\他社から乗り換えで6,000pt!/ au

LINEMOでデータチャージする方法!使うデメリットや注意点も解説

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

キャラクター画像
まま子さん
LINEMOってプランのデータ容量を使い切ったらどうなるの?
キャラクター画像
すーちゃん
1Mbpsに低速化されちゃうから、元に戻したいならデータチャージが必要だよ。

LINEMOではプランのデータを使い切っても、最大1Mbps(ミニプランは最大300kbps)でネットが利用できるのでYouTubeの普通画質の動画視聴や音楽・SNS程度であれば問題なく使えます。

しかし高画質・高音質の動画や音楽を楽しみたい、画像や動画がたくさん貼られているSNSを閲覧したい場合は1Mbpsでも足りないでしょう。

そんな時にはデータチャージをして速度を元に戻す必要があります。

今回はLINEMOのデータチャージの概要や注意点について詳しく解説します。

LINEMOのデータチャージの概要

出典:LINEMO公式サイト(https://www.linemo.jp/support/detail/?id=01003)

データチャージとは、速度制限がかかった際に追加でデータを購入し元の速度に戻す機能で、LINEMOでは1GBあたり550円でデータチャージが可能です。

キャラクター画像
まま子さん
1GB使い終わったらまた速度が遅くなるのね。
キャラクター画像
すーちゃん
そうだよ。人によっては月に複数回データチャージする場合もあるんだ。

LINEMOの速度制限は月末でリセットされ、翌月1日からは元の速度で利用できます。そのため、月末ギリギリに速度制限になっても1日や2日我慢すれば元に戻ります。

一方で月半ばなど早い段階でデータ容量を使い切ってしまった場合、速度が遅い状態のまま使うとストレスになってしまいます。

そんな時に元の速度に戻せるのが「データチャージ」という機能なのです。

データチャージの設定方法

まず、LINEMOでは残りのデータ容量が200MBになった段階でユーザーにSMSが届くので、添付されたURLにアクセスしてデータ購入の手続きをします。

もちろん速度制限がかかった後にも追加でデータを購入することもできます。その際もSMSが届くので、添付されているURLをタップしましょう。

URLをタップするとLINEMOのユーザーサービスである「My Menu(My SoftBankと同じようなもの)」に自動で遷移します。My Menuにログインするには事前に登録が必要なのでついでに設定しておきましょう。

基本的にデータチャージの料金は携帯電話の利用料金と合算され、翌月に請求されます。

キャラクター画像
まま子さん
来月の請求額を見てびっくり!なんてこともありそうね…。
キャラクター画像
すーちゃん
そうなんだ。だからデータチャージした回数はしっかり覚えておくことが大切だよ。

オートチャージとは?

LINEMOには速度制限がかかった時に自動でデータチャージをする「オートチャージ」機能もあります。

オートチャージを設定すると、指定した回数分まで速度制限がかかる度に自動で課金し速度を元に戻します。

速度制限の度にデータチャージの手続きをする手間がないため、毎月速度制限がかかる前提で使っている方に便利な機能といえるでしょう。

オートチャージは1回から14回までは1回単位で回数を選ぶことができ、それ以降は100回の選択が可能ですが、指定した回数分自動的に課金されてしまうため、請求額が高額になることに注意しましょう。

オートチャージの設定もLINEMOの「My Menu」から手続きできます。

乗り換えで最大10,000円相当!

他社とのデータチャージの料金と容量を比較

LINEMOと他社のデータチャージの料金と容量を比較しましょう。

会社 データ容量 チャージ料金
LINEMO 1GB 550円
ahamo 1GB 550円
UQモバイル ・500MB
・1GB
・3GB
・5GB
・500MB:605円
・1GB:1,100円
・3GB:3,300円
・5GB:5,500円
ワイモバイル 500MB 550円
mineo 100MB 55円
※15GBまで

ahamoは料金が同じですが、UQモバイルとワイモバイルは1GBチャージする際に1,100円、mineoの場合は550円ですが100MB単位でチャージする必要があります。

そのため、LINEMOのデータチャージは料金がリーズナブルで購入の手間もかからないといえるでしょう。

キャラクター画像
まま子さん
同じスマホの会社でも、ここまで違うのね。

乗り換えで最大10,000円相当!

データチャージのデメリットや注意点

LINEMOのデータチャージのデメリットや注意点は以下の通りです。

データチャージのデメリットと注意点

  • 使い過ぎると利用料金が高額になる
  • チャージしたデータが余っても繰り越せない

下記にて詳しく解説します。

使い過ぎると利用料金が高額になる

頻繁に速度制限がかかる場合、あまり考えずに速度制限を解除しようと手続きを繰り返すと、利用料金が高額になる恐れがあります。

キャラクター画像
まま子さん
5GB追加したら2,750円だもんね…。
キャラクター画像
すーちゃん
20GBのスマホプラン(2,728円)と変わらない料金になっちゃうよね。

これは筆者の体験談ですが、家のネットが故障してしまいLINEMOのモバイル通信を主に使っていた際、10回ほどデータチャージをしたことがありました。

5,500円が追加でかかってしまったので、いくらLINEMOが20GB2,728円という安さでもデータチャージをしたら大手キャリアの料金と変わらなくなってしまいます。

20GBでデータ容量が足りず頻繁に何回もデータチャージするのであれば、他社のさらに容量の多いプランに乗り換えるか、他社の安いSIMと併用することをおすすめします。

チャージしたデータは余っても繰り越せない

LINEMOには他社格安SIMのようなデータの繰り越し機能がなく、データチャージで購入したデータ容量は余っても繰り越すことができません。

29日や30日など月末ギリギリで速度制限を解除したくなった時は、余っても翌月にデータが使えないことを覚えておきましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
他社は繰り越しできる場合が多いけど、有効期限つきのものもあるから気を付けてね。

乗り換えで最大10,000円相当!

データが足りない時はデュアルSIM運用がおすすめ

LINEMOでデータがどうしても足りない時は、他社のSIMと併用しデュアルSIM運用をすることをおすすめします。

下記にて、デュアルSIM運用の例を2つ紹介します。

  • LINEMOとIIJmio
  • LINEMOとpovo

デュアルSIM対応のスマホであれば1つのスマホで2つのSIMが利用できます。

iPhoneやGoogle Pixelなど、デュアルSIM対応スマホは多いのでぜひ自分のスマホが使えるかどうかチェックしてみてください。

今回ピックアップした上記2つの例以外にも色々見てみたい方は、下記記事もぜひ参考にしてみてください。

LINEMO3GBとIIJmio5GBなら月額1,980円

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/hdc/spec/

一例ですが、LINEMOが3GBで足りない場合はIIJmioとセットで使うと月額1,980円で8GB利用できます。

項目 LINEMO IIJmio
データ容量 3GB 5GB
月額料金 990円 990円
合計金額 1,980円

LINEMOで20GBを使うと2,728円かかるので、3GBプランでは足りないが20GB使うほどではないという方であれば、IIJmioと併用する方がお得です。

IIJmioは5GBまでなら1,000円以下の月額料金で利用できるので、20GBプランを利用している方で毎月データが足りなくなってしまう場合は、IIJmioの5GBプランとセットで計3,718円で25GB使うこともおすすめですよ。

キャラクター画像
まま子さん
LINEMOで5GB分データチャージすると2,750円かかるものね。

6/3まで!初期費用割引中!

povoなら必要な時だけデータをチャージできる

出典:povo2.0公式サイト(https://povo.jp/spec/topping/list/

povoは基本料金0円で、データトッピングを購入することでデータ通信が利用できます。

LINEMOのデータ容量を使い切った時など、必要な時だけ利用できる自由度の高いプランですよ。

データトッピングは以下の通りです。

povo トッピング概要
月額基本料 390円 990円 2,700円 6,490円 12,980円 330円
データ量 1GB 3GB 20GB 60GB 150GB 使い放題
有効期限 7日間 30日間 90日間 180日間 24時間
低速時速度 128Kbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し ×
5G対応
※この表は右にスクロールできます
※上記は基本のトッピングのみです。この他に期間限定で提供されているものもございます

 

7日間利用できる1GBトッピングは390円とLINEMOのデータチャージよりも安く、余った場合も7日以内であれば翌月でも利用できます。

たくさんデータが使いたい時は24時間有効のデータ使い放題を購入するなど、用途に合わせてさまざまなデータトッピングが活用できるでしょう。

さらに、povoには期間限定のお得なデータトッピングもあるのでぜひチェックしてみてください。

キャラクター画像
まま子さん
使わない時は0円なのがとても魅力ね!
キャラクター画像
すーちゃん
ただし180日以内に有料トッピングの購入がないと、利用停止になる恐れがあるから注意してね!

乗り換えで最大10,000円相当!

まとめ:LINEMOでデータが足りない時はデータチャージが可能!

LINEMOでデータチャージする方法!使うデメリットや注意点も解説

LINEMOでデータチャージは可能ですが、1GB550円の料金がかかるので使い過ぎには注意が必要です。

また、速度制限の度にチャージすることも可能ですが、自動的にチャージできる「オートチャージ」機能も利用できます。

どちらもLINEMOの「My Menu」で手続きできるので確認してみてください。

頻繁にデータが足りなくなる場合は他社の容量の大きなプランに乗り換えるか、他社SIMと併用してデュアルSIM運用することがおすすめです。

IIJmioは月額料金がとても安く、データ容量が10GB以下の場合はLINEMOで3GBから20GBへプランを上げるよりも、IIJmioと併用した方が安く利用できるのが魅力です。

povoは基本料金0円で必要な時にトッピングを購入する仕様のため、必要な時だけ使える点が便利です。24時間使えるデータ使い放題や1GB390円など、さまざまなトッピングがあるのでチェックしてみましょう。

LINEMOでデータが足りない時は、データチャージだけでなく他社SIMとの併用もぜひご検討ください。

乗り換えで最大10,000円相当!

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事