\他社から乗り換えで6,000pt!/ au

povoはこどもに使わせるSIMとしておすすめ!保護者で管理も可能

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

キャラクター画像
まま子さん
こどもがスマホが欲しいって言うんだけど、料金も高いしどうしよう…。
キャラクター画像
すーちゃん
こども用のスマホにはpovoがおすすめだよ!
キャラクター画像
まま子さん
そうなの?詳しく知りたいわ!

こどものスマホ問題に、多くの保護者の方が頭を悩ませているのではないでしょうか。

「お金がかかる」「悪質なサイトを見てしまったらどうしよう」「勝手に課金されたらどうしよう」など、不安は尽きないと思います。

しかしpovoであれば、保護者の方が持つこどものスマホへの悩みを解消できるかもしれません。

今回は、povoがこども用のスマホとしておすすめできる理由について詳しく解説します。

povoがこども用のスマホとしておすすめできる理由

出典:povo2.0公式サイト(https://povo.jp/

povoがこども用のスマホとしておすすめできる理由は以下の通りです。

ポイント

  • 料金が安い
  • 通信品質が安定している
  • 使える端末が幅広いのでお下がりのスマホでもOK
  • フィルタリングサービスもある
  • こどものアカウントを保護者が管理できるのでデータの購入を防げる

下記にて詳しく解説します。

料金が安い

出典:povo2.0公式サイト(https://povo.jp/spec/topping/list/

povoは料金が安く、30日間有効の3GBであれば月990円で利用できます。

povo トッピング概要
月額基本料 390円 990円 2,700円 6,490円 12,980円 330円
データ量 1GB 3GB 20GB 60GB 150GB 使い放題
有効期限 7日間 30日間 90日間 180日間 24時間
低速時速度 128Kbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し ×
5G対応
※この表は右にスクロールできます
※上記は基本のトッピングのみです。この他に期間限定で提供されているものもございます

 

トッピングを購入しなければ基本料金が0円なので、必要な時だけデータトッピングを購入するという使い方も可能です。

データ容量を使い切る、もしくは有効期限が切れると使えなくなるので、「1ヶ月に〇GBまでしか使えないから上手くやりくりしてね」とこどもにネットの使い方を学ばせることもできますね。

また、通話トッピングもあるので学校や習い事の送り迎えなど連絡手段としてもおすすめです。

通話トッピング 月額料金
5分以内かけ放題 550円
通話かけ放題 1,650円

着信用や緊急時用であればトッピング購入は不要なので、月額料金0円で使い続けられますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
180日間に1回以上有料のトッピングを購入しないと、利用停止になるから気をつけてね。

通信品質が安定している

povoは通信品質が安定しており、auとほぼ同じ品質でインターネットが使えます。

以下はauとの速度比較です。

通信会社 au povo
下り平均速度 100.49Mbps 103.91Mbps
上り平均速度 16.25Mbps 16.11Mbps

※上記通信速度は直近3ヶ月間の平均実効速度です。
※測定期間:2023年11月16日~2024年2月16日
※出典:みんなのネット回線速度

格安SIMのように時間帯によって通信品質が不安定になることもないので、いつでも快適にネットが使えますよ。

使える端末が幅広いのでお下がりのスマホでもOK

povoはSIMフリー(SIMロック解除済)であれば他社で購入したスマホも利用できるので、保護者の方が使っていたスマホをお下がりで渡すことも可能です。

ただし、一部のスマホは動作確認されていない、使えない場合もあるので、事前にpovo公式サイトで動作確認をしておくことをおすすめします。

キャラクター画像
まま子さん
新しいスマホを買う必要がないのは嬉しいわね。

フィルタリングサービスもある

povoではauの「あんしんフィルター for au」のサービスを使うことができるので、こどもを危険なサイトやアプリ・不適切なコンテンツから守れます。

こどもの年齢に合わせてフィルタリングの強度も変更できるので、こどもの成長に合わせて安全にスマホを使わせることができるでしょう。

また利用時間帯の設定(設定した時間になるとスマホに利用制限がかかる)もできるため、こどものスマホの使い過ぎも防げます。

こどものアカウントを保護者が管理できるのでデータの購入を防げる

povoを契約する際にアカウントの作成が必要ですが、こども用の回線のアカウントを保護者が管理することでデータの購入を防ぐことが可能です。

キャラクター画像
まま子さん
こどもってすぐにスマホの使い方を覚えちゃうから、データトッピングを勝手に購入されたらどうしよう、と少し不安だったのよね。

保護者の方のスマホにインストールしたpovoアプリに、こどものアカウントでログインすることでアカウントの管理が可能になります。

こどもにアカウント情報を教えず、こどものスマホにpovoアプリを入れなければデータトッピングを購入することはできません。

こどものデータの使い過ぎ・課金を防げるので、スマホ料金が高額になることが心配な保護者の方も安心できますよ。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo1.0・auからの変更はこちら

こども用のSIMを契約する場合はおともだち紹介プログラムの利用がお得

出典:povo公式サイト(https://povo.jp/spec/povo_friends/)

povoの「おともだち紹介プログラム」とは、povoの紹介コードを使って加入すると、紹介した方・紹介された方それぞれに特典が付与されるサービスです。

保護者の方が既にpovoユーザーの場合は、こども名義で契約する際に「ご紹介コード」を発行し、加入手続き時にコードを入力しましょう。

なお、もらえる特典は以下の通りです。

紹介する方

  • 新規加入1名につき3GB(30日間)が自動適用(最大10名まで)

紹介された方

キャラクター画像
まま子さん
データトッピングが無料でもらえるのね!
キャラクター画像
すーちゃん
無料でもらえる分、月々の料金を抑えられるからぜひ使おう!

紹介コードの発行方法は以下の通りです。

  1. povoアプリにログイン
  2. アプリホーム画面下部の「詳細はこちら」をタップ
  3. 表示された8桁の紹介コードを直接メモするか、LINEやメールなどで共有

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo1.0・auからの変更はこちら

povoをこども用に契約する際の注意点

povoをこども用に契約する際の注意点は以下の通りです。

povoをこども用に契約する際の注意点

  • 学割がない
  • 家族割は対象外
  • 13歳未満は契約不可
  • 名義変更ができない

下記にて詳しく解説します。

学割がない

povoには学割などこどもを対象としたキャンペーンがありません。

しかし、元々の料金が安くてお得なので学割を用意する必要がないともいえます。

学割がある通信会社の多くは、割引があくまで一定期間のみであり、適用期間を過ぎれば元の料金に戻ってしまうケースがほとんど。

その点povoは料金が変わらず、ずっと安い金額で使い続けられます。

キャラクター画像
まま子さん
料金が変動しない点はわかりやすくて良いわね。

家族割は対象外

povoには複数回線による割引サービスがなく、家族で使っても特別な割引が適用されることはありません。

auやUQモバイルには家族での利用でセット割引が適用されるため、損すると感じる方も多いでしょう。

しかし、povoは元の料金がとても安いので、セット割引がなくても毎月の料金を抑えることが可能です。

現在家族割を適用している方は、povoに乗り換えるとどのように料金が変わるのか計算をしてから判断することをおすすめします。

13歳未満は契約不可

povoは13歳未満のこども名義での契約ができないため、小学生のお子さんを持つ方は保護者名義で契約する必要があります。

キャラクター画像
まま子さん
13歳以上なら契約できるのね。
キャラクター画像
すーちゃん
ただし親権者の同意書が必要だから、こども1人で契約できない仕様になっているよ。

また、povoで契約する際には運転免許証・マイナンバー・在留カードのいずれかの書類の用意が必要なので、こどもが契約する場合はマイナンバーのみとなります(外国籍の方を除く)。

マイナンバーカードを発行していない方は事前に発行手続きが必要となるので、注意しましょう。

名義変更ができない

povoでは契約後の名義変更手続きができないため、一度保護者名義で契約したものをこども名義に変更することができません。

こども名義に変更したい場合は、一度別の通信会社に乗り換えた際に名義をこどもに変更し、再びpovoに戻るという方法があります。

キャラクター画像
まま子さん
なかなか面倒ね…。

こどもが独立して自分で携帯料金を支払うというわけではないのであれば、そのままの名義にしておくべきでしょう。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo1.0・auからの変更はこちら

povoは料金が安くフィルタリングサービスもあるのでこども用にもおすすめ!

povoはこどもに使わせるSIMとしておすすめ!保護者で管理も可能

povoは料金が安いだけでなく、不適切なサイトへのフィルタリングサービスやこどものデータ購入を防ぐなど、こども用のスマホとして適したサービスが充実しています。

また13歳以上であればこども名義で契約することが可能のため、中学入学と合わせて自分のスマホを契約することもできます。

povoでは名義変更手続きがなく、保護者名義からこども名義へ変えるには他社へ乗り換えるしか方法がないので注意しましょう。

新生活に合わせてこども用のスマホ購入を検討している方は、ぜひこの機会にpovoでの契約を考えてみてくださいね。

なお、こども用でおすすめの格安SIMは下記記事で紹介をしてるので、povo以外にも検討したい方はぜひご覧になってください。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo1.0・auからの変更はこちら

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事