\他社から乗り換えで13,000pt!/ au

格安SIMでギガが減るのが早い!原因と対処法を考え付く限り洗い出してみた!

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

キャラクター画像
まま子さん
格安SIMに乗り換えてから、なんだかギガが減るの早い気がするんだけど…気のせいかな?
キャラクター画像
すーちゃん
「格安SIMだから」ということはないから、気のせいだね。データの減りを押さえる対処方法を教えるから、参考にしてね。
格安SIMに乗り換えてから、なんだかデータの減りが早く感じている方。

データの減りが早いと不安になりますよね。月末にデータが無くなって速度制限になったら不便ですし、いつもとは異なるペースでデータが消費されているとなると、余計に不安になる気持ちもよく分かります。

ただ、結論から言うと「格安SIMだから、データの減りが早い」と言うことはありません。ですので、ドコモなどの大手キャリアに戻ってもデータの減りが改善されることはありません。

データの減りが早いのは、ほとんどの場合スマホのせいなんです。

ということで、この記事では、データの減りが早い時に使える対処法をご紹介します。

元大手携帯会社社員で、現在格安SIMブログ運営中の私が、頭をひねりにひねり思いつくだけ洗い出しました

どの格安SIM・機種でも使えるものもあれば、特定の格安SIM・機種向けのものもあるので、それぞれ参考にしてみてください。

はじめに...今月のイチオシSIM「楽天モバイル」をご紹介!

楽天モバイル2024年2月キャンペーン

出典:楽天モバイル公式サイト(https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/mnp/?l-id=campaign_campaign_mnp)

契約回線数が600万を突破した楽天モバイル!

データ使用量が3GB未満であれば1,078円、20GB以上はどんなに使っても無制限&国内通話無料で3,278円というプランが大人気となっています!

そしてなんと、今なら他社からの乗り換えの特典として13,000ptプレゼント!

データ3GB未満の1,078円であれば実質1年無料という見逃せないキャンペーンが開催中です。

現在は人口カバー率が99.9%となり、今後はプラチナバンドの提供も予定していて見逃せません。

圧倒的にお得な楽天モバイルへの乗り換えをぜひ検討してみてください!

他社から乗り換えで13,000pt!

【前提】「格安SIMだから、データの減りが早い」ということはない

格安SIMもdocomoなどの大手キャリアも、データの減りのスピードは同じです。

5Gを使っている場合も例外ではありません。

キャラクター画像
まま子さん
それじゃあ減りが早く感じた理由って、なにかしら…?
格安SIMに乗り換えると月額料金が安くなるので、もしかしたら結果的に「安かろう悪かろう」なのではないかと疑問に感じて、データの減りが早くなったように感じてしまっているかもしれません。
キャラクター画像
すーちゃん
実際は、同じスピードで消費しているよ。
または、格安SIMではデータ残量をチェックできるアプリが提供されているケースもあります。アプリでデータ消費が視覚化された結果、減りが早いように感じている可能性も考えられます。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど、そういえば確かに、乗り換えてからデータ残量を見ることが増えたかも。
いずれにしても「格安SIMにしたから、データの減りが早くなった」ということはありませんので、ご安心ください。

また、たとえ格安SIMから大手キャリアに戻っても、スマホの使い方を変えない限り、データの減りのスピードは変わりませんので、その点は念頭に置いておきましょう

キャラクター画像
すーちゃん
データの減りが早いと感じたら、スマホの様々な項目を見直したり、特別な対処法を使ったりしてみよう。

スマホのギガが足りない原因・理由|速度制限がかかるとどうなる?

スマホのギガの減りが早い原因の1つに、YouTubeやSNSなどで動画を大量にみてしまうことが挙げれらます。

外出先や移動時間などのWi-Fiがない環境でもSNSは見ることが多いでしょう。

昨今はショート動画が流行しているため、SNS開いてショート動画を見ている間に、あっという間にギガを消費してしまったというケースも珍しくありません。

動画をよく視聴するという方は、使い方を見直すとともにWi-Fiが利用できないか、事前ダウンロードができないかなどを検討しましょう。

NetflixやU-NEXT等ではダウンロード後のオフライン再生が可能なため、映画やドラマなどを見たいという方は利用がおすすめです。

スマホで速度制限がかかるとどうなる?

利用しているキャリアにもよりますが、契約しているギガを消費してしまい、速度制限がかかると最大通信速度が最低128kbpsまで下がってしまいます

128kbpsではSNSやネットサーフィンには読み込みに5秒ほどの時間がかかってしまい、ほぼ満足にスマホを利用することはできません。

唯一ストレスなく使えるのは、LINEなどのテキストベースのアプリのみになるでしょう。

ちなみに格安SIMのワイモバイルやUQモバイルなどの一部プランでは速度制限時でも最大で1Mbpsの通信が可能なものもあり、ギガを消費してしまってもある程度の範囲であればストレス無く利用する可能なものもあります。

ギガの減りが早い時に見直したい項目

格安SIMで使っていて、データの減りが早いと感じたら、様々な項目を見直してみましょう。

  • ①位置情報が「常に許可」になっているアプリ
  • ②バックグラウンドで起動しているアプリ
  • ③アプリや動画のダウンロードにモバイルデータ通信が使われていないか
  • ④音楽ストリーミングにモバイルデータ通信を利用していないか
  • ⑤SNSで「動画の自動再生」などがオンになっていないか
  • ⑥【iPhoneの場合】写真のiCloudアップロードにモバイルデータ通信が使われていないか
  • ⑦【iPhoneの場合】iCloud Driveにモバイルデータ通信が使われていないか
  • ⑧【iPhoneの場合】Wi-Fiアシストがオンになっていないか
  • ⑨「Appのバックグラウンド更新」が「WiFiとモバイルデータ通信」になっていないか
  • ⑩【Androidの場合】Chromeは「ライトモード」で通信量を削減できる
  • ⑪【外出先でのデータ削減】外出先では無料Wi-Fiスポットを積極的に活用
  • ⑫【一部の格安SIM限定】速度切替でデータ消費を抑える
  • ⑬【自宅でのデータ削減】光回線などを契約しているなら、自宅での切り替えを忘れずに

使い方を改めたり、設定を切り替えたりすることで、通信量の消費を遅らデータ残量の減りを遅くすることが可能です。

キャラクター画像
すーちゃん
ほとんどの場合はスマホの設定の問題だからね。まずは設定を見直してみよう!

①位置情報が「常に許可」になっているアプリをチェック

スマホではアプリで読み取る「位置情報」を常に許可していると、データ消費がとても早くなります。

キャラクター画像
すーちゃん
バックグラウンドで地図アプリなどが位置情報を読み取ってバッテリーを消費しつつ、合わせてデータも消費しているんだ。
設定アプリの「プライバシー」や「セキュリティ」に含まれている「位置情報」項目から、位置情報を使っているアプリを確認して設定を変更しましょう。

ただし、iPhoneの探す機能などすべてのアプリで位置情報をオフにしてしまうと、スマホの使い勝手が悪くなる恐れがあります。

キャラクター画像
すーちゃん
iphoneヘルスケアアプリで歩数を調べたり、地図アプリで自分のいる場所から目的地への道のりを調べたりする際に、位置情報を使うんだ。
不要なアプリのみ位置情報をオフにしたり、「アプリの使用中のみ許可」にして常時データ消費をするのを抑えたりして対応しましょう。

②バックグラウンドで起動しているアプリをチェック

スマホには、裏で自動的に通信している(バックグラウンド起動をしている)アプリもあります。

不要なアプリはバックグラウンド起動をオフにして、通信量消費を抑えましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
SNSやメールアプリなど、様々なアプリが裏で勝手に動作して、バッテリーやデータを消費しているんだ。
iPhoneでは、設定アプリの「一般」内にある「Appのバックグラウンド更新」から個別にオフにできます。

Androidでは、「データ使用量」内にある「モバイルデータ使用量」から各アプリのバックグラウンドでの起動状況を確認・設定で個別にオフにできます。

キャラクター画像
すーちゃん
ただしアプリによっては、バックグラウンド起動をオフにすると動作がおかしくなるものもあるから注意してね。
キャラクター画像
まま子さん
正常に動かないアプリは、バックグラウンド起動をオンに戻したほうがいいのね。

③アプリや音楽、動画のダウンロードにモバイルデータ通信が使われていないかチェック

アプリや音楽、動画といったデータをモバイルデータ通信で読み込むとデータ消費がとても大きくなります。

キャラクター画像
すーちゃん
1つ読み込むだけで数十~数百MBくらい消費してしまうこともあるんだ。
アプリなどの大容量データは、自宅の光回線や外出先の無料Wi-Fiスポットなど、データ消費をしても問題がない回線でダウンロードするようにしましょう。

④音楽にストリーミングにモバイルデータ通信を利用していないかチェック

通勤や通学などで音楽を聴くことが多い場合、ストリーミングにモバイルデータ通信を使っているとデータ消費が大きくなります。

キャラクター画像
すーちゃん
音楽のストリーミング再生とは、インターネット上からデータを読み込んで音楽を再生するしくみのことだよ。

AppleMusicやSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスを使っている方は、外出先で通信して聴けば聴くほどデータも減るので要注意です。

データ消費を抑えたい場合は、事前に自宅の光回線等で聴きたい曲をダウンロードしておきましょう。

⑤SNSアプリで「動画の自動再生」などがオンになっていないかチェック

TwitterなどのSNSアプリでは、投稿された動画や写真などが自動的に読み込まれて表示される設定になっていると、通信量消費が大きくなる傾向にあります。

キャラクター画像
すーちゃん
他の人が投稿した動画とかが、勝手にタイムライン上で再生される設定のことだね。

SNSアプリの設定画面から「動画の自動再生」「写真を自動表示」といった項目をオフにして、無駄なデータ消費を抑えましょう。

見たい動画・写真だけ自分で読み込むようにすれば、通信量消費は大幅に抑えることができます。

⑥【iPhoneの場合】写真のiCloudアップロードにモバイルデータ通信が使われていないかチェック

私も以前これに引っかかったことがあります…(笑)

iPhoneでは写真を自動的にクラウドストレージ「iCloud」へアップロードできますが、写真の送信時はデータ消費が大きくなります。

キャラクター画像
すーちゃん
写真はデータ量が大きくて、1枚送信するだけで2~10MBくらいは余裕で消費してしまうよ。
キャラクター画像
まま子さん
そんなに大きいんだ…。たくさん写真を撮る人は、iCloudの通信量だけで通信制限にかかってしまいかねないね。
iphone設定アプリの「写真」→「モバイルデータ通信」と移動し、モバイルデータ通信での写真アップロードをオフにしましょう。

⑦【iPhoneの場合】iCloud Driveにモバイルデータ通信が使われていないかチェック

iCloudへは写真以外にも様々なデータを送信できますが、モバイルデータ通信でのデータ送信がオンになっていると、裏でどんどんデータ残量が減っていってしまいます。

iphone設定アプリの「モバイル通信」内にある「iCloudDrive」をオフにして、モバイルデータ通信でのiCloudとのデータ同期が行われないようにしましょう。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど。とにかくiCloud系にモバイルデータ通信を使うのはダメそうね。

⑧【iPhoneの場合】Wi-Fiアシストがオンになっていないかをチェック

iPhoneで「Wi-Fiアシスト」がオンになっていると、Wi-Fi回線が不安定なときなどに、契約しているSIMカードによるデータ消費が行われます。

キャラクター画像
すーちゃん
快適にネットが使えるのは良いけど、そのために勝手にデータ消費が行われるのはちょっと困るよね。
少しでもデータ消費を抑えたい場合は、Wi-Fiアシストをオフにして、無駄なデータ消費をなくしましょう。

設定アプリで「モバイルデータ通信」を開き、「Wi-Fiアシスト」をオフにすれば設定完了です。

⑨「Appのバックグラウンド更新」が「WiFiとモバイルデータ通信」になっていないかチェック

「Appのバックグラウンド更新」でモバイルデータ通信を使える設定にしていると、アプリの更新にモバイルデータ通信が使われます。

キャラクター画像
すーちゃん
手動で更新手続きをせずにアプリを更新できるのは便利だけど、勝手なデータ消費は困るよね。
iPhoneでは設定アプリで「iTunesとAppStore」の項目を開き、「モバイルデータ通信」をオフにして、モバイルデータ通信によるアプリの自動更新をキャンセルしましょう。

AndroidではGooglePlayアプリを開き、設定項目で「アプリの自動更新」において「Wi-Fi経由のみ」か「アプリを自動更新しない」に設定しましょう。

⑩【Androidの場合】Chromeは「ライトモード」で通信量を削減できる!

Androidのブラウザアプリ・Chromeでは、「ライトモード」機能で通信量を削減できます。

Chromeの設定画面で「ライトモード」の項目を開いてオンにすれば、データ消費を最大60%も抑えることが可能です。

キャラクター画像
まま子さん
本来1MB読み込むとしたら約0.4MBにまで抑えられるってことね…。かなり便利だね。
合わせてページの読み込みも高速化されるので、快適にネットサーフィンが利用できます。データ消費に悩んでいる方はぜひ一度試してみてくださいね。

⑪【外出先でのデータ削減】外出先では、無料Wi-Fiスポットを積極的に活用して通信量を抑えられる!

外出先でスマホを使う際は無料Wi-Fiスポットを活用しましょう。

無料Wi-Fiスポットに接続している間は、ネットサーフィンやSNS、動画再生などあらゆる場面でスマホ側の回線でのデータ消費は行われません。

キャラクター画像
まま子さん
特に1~3GBくらいの小容量で契約している場合は、どんどん使ったほうが良さそうだね。
キャラクター画像
すーちゃん
ワイモバイルとか、契約すればもれなく対応する無料Wi-Fiスポットを使える格安SIMもあるよ。

⑫【UQモバイルやIIJmioなど、一部の格安SIM限定】速度切替で、データ消費を抑えられる!

速度切り替えができる格安SIMなどは、通信速度を低速に切り替えることでデータを契約している消費しなくなります。

UQモバイルIIJmioOCNモバイルONEmineoなどの様々な格安SIMで、データ消費を抑えられる低速モードが提供されています。

※UQモバイルで現在提供中のプランではミニミニプランのみ低速モードが利用できます。

低速モードでは速度が200kbps~300kbps程度に制限されるので、動画再生やアプリダウンロードには不向きですが、SNSやネットサーフィンなど、文字データ中心の軽い用途なら十分快適にこなすことができます。

少しでも賢くデータを使いたい場合は、こういったモードを活用してみるのもいいかもしれません。

⑬【自宅でのデータ削減】光回線などを契約しているなら、自宅での切り替えを忘れずに!

自宅で光回線などの固定回線を契約している場合は、帰宅時にそちらに接続するのを忘れないようにしましょう。

Wi-Fi接続を忘れたまま動画再生やアプリのダウンロードなどを行うと、たくさんのモバイルデータを消費してしまいます。

後から気づくと後悔も大きいので、WiFi環境下ではそちらにきちんと接続になっているか確認してくださいね。

ギガの使いすぎを防ぐにはMy Data Managerがおすすめ!何が大量にデータ消費しているのかも丸わかり

さて、ここまでデータ消費を抑える設定方法をご紹介してきましたが、最後にデータ管理に便利なアプリをご紹介したいと思います!

このアプリは私も愛用しているもので、「データ管理をきちんとして月末の速度制限は避けたい」という方には非常におすすめです。

その名もMy Data Managerです!

My Data Managerを使えば、どのアプリでたくさん通信しているかが一目でわかります。

アプリを起動、「アプリ」の項目を開けば、各アプリの通信量一覧が表示されるんです。今月の通信量も確認できるのでこまめにチェックすれば通信制限にかかるのを防ぐことが可能です。

キャラクター画像
すーちゃん
データ残量を確認しつつ、今回解説した対処法でデータ消費を抑えてね。
もちろん、データ残量の確認はiPhone・Android共に設定アプリでも出来るのですが、専用アプリならよりわかりやすくて手軽確認が可能です。無料アプリですので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

ギガを使い切ってしまった際の対処法

ギガを使い切ってしまった場合には大きく3つの対処法がありますので紹介します。

  • Wi-Fiを利用する
  • データを追加チャージする
  • 契約中のプランを見直す

最も簡単な方法としては、家や街中のフリーWi-Fiを利用することが挙げられるでしょう。

Wi-Fiであれば契約中のギガとは別のデータカウントととなるため、気兼ねなく通信が可能です。

またルーターなどにもよりますが通信速度も出るため、気兼ねなくスマホが使えるでしょう。

しかし、外出中なWi-Fiがないという環境になることも多いと思います。

そんな時には、各キャリアで用意されているデータの追加チャージを利用しましょう。

好きな分だけ追加でチャージできるため、外でもスマホを使いたいという場合におすすめです。

しかし、キャリアにもよりますが、0.5GBで550円など割高なケースがほとんどですので利用する際には注意しましょう。

最後にすぐに状況を改善できる方法ではありませんが、契約中のプランを見直すということが挙げられます。

毎月ギガが足りなくなってしまうという場合には、月で契約しているギガ数を見直しましょう。

しかし、変更後の容量が適用されるのは翌月となるケースがほとんどのため、すぐに速度制限を解除できるわけではありませんので注意が必要です。

まとめ

スマホデータの減りが早い時の対処法
今回は、格安SIMに乗り換えてからのデータ消費を抑える様々な対処法を解説しました。

ポイント

  • 格安SIMでも大手キャリアでも通信量の消費スピードは同じ
  • アプリのバックグラウンド起動や更新、クラウドストレージへのデータ送信などを押さえれば、通信量の消費を抑えられる
  • SNS等は、動画再生や画像表示を自動的に行わないようにする
  • Androidユーザーは、Chromeのライトモードを使えば通信量を最大60%抑えられる
  • 格安SIMの中には、速度を切り替えてデータ消費を抑えられるものもある
  • データの使いすぎを防ぐには、データ消費情報を確認できるMy Data Managerを使うのがおすすめ
今回ご紹介した方法で、あなたのデータ消費が解決されていれば幸いです!

最新の格安SIMランキングをチェック!

お手頃価格で高品質な通信サービスをお探しではないでしょうか?

当サイトでは、各格安SIMの速度、料金、サービス内容を徹底比較し、最適な格安SIMを見つける手助けをしております。

ユーザーの評価も参考に、あなたにぴったりの格安SIMを選んでください。さっそく、最新の格安SIMランキングをチェックしましょう!

詳細は以下記事からご覧ください!

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事