\他社から乗り換えで6,000pt!/ au

povoでもLINEは問題なく使える!年齢認証はできないので注意!

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

キャラクター画像
まま子さん
povo2.0を契約しようか悩んでるんだけど、LINEは使えるのかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
LINEなら問題なく使えるよ!ただしできない機能もあるので注意が必要なんだ。
キャラクター画像
まま子さん
そうなのね。povo2.0におけるLINEの利用可否とかについて詳しく教えて!

スマホで使う機能として、LINEは非常に人気がありますよね。

メッセージ連絡ができたり、無料で通話ができたりと非常に便利なサービスです。

povo2.0へ乗り換えるにあたって、乗り換え後にLINEが使えなくなったら心配として乗り換えをためらっている方も少なくないのではないでしょうか。

この記事では、povo2.0でLINEが使えるかどうかに付いて解説します。

povo2.0や1.0でもLINEは問題なく使える

結論から言うと、povo2.0でもLINEは問題なく利用可能です。

また、既に新規申し込みの受付は終了済みですが、過去に契約できたpovo1.0でも問題無く利用可能となっています。

LINEはあくまで個別のサービス!キャリアの乗り換えで使えなくなる心配はない

LINEはとくにauなどのキャリアが作ったサービスというわけではありません。

単体のサービスでアカウントもとくに大手キャリアと密接に紐づいているわけではないので、他社へ乗り換えたとしてもLINEが使えなくなることは基本的にありません。

キャラクター画像
すーちゃん
他社への乗り換え時に電話番号が変わるなどして復旧もできず、ログイン不能になった場合は流石に除くけどね。
キャラクター画像
まま子さん
一応LINEMOでLINEやスタンプ使い放題の特典が独自に提供されてるとかはあるけど、あくまでLINE自体は単体のサービスなのね。

トークや音声通話など、LINEの基本機能はpovoユーザーでもすべて使える

povo2.0をこれから契約しても、LINEのトークや音声通話、LINE Payなどの機能は問題なく使えます。

筆者も実際にpovo2.0をメイン回線として使っていたことがありますが、LINEはとくに制限なく使えていました。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど、それなら安心ね。

もちろんpovo1.0でも、トークなどのLINEの各種機能は利用できますよ。

povoユーザーでも、スタンプ購入なども問題なくできる!

LINEのスタンプ購入などの買い物も、povoユーザーであっても問題なく行なえます。

キャラクター画像
すーちゃん
大手キャリアユーザーじゃないとLINEでの買い物はできない!みたいな制限は、とくにないよ。
キャラクター画像
まま子さん
それなら安心ね。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo1.0・auからの変更はこちら

注意!povo2.0は年齢認証非対応、ID検索ができない

povo2.0をこれから契約する場合にLINE関連で注意が必要なのは、年齢認証ができないことです。

年齢認証はLINEで「ID検索」をして友だち追加を行いたい場合に必須の認証手続きです。

キャラクター画像
すーちゃん
18歳以上であることを確認できないと、ID検索はできないんだ。
キャラクター画像
まま子さん
それは困ったわね…。

ID検索以外の友だち追加は問題なく可能

LINEの友だち追加は、ID検索だけでなくメールアドレスやQRコードなどからも行えます。

ID検索以外の友だち追加機能であれば、povo2.0ユーザーでも問題なく行えますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
どうしても友だち追加をしなければいけない理由があるのでなければ、まぁそこまで問題はないと思うよ。

povo1.0なら年齢認証ができる

受付終了済みのpovo1.0は例外で、LINEの年齢認証ができます。

また、auやUQモバイルといったKDDIの他の通信サービスも同様です。

キャラクター画像
まま子さん
povo2.0が、例外的に年齢認証できないサービスになってるのね。

povo2.0ユーザーで年齢認証をしたい場合は乗り換え前に行っておく必要あり!

povo2.0で年齢認証をしたい場合は、povo2.0を契約した後だとできない関係上、乗り換え前の時点で年齢認証を済ませておくことが重要となります。

キャラクター画像
まま子さん
一度年齢認証したら、povo2.0に乗り換えた後もID検索はできるのかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
そうだね、確認してみたところ、一度年齢認証済みのアカウントはその後もID検索可能になっていたよ。

ただし、乗り換え前の回線が一部の格安SIMだと、povo2.0と同じように年齢認証はできないのでご注意ください。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど…。
キャラクター画像
すーちゃん
基本的に大手キャリアであれば、年齢認証は問題なく行えるよ。

乗り換え後にどうしても年齢認証したい場合は対応してる他のSIMを一旦契約する必要あり

povo2.0へ乗り換えたあとでLINEの年齢認証がどうしても必要になった場合は、一旦他の年齢認証に対応する格安SIM等を契約しましょう。

別途年齢認証対応の回線を用意すれば、回線の乗り換えはしなくてもOKです。

キャラクター画像
すーちゃん
一旦新しい年齢認証対応の回線を契約・LINEの登録した電話番号を変更して、年齢認証後にpovo2.0の番号に戻しつつ不要になった回線を解約するような形がベストかな。
キャラクター画像
まま子さん
確かに、何回も回線を乗り換えるのは面倒だもんね…。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo1.0・auからの変更はこちら

LINEの年齢認証が可能なおすすめの格安SIM・格安プランはどこ?

最後に、LINEの年齢認証ができるおすすめの格安SIMや大手キャリアの格安プランを紹介します。

いずれもとくに解約時に違約金が発生することはないので、気軽に契約・解約が可能です。

以下記事でもより詳しく解説してるので、こちらもぜひ併せてご覧ください。

IIJmio

IIJmio banner

IIJmioはインターネットプロバイダなどのサービスを手掛けるIIJが展開していて、2GB月額850円などの低価格が魅力となっています。

IIJmio 「ギガプラン」概要
月額基本料 850円 990円 1,500円 1,800円 2,000円 2,700円 3,300円 3,900円
データ量 2GB 5GB 10GB 15GB 20GB 30GB 40GB 50GB
低速時速度 300Kbps
通話料 11円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
※30GB以上のプランは2024年3月1日より提供開始

音声通話対応SIMにおいてLINEの年齢認証にしっかり対応している数少ない格安SIMです。

キャラクター画像
すーちゃん
年齢確認画面でその他の事業者の項目からIIJmioを選択して、画面の指示に従ってログインすることで年齢認証ができるよ!

年齢認証用に契約するのも良いですし、eSIM契約にも対応しているためサービスに満足できればその後も緊急時用などのサブ回線として契約し続けても良いですね。

6/3まで!初期費用割引中!

mineo

mineo(マイネオ)

mineoはオプテージが展開している格安SIMで、LINEの年齢認証に対応済みです。

1GB1,298円などの料金プランを選べます。

mineo 「マイピタ」概要
月額基本料
(音声SIM)
1,298円 1,518円 1,958円 2,178円
月額基本料
(データSIM)
880円 1,265円 1,705円 1,925円
データ量 1GB 5GB 10GB 20GB
低速時速度 200Kbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

なお、LINEの年齢認証は音声通話が可能なデュアルタイプでのみ可能であることにご注意ください。

年齢認証時にその他の事業者を選び、mineoを選択しつつログインをすれば年齢認証を行えますよ。

【限定】事務手数料無料!

※事務手数料無料はmineoとの提携サイト限定キャンペーンです
※上記リンクからのみ特典が適用されます
※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトは特典対象外です

LINEMO

LINEMO

LINEMOはソフトバンクが格安プランとして、オンラインで申し込みに対応している料金プランです。

LINEMOの料金プラン概要
ミニプラン スマホプラン
月額料金 990円 2,728円
データ容量 3GB 20GB
低速時速度 最大300kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し ×
5G対応
※表は右にスクロールできます
 

3GB990円や20GB2,728円といった低価格なプランが特徴で、さらに事務手数料や解約金無しで手軽に契約できます。

LINEMOはソフトバンクの自社サービスであり、格安プランでありながらもpovo2.0とは違い年齢認証が可能です。

年齢認証時にWi-Fiをオフにして自動ログインをし、あっという間に年齢認証を終えられますよ。

乗り換えで最大10,000円相当!

まとめ

povoでもLINEは問題なく使える!年齢認証はできないので注意!

今回は、povoでLINEが問題なく使えるかどうかについて解説しました。

ポイント

  • povo2.0・1.0共にLINEは問題なく使える
  • LINEはあくまで個別のサービスなので、格安SIMに乗り換えて使えなくなってしまうようなことはない
  • LINEのID検索に必要な年齢認証はpovo2.0では不可なので注意
  • 一旦年齢認証に対応する他社回線を契約すれば、認証を行える
  • IIJmioやmineo、LINEMOなどのサービスで年齢認証が可能

povoでもLINEは問題なく使えますが、年齢認証はpovo2.0の回線だとできないのでご注意ください。

今回の解説を参考に問題を回避しつつ、povoでLINEを活用してみてくださいね。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo1.0・auからの変更はこちら

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事