\他社から乗り換えで6,000pt!/ au

家族で契約するとお得な格安SIM4選!家族割や容量シェアで便利にスマホを使おう

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

「家族のスマホ代が高すぎる…どうにかしたい」とお悩みの方、スマホって一人一台必要だし毎月固定費として費用が発生するので、家族全員分だと毎月半端ない金額になってしまいますよね。

格安SIMへ乗り換えれば、どの格安SIMを選んでもほとんどの場合大手キャリアより安くなります。

中でも、以下のような家族向けのプラン・サービスが充実している格安SIMを選べばよりお得です。

  • シェアプランや家族割で料金を下げられる
  • 家族間の通話料が割引

今回は、家族で契約するとお得な格安SIMの種類や家族で使う場合の注意点について詳しく解説していきます。

私もこの2点に注意しただけで、家族のスマホ代を年間で10万円近く節約できていますよ!

はじめに...今月のイチオシSIM「楽天モバイル」をご紹介!

楽天モバイル2024年2月キャンペーン

出典:楽天モバイル公式サイト(https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/mnp/?l-id=campaign_campaign_mnp)

契約回線数が600万を突破した楽天モバイル!

データ使用量が3GB未満であれば1,078円、20GB以上はどんなに使っても無制限&国内通話無料で3,278円というプランが大人気となっています!

そしてなんと、今なら他社からの乗り換えの特典として13,000ptプレゼント!

データ3GB未満の1,078円であれば実質1年無料という見逃せないキャンペーンが開催中です。

現在は人口カバー率が99.9%となり、今後はプラチナバンドの提供も予定していて見逃せません。

圧倒的にお得な楽天モバイルへの乗り換えをぜひ検討してみてください!

他社から乗り換えで6,000pt!

【重要】家族向けの容量シェアは無理に使う必要なし|個別のほうが選択肢豊富・使い勝手も良い

以前、大手キャリアでは家族で1つのデータ容量をシェアする「シェアプラン」系のサービスが盛んに提供されていましたよね。

格安SIMでも、IIJmioなどで容量シェアができるサービスが用意されていました。

実はキャリア・格安SIM共に容量シェア系のプランはあまり多くの選択肢がありません。

そもそも携帯電話・スマホにおけるデータ容量の価格設定がキャリアも格安SIMもかなり安くなっているため、容量シェアをしてまで料金を下げる必要性自体ほとんどなくなりました。

容量シェアは1人が使いすぎた結果家族全員が速度制限にかかってしまう問題が多発、私の周りでは以前よく「子供・兄弟が通信しすぎて自分も速度制限にかかった…」という不満の声を多く耳にしました。

今も一応一部の格安SIMなどで容量シェアサービスがありますが、無理に使う必要はありません。

キャラクター画像
すーちゃん
せいぜい安くなっても数十円〜数百円程度だから、料金が安くなるメリットより速度制限などにかかるリスクがあがるデメリットのほうが大きいよ。

格安SIMを家族で使うメリットはキャリアと比較しての基本料金の安さによる固定出費の削減

大手キャリアから格安SIMへ家族で乗り換えれば、毎月のスマホ代を大幅に下げられるメリットがあります。

大手キャリアも家族割があってみんなで使えば費用を抑えられますが、実際格安SIMへ乗り換えるならもっと安くなります。

のちほどの格安SIM各社の紹介項目で実際に料金比較なども行っているので、参考にしてくださいね。

格安SIMを家族で使うデメリット・注意点は、サポートの充実度や通信速度が劣る場合があること

格安SIMを家族で使うデメリットは、大手キャリアと比べるとサポートがWeb対応のみなど充実していなかったり、通信速度が遅かったりする場合があることです。

家族の中に頻繁にわからないことなどをキャリアショップに行って聞いている人がいる場合は、店頭サポートがあるUQモバイルやワイモバイル、楽天モバイルといった格安SIM・格安キャリアを選びましょう

キャラクター画像
まま子さん
なるほど、ちゃんとお店でサポートを受けられる格安SIMとかもあるのね。

通信速度は、大手キャリアから回線の一部を借りている「MVNO」系格安SIMだとどうしてもお昼などの利用者が増える時間帯に速度が下がりやすいです。

ahamo、povo2.0、LINEMOといった大手キャリア自ら提供する「格安プラン」や、ワイモバイル・UQモバイルといった大手キャリアの「サブブランド」格安SIMなら速度が常時高速です。

家族の中に休憩時間や通勤・通学時間にスマホをたくさん使うような人がいる場合は、乗り換え先を格安プランやサブブランドから選ぶのがおすすめですよ。

キャラクター画像
すーちゃん
格安SIMのメリットやデメリットについてざっくり理解したところで、次項からは単純に家族で使うと便利なおすすめの格安SIMを紹介するね!

家族で契約するとお得な格安SIM5選!

格安SIMの種類はたくさんありますが、その中でも家族で契約するとお得なのは以下の5つです。

いずれも家族向けですが、特徴は大きく異なります。

キャラクター画像
すーちゃん
それぞれについて詳しく解説していくよ。

①UQモバイル:高品質!電気またはネット契約で家族みんなのスマホ代が割引に

IIJmio banner

UQモバイルはKDDIがauのサブブランドとして展開している格安SIMで、au回線を使って高速通信ができます。

UQモバイル 料金プラン概要
ミニミニプラン トクトクプラン コミコミプラン
月額基本料 2,365円 2,277円・3,465円 3,278円
月額基本料
(最大割引時)
1,078円 990円・2,178円 割引無し
データ量 4GB 1GB・15GB 20GB
低速時速度 最大300Kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
無料通話 付帯なし 10分以内通話無料
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

大手キャリア提供であるため他の格安SIMでありがちな「お昼や夜に回線が混み合って速度が下がる」という問題が起こる心配もありません。

さらにUQモバイルは「自宅セット割」という割引サービスがあり、auでんきまたはauひかりなどの対象ネット回線を契約していれば最大10回線までの料金が割引になります。

自宅セット割を適用させれば1GBは1,117円、4GBは1,265円、15GBは2,365円で使うことができますよ。

とくに電気サービスをauでんきに乗り換えてセット割にすればネット回線は無理に自宅セット割対応の中から選ぶ必要がないので、ネット回線の乗り換えが難しかったり契約予定がなかったりしても安心です。

またUQモバイルは節約モードがあり、ミニミニプランならアプリから切り替えることで最大300Kbpsの通信を自由に行なえます。※コミコミ/トクトクプランは節約モード対象外

節約モードにしている間は通信量が消費されず、YouTube視聴やSNS・Web閲覧などは普通にできるので、スマホをたくさん使う家族はプランMを契約しつつ節約モードを活用してみるのがおすすめです。

UQモバイルへ乗り換えるとどれくらいお得?料金をauと比較してみた

UQモバイルとauの料金比較
UQモバイル・4GB×4回線(自宅セット割適用時) 5,060円(2,365円×4-1,100円×4)
au・3GB×4回線
(割引満額適用時
17,512円(5,665円×4-家族割1,287円×4)
差額 13,552円

※この表は、右にスクロールできます。

例えば4GBのミニミニプランを4人家族がそれぞれ使うなら、月々のスマホ代は1,265円×4=5,060円しかかかりません。

auでスマホミニプラン(3GB)を使う場合は17,512円なので、なんと13,552円もスマホ代を抑えられるんです。

1年間で考えると162,624円もお得なので、乗り換えない手はありませんよね。

キャラクター画像
まま子さん
15万円以上もお得となると、かなりすごいわね…。

乗り換えで最大10,000円相当還元!

②ワイモバイル:家族割引とセット割引がお得!通信速度も速い

Ymobile banner

ワイモバイルはソフトバンクが展開している格安SIMで、家族割引やおうち割光セット(A)を使うと毎月のスマホ料金から最大1,650円割引にできるのが魅力です。

ワイモバイル料金プラン シンプル2概要
S M L
月額料金 2,365円 2,915円・4,015円 2915円・5,115円
各種割引適用後料金
(契約翌月以降)
1,078円 1,078円・2,178円 1,078円・3,278円
データ容量 4GB ~1GB・20GB ~1GB・30GB
低速時速度 最大300kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※割引金額は「おうち割 光セット(A)」「PayPayカード割」両方適用時の価格です
※表は右にスクロールできます
 

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけになっていて、ソフトバンクショップやワイモバイルショップでサポートを受けられるのが特徴です。

家族割引の割引額は1,100円であり、2回線目以降から適用されます

一方でおうち割光セット(A)はソフトバンク光またはソフトバンクエアーとのセット割引であり、シンプル2 Sは1,100円・シンプル2 M/Lであれば毎月1,650円の割引が適用

20GB以上のプランをお得に使いたいのであれば、自宅のインターネット回線をソフトバンク光やソフトバンクエアーに変えることをおすすめします。

ワイモバイルは以下のような方に適しているでしょう。

  • ソフトバンク光やソフトバンクエアーとお得に使いたい
  • 家族割引を利用して、お得にスマホを使いたい
  • 乗り換えても速度が速く、快適に使える選択肢を選びたい
  • PayPayポイントがもらえる乗り換え特典をとことん活用したい

ワイモバイルは他の格安SIMより通信速度が速く安定しているという特徴があります。

キャラクター画像
すーちゃん
UQモバイルとワイモバイルは、格安SIMとしては最強クラスの高速回線なんだ。

一般的な格安SIMだと速度が遅くなる平日お昼や夕方も通信速度が遅くならず、スマホを快適に利用可能です。

両親は仕事の昼休みに、子どもも学校の昼休みや帰宅途中にスマホをたくさん使う、そんなご家族におすすめですよ。

また、制限時の速度もシンプル2 M・Lを選べば1MbpsなのでYouTube視聴なども普通(1Mbpsに低速化するがYouTube視聴が可能な程度)にできるため、データ上限を超えて速度制限にかかっても快適に利用が可能です。

キャラクター画像
すーちゃん
通信速度を重視するなら、まずワイモバイルを検討しよう。

家族割は最大9回線まで適用となりますので、大家族でも安心ですね。

ワイモバイルで家族4人で契約した場合の料金シミュレーション

家族4人でワイモバイルを契約した場合の料金をシミュレーションしてみました。

シンプル2 S4GBのシンプルSを4人で契約するとします。

契約プラン 月額料金 内訳
シンプル2 S × 4 6,160円 シンプルプランS(主回線):2,365円
シンプルプランS(2回線目以降):1,265円×3
※PayPayカードを利用していると別途187円の割引が適用可

※この表は、右にスクロールできます。
4人で6,160円という結果でした。

1人あたり1,540円で4GBのデータ通信量が使える計算になりますね。

一般的な格安SIMの3GB~4GBプランと同じ水準で他社を圧倒する通信速度でありながらもこの価格なので、かなりお得と言えます。

乗り換えで最大10,000円相当還元!

③楽天モバイル:データ無制限・通話かけ放題が3,278円!家族回線は110円割引

Rakutenmobile banner

楽天モバイルは、楽天の自社回線で通信サービスを提供している第4のキャリアです。そのため格安SIMではありませんが、格安SIM並に料金が安いので紹介しますね。

楽天モバイルの料金プランは、使ったデータ量に応じて料金が変動する仕組みであり、データ無制限が3,278円で利用できます。

楽天モバイルの「Rakuten最強プラン」
データ容量 ~3GB ~20GB 無制限
月額料金 1,078円 2,178円 3,278円
家族割適用時
(-110円)
968円 2,068円 3,168円
通話 Rakuten Link利用で無制限かけ放題

さらに家族回線があると「家族最強プログラム」で1回線あたり110円割引され、最大20回線まで適用できます。

キャラクター画像
すーちゃん
同一名義の複数回線や姓の異なる家族は対象外なので注意してね。

通話もRakuten Linkという専用アプリを使えば、国内通話が無制限かけ放題となります。

つまり、最大3,278円でネットも電話も使い放題で利用できるのです!

キャラクター画像
まま子さん
ドコモやソフトバンク・auと同じ大手キャリアと考えると、確かにすごく安いわね…。

料金を抑えつつ、データ容量や通話時間を気にせずにネットも通話もたっぷり利用したい方におすすめです。

楽天モバイルを家族4人で契約した場合の料金シミュレーション

家族4人で楽天モバイルを契約した場合の料金をシミュレーションしてみました。

家族全員が毎月3GB未満のデータ利用量だと、以下の料金になります。

データ利用量 4回線の月額料金 料金の内訳
3GB未満 3,872円 ・Rakuten最強プラン3GB未満:1,078円
・家族最強プログラム:-110円

大手通信キャリアでありながら、家族4回線使っても5,000円以下の料金で利用できますよ。

他社から乗り換えで6,000pt!

④BIGLOBEモバイル:家族割がお得!Youtubeがギガ消費無しで見放題!

BIGLOBEモバイル公式

出典:BIGLOBEモバイル(https://join.biglobe.ne.jp/mobile/)

BIGLOBEモバイルは家族割引対応のドコモ・au回線で契約できる格安SIMで、Youtubeなどのエンタメサービスをよく使う方にオススメです。

BIGLOBEモバイル 料金プラン概要
月額基本料
(音声SIM)
1,078円 1,320円 1,870円 3,740円 5,720円 8,195円
月額基本料
(データSIM)
- 990円 1,595円 2,970円 4,950円 7,425円
データ容量 1GB 3GB 6GB 12GB 20GB 30GB
低速時速度 200Kbps
通話料 9.9円/30秒(BIGLOBEでんわアプリ利用時)
22円/30秒(標準アプリ使用時)
データ繰り越し
5G対応 ※ドコモ回線のみ
※この表は、右にスクロールできます
 

BIGLOBEモバイルは月額308円のエンタメフリー・オプションを加えることで、Youtubeなど合計20種類以上のエンタメサービスがギガ消費無しで利用可能となります。

BIGLOBEモバイルには家族割もあり、2回線目以降は家族割で月額料金が220円(税込)割引されます。

例えば家族5人で契約する場合は220円×4人=880円がずっと割引されますよ。

とくに1GB858円や3GB1,100円といった料金設定は割安です。

例えば家族4人で3GBを契約するなら、月額料金は合計4,620円となりますよ。

なお、デメリットとしては割引を適用できるのが最大4回線までと少なめな点が挙げられます。

YouTubeなどのエンタメ系サービスをよく利用する方は、BIGLOBEモバイルで家族割引とエンタメフリー・オプションを活用してみてください。

エンタメフリー・オプション2ヶ月無料!

⑤mineo:家族割がある&余った容量を家族で分けられる!パケット放題Plusも便利

mineo(マイネオ)

mineoはドコモ、au、ソフトバンク回線から好きなものを選択可能な格安SIMで、家族割と容量のシェアの両方を利用できるのが特徴です。

mineo 「マイピタ」概要
月額基本料
(音声SIM)
1,298円 1,518円 1,958円 2,178円
月額基本料
(データSIM)
880円 1,265円 1,705円 1,925円
データ量 1GB 5GB 10GB 20GB
低速時速度 200Kbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

mineoの家族割では、1回線につき55円の割引が受けられます。割引額は少ないですが、家族割がある格安SIMは非常に貴重ですね。

例えば家族割利用時は1GBの音声通話SIMは1,243円、5GBは1,463円で使えることになりますよ。

mineoでは家族だけでなく、主契約者本人の月額料金も割引になる点も見逃せませんね。

キャラクター画像
まま子さん
家族割は魅力だけど、シェアプランはないのかな?
キャラクター画像
すーちゃん
ないけど、パケットシェアで代用できるよ。

mineoには厳密にはシェアプランはありません。

しかし、余って翌月に繰り越した分のデータ通信量を家族で分け合える「パケットシェア」が便利です。

パケットシェアでは、翌月に繰り越したデータ通信量を最大10回線でシェアできますよ。

最初に家族でグループを組んでおけば以降は自動的にシェアされるので、実質シェアプランのように使えます。

キャラクター画像
すーちゃん
しかもあくまで繰越分がシェアできるだけだから基本容量は自分しか使えないので、通常のシェアプランのように誰かが使いすぎて全員が制限される心配がないんだ。

また月額385円・10GB以上の契約なら無料で使えるパケット放題Plusを利用すれば、節約モード利用時に最大1.5Mbpsで通信を行えます

YouTube視聴などを問題なく行えるスピードなので、通信量が多くなりそうな家族の回線にはパケット放題Plusを適用させてみてください。

mineoを家族4人で契約した場合のシミュレーション

家族4人でmineoを契約した場合の料金をシミュレーションしてみました。

mineoは3GBのプランが無いので、5GBの音声通話SIMを4人分契約するとします。

契約プラン 月額料金 内訳
5GBプラン 5,852円 5GB:1,518円×4
家族割引:-55円×4

※この表は、右にスクロールできます。
4人で5,852円という結果でした。家族割が適用され、月額料金が合計で220円割引されています。

1人当たり1,463円で5GBのデータ通信量が使え、さらに無料のパケットシェアにより余ったデータ通信量を分け合うことが可能です。

一般的な5GBプランより安いですし、家族で分け合うこともできてパケット放題Plusなどの便利機能も用意されているのでmineoもご家族での契約にはおすすめですよ。

【限定】事務手数料無料!

※事務手数料無料はmineoとの提携サイト限定キャンペーンです
※上記リンクからのみ特典が適用されます
※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトは特典対象外です

家族で格安SIMを契約する際の注意点4つ

家族で格安SIMを契約する際は、以下の3点に気を付けてください。

  • 1つの名義にまとめる時は転出元で先に名義変更をする必要がある
  • 家族割引は契約後申請する必要がある場合もあり
  • 店舗契約だとスマホ本体がセット購入できない場合が多い
  • 大手キャリアの格安プランだと、ドコモやau、ソフトバンクのようなファミリー割引(家族割引)はない

①1つの名義にまとめる時は、転出元で先に名義変更をする必要がある(不要な場合も)

家族でまとめて格安SIMに乗り換える際は、回線の「名義」に注意しましょう。

MNPを利用してシェアプラン系の格安SIMに乗り換える場合、転出元で名義を1つに統一しておく必要があります。

格安SIMのシェアプランでは代表者1人が契約し、その契約にSIMカードを追加して容量をシェアします。

つまり、追加SIMの名義は契約した代表者と同じになるんです。

そのため「シェアプランにMNPする場合はその代表者の名義にしないといけない」というわけなんですね。

例えば父親名義で格安SIMを契約してシェアプランを利用する場合は、転出元の名義を父親で統一しておかないといけません。

キャラクター画像
まま子さん
名義を統一せずにシェアプランが使える格安SIMはあるの?

IIJmio、BIGLOBEモバイル、NifMoは名義が別でもシェアプランが使えます。

名義変更が面倒な場合は、検討してみてください。

②家族割引は契約後申請する必要がある場合もあり

家族で契約した際に月額料金が割引される「家族割」は契約後に申請をする必要がある場合があります。

例えばmineoやUQモバイル、ワイモバイルの場合はそれぞれがSIMカードを契約した後、代表者が家族割の適用を申し込まないといけません。

このようなケースでは、申し込みを行わないと通常通りの料金を請求されてしまいます。

家族割を利用する際は契約後に申請や申し込みが必要がどうかしっかりチェックしておきましょう。

③店舗契約だとスマホ本体がセット購入できない場合が多い

格安SIMとスマホのセット購入を考えている場合は、店舗ではなくWEBから申し込むのがおすすめです。

セット購入できるのはWEBだけで、店舗だとSIMカードのみの契約しかできない格安SIMもあるためです。

キャラクター画像
すーちゃん
そもそも、店舗で契約できないWeb受付専用の格安SIMも少なくないよ。

端末とSIMのセット購入を取り扱っていても、店舗だと在庫や取り扱い端末数が少なく目当ての端末が選べないこともあります。

WEBと異なり、店舗に行ってみないと在庫状況が分からないのもデメリットですよね。

キャラクター画像
まま子さん
そうね。わざわざ足を運んだのにお目当のスマホがなかった!ってなったら残念だわ。

スマホ本体をセット購入したい場合はWEBから申し込むのがおすすめですよ。

④大手キャリアの格安プランだと、ドコモやau、ソフトバンクのような家族割引・ネット回線とのセット割はない

大手キャリアでは2023年現在、ドコモがahamo、auがpovo2.0、ソフトバンクがLINEMOといった料金設定が格安SIMレベルの「格安プラン」が展開されています。

格安プランは元々の基本料金が3GB990円(LINEMO、povo2.0)など格安な代わりに、家族割引(ファミリー割引)やネット回線とのセット割は提供されていません。

面倒な割引申請などが不要なので総合的には手軽で良いのですが、基本料金からさらに安く料金を下げることはできないのでご注意ください。

乗り換えで最大10,000円相当!

家族で格安SIMへ乗り換えで契約する際は店舗に家族ごと行くべき?それともWEB申し込みがおすすめ?

格安SIMを契約する方法は、WEBと店舗の2つがあります。

どちらでも契約できますが、家族で契約する場合はどちらのほうがお得なのでしょうか?

キャラクター画像
まま子さん
店員さんと相談できる店舗のほうがいいかな~?
キャラクター画像
すーちゃん
確かにそれもメリットだけど、WEBのほうがお得度は断然上だよ。

結論:店舗だと楽だが、お得度はWebの方が高い!Webなら家族全員の予定を合わせる必要もなし!

結論から言うと楽なのは店舗ですが、お得なのはWeb契約です。

店舗の場合、分からないことを店員さんと相談しながら契約できるメリットがあります。

しかし、Webのほうがポイント還元や端末割引などのお得なキャンペーンを実施している格安SIMが多い傾向にあります。

Web申し込みは人件費やテナント料を節約できる分、お得な限定キャンペーンが実施されているケースが多々あるんですね。

申し込み方法1つでここまでお得度が変わるなら、Web申し込みを検討しないのは勿体なさすぎるでしょう。

また、店舗の場合は家族全員でいかないと契約できないことがあります。Webなら本人確認書類さえあれば家族全員で予定を合わせる必要がないので、申し込みしやすい点もメリットですね。

まとめ

家族で使うとお得な格安SIM

以上、家族で利用する際におすすめの格安SIMや注意点をまとめました。

ポイント

  • UQモバイルは自宅セット割で4GB1,265円〜の激安、回線速度も高速
  • ワイモバイルは家族割とインターネット回線とのセット割引がお得
  • 楽天モバイルはデータ無制限と通話かけ放題が3,278円!家族割引もある
  • BIGLOBEモバイルは家族割対応、エンタメフリー・オプションでYouTube見放題
  • mineoは家族割と容量シェアの両方が利用可能、パケット放題Plusも便利
  • MNPでまとめて乗り換える場合は転出元で名義を統一しておく
  • IIJmioは名義を統一せずにMNP転入できる
  • 家族割引は契約後に申請が必要なものがある
  • 格安SIMの申し込みはWEBから行うのがおすすめ

ご紹介してきたように、家族で格安SIMを利用する場合はIIJmio、UQモバイル、mineoの3つがおすすめです。

それぞれで特徴が異なるので、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

家族で利用する際の注意点はいくつかありますが、とくに気を付けたいのが名義です。格安SIMへの乗り換えを検討しているなら、一度名義を見直しておくことをお忘れなく!

最新の格安SIMランキングをチェック!

お手頃価格で高品質な通信サービスをお探しではないでしょうか?

当サイトでは、各格安SIMの速度、料金、サービス内容を徹底比較し、最適な格安SIMを見つける手助けをしております。

ユーザーの評価も参考に、あなたにぴったりの格安SIMを選んでください。さっそく、最新の格安SIMランキングをチェックしましょう!

詳細は以下記事からご覧ください!

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事