iPhoneでデュアルSIMは使える?設定方法や使い方、おすすめの機種を紹介

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

キャラクター画像
まま子さん
2枚のSIMを契約してお得にスマホを使えるデュアルSIMっていうのが気になっているんだけど、iPhoneでも使えるのかな?
キャラクター画像
すーちゃん
iPhoneなら、XSやXR以降のモデルであればeSIMでデュアルSIMを使えるよ!使い方やおすすめの機種について解説するね。

デュアルSIMは2つのSIMを組み合わせて自由に通信・通話ができる運用方法で、iPhoneでもしっかり使うことができます。

ただし、対応する機種が必要、SIMカードの契約や設定についても注意が必要です。

この記事ではiPhoneをデュアルSIMで使うメリットや注意点、設定方法やおすすめのSIMなどについて解説します。

今月のイチオシSIM「UQモバイル」をご紹介!

UQキャンペーン

出典:UQモバイル公式サイト(https://shop.uqmobile.jp/shop/cashback/)

※当内容は2024年6月11日時点のものとなっております

テレビCMでもお馴染みのUQモバイル!

使い方に合わせて3つのプランから選べ、家族割引なども充実して最安990円から利用できるようになっています。

なんと、今なら乗り換えの特典として最大10,000円相当のau PAY残高を還元中!

UQモバイルは通信速度がピカイチなので、通信品質を落としたく無いという人に大変オススメ。最新のiPhone 15の利用ももちろんOK!新端末も続々発売予定です。

どのSIMに乗り換えをすれば良いか迷ってる方はぜひ一度UQモバイルをご検討ください。

乗り換えで最大10,000円相当還元!

デュアルSIMは2枚のSIMを1台のスマホで使う仕組み|利用するメリットは?

デュアルSIMとは2枚のSIMカードを1台のスマホに入れて運用する仕組みのことです。

かつてデュアルSIMはマニア向けの使い方で対応する機種も国内だとほとんどありませんでしたが、現在は対応機種が増え、さらに格安SIMなどに便利なものが増えたため、一般の方でも活用したい運用方法となっています。

キャラクター画像
まま子さん
デュアルSIMって、どんなメリットがあるのかな?

SIMごとに通話と通信の役割分担や切り替えができる

2つのSIMカードを用意してデュアルSIM環境を整えればSIMごとに通信や通話の役割分担が行えます

例えばかけ放題のオプション料金が安いSIM・Aと、通信料金が安いSIM・Bを組み合わせれば、通信料金も通話料金もどちらもお得にできますよ。

仕事の連絡に使っているSIM・Aとプライベートで友達との連絡に使うSIM・Bを組み合わせて、1台でどちらの電話番号にかかってくる電話にも対処…といったことも可能です。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど、確かにデュアルSIMってなかなか便利かも。

海外で現地のプリペイドSIMを活用するのにも便利

海外旅行時は現地での通信手段が必要ですが、デュアルSIM対応スマホなら現地で安価な「プリペイドSIM」を買ってスマホに入れて通信できます。

ただ、プリペイドSIMを使うだけなら普通のSIM1枚しか使えないスマホでも可能ですが、デュアルSIM対応なら日本で使っているSIMは入れたままでOKです。

デュアルSIMなら日本で使っていたSIMを無くす心配がありませんし、日本の電話番号にかかってきた電話をしっかり受けることもできて安心ですよ。

また、SMS認証やSMSのメッセージ送信も、日本で使っていたSIMで問題なく行なえます。

2枚のSIMの同時運用をするには対応する機種が必須!

デュアルSIMを利用するにあたって気をつけなければいけないのは、対応する機種でなければSIMカードを2枚入れられないことです。

せっかくSIMを2枚契約しても、端末がSIM1枚のみの対応なら使い分けにあたっていちいちSIMカードを入れ替えなければいけません。

キャラクター画像
すーちゃん
端末に入れていない側のSIMにかかってきた電話を受けられなくなっちゃうし、これでは不便だよね。
キャラクター画像
まま子さん
iPhoneだと、どんな機種がデュアルSIMに対応しているのかしら…

他社から乗り換えで6,000pt!

iPhoneはeSIMによるデュアルSIMに対応している!

iPhoneシリーズは現在だと多くの機種がデュアルSIMに対応していて、日本国内で販売されているiPhoneは2枚目のSIMを「eSIM」で契約することでデュアルSIM環境が整えられます

キャラクター画像
すーちゃん
海外の一部モデルだと通常のSIMカードを2枚入れられることもあるんだけど、基本的にiPhoneは通常のSIM+eSIMの組み合わせでデュアルSIMを使えるんだ。
キャラクター画像
まま子さん
eSIMって何?

eSIMとは通常のSIMカードが発行されず、SIMのデータだけをスマホに入れて通信や通話を可能にする仕組みのことです。

eSIMはすべてのキャリアや格安SIMが対応しているわけではないので、iPhoneで使う2枚目のSIMを契約する際は必ずeSIM対応のものから選びましょう。

2018年発売のXS・XR世代以降がeSIMを使ったSIM2枚運用に対応!

iPhoneにおけるデュアルSIM対応モデルは、2018年発売のiPhone XSシリーズやiPhone XR以降となっています。

iPhone Xや8シリーズ以前のモデルは対応していません。

5年以上前の機種からデュアルSIM対応しているので、今持っているiPhoneでも使えるという方も少なくないでしょう。

しかし、もし非対応の古い機種を使っていた場合は機種変更が必要となります。

キャラクター画像
すーちゃん
記事の後半で、デュアルSIM利用におすすめな最新iPhoneを紹介するね。

デュアルSIMをiPhoneで使う手順・SIMの切り替え設定方法は?

iPhoneでデュアルSIMを使うにあたっての手順や設定方法などについて解説します。

デュアルSIMの契約・設定手順

iPhoneでデュアルSIMを使う場合は以下の手順を順番に進めましょう。

  1. 1枚目のSIMを通常のSIMカードで契約し通信設定(13シリーズ以降は1枚目もeSIMでもOK)
  2. 2枚目のSIMを「eSIM」で契約
  3. 契約先の手順に従って、eSIMをiPhoneにダウンロード
  4. eSIMの導入完了

iPhoneは基本的に通常の「nanoSIM」1枚+eSIM1枚でのデュアルSIM運用に対応していて、iPhone 13シリーズ以降は2枚ともeSIMで契約しても可能となっています。

eSIMならSIMの発送がなく、契約を終えればすぐに使い始められるので、急いでいてiPhone 13シリーズ以降を使っている場合は両方eSIMで契約するのも良いですね。

キャラクター画像
まま子さん
eSIMをダウンロードする手順について、もう少し詳しく知りたいな。

楽天モバイルを例にeSIMをiPhoneにダウンロードする手順を見ていきましょう。

  1. my 楽天モバイルをiPhoneにインストールし、起動してログイン
  2. 「申込み履歴」をタップし、契約した回線の「申込み番号」をタップ
  3. 「開通手続きをする」を押し、モバイル通信プランのインストール画面が出たら「続ける」をタップ
  4. 画面の指示に従って設定を終えれば、eSIMがダウンロードされる

契約先によって使用するアプリなどが異なる場合もあるので、詳しくは契約先の公式サイトなどもしっかりご確認ください。

使うSIMを切り替える方法は?

iPhoneで通信や通話に使うSIMを切り替えるには設定アプリからの操作が必要です。

設定アプリの「モバイルデータ通信」を開き、「モバイルデータ通信」タブからメインで使う通信用のSIMを選ぶことができます。

「デフォルトの音声回線」で電話アプリから電話をかける祭にデフォルトで選択されるSIM(電話番号)も選べますよ。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど、切り替えはかんたんね。

デュアルSIMとしてiPhoneで使うのにおすすめの格安SIM・プランは?

デュアルSIMでの利用におすすめな格安SIMや格安プランを紹介します。

いずれも通信料金や通話料金が安価なので、好きな組み合わせで契約してみてくださいね。

なお、iPhoneは基本的に2枚目のSIMがeSIMでなければいけないということで、今回紹介するのはすべてeSIM対応の選択肢です。

楽天モバイルは通話料が無料でかけ放題

Rakutenmobile banner

楽天モバイルは3GBまでは1,078円という格安な料金で使え、最大でもデータ通信し放題で月額3,278円という低価格になっています。

キャラクター画像
すーちゃん
使った分だけ料金を支払う仕組みだよ。

楽天モバイル「Rakuten最強プラン」概要
月額料金 1,078円 2,178円 3,278円
データ容量 3GBまで 3~20GBまで 20GB以上
通話料 国内通話無料(Rakuten Link使用時)
22円/30秒(標準アプリ使用時)
5G対応
※表は右にスクロールできます
 

そして、専用アプリの「Rakuten Link」から電話をかけることで、国内の通話は基本無料のかけ放題という点も魅力です。

通常、格安SIMのかけ放題オプションは1,200~1,500円程度かかりますが、楽天モバイルはデータ通信が3GB以内なら1,078円でかけ放題が利用できる事になるので、通話専用として利用する方法などがおすすめです。

データ通信も3,278円で使い放題とお得ではありますが、繋がりやすさは他のキャリア回線と比べて劣るので、メインで使う場合も予備回線用のものを用意しておくのがおすすめです。

他社から乗り換えで6,000pt!

povo2.0は基本料0円!予備回線におすすめ

povo banner

povo2.0はauがWeb申込み専用に展開している格安プランで、基本料金は0円で、必要に応じてデータ容量を「トッピング」をすることで高速通信が行えます。

povo トッピング概要
料金 390円 990円 2,700円 6,490円 12,980円 330円
データ量 1GB 3GB 20GB 60GB 150GB 使い放題
有効期限 7日間 30日間 90日間 180日間 24時間
低速時速度 128Kbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し ×
5G対応
※この表は右にスクロールできます
※上記は基本のトッピングのみです。この他に期間限定で提供されているものもございます

 

通常は2枚目のSIMを契約すればどんなに安くても必ず料金が追加でかかってしまいますが、povo2.0だけは0円なので、メインの回線が通信障害などで利用出来なくなった時の予備回線として保有しておくなどの使い方におすすめです。

データ容量のトッピングもアプリから簡単に購入できるので、いざという時はすぐに切り替えて使う事ができますよ。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

IIJmioはeSIM対応!とにかく安くデュアルSIMを使いたいならオススメ

IIJmio banner

ドコモ・au回線の格安SIMであるIIJmioは音声SIM・音声eSIM、データeSIMの3種類の取り扱いがあります。

IIJmio 「ギガプラン」概要
月額基本料 850円 990円 1,500円 1,800円 2,000円 2,700円 3,300円 3,900円
データ量 2GB 5GB 10GB 15GB 20GB 30GB 40GB 50GB
低速時速度 300Kbps
通話料 11円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
※30GB以上のプランは2024年3月1日より提供開始

音声SIM・音声eSIMも十分安いですが、データ通信専用のeSIMは2GB440円などさらに低価格なので、楽天モバイルなどの無料で音声通話可能なSIMを持てる他社と組み合わせて使うのも良いですね。

キャラクター画像
すーちゃん
通信はIIJmio、通話は無料でかけ放題な楽天モバイル…みたいな組み合わせはおすすめ!

9/2まで!初期費用割引中!

UQモバイルは高品質なau回線、トクトク/コミコミプランなら最大1Mbpsが便利に使える!

UQmobile banner

UQモバイルはau回線の格安SIMで、KDDIが自ら手がけているため通信品質の高さが特徴です。

通信・通話料金が安価な格安SIMや楽天モバイルと組み合わせて、メイン回線として使うのにおすすめしたい選択肢ですね。

UQモバイル 料金プラン概要
ミニミニプラン トクトクプラン コミコミプラン
月額基本料 2,365円 2,277円・3,465円 3,278円
月額基本料
(最大割引時)
1,078円 990円・2,178円 割引無し
データ量 4GB 1GB・15GB 20GB
低速時速度 最大300Kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
無料通話 付帯なし 10分以内通話無料
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

通信のメイン回線はUQモバイル、通話用としてサブで楽天モバイルと組み合わせるなどがおすすめですよ。

UQモバイルはトクトク/コミコミプランであれば速度制限時でも最大1Mbpsで通信可能、動画やSNSなどをそこそこ快適に楽しめることも見逃せません。

乗り換えで最大10,000円相当還元!

デュアルSIM運用におすすめのiPhoneベスト3

デュアルSIMで使えて現在購入可能なおすすめのiPhoneを3種類紹介します。

予算や画面サイズなどを踏まえて、自分に合った1台を選んでみてくださいね。

iPhone SE(第3世代)はコンパクトさや低価格が魅力!

iPhone SEの第3世代は、2022年3月に発売されたiPhoneです。

UQモバイルで4万円台から買えるなど、非常に低価格ながらiPhone 13シリーズと同じCPUを搭載している高性能が魅力です。

iPhone SE(第3世代)の主なスペック・価格
価格(UQモバイルで他社からの乗り換え+
増量オプションII契約時)
48,935円(定価65,335円)~
CPU A15 Bionic
ストレージ容量 64GB、128GB、256GB
画面 4.7インチ、1,334×750
重さ 144g
カメラ アウトカメラ1,200万画素/インカメラ700万画素
バッテリー持ち(ビデオ再生時) 最大15時間

画面サイズ4.7インチのコンパクトなモデルなので、片手で気軽にiPhoneを持って使いたい人にもイチオシですよ。

デメリットとしてはデザインが2017年のiPhone 8からほとんど変わっておらず古いことや、カメラ性能が単眼レンズでちょっと物足りないことが挙げられるので、この後紹介するiPhone 13やiPhone 12 miniも合わせて検討してみてください。

乗り換えで最大10,000円相当還元!

iPhone 15は最新モデル!デュアルレンズ対応・大画面

最新のiPhone 15は楽天モバイルやApple Store、大手キャリアなどで購入できます。

iPhone 15の主なスペック・価格
価格(128GB・楽天モバイル) 通常;140,800円
2年後返却:実質70,392円
+最大19,000ポイント還元
CPU A16 Bionic
ストレージ容量 128GB、256GB、512GB
画面 6.1インチ、2,556×1,179
重さ 171g
カメラ アウトカメラ4,800万画素+超広角1,200万画素
インカメラ1,200万画素
バッテリー持ち(ビデオ再生時) 最大20時間

6.1インチの大画面を搭載していてカメラも4,800万画素の高画素数によるキレイな2倍ズームができたり、超広角レンズにより広い空間を撮影できたりなどのメリットがありますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
あとは動画撮影性能が、映画のような質感の映像を撮れて優れていたりもするよ。

これから何年も使っていくiPhone、動画やゲームなども見やすい大画面で便利に活用したい場合はiPhone 15を検討してみましょう。

Rakutenmobile banner

iPhone 13 miniは5.4インチ画面の小型モデル!

iPhone 13 miniは2021年秋発売の小型iPhoneで、楽天モバイルなどで購入できます。

iPhone 13 miniの主なスペック・価格
価格(64GB、楽天モバイル) 通常:93,900円
2年後返却:実質46,944円+最大10,000ポイント還元
CPU A15 Bionic
ストレージ容量 128GB、256GB、512GB
画面 5.4インチ、2,340×1,080
重さ 133g
カメラ アウトカメラ1,200万画素+超広角1,200万画素/インカメラ1,200万画素
バッテリー持ち(ビデオ再生時) 最大17時間

小型ながら超広角レンズ搭載、大画面な仕様となっているので、コンパクトさだけでなく最先端感も求める方におすすめしたい1台ですね。

iPhone 14シリーズからはminiモデルがなくなってしまったので、小型のiPhoneを使いたい場合は今でも13 miniがベストな選択肢です。

UQmobile banner

iPhoneでデュアルSIMを使う際の注意点

最後にiPhoneをデュアルSIMで運用する際の注意点をまとめました。

キャラクター画像
すーちゃん
気をつけたいポイントもあるので、しっかり確認しておこう!

2枚以上eSIMが使える機種は13~15シリーズのみ

iPhoneは基本的に「nanoSIM+eSIM」での組み合わせとなっていますが、iPhone 13~15シリーズはeSIMを2枚組み合わせて使える仕様です。

上記シリーズ以外を使う方は、必ずどちらかのSIMを通常のnanoSIMで契約しましょう。

今どちらのSIMを使っているかは定期的に確認!

通信や通話に使うSIMカードが間違っていると、通信料金や通話料金が割高になってしまう可能性があります。

キャラクター画像
すーちゃん
例えば、かけ放題契約をしているSIMがあるのに30秒22円のSIMで電話をかけてしまったら台無しだよね。

今どちらのSIMを使って通信や通話をしているか、定期的にチェックするようにしましょう。

まとめ

今回は、iPhoneのデュアルSIM運用について解説しました。

ポイント

  • 2018年のXR・XSシリーズ以降ならデュアルSIMで使える
  • 基本的にnanoSIM+eSIMの組み合わせ、eSIM2枚はiPhone13~15シリーズのみ
  • 楽天モバイルは1,078円、povo2.0は0円から使えるのでデュアルSIM運用の組み合わせに最適
  • IIJmioは安価に利用可能、中でもデータeSIMかなり低価格
  • UQモバイルは高品質なキャリア回線や節約モード等の最大1Mbpsが魅力

対応するiPhoneとSIMカードを用意して、デュアルSIMを活用してみてくださいね。

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事