\他社から乗り換えで13,000pt!/ au

格安SIMでもSMS機能は必要!メリット・届かない理由なども合わせて解説!

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

キャラクター画像
まま子さん
格安SIMってSMSは使えるのかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
もちろん、格安SIMでもSMSが使えるよ!

SMSは電話番号でメッセージのやり取りができる機能です。

大手キャリアだけでなく格安SIMでも利用できます。

本人認証にSMSを採用しているサービスが多く、LINEなどが主流になった今でもSMSは欠かせません。

格安SIMの場合はSMSの有無を自分で選べますが、基本的にはSMS機能を付けるのがおすすめですよ。

本記事では格安SIMでSMS機能を使う方法やメリット・デメリットについて徹底解説します。

SMSが届かない理由・対処法も紹介しているので、すでにSMSを利用している人もぜひ参考にしてくださいね。

はじめに...今月のイチオシSIM「楽天モバイル」をご紹介!

楽天モバイル2024年2月キャンペーン

出典:楽天モバイル公式サイト(https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/mnp/?l-id=campaign_campaign_mnp)

契約回線数が600万を突破した楽天モバイル!

データ使用量が3GB未満であれば1,078円、20GB以上はどんなに使っても無制限&国内通話無料で3,278円というプランが大人気となっています!

そしてなんと、今なら他社からの乗り換えの特典として13,000ptプレゼント!

データ3GB未満の1,078円であれば実質1年無料という見逃せないキャンペーンが開催中です。

現在は人口カバー率が99.9%となり、今後はプラチナバンドの提供も予定していて見逃せません。

圧倒的にお得な楽天モバイルへの乗り換えをぜひ検討してみてください!

他社から乗り換えで13,000pt!

そもそも格安SIMやキャリアで使えるSMS機能とは?どんなことができる?

キャラクター画像
すーちゃん
まずはSMS機能について簡単におさらいしておこう。

最近ではLINEなどのメッセージアプリで連絡を取り合う人が増えています。

そのため「SMS機能についてあまり詳しく知らない」という人もいるかもしれません。

最初に、SMSの基本を簡単におさらいしておきましょう。

SMS=ショートメッセージサービスのこと

SMSは「ショートメッセージサービス」の略で、電話番号を利用してメッセージを送れるサービスのことです。

メールアドレスやLINEの連絡先を知らなくても、電話番号さえ分かれば連絡を取れます。

スマホはもちろん、ガラケーでも利用可能です。

キャラクター画像
すーちゃん
名前が「SNS」によく似ているけど、内容は全然違うよ。

相手が違うキャリアを利用していてもOKです。

例えばドコモユーザーの場合、同じドコモユーザーだけでなくauやソフトバンク、楽天モバイルのユーザーともメッセージのやり取りができます。

SMSの送信は基本的に有料・文字数制限がある

SMSを利用する際は基本的に送信料がかかります。

送信料は1回あたり3~33円で、文字数が多くなるほど高くなる仕組みです。

送信文字数 1回あたりのSMS送信料
1~70文字(半角英数字のみの場合1~160文字) 3円
71~134文字(半角英数字のみの場合161~306文字) 6円
135~201文字(半角英数字のみの場合307~459文字) 9円
202~268文字(半角英数字のみの場合460~612文字) 13円
269~335文字(半角英数字のみの場合613~765文字) 16円
336~402文字(半角英数字のみの場合766~918文字) 19円
403~469文字(半角英数字のみの場合919~1071文字) 23円
470~536文字(半角英数字のみの場合1072~1224文字) 26円
537~603文字(半角英数字のみの場合1225~1377文字) 29円
604~670文字(半角英数字のみの場合1378~1530文字) 33円

SMSには文字数制限もあります。

一度に送信できる文字数は全角で最大670文字、半角英数字で最大1,530文字までです。

機種によっては送れる文字数がこれより短いこともあります。

キャラクター画像
まま子さん
いずれにせよ、SMSはできる限り短い文章にまとめたほうが良いわね。

なお、SMSの受信料は文字数に関係なく無料です。

SMSは海外利用もできるが、料金が国内と比較して高い

SMSは、音声通話と同様海外での利用も基本的に可能です。(契約先によっては海外で使えない場合もあるのでご注意ください)

海外から日本に文字でメッセージを送りたい場合も、SMSを活用してみてください。

ただし海外でのSMS利用料金は、日本国内と違っています。

例えばUQモバイルなら、国内だと送信料が3.3円~33円ですが海外宛だと100円~1,000円です。

【2月29日まで】最大20,000円相当還元!

格安SIM契約時にSMS機能をつけるか選ぶことができる

SMSは格安SIMでも使えます。

大手キャリアはSMS機能が必ず付いてきますが、格安SIMはSMS機能を付けるかを選べます。

  • SMS機能が必要→音声通話SIMかSMS機能付きのデータSIMを契約
  • SMS機能が不要→データ通信専用SIMを契約

音声通話SIMかSMS機能付きのデータSIMを契約すれば、格安SIMでもSMSを使えます。

送信料や文字数制限は大手キャリアと同じです。

キャラクター画像
すーちゃん
音声通話SIMではSMSが必ず付いてくるよ。

逆に「データ通信専用SIM」を選べば、SMS機能なしで契約できます。

タブレットやモバイルルーターなど、SMSが不要な端末で使うのにおすすめです。

キャラクター画像
まま子さん
SMSの有無を選べるのね。

格安SIMにSMS機能は本当に必要?5つのメリットをご紹介!

キャラクター画像
まま子さん
最近はLINEとメールがあるし、SMSって必要なのかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
SMSにはLINEやメールにはないメリットがあるよ!

SMS機能には次のような5つのメリットがあります。

SMS機能のメリット

  • SMS認証など本人確認に使用できる
  • アドレス等がわからない場合でも、電話番号でメッセージを送受信できる
  • バッテリー消費を抑えることが可能
  • LTEに接続できない問題が回避可能になる
  • 位置情報サービスを利用しやすくなる

「LINEでやりとりするからSMSはいらない」という人もいるでしょう。

しかし、SMSにはメッセージアプリやメールにはないメリットもあります。

格安SIMを利用する際は、基本的にSMS機能を付けるのがおすすめです。

SMS認証など本人確認に使用できる

SMS機能がついているとアプリやサービスの本人認証、いわゆる「SMS認証」を利用できます。

SMS認証は、名前の通りSMSを利用して本人確認を実施する認証方式です。

例えばLINEのアカウントを作成する際はSMS認証で本人確認をする必要があります。

LINEアカウントを作成する際のSMS認証

  1. 新規登録時に電話番号を入力する
  2. 入力した電話番号にSMSで認証番号が届く
  3. 認証番号を入力する

LINEの他にも、SNSやショッピング、決済アプリなど数多くのアプリでSMS認証が必須です。

SMS認証が必要な主なアプリ

  • LINE
  • Gmail
  • Twitter
  • Instagram
  • Uber Eats
  • メルカリ
  • PayPay
  • GO
  • ローソンチケット

SMS機能を付けないと、これらのアプリが使えないことになります。

キャラクター画像
まま子さん
どれも使えないと困るアプリばかりね!
キャラクター画像
すーちゃん
SMS認証を利用するためにも、SMS機能はつけておいた方が良いよ。

アドレス等がわからない場合でも、電話番号でメッセージを送受信できる

SMSならアドレス等を知らなくても電話番号さえ知っていればメッセ―ジを送受信できます。

専用アプリのインストールや難しい設定なども不要です。

スマホに標準でインストールされているメッセージアプリからすぐに送信できます。

キャラクター画像
まま子さん
LINEの連絡先やメールアドレスを知らない相手とも手軽にやりとりできるのは楽ね。

バッテリー消費を抑えることが可能

SMS機能を付けると「セルスタンバイ問題」によるバッテリー消費を抑えられます。

キャラクター画像
まま子さん
セルスタンバイ問題って??
キャラクター画像
すーちゃん
スマホが音声通話回線を探し続けてバッテリーを大きく消費しちゃう問題だよ。

セルスタンバイはスマホが音声通話の着信を待ち受ける状態のことです。

データ通信専用SIMは音声通話を利用できないため、スマホがセルスタンバイ状態になります。

端末が基地局へ何度も接続しようとし、バッテリーを通常よりも激しく消費してしまうのがセルスタンバイ問題です。

キャラクター画像
すーちゃん
何もしていないのに、どんどんバッテリーが減っちゃうんだよ。

やっかいなセルスタンバイ問題ですが、SMS機能がついていれば発生しません。

そもそも最近の端末ではセルスタンバイ問題自体が起きにくいですが、古い機種だと発生する可能性があります。

いずれにせよ、SMS機能を付けておけばセルスタンバイ問題が起きることはありません。

LTEに接続できない問題が回避可能になる

SMS機能を付けるとLTEに接続できない問題を回避できます。

現在利用されているスマホの通信規格は大きく3つです。

  • 3G
  • 4G/LTE
  • 5G

この中でも主流なのが4G/LTEです。

次世代通信の5Gもスタートしていますが、5Gはまだまだエリアが狭く主流とは言えません。

キャラクター画像
すーちゃん
基本的には4G/LTEで通信するよ。

ところが、SMS機能のないSIMカードだとLTEの電波を掴まないことがあります。

現在は4G/LTEが普及しているのでそこまで気にする必要はないかもしれません。

しかし、いざという時にスマホが使えないと困ります。

キャラクター画像
まま子さん
SMS機能を付ければその心配がないから、安心よね。

位置情報サービスを利用しやすくなる

SMS機能がついていると位置情報サービスを利用しやすくなります。

位置情報の取得と聞くとGPSを思い浮かべるかもしれません。

実はGPSだけでなく、携帯電話の基地局を利用して位置を特定する方法もあります。

基地局と通信する際、SMS機能がないとやりとりに時間がかかります。

キャラクター画像
すーちゃん
SMSがないと、位置情報の取得に時間がかかっちゃうよ。

地図アプリやフィットネスアプリ、デリバリーサービスなどを頻繁に利用する場合はSMS機能があると便利ですよ。

格安SIMにSMS機能をつける2つのデメリットを紹介

キャラクター画像
まま子さん
SMSにもメリットがたくさんあるのね。逆にデメリットはあるのかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
少ないけど、一応デメリットもあるよ。

たくさんのメリットがあるSMS機能ですが、格安SIMで利用する場合は以下のようなデメリットもあります。

格安SIMにSMS機能をつける2つのデメリット

  • オプションサービスになるため月額料金が高くなる
  • SMS機能を外すにはSIMの解約・契約が必要となる

オプションサービスになるため月額料金が高くなる

格安SIMではSMSが有料のオプションサービスとして用意されているのが一般的です。

そのため、データ通信専用SIMでSMSを利用する際は月額料金が高くなります。

月額料金は格安SIMによりますが、100~140円前後が一般的です。

主な格安SIMのSMS利用料

  • BIGLOBEモバイル:月額132円
  • IIJmio:月額30~80円(データ容量による)
  • mineo:ドコモ回線は月額132円、ソフトバンク回線は月額198円
  • y.u mobile:月額132円

なお、au回線の格安SIMはSMS利用料が無料です。

同じ格安SIMでも、ドコモ回線・ソフトバンク回線より安くなります。

キャラクター画像
すーちゃん
au回線はデータ通信専用SIMがない格安SIMもあるよ。

また、SMS利用料がかかるのはデータ通信専用SIMでSMSを使う場合のみです。

音声通話SIMにはSMS機能が標準で付帯します。

SMS機能を外すにはSIMの解約・契約が必要となる

格安SIMではSMS機能だけを外すことはできません。

SMS機能を外す場合、いったん解約したあとにデータ通信専用SIMを再契約する必要があります。

契約内容によっては解約時に違約金がかかりますし、手続きも面倒です。

キャラクター画像
すーちゃん
契約する際に事務手数料もかかるよ。
キャラクター画像
まま子さん
SMSを外すためだけにそこまでやるのは面倒ねぇ。

格安SIMによっては音声通話SIMもしくはSMS機能付きデータSIMからデータ通信専用SIMへ変更できます。

この場合は解約・再契約が不要ですが、変更手数料がかかりますしSIMカードの交換も必要です。

例えばIIJmioの場合はSIMカード切り替えの際にSIMカード交換手数料/発行手数料がかかります。

SIMカードの機能やタイプの切り替えの際、SIMカード交換手数料としてSIMカード1枚につき 2,200円(税込)が発生します。手数料は、ご登録のクレジットカードへのご請求いたします。
なお、別途SIMカード発行手数料(タイプD:433.4円(税込)、タイプA:446.6円(税込))が発生します。

引用元:データ SIMからSMS SIMへ、SMS SIMからデータSIMに変更できますか?【mioモバイル・ギガプラン】 : IIJmio Q&A

格安SIMでもSMSは使える?SMSを使うための2つの方法

キャラクター画像
まま子さん
結局、格安SIMでSMSを使うにはどうすれば良いのかしら?
キャラクター画像
すーちゃん
音声通話SIMかSMS機能付きデータSIMを契約しよう。

格安SIMでSMSを使う方法は大きく2つです。

格安SIMでSMSを使う方法

  • 音声通話機能付きSIMを契約
  • SMS機能付きのデータSIMを契約

音声通話機能付きSIMを契約すれば音声通話とSMS、データ通信全てができる!

もっとも定番の方法は音声通話機能付きSIMを契約することです。

音声通話機能付きSIMのメリット

  • 音声通話、SMS、データ通信のすべてを利用できる
  • SMSの月額利用料は無料(利用料はあり)
  • 大手キャリアの電話番号を引き継げる

音声通話機能付きSIMのデメリット

  • 月額料金はSMS機能付きデータSIM/データ通信専用SIMより高い
  • 格安SIMによっては最低利用期間が設定されている

音声通話機能付きSIMならデータ通信もSMSも標準で使えます。

SMS利用料がかかりません。(送信料自体はかかります)

他社で使っていた電話番号を引き継げるので、メイン回線として使うのにおすすめです。

キャラクター画像
すーちゃん
電話が使えるのはいざという時に安心ね。

月額料金はSMS機能付きデータSIM/データ通信専用SIMより高めです。

サブスマホとして使う場合や電話が不要な場合はSMS機能付きデータSIMを選ぶと費用を抑えられます。

SMS機能付きのデータSIMを契約すれば通話はできないけど安い!

費用を抑えたい場合はSMS機能付きデータSIMがおすすめです。

音声通話機能付きSIMのメリット

  • SMSとデータ通信を利用できる
  • 音声通話機能付きSIMより月額料金が割安
  • 最低利用期間などの契約縛りなし

音声通話機能付きSIMのデメリット

  • 月額料金はデータ通信専用SIMより高い
  • 電話はできない

SMS機能付きデータSIMはデータ通信専用SIMに月額100円ほど追加すると利用できます。

音声通話機能付きSIMよりも割安で、契約縛りもありません。

サブ回線を格安で維持したい場合におすすめです。

キャラクター画像
すーちゃん
いつでも解約できるから、一時利用にもピッタリだね。

音声通話機能付きSIMよりは安いものの、データ通信専用SIMよりは割高です。

タブレットやモバイルルーターなど、SMSが不要な端末で使う際はSMS機能なしでも良いでしょう。

また、あくまでもデータSIMなので電話回線を利用する音声通話はできません。

SMSを送受信できるアプリは?|主にメッセージアプリでOK!

SMSを送受信するには、スマホに最初から入っているメッセージアプリを使えばOKです。

SMSを受信したら、基本的にメッセージアプリから通知が届きますよ。

SMSを送信する際は、宛名に送り先の電話番号を指定しましょう。

SMS機能が利用可能なおすすめ格安SIM5選!

SMS機能が使える格安SIMはたくさんありますが、その中でもおすすめは以下の5つです。

SMS機能が利用可能なおすすめ格安SIM6選

  • 楽天モバイル
  • UQモバイル
  • ワイモバイル
  • mineo
  • IIJmio
  • povo2.0

迷ったときは、この中から選べば間違いありません。

楽天モバイル

Rakutenmobile banner

SMSだけでなく電話もデータ通信もたくさん使いたい人におすすめなのが楽天モバイルです。

楽天モバイル「Rakuten最強プラン」概要
月額料金 1,078円 2,178円 3,278円
データ容量 3GBまで 3~20GBまで 20GB以上
通話料 国内通話無料(Rakuten Link使用時)
22円/30秒(標準アプリ使用時)
5G対応
※表は右にスクロールできます
 

楽天モバイルのおすすめポイント

  • データ通信も電話も使い放題
  • 通信速度も比較的良好
  • Rakuten LinkならSMS送信料も無料(Androidのみ)

月額3,278円という安さでデータ通信が使い放題です。

専用アプリ「Rakuten Link」を使えば通話料とSMS送信料も無料になります。

キャラクター画像
まま子さん
月額3,278円でデータ通信も電話もSMSも使い放題なのね!

これまでデータ通信が無制限なのは楽天回線エリア内に限られていましたが、2023年6月からは最強プランスタートによりパートナー回線エリアでもデータ無制限に!

電話とSMSはアプリさえ使えればどこでも無料です。

利用するデータ容量が少ないと月額料金も安くなるので、ライトユーザーにも向いています。

ただし、iPhoneはRakuten LinkでSMSを送信できません。

iOS標準のメッセージアプリを使うため、通常通りSMS送信料がかかります。

他社から乗り換えで13,000pt!

UQモバイル

UQmobile banner

通信速度を重視する人におすすめなのがUQモバイルです。

UQモバイル 料金プラン概要
ミニミニプラン トクトクプラン コミコミプラン
月額基本料 2,365円 2,277円・3,465円 3,278円
月額基本料
(最大割引時)
1,078円 990円・2,178円 割引無し
データ量 4GB 1GB・15GB 20GB
低速時速度 最大300Kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
無料通話 付帯なし 10分以内通話無料
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

UQモバイルのおすすめポイント

  • 通信品質が良好
  • 電気やネット回線とのセット割引あり
  • 実店舗が多い

大手キャリアであるauのサブブランドです。

au回線を利用しており、通信品質は本家auにも負けません。

お昼や夕方も速度が低下しないため、1日を通して快適にスマホを使えます。

キャラクター画像
すーちゃん
もちろんSMSも使えるよ。

対象の電気またはネット回線とセットで利用すると「自宅セット割」が適用され、月額料金が割引されます。

例えば4GBのミニミニプランなら自宅セット割+au PAYカード支払い割で月額1,078円で利用可能です。

高品質なサービスを他の格安SIMと変わらない料金で利用できます。

こちらもチェック!

【2月29日まで】最大20,000円相当還元!

ワイモバイル

Ymobile banner

ワイモバイルも品質重視の人におすすめです。

ワイモバイル料金プラン シンプル2概要
S M L
月額料金 2,365円 2,915円・4,015円 2915円・5,115円
各種割引適用後料金
(契約翌月以降)
1,078円 1,078円・2,178円 1,078円・3,278円
データ容量 4GB ~1GB・20GB ~1GB・30GB
低速時速度 最大300kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※割引金額は「おうち割 光セット(A)」「PayPayカード割」両方適用時の価格です
※表は右にスクロールできます
 

ワイモバイルのおすすめポイント

  • 通信品質が安定している
  • 家族割引や光回線とのセット割あり
  • 実店舗が多い

ソフトバンクのサブブランドで、通信速度が安定しています。

UQモバイル同様、通信速度を重視する人におすすめです。

月額料金は割高ですが、家族割引や光回線とのセット割などの割引が用意されています。

PayPayカードで支払いをすることにより、187円の月額割引を受けることも可能です。

割引込なら月額1,078円で4GBのプランが利用可能です。4GBが1,000円程度であれば格安SIMと大差ありません。

キャラクター画像
すーちゃん
家族で利用したい人や、ソフトバンクのネット回線を使っている人にピッタリだよ。

ワイモバイルは実店舗が全国に4,000店舗以上も用意されています。

ソフトバンクショップでも取り扱っており、地方や郊外に住んでいても対面によるサポートを受けやすいです。

サポート重視の人にもおすすめですよ。

乗り換えで最大10,000円相当還元!

mineo

mineo(マイネオ)

mineoは他社にない独自路線を貫く格安SIMです。

mineo 「マイピタ」概要
月額基本料
(音声SIM)
1,298円 1,518円 1,958円 2,178円
月額基本料
(データSIM)
880円 1,265円 1,705円 1,925円
データ量 1GB 5GB 10GB 20GB
低速時速度 200Kbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

mineoのおすすめポイント

  • SMS機能付きデータSIMあり
  • au回線はSMS利用料が無料
  • 他社にはない独自サービスが目白押し

ドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応しています。

このうち、au回線はSMS利用料が無料です。

SMS機能付きデータSIMを安く使うならau回線を選びましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
音声通話SIMはどの回線でも月額料金が変わらないよ。

速度が遅い代わりに格安で使い放題の「マイそく」や、独自コミュニティサイト「マイネ王」など、他社にはないユニークなサービスを利用できるのが特徴です。

月額料金は特別安いわけではありませんが、独自サービスに魅力を感じるならmineoを使ってみるのも良いでしょう。

【限定】事務手数料無料!

※事務手数料無料はmineoとの提携サイト限定キャンペーンです
※上記リンクからのみ特典が適用されます
※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトは特典対象外です

IIJmio

IIJmio banner

機能性を重視しつつ、とにかく安く使いたい人にはIIJmioがおすすめです。

IIJmio 「ギガプラン」概要
月額基本料 850円 990円 1,500円 1,800円 2,000円 2,700円 3,300円 3,900円
データ量 2GB 5GB 10GB 15GB 20GB 30GB 40GB 50GB
低速時速度 300Kbps
通話料 11円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
※30GB以上のプランは2024年3月1日より提供開始

IIJmioのおすすめポイント

  • SMS機能付きデータSIMあり
  • 月額料金がとにかく安い
  • 老舗ならではの信頼性の高さ

IIJmioは月額料金の安さが売りです。

5GBの音声通話SIMでも990円と、1,000円を切ります。

SMS機能付きデータSIMとの差額が20~30円ほどしかないため、基本的には音声通話SIMがおすすめです。

キャラクター画像
まま子さん
確かに、そのくらいの差なら音声通話SIMで良いわね。

価格が安い格安SIMは他にもあります。

IIJmioはただ安いだけでなく、老舗ならではの信頼性の高さも魅力です。

無制限かけ放題や光回線とのセット割、データシェアなどサービス内容も充実しています。

2/29まで!初期費用割引中!

povo2.0はSMSと音声通話ができて月額基本料0円!トッピングで高速通信も可能

povo banner

povo2.0はauがオンライン申込み専用で展開している格安の料金プランで、なんと月額料金が0円です。

povo トッピング概要
月額基本料 390円 990円 2,700円 6,490円 12,980円 330円
データ量 1GB 3GB 20GB 60GB 150GB 使い放題
有効期限 7日間 30日間 90日間 180日間 24時間
低速時速度 128Kbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し ×
5G対応
※この表は右にスクロールできます
※上記は基本のトッピングのみです。この他に期間限定で提供されているものもございます

 

半年に1回ほど有料のトッピングさえしていれば、あとは料金を払わなくても回線を持ててしまいます。

SMSをできるだけ安く行いたい方に最適、auのプランなので通信速度もトッピング利用時は非常に快適な速さがありますよ。

高速通信をトッピングしていない時は最大128kbpsしか出ず、できることはメール程度に限られる点にご注意ください。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo1.0・auからの変更はこちら

 SMS機能が利用可能なとにかく安いドコモ回線格安SIM:お得なのは日本通信SIMやHISモバイル!

HISモバイル
キャラクター画像
まま子さん
SMS機能が使える格安SIMで、ドコモ回線で最安なのってどこかしら?私の環境で繋がりやすいのがドコモだから、聞いておきたいわ。
キャラクター画像
すーちゃん
主要な格安SIMの中だと日本通信SIMやHISモバイルが最安だよ!

SMS機能はほとんどの格安SIMで利用できます。

その中でもドコモ回線で最安なのが日本通信SIMの「合理的シンプル290プラン」やHISモバイルの「自由自在290プラン」です。

 日本通信SIM・合理的シンプル290プランの月額料金
データ容量 月額料金
1GB 290円
以後1GB追加 +220円

日本通信SIMの合理的シンプル290プランでは月額290円で1GBの通信とSMS、そして音声通話が可能です。

キャラクター画像
まま子さん
SMSだけじゃなく、音声通話もできるのね!

通信量が足りない時は1GB220円で、追加もできますよ。

最大100GBまで追加できるので、必要に応じてチャージをしてみましょう。(自動チャージに対応していますが上限を設定しておけばそれ以上の勝手な追加は行われません)

HISモバイルの月額料金
データ容量 月額料金
1GB 550円→100MB未満なら290円!
3GB 770円
7GB 990円
20GB 2,190円
50GB 5,990円

HISモバイルでは音声通話やSMS対応の1GBプランが月額550円です。

これでも十分安いですが、データ通信量が100MB未満ならなんと月額290円で利用できます。

他にも3GB770円や7GB990円などの料金設定があり、たくさん使うのであれば日本通信SIMより安上がりになります。

キャラクター画像
すーちゃん
月額290円で音声通話もSMSも使えるよ!
キャラクター画像
まま子さん
確かに、これだけ安いプランは他になさそうね!

月額290円で利用する場合、データ通信はほぼ使えません。

サブ回線用や音声通話・SMS専用回線として使うのがおすすめです。

もっと詳しく知りたい方はこちら!

HISモバイル公式サイト

格安SIMでSMSが送れない?届かない理由と対処法

格安SIMでSMSが送れない理由としては次のようなものが挙げられます。

格安SIMでSMSが遅れない理由

  • 電話番号が間違っている・変更されている
  • 文字数制限をオーバーしている
  • 電波が悪い・つながっていない
  • SMS機能が付いていない格安SIMを使っている(自分もしくは相手が)

電話番号が間違っている・変更されている

SMSが送れない理由でよくあるのが電話番号の間違いです。

まずは宛先の電話番号が間違っていないか確認してください。

キャラクター画像
すーちゃん
とくに直接入力するときは間違いやすいから注意してね。

電話番号の入力が間違っていなくても、相手の電話番号が変わっている可能性もあります。

古い電話番号宛にSMSを送ろうとしても、送れないのは当然ですよね。

どうしても送れない時はメールやLINEなど、別の方法で電話番号が変わっていないか聞いてみましょう。

文字数制限をオーバーしている

文字数制限をオーバーした場合もSMSを送信できません。

SMSで1度に送信できる文字数は全角で670文字、半角英数字で1530文字までです。

これ以上の長文は送れません。

キャラクター画像
すーちゃん
長文を送りたいときはメールやLINEを使おう。

機種によっては送信できる文字数がもっと少ない場合もあります。

端末の取扱説明書などもチェックしてみてください。

電波が悪い・つながっていない

SMSは電話回線を利用して送受信します。

電波の入りが悪かったり、電話回線に繋がっていなかったりすると送信できません。

山間部や地下など電波状況が悪い場所にいる場合は電波の入りが良いところへ移動してみてください。

モバイルデータ通信がオフになっている、あるいは機内モードがオンになっていてSMSを送信できないこともあります。

キャラクター画像
すーちゃん
スマホの設定も見直してみようね。

SMS機能が付いていない格安SIMを使っている(自分もしくは相手が)

自分もしくは相手がSMS機能の付いていない格安SIM(データ通信専用SIM)を使っている場合もSMSを送れません。

データ通信専用SIMを契約する場合も電話番号は割り振られます。

ただし、あくまでもデータ通信専用なのでSMSは利用できません。

キャラクター画像
まま子さん
SMSを利用する場合は自分も相手もSMSに対応したSIMを使う必要があるのね。

【Q&A】格安SIMのSMS機能について

最後に、格安SIMのSMS機能に関するQ&Aをまとめました。

データ通信専用のSIMでSMSを利用することはできる?

データ通信専用SIMではSMSを利用できません。

文字通り、データ通信のみ使えます。

SMSを使いたい場合はSMS機能付きデータSIMを契約してください。

SMS機能が使い放題の格安SIMはある?

楽天モバイルはRakuten Linkを利用した場合のみ、SMS送信料が無料です。

iPhoneの場合はRakuten LinkからSMSを送信できないため、SMS送信料がかかります。

その他には、SMS機能が使い放題の格安SIMはありません。

SMS機能付きデータSIMだと、MNP転出はできないの?

SMS機能付きデータSIMはMNP転出できません。

MNPできるのは音声通話SIMのみです。

SMS機能付きデータSIMの電話番号をMNP転出で他社に引き継ぐことはできません。

キャラクター画像
すーちゃん
他社の音声通話SIMからSMS機能付きデータSIMへのMNP乗り換えもできないよ。

SMS機能を利用するのに申し込みは必要?(音声通話SIM)

SMS機能を利用する際に申し込みは不要です。

音声通話SIMおよびSMS機能付きデータSIMならいつでも利用できます。

難しい設定も必要ありません。

SMS機能は送受信ごとに料金がかかるの?

送信時のみ送信料がかかります。

1通ごとに送信料がかかるので、送り過ぎには注意が必要です。

受信料は一切かかりません。

格安SIMはSMS機能があるものがおすすめ!

格安SIMでもSMSは必要?

以上、格安SIMでSMSを使う方法とメリット・デメリットについて解説しました。

ポイント

  • SMSは電話番号でメッセージのやりとりができる機能
  • 格安SIMでも音声通話SIMまたはSMS機能付きデータSIMでSMSを使える
  • 送信料は3~33円/通、受信料は無料
  • 本人認証が可能、位置情報サービスを利用しやすくなるなどのメリットあり
  • 格安SIMでSMSを使う場合は利用料がかかる(音声通話SIMなら無料)
  • 楽天モバイルはRakuten Link利用でSMS送信料が無料
  • UQモバイル/ワイモバイル/povo2.0は通信品質が良好でメイン回線に最適
  • mineoは独自サービスが魅力、au回線ならSMS利用料無料
  • IIJmioはとにかく安く使える
  • ドコモ回線で徹底的に安く回線を持ちたいなら日本通信SIMやHISモバイルがおすすめ
  • SMSを送信できない時は電話番号の誤りや文字数制限、電波状況をチェック

音声通話SIMもしくはSMS機能付きデータSIMを契約すれば、格安SIMでもSMSが使えます。

SMSはオプション扱いなので、データ通信専用SIMよりも月額料金が高くなるのがデメリットです。

しかし、SMSは本人認証に欠かせません。

他にもいざという時に電話番号だけで連絡を取れるなど、メリットがたくさんあります。

格安SIMを利用する際は、SMS機能があるSIMを選ぶのがおすすめです。

最新の格安SIMランキングをチェック!

お手頃価格で高品質な通信サービスをお探しではないでしょうか?

当サイトでは、各格安SIMの速度、料金、サービス内容を徹底比較し、最適な格安SIMを見つける手助けをしております。

ユーザーの評価も参考に、あなたにぴったりの格安SIMを選んでください。さっそく、最新の格安SIMランキングをチェックしましょう!

詳細は以下記事からご覧ください!

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事