この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

YモバイルのSMS

キャラクター画像
まま子さん
格安SIMを利用してみたいけど、一番のネックがSMS・MMSみたいな機能がしっかりと充実してるのか?っていう所なんだよね
キャラクター画像
すーちゃん
SMSに関しては基本的にどこでも利用可能だけど、MMSに関してはワイモバイルとかUQモバイルとかの一部でしか利用出来ないよ

ワイモバイルを利用してみたいけど、SMS・MMSがちゃんと利用出来るのか不安に感じているという方は少なくありません。

格安SIMは圧倒的な安さや高い自由度が魅力的ですが、一方でSMSやMMSがちゃんと使えるのか?というのは不安なポイントの1つです。

この記事では、ワイモバイルのSMS・MMS事情について以下のようなポイントから解説しています。

  • 【結論】ワイモバイルでもSMSは使える
  • 追加での申込・料金不要!
  • 送受信料は文字数によって異なるので注意
  • MMSもワイモバイルで利用可能
  • MMSも追加申込・料金不要
  • 基本的に送受信料は無料

ワイモバイルでSMSは使える?

キャラクター画像
まま子さん
ワイモバイルでSMSを使うのに申込・追加料金って必要?
キャラクター画像
すーちゃん
新たな申込・追加料金不要で、SMSが利用出来るよ。SMSの有無でSIMが変わったりする業者もあるけど、ワイモバイルの場合は標準で付いてくる

これから、ワイモバイルのSMSについて、SMSとは?という部分から、ワイモバイルのSMSの概要や対応機種といった点についてご紹介していきます。

SMSとは

SMSとは電話番号でテキストのやり取りが可能なもので、大手キャリアでは標準で利用可能です。

一方で、格安SIMでは音声SIMもしくはSMS付きSIMを購入する必要があるケースも多いですが、基本的にメインで利用する予定のSIMならSMS機能は使えるようにしておきましょう。

というのも、SMSは現在のインターネット関連のサービスを利用するに伴って、必須の存在となっています。

多くのサービスでSMSによる認証を導入しており、主要なSNSとなっているLINEに関しては基本的にSMSによる認証が様々な場面で必要となります。

アプリに限らず、多くのWEBサービスでSMS認証が必要になる機会が多いので、音声通話とメールしかしないといった方を除き、SMSは必須の存在です。

なお、ワイモバイル以外の格安SIMのSMS対応状況については下記記事を参考にしてみてください。

ワイモバイルではSMSの追加料金無し!申込不要

ワイモバイルは最新のシンプル2に加入していればSMSの利用が可能になります。特別な申込等は必要ありません。

ワイモバイル料金プラン シンプル2概要
S M L
月額料金 2,365円 2,915円・4,015円 2915円・5,115円
各種割引適用後料金
(契約翌月以降)
1,078円 1,078円・2,178円 1,078円・3,278円
データ容量 4GB ~1GB・20GB ~1GB・30GB
低速時速度 最大300kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※割引金額は「おうち割 光セット(A)」「PayPayカード割」両方適用時の価格です
※表は右にスクロールできます
 
キャラクター画像
すーちゃん
あくまで追加申込や申込に伴う料金が必要ないってだけで、利用に伴う費用(送受信料)は必要になるから注意したい所だね。
キャラクター画像
まま子さん
SMSが使い放題っていう訳ではないって事ね

対応機種

次に、対応機種について詳しく解説していきます。

ワイモバイルのSMSは、以下のような機種で対応しています。

  • iPhone SE(第3世代)
  • iPhone14
  • iPhone13
  • iPhone13 mini
  • iPhone Pro
  • iPhone Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone Pro Max
  • iPhone SE 第2世代
  • iPhone 7
  • iPhone 6s
  • iPhone SE
  • iPhone 5s
  • Androidは全て対応
  • タブレットも全て対応
  • AQUOS ケータイ3
  • DIGNO ケータイ2
  • Simply
  • AQUOS ケータイ2
  • DIGNO ケータイ
  • AQUOS ケータイ

概ね、ほとんどのスマホで対応していると考えて問題ないでしょう。

乗り換えで最大10,000円相当還元!

※詳細はワイモバイルの公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)でご確認ください

SMSの料金

キャラクター画像
まま子さん
普段からSMSをヘビーに利用してるから受信料が気になる・・・
キャラクター画像
すーちゃん
ワイモバイルのSMSは利用すればするほど料金が掛かるタイプだから、ヘビーに利用していたらそこそこの金額になっちゃうかも

ここからはワイモバイルの送受信料とについて解説していきます。

まず、ワイモバイルの送受信料はプランによってその料金が大きく異なります。

プラン 送信元・先 料金
シンプル2 S
シンプル2 M
シンプル2 L
ケータイベーシックプランSS
データベーシックプラン
シェアプラン
3G・4G・5Gから全回線へ 文字数等に応じて変動
ケータイプラン PHS回線からPHS回線へ  無料
(PHS回線以外への送信は有料)

(シンプル、スマホプラン、ケータイプランSS、スマホベーシックプランL、データプラン等の現在終了しているプランは除外しています。)

スマホを利用している方は、主に送信元が3G・4Gのものに当たります。

3G・4G回線での文字数別の送信料金は以下の通りです。(一例)

文字数 料金
1~70文字 3.3円
71~134文字 6.6円
135~201文字 9.9円
202~268文字 13.2円
269~335文字 16.5円
336~402文字 19.8円
403~469文字 23.1円
470~536文字 26.4円
537~603文字 29.7円
1378~1530文字 33円

細かな条件・料金に関しては、コチラをご覧ください。

キャラクター画像
すーちゃん
基本的に短い文章なら10円以下、長い文章なら30円くらい掛かるって覚えてたらOK。ちなみに、受信に関しては無料だよ

100~200文字程度の文章を100通以上、1ヶ月利用した場合「900円~1,300円」程度の金額が、基本的な料金にプラスされる事になります。

ワイモバイルは基本料金がリーズナブルなものの、スマホ料金の価格が下がっている中、1,000円プラスされるというのは、お得感が大きく下がります。

キャラクター画像
すーちゃん
仕事で、普段からSMSを頻繁に利用しているみたいな人にはあまりおすすめ出来ないね。もしくは、LINE等のチャットに置き換えるのもおすすめ

逆に、受信料が無料なため、SNS・WEBサービスでの認証等でしかSMSは使わないといった方なら、このような料金体系であっても問題ないでしょう。

乗り換えで最大10,000円相当還元!

※詳細はワイモバイルの公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)でご確認ください

SMS受信拒否機能について

次に、SMSを利用する上で、押さえておきたいのはSMS受信拒否機能です。

受信拒否の設定手順についてスマホとパソコンに分けて解説していきます。

スマホでの手順

スマホでSMS受信拒否機能を利用するには、以下のような手順で進めていけばOKです。

  1. My Y!mobileにアクセス(ログインもします)
  2. 設定 サポートへ
  3. 迷惑メール設定 SMS へ
  4. 迷惑メール対策へ
  5. 詳細設定をみるへ
  6. SMSへ
  7. 電話番号メールの拒否・許可の設定で「変更する」
  8. 電話メール拒否・許可で次
  9. 任意で設定を選択する
  10. 最終確認

少し難しく感じますが、実際にやってみるとそれほど難しくありません。

また、電話番号メール拒否・許可設定では、以下のような項目を選択可能で、設定によって制限する範囲が異なります。

  • すべての電話番号を許可する
    (制限なし)
  • すべての電話番号を拒否
    (全てを制限)
  • リストの電話番号を拒否する
    (リストに入っている電話番号を制限)
  • リストの電話番号のみ許可
    (リストに入れた電話番号以外を制限)

SMSの受信をしたいのに、間違えてすべての電話番号を拒否してしまうと、メッセージがチェック出来なくなってしまうので、注意しましょう。

パソコンでの手順

次にパソコンでのSMS受信拒否機能の手順を解説していきます。

  1. My Y!mobileへ
  2. メール設定/迷惑メール対策へ
  3. 迷惑メール対策へ
  4. 詳細設定をみるへ
  5. SMSへ
  6. 電話番号メールの拒否・許可の設定で変更するへ
  7. 電話番号メール拒否・許可の項目を任意で選択
  8. 最終確認

また、こちらについても、リストに入れた電話番号について、任意の設定を行う事が可能です。

乗り換えで最大10,000円相当還元!

※詳細はワイモバイルの公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)でご確認ください

MMSについて

キャラクター画像
まま子さん
やっぱり、便利だからMMSを利用したいけど、格安SIMだと難しいよね・・・
キャラクター画像
すーちゃん
実は、ワイモバイルなら「@ymobile.ne.jp」っていうMMSが利用可能だよ

現在はフリーメールなら、メールアドレスを簡単に取得出来るようになりましたが、未だに強い人気を持つのが「MMS」です。

これから、ワイモバイルで利用可能なMMSについてご紹介していきます。

MMSとは

MMSとは、マルチメディアメッセージングサービスの事で、一般的に携帯のメールとして認識されているものです。

MMSのメールアドレスには、ソフトバンク・au・ドコモといった大手キャリアの名称が含まれている事が多いです。

この事からも分かりますが、MMSは大手キャリアが独自に展開しているメールアドレスの事であり、基本的に大手キャリアの利用者しか利用する事は出来ません。

キャラクター画像
すーちゃん
逆に言うと、格安SIMの業者では取扱っていない事が多いんだよね。Gmailとかで代用出来なくはないけど、MMSを利用したいっていう人も少なくない

ワイモバイルではMMSも申込・月額料金不要

上記した事から、MMSを取扱っている格安SIMはあまり多くありません。

しかし、ワイモバイルはMMSを扱っているおり、尚且「申込・月額料金不要」という好条件で、MMSを利用する事が可能です。

MMSが利用出来るというのは、ワイモバイルが他社と差別化出来るポイントの1つとなっているでしょう。

ワイモバイルはSMS・MMSといった機能はもちろんですが、5Gも追加料金・申込不要で利用出来ます。

このようにワイモバイルは、全体的にシンプルで初心者にも分かりやすい構造になっているのは大きなメリットの1つであると言えます。

キャラクター画像
すーちゃん
格安SIMはオプションとして機能をつける時に追加料金が掛かるっていう事が多いけど、ワイモバイルでは殆ど不要。

MMSの対応機種

ワイモバイルのMMS対応機種には、以下のようなものが挙げられます。(Androidは全機種対応)

  • iPhone SE(第3世代)
  • iPhone 14
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone SE (第2世代)
  • iPhone 7
  • iPhone 6s
  • iPhone SE
  • iPhone 5s
  • Lenovo TAB4
  • Media Pad M3 Lite s
  • MediaPad T2 Pro
  • Lenovo TAB3、TAB2
  • MediaPad M1 8.0
  • AQUOS ケータイ3
  • DIGNO ケータイ2
  • Simply
  • AQUOS ケータイ2
  • DIGNO ケータイ
  • AQUOS ケータイ

乗り換えで最大10,000円相当還元!

※詳細はワイモバイルの公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)でご確認ください

メールの送受信料はプランによって異なる

ワイモバイルのMMSはプランによって送受信料が異なりますが、全体的にリーズナブルです。

ケータイプランSSでは0.0055円がパケットに応じて必要になってきます。

しかし、シンプルプランやスマホベーシックプランといったプランに関しては無料となっています。

キャラクター画像
まま子さん
データ通信ありの一般的なワイモバイルプランなら無料という認識でOKだよ

MMSの料金詳細については、コチラをご覧下さい。

Y!mobile メールが使いやすい

また、ワイモバイルのMMSで利用出来る「Y!mobile メールアプリ」というアプリが使いやすいのも、おすすめポイントの1つです。

例えば、表示方法の変更で「会話形」を選択すると、一般的なMMSとは異なったチャット画面のような使い方も可能です。

また、このアプリからも迷惑メール対策を行う事が可能となっており、MMSで利用したい機能が詰め込まれています。

このような事から、ワイモバイルは普段からMMSを利用している方におすすめです。

乗り換えで最大10,000円相当還元!

※詳細はワイモバイルの公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)でご確認ください

MMSの注意点

最後に、格安SIMを本格的に利用しようと考えている方にMMSの注意点についてご紹介していきます。

「格安SIMを使いこなしたい」と考えている方に、MMSをメインのメールアドレスとして利用する事はあまりおすすめ出来ません。

何故なら、MMSは「その通信業者で利用しないと不便になる」という原因を作ってしまうためです。

当然ですが、事業者独自のMMSというのは解約すると利用出来なくなってしまいます。

そのため、MMSをメインのメールアドレスとして利用してしまうと他の事業者への乗り換えを行う際のハードルが1つ出来てしまいます。

格安SIMのメリットは自由にSIMを契約・解約してお得なプランへ乗り換えられる事が挙げられるので、そのメリットを弱くしてしまいます。

キャラクター画像
すーちゃん
メインで利用しない分には利便性が高いのは確か。ただ、メインで利用してしまうと、格安SIMの良さを消してしまう可能性があるから注意

乗り換えで最大10,000円相当還元!

※詳細はワイモバイルの公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)でご確認ください

まとめ

YモバイルのSMS

この記事では、ワイモバイルのSMSやMMSについて解説しました。

ポイント

  • ワイモバイルでSMSは利用可能
  • 申込・月額料金不要
  • 送受信料は文字数によって異なる
  • MMSも申込・月額料金不要
  • MMSは縛られる原因を作るため注意が必要

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという事もあって、一般的な格安SIMの安さというメリットは取り入れつつ、MMSといった大手キャリアと同じような強みも持っています。

一般的な格安SIM業者では真似できないようなサービスを打ち出してくれるのが、ワイモバイルであると言えるでしょう。

キャラクター画像
すーちゃん
格安SIMが気になるけど、大手キャリアみたいな安心感も欲しいっていう人にはピッタリ

乗り換えで最大10,000円相当還元!

※詳細はワイモバイルの公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)でご確認ください
・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事