ワイモバイルには節約モードがある?速度制限のルールや通信量の節約方法と合わせて紹介

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

キャラクター画像
まま子さん
ワイモバイルの利用を検討してるんだけど、節約モードってあるの?通信量を無駄なく使いたいのよね。
キャラクター画像
すーちゃん
残念ながら、ワイモバイルには節約モードがないんだ。使い切るまで高速通信を行うことになるよ。
キャラクター画像
まま子さん
そうなの、それは残念…。もう少し詳しくいろいろ教えて!

ワイモバイルを検討するにあたって、できれば節約モードを使いたい場合もありますよね。

節約モードに対応していれば通信量の消費を抑えて無駄なく高速通信ができます。

この記事では、ワイモバイルの節約モードへの対応状況や節約モードが使えるおすすめの格安SIMなどについて解説します。

格安SIMにおける節約モード・低速モードとは?

格安SIMでは、一部の対応するサービスにおいて節約モード(低速モード)という機能を使えます。

キャラクター画像
まま子さん
そもそも節約モードって、どんなサービスなんだっけ?

節約モードとは、アプリやマイページから機能をオンにしている間の通信速度を速度制限中と同じにする代わりに、契約している高速通信量を消費せずに通信できる機能です。

キャラクター画像
すーちゃん
できることは限られるけど、通信量の消費を抑えられるんだ!

スマホ等の通信は、することによって消費する通信量が変わります。

通信量が多い動画再生やアプリのダウンロードなどは、高速通信を行わないと読み込みが長くなってストレスです。

しかし、文字が中心のSNSサービスやメール、音質がの高くない音楽・ラジオ系サービスなどを利用する程度なら、速度はそれほど速い必要はありません。

節約モードに対応するサービスを利用している方は、用途に合わせてモードを切り替えることで通信量を節約、速度が必要な場面に絞って通信量を消費して効率よくやりくり可能になります。

全くスマホを使っていない時でもバックグラウンドでは常に通信が行われているので、こういった分も節約できるのは嬉しいですね。

乗り換えで最大20,000円相当還元!

※詳細はワイモバイルの公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)でご確認ください

注意!残念ながらワイモバイルには節約モードがない

ワイモバイルは4GB、20GB、30GBの3種類の料金プランがありますが、残念ながら節約モードに対応していません

契約した高速通信量を使い切るまで、そのまま高速で通信することになります。

キャラクター画像
まま子さん
これは残念…。
キャラクター画像
すーちゃん
しかし、ワイモバイルには通信を便利に行える機能が色々他にあるんだよ。
Ymobile banner

ワイモバイルは速度制限時にシンプル2 Sは最大300kbps・M/Lは最大1Mbpsで使える

ワイモバイルでは、契約している高速通信量を使い切ってもそこそこ高速で通信し続けられます。

とくにシンプル2 M/Lであれば、一般的な大手キャリアなどと比べても制限速度はかなり速いです。

ワイモバイル料金プラン シンプル2概要
S M L
月額料金 2,365円 2,915円・4,015円 2915円・5,115円
各種割引適用後料金
(契約翌月以降)
1,078円 1,078円・2,178円 1,078円・3,278円
データ容量 4GB ~1GB・20GB ~1GB・30GB
低速時速度 最大300kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※割引金額は「おうち割 光セット(A)」「PayPayカード割」両方適用時の価格です
※表は右にスクロールできます
 

シンプル2 Sは速度制限時に最大300kbpsで通信でき、画像が多くないSNSやWebサイト閲覧程度であれば利用可能です。

シンプル2 M/Lは最大1Mbpsで通信できるので、動画再生などもある程度快適に行なえますよ。

キャラクター画像
まま子さん
これはなかなか便利だね!

ただしワイモバイルでは、速度制限後の通信量が契約しているプランの基本容量の半分を超えてしまうと最大128kbpsまでさらに速度制限が行われてしまうので使いすぎにはご注意ください。

キャラクター画像
すーちゃん
できるだけ大きめのプランを選んでおくことで、ニ段階目の速度制限は回避したいところだね。

乗り換えで最大20,000円相当還元!

※詳細はワイモバイルの公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)でご確認ください

ワイモバイルのデータ容量を節約する方法|ソフトバンクWi-Fiスポットなどを活用しよう

ワイモバイルにおける、通信量を節約できるその他の機能について解説します。

Wi-Fiスポットへの接続で通信量を節約

ワイモバイルではソフトバンクWi-Fiスポットが利用できます

駅や喫茶店などの対応するお店ではソフトバンクWi-Fiスポットに接続して通信するようにすれば、通信量の消費をできるだけ抑えることができますよ。

キャラクター画像
まま子さん
こんな便利なサービスがあったのね。

一度設定してしまえば次回からはスムーズに接続ができますし、かなり多くの場所で提供されてるのでできるだけ積極的に利用しておきたいですね。

余ったデータ容量の翌月への繰り越しには対応している!

ワイモバイルでは余った通信量を翌月まで繰り越して使うことができます。

例えばシンプル2 Mは月20GBのプランですが、もし5GB余っていれば翌月は20GB+繰り越し分5GBで合計25GBの通信が行えますよ。

繰り越した通信量は翌月末まで使えます。

キャラクター画像
すーちゃん
1ヶ月以上繰り越すことはできないので、翌月中に使い切るようにしよう。

乗り換えで最大20,000円相当還元!

※詳細はワイモバイルの公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)でご確認ください

節約モードの提供があるおすすめの格安SIMを紹介!

ワイモバイル以外の選択肢であれば節約モードが利用できる格安SIMはたくさんあります。

ここからは、節約モードを使えるおすすめの格安SIMを紹介します。

それぞれのサービス内容等を踏まえつつ、自分に合ったサービスを探してみてください。

なお、以下記事でもより詳しく紹介をしてるので、気になる方はぜひご覧になってください。

IIJmioは最大300kbpsの節約モードへ切替可能、使い過ぎには注意!

IIJmio banner

IIJmioはドコモ回線とau回線から好きなタイプを選べる格安SIMで、月額料金が2GB850円など安価になっているのが特徴です。

IIJmio 「ギガプラン」概要
月額基本料 850円 990円 1,500円 1,800円 2,000円 2,700円 3,300円 3,900円
データ量 2GB 5GB 10GB 15GB 20GB 30GB 40GB 50GB
低速時速度 300Kbps
通話料 11円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
※30GB以上のプランは2024年3月1日より提供開始

節約モードを使うことで最大300kbpsでの通信が可能になります。

余った通信量の翌月繰り越しも問題なく行えますよ。

ただし、節約モードで3日間に366MB以上通信した場合は、速度が制限されてしまうので節約モードの使い過ぎにはご注意ください。

9/2まで!初期費用割引中!

mineoはパケット放題Plusで1.5Mbpsの節約モードを使える!

mineo(マイネオ)

mineoはドコモ、au、ソフトバンク回線から好きなものを選んで契約できる格安SIMで、プランは1、5、10、20GBの通信量から好きなものを契約可能です。

mineo 「マイピタ」概要
月額基本料
(音声SIM)
1,298円 1,518円 1,958円 2,178円
月額基本料
(データSIM)
880円 1,265円 1,705円 1,925円
データ量 1GB 5GB 10GB 20GB
低速時速度 200Kbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

そして、月額385円・10GB以上の契約なら無料でパケット放題Plusというオプションが利用できます。

パケット放題Plusを契約している場合は、節約モードが通常最大200kbpsのところ、なんと最大1.5Mbpsで通信できてしまいます

動画再生や音楽再生、SNSなど色々なことを便利に使えるので、節約モードを快適にたくさん使いたいならmineoを選ぶのがおすすめですよ。

ただし、パケット放題Plus利用時は直近3日間に10GB以上通信していると速度がもれなく200kbpsに制限されてしまうので使いすぎにはご注意ください。

【限定】事務手数料無料!

※事務手数料無料はmineoとの提携サイト限定キャンペーンです
※上記リンクからのみ特典が適用されます
※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトは特典対象外です

UQモバイルはミニミニプランで最大300kbpsの節約モードを使える

UQmobile banner

UQモバイルはKDDIがauのサブブランドとして展開中の格安SIMで、au回線が使われています。

3種類のプランがあり、このうち「ミニミニプラン」が節約モード対応です。

UQモバイル 料金プラン概要
ミニミニプラン トクトクプラン コミコミプラン
月額基本料 2,365円 2,277円・3,465円 3,278円
月額基本料
(最大割引時)
1,078円 990円・2,178円 割引無し
データ量 4GB 1GB・15GB 20GB
低速時速度 最大300Kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
無料通話 付帯なし 10分以内通話無料
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

ミニミニプランは節約モードに切り替えると最大300kbpsで通信可能となっています。

月4GBと通信量が抑えめなミニミニプランですが、節約モード込みならたくさん通信をすることができますよ。

また、UQモバイルはお昼などの回線混雑時でも高速で通信可能な高品質サービスです。

できるだけ長い時間快適に通信を行いたい方も、UQモバイルを検討してみてください。

乗り換えで最大10,000円相当還元!

まとめ

ワイモバイルにデータ節約モードはない!

今回は、ワイモバイルが節約モードに対応しているかどうかについて解説しました。

ポイント

  • 節約モードは切り替えている間、データ容量を消費せずに通信できる便利な機能
  • ワイモバイルには残念ながら節約モードがない
  • ワイモバイルはソフトバンクのWi-Fiスポットや翌月へのデータ繰り越し機能に対応している
  • ワイモバイルは高速通信量を使い切ってもそこそこのスピードで通信できる
  • ワイモバイルの制限速度は、基本容量の半分の通信量を使うと128kbps上限になってしまうので注意
  • IIJmioは速度制限時や節約モードでも最大300kbpsで通信できる
  • mineoはパケット放題Plusの利用で、最大1.5Mbpsで通信可能な節約モードがある
  • UQモバイルはミニミニプランが最大300kbpsの節約モードに対応する

ワイモバイルは節約モードに非対応ですが、ソフトバンクWi-Fiスポットなどを活用すれば通信量を節約できます。

IIJmioやmineo、UQモバイルといったサービスでは節約モードを使えるので、どうしても使いたい場合は乗り換えを検討してみてください。

乗り換えで最大20,000円相当還元!

※詳細はワイモバイルの公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)でご確認ください
・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事