重要だね。

まとめると、速度制限時のスピードを除けば、povo2.0は最安値でおすすめの選択肢になります。

5分かけ放題+20GBを定額で便利に使いたいならahamo、LINEの使い放題を24時間使い放題のオプションより魅力的に感じるならLINEMOもおすすめです。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

【ミニプラン】最大5,940円相当還元中!

5分無料通話付き!

povo2.0の対応端末は充実!公式サイトの動作確認端末一覧を要チェック

povo2.0は対応端末が豊富で、公式サイトから一覧で確認できます。

例えばiPhoneは6s以降が対応、XperiaはXperia Z4(2015年発売)以降、GalaxyはS6 Edge(2015年発売)以降で使えます。

SIMフリー端末にも対応機種が豊富で、ZenFoneの3・2 laser以降やPixelシリーズ、OPPO端末などが広く対応しています。

SIMフリー端末まで含めてたくさんの機種で動作を確認しているのは、povo2.0の魅力です。

auでスマホを買っている場合、「かえトクプログラム」などの端末を安く手に入れられるオプションは継続で利用できますよ。

povo2.0で直接端末の販売はしていない!機種変更と同時に端末を買い替えたい場合はauオンラインショップで

au banner

対応端末が豊富なのはメリットなものの、povo2.0で直接端末の販売は行っていません。

乗り換え前に事前にauオンラインショップで機種変更をしておくのがオススメです。

povo2.0ユーザーもauオンラインショップでなら機種変更ができますし、かえトクプログラムも利用できます。

キャラクター画像
まま子さん
あ、そうなのね。端末をpovo2.0として売ってないだけなんだ。

機種変更をしたくなった時はau Online Shopをチェックしてみてください。

また、auショップや家電量販店などに行けばauスマホを本体のみでかうこともできますよ。

新iPhone機種変更お得割実施中!

povo2.0のデメリットや注意点は?

20GB・30日2,700円などの安さが魅力のpovoですが、いくつか注意したいデメリットも存在しています。

ここからはpovo2.0のデメリットを紹介するので、申し込み前に必ずチェックしておきましょう。

デメリット①:申込みやサポートはオンライン受付に限られる

povo2.0の申し込みは公式サイトから行うしくみで、auショップや家電量販店では契約できません。

サポート対応も電話や店頭ではなく、オンラインで行う必要があります。

キャラクター画像
すーちゃん
ネット上での手続きが苦手な人には、必然的におすすめできないプランがpovo2.0なんだ。

デメリット②:180日間以上有料トッピングの購入がなければ利用停止や契約解除になる恐れアリ

povo2.0では基本料金が0円ですが、0円のままずっと維持することはできません。

180日間以上有料トッピングを購入していないなどのKDDI側が決めている条件を満たしてしまうと、利用停止や契約解除になってしまう場合があります。

「所定の手数料等の費用がかかる場合がある」とも公式サイトに記載されているので、povo2.0を無料で活用しようとしていた方は要注意です。

この状態を防ぐには、180日以内に有料トッピングを購入するか、通話料やSMS送信料が合計660円を超えるようにする必要があります。

キャラクター画像
まま子さん
定期的にデータトッピングを購入しつつ、活用する必要があるわけね。

デメリット③:キャリアメールや留守番電話など非対応のサービスもある

povoではauのキャリアメールを利用できず、他にも留守番電話などの細かい非対応サービスが存在します。

povo2.0では、LINEの年齢認証機能も利用できません。

キャラクター画像
すーちゃん
ちなみに、通信量と合算で支払いができるauかんたん決済はpovoでも使えるよ。

povo公式サイトで最新の各種サービス・割引対応状況を確認できるので、ご覧ください。

デメリット④:家族割プラスはpovo2.0だとカウント不可

auを家族で契約すれば割引を受けられる「家族割プラス」は、povo2.0だと非対応でカウント対象にもなりません。

例外として、2021年夏までにpovoを契約した人のみ、他の家族がauユーザーならpovoを家族割プラスのカウント対象にできます。(povo回線に対しての割引は受けられません)

キャラクター画像
すーちゃん
他のauユーザーの家族が割引を受ける際に有利になるってこと。でも今からは適用できないから注意!

こちらも参考に!

デメリット⑤:光回線やWiMAXとのセット割「auスマートバリュー」に非対応

auでは、auひかりなどの固定インターネット回線やWiMAXとのセット割「auスマートバリュー」を提供しています。

しかしpovo2.0ではauスマートバリューに非対応で、auひかりなどを一緒に契約してもセット割引は受けられないため、移行の際は充分ご注意ください。

デメリット⑥:auの契約年数はリセットされる

auでは契約年数に応じて毎年Pontaポイントが進呈される「長期優待ポイント」という特典がありますが、povoへプランを変更すると契約年数が引き継げなく、リセットされます

「長期優待ポイント」というサービスは0~3年、最長で16年以上とステージが細かく分けられていて、最大で5,000円以上のポイントがもらえますが、povoは対象になっていません。

また、auポイントプログラムのスコア付与も対象外になっています。

キャラクター画像
すーちゃん
将来またauに戻ったとしても、契約年数はもとに戻らないので気をつけよう。

デメリット⑦:povo2.0は支払い方法がクレジットカードのみ

当初のpovoは支払い方法として口座振替も選択できましたが、povo2.0ではクレジットカードのみになりました。

クレジットカードを持っていない方は先に用意してから申し込みましょう。

ただし、auからpovoへ乗り換える場合のみ、auで利用している支払方法をそのままpovoへ流用することが可能なので口座振替でも契約することができます。

キャラクター画像
すーちゃん
地味に要注意ポイントだね。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo2.0の5つのメリットも確認しておこう

povo banner

注意点について見てきたので、少し気になる点がある方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、povo2.0には次の5つの素晴らしいメリットもあります。

ここではそれぞれについて分かりやすく解説します。

povo2.0メリット

  • 20GB以上の大容量が安く使える
  • テザリングが無料で使える
  • eSIMと5Gに対応している
  • 各種手数料がかからない
  • 安定した通信回線

メリット①:20GB以上の大容量が安く使える

povo2.0の大きな魅力が、auとは比べ物にならないほどお得な月額料金です。

auの月額料金については先ほど比較しましたが、ここで改めて重要なポイントを確認しておきましょう。

料金プラン名 データ通信容量 月額料金
povo2.0のデータトッピング 60GBの場合 6,490円
auのスマホミニプラン 5G ~4GBの場合 6,215円

※表は右にスクロールできます。

上記のように、povo2.0のデータトッピング「60GB」の月額料金は、auのピタットプラン5Gで4GB使用した場合とほとんど変わりません。

キャラクター画像
まま子さん
データ通信量が8倍以上なのに月額料金が同じなんて、ほんとに安いのね!

また、最大容量の150GBは12,980円なので高いように思われますが、半年間有効なので毎月25GBの料金プランを約2,163円で契約するのと同じなのでお得ですね。

povo2.0は20GB以上の大容量が安く使えるため、毎月の通信費を抑えたい方に最適の料金プランです。

メリット②:テザリングが無料で使える

テザリングを無料かつ追加の申し込みなしで使えることも、povo2.0の大きな魅力です。

auでもテザリングは使えますが、使い放題MAX 5Gプランでは1ヶ月あたり30GBしか使えないという制限がありますが、povo2.0はトッピングしたデータ通信量の範囲内ならいつでも使い放題です。

「データ使い放題24時間」をトッピングすると、テザリングも1日使い放題になりますよ。

詳しくはこちらから!

メリット③:eSIMと5Gに対応している

先ほどもご紹介したように、povo2.0は物理的なSIMカードではない「eSIM」にも対応しています。

他社のSIMカードを別途契約している場合は1台の端末で2つの電話番号を使えるため、プライベートとビジネスの使い分けにも便利です。

格安SIMではまだまだ普及していないeSIMが使えるのも、キャリアの料金プランならではの魅力です。

さらに、povo2.0は超高速の5G通信にも対応しています。現時点ではまだ対応エリアが限定されていますが、au本体の5G対応エリアが広がれば、いろんな場所で5Gが使えるようになるでしょう。

キャラクター画像
すーちゃん
eSIMと5Gは「対応端末」専用の機能だから気を付けてね!

詳しくはこちらから!

メリット④:各種手数料がかからない

先ほどご紹介したように、povo2.0は「契約事務手数料」「解約金」「MNP転出手数料」といった各種手数料が無料です。

povo2.0には契約期間の縛りもないため、いつ解約しても解約金がかかりません。安心して契約できますね。

格安SIMには各種手数料がかかって契約時の料金が意外と高くなることもありますが、povo2.0なら料金プランも手数料もお得です。

メリット⑤:安定した通信回線

povo2.0は通信が高速で安定しているため、格安プランでありながら快適に使うことができます。

使用している回線はauのキャリア回線で、みんなのネット回線速度」によると2023年8月21日時点のpovo2.0の平均的な通信速度(下り)は81.36Mbpsです。

これは格安SIMの中でも特に速いと言われている「UQモバイル」や「Yモバイル」よりも大幅に速い数値です。

povo2.0なら安定した回線をお得な料金で使えるので、通信品質を重視する方でも安心して使えるでしょう。

キャラクター画像
まま子さん
速くて安い!言うことなしね!

キャラクター画像
すーちゃん
povo2.0ってこんなにたくさんメリットがあったんだね!

メリット⑥:契約期間の縛りがない

povo2.0は基本プランが一つで、契約期間が前提の割引サービスがないため、縛りがありません。

オンラインで手続きが完了でき、数か月だけでも試せるのがpovo2.0のメリットです。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo(povo2.0)はキャンペーンもお得!

povoキャンペーン

出典:povo公式サイト(https://povo.jp/mnp_aupay_cpn_2023_09/)

povoでは現在、他社から乗り換えてトッピングを購入すると最大20,000円相当もらえるキャンペーンが開催中です
  • 他社から乗り換えで対象トッピングを購入すると最大20,000円相当のau PAY残高還元(終了日未定)
  • 契約後7日以内に「データ追加1GB(7日間)」を購入するとau PAYギフトコード390円相当をプレゼント(終了日未定)
  • Googleストアで対象商品を購入すると3GB(30日間)プレゼント
今月は正直言ってしまうと少々寂しい内容になってますね。

より詳しいキャンペーン内容は下記記事で解説してますので、乗り換えを検討している方は必ずチェックしてください!

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo2.0をおすすめする人・おすすめしない人

povo banner

povo2.0は、以下に当てはまる方におすすめの料金プランです。

  • ウェブでの申し込みや問い合わせ、アプリを使ったトッピングといった作業に抵抗がない人
  • キャリアメールを使わなくてもよい人
  • とにかく安くスマホを使いたい人

オンライン受付のプランなので申込みやサポートなどは自分で行わなければいけません。

サポートや店舗での申込みがあるうえで安さを求める方はUQモバイルを検討してみてください。

キャラクター画像
すーちゃん
UQモバイルはauが展開するサブブランドで、auショップなどのお店でのサポートにもしっかり対応しているんだ。

当サイトではUQモバイルの解説もさせていただいてますので、是非比べてみてください。

povo2.0に乗り換えた後もキャリアメールを使うことが可能ですが、月額のキャリアメール持ち運びサービスを利用する必要があるので、乗り換えを機にGmailやYahoo!メールなどのフリーメールに変えるのが良いかもしれません。

povo2.0は3GB990円や20GB2,700円などの安価な料金が魅力なので、安さをとことん求める人におすすめですよ。

キャラクター画像
すーちゃん
60GBなら実質30日20GB使えて2,163円、150GBなら30日25GB使えて2,163円になるから、たくさん使う人は大容量トッピングがおすすめ!

povo2.0の評判は良い?悪い?

最後に、povo2.0の評判について調べてみました。

ギガフリーのトッピング機能や、データシェアリングが便利という声がありました。

乗り換えの簡単さと、使いやすさも問題ないとの口コミでした!

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo2.0が開始されたが、povo1.0を使っている人はどうなるの?

既存のpovoユーザーはpovo2.0に切り替えることもできますし、そのまま旧povoを使うことも可能です。

切り替える場合はSIMカードの変更手続きが必要になるので、その点のみご注意ください。

キャラクター画像
まま子さん
ちょっと手間ね。
キャラクター画像
すーちゃん
現在のpovoを活用していて、とくに2.0に魅力を感じない人はそのまま旧プランをつかってもOKだよ。

なお、povoの旧プランは9月下旬の2.0開始とともに受付が終了しています。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

まとめ

povo完全ガイド

今回は、povo2.0の特徴について詳しく解説しました。

ポイント

  • povo2.0は月額0円、トッピングで高速通信が可能になる
  • 13歳以上の個人が申込可能、4Gと5Gに対応
  • かけ放題はオプション提供
  • 24時間使い放題のトッピングを1回330円で利用できるのが他社との大きな違い
  • povo2.0へプランを変更すると、キャリアメールなどの一部サービスは使えなくなる
  • 家族割や光回線等とのセット割には対応していない
  • povoユーザーがpovo2.0に切り替える際はSIMカードが切り替えになる

基本料金の安さや24時間使い放題オプションの存在がpovoの大きな魅力です。

povo2.0ではデータトッピングのしくみが開始され、3GB990円などでも利用できるようになりました!

今回の解説を参考にpovo2.0のメリットとデメリットをチェックし、申し込むべきかどうかじっくり検討してみてくださいね。

また、LINEMO、ahamoもそれぞれ下記記事で解説してるのでもっと細かく比較したい方などは是非ご覧ください!

口コミ調査の概要

口コミ調査の概要
調査方法 インターネット調査
調査機関 クラウドワークス
調査地域 日本
実施期間 2022年11月21日~2022年11月30日
設問内容 メリット・デメリット
料金・速度・手続き・サポート等

 

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事