格安SIMでもiPhoneは問題なく使える!取り扱いのあるSIMと使う際の注意点等解説!

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

キャラクター画像
まま子さん
スマホを格安SIMに乗り換えたいんだけど、iPhoneって使えるのかな?
キャラクター画像
すーちゃん
iPhoneでも問題なく格安SIMで使えるよ。新しいiPhoneを買うこともできるんだ。

格安SIMに興味があるけど、今つかっているiPhoneがちゃんと使えるのかどうかはとても重要ですよね。

新しい機種に変更する際もどうすればいいのか、まだ格安SIMを使った事がない方にとっては色々と分からない事もあります。

この記事では、iPhoneで格安SIMを使う方法やオススメの格安SIMについて解説します。

今月のイチオシSIM「UQモバイル」をご紹介!

UQキャンペーン

出典:UQモバイル公式サイト(https://shop.uqmobile.jp/shop/cashback/)

※当内容は2024年7月9日時点のものとなっております

テレビCMでもお馴染みのUQモバイル!

使い方に合わせて3つのプランから選べ、最安990円から利用できるようになっています。

なんと、今なら乗り換えの特典として最大10,000円相当のau PAY残高を還元中!

UQモバイルは通信速度がピカイチなので、通信品質を落としたく無いという人に大変オススメ。最新のiPhone 15の利用ももちろんOK!新端末も続々発売予定です。

どのSIMに乗り換えをすれば良いか迷ってる方はぜひ一度UQモバイルをご検討ください。

乗り換えで最大20,000円相当還元!

格安SIMでもiPhoneは使える?

格安SIMでもiPhoneはまったく問題なく使えます。

むしろiPhoneの場合はAndroidよりもスムーズに格安SIMで使えますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
Androidだと他社回線の電波を掴みづらい機種も中にはあるだけど、iPhoneならそういった細かい心配がないんだよね。

分割購入したスマホの残債があるけど格安SIMに乗り換えできるの?

キャラクター画像
まま子さん
ところで、今使っているiPhoneの残債がまだ残ってるんだけど…、このまま格安SIMに乗り換えられるのかな?

大手キャリアでスマホの分割購入をしていて残債があっても、格安SIMへは問題なく乗り換えられます。

以前は残債を一括で支払わなければいけないケースがありましたが現在は引き続き分割で支払う事ができます。

ただし、分割代金の割引などの特典は乗り換えに合わせて失われてしまうケースがありますので、乗り換える前に契約内容をしっかり確認しておきましょう。

乗り換え後はSIMカードの差し替えだけでOK?

格安SIMへ乗り換える際、乗り換え前後の回線が同じ(ドコモ→ドコモなど)なら、SIMカードの差し替えをするだけで利用する事ができます。

しかし、iPhone 13よりも前に発売された機種については販売していた大手キャリアと異なる回線(ドコモ→auなど)のSIMに乗り換える場合は「SIMロック解除」が必要です。

キャラクター画像
すーちゃん
iPhone 6sや7シリーズは、例外としてau→au回線の格安SIMでもSIMロック解除が必要なことに注意。

SIMロック解除はMy docomo、My au、My SoftBankといった大手キャリアのマイページから行えますよ。

キャラクター画像
すーちゃん
SIMロック解除が面倒な場合は同じ回線の格安SIMに乗り換えてしまえば、そのままでもすぐ使い始められるよ。
キャラクター画像
まま子さん
こだわりがなければ、同じ回線の格安SIMに乗り換えちゃったほうが良さそうね。
キャラクター画像
すーちゃん
SIMロック解除はキャリアの解約後も普通にできるから、手続きをしておけば今後他社回線の格安SIMに乗り換えたとしても安心だよ。
Ymobile banner

格安SIMへのiPhoneでの乗り換え(MNP)手順を解説!

続いて大手キャリアから格安SIMへの乗り換え手順を解説します。

以下の順番で手続きを進めれば簡単に乗り換えを終えられますよ。

  1. 契約中のキャリアでMNP予約番号を発行(不要な場合あり)
  2. 乗り換えたい格安SIMの公式サイトで申し込み手続き
  3. 自宅にSIMカードが届く
  4. iPhoneにSIMカードを入れ、Wi-Fiに接続しSafariからAPN構成プロファイルをインストールする(不要な場合あり)
キャラクター画像
すーちゃん
乗り換えたい格安SIMの公式サイト内にある、申し込み手続きの流れの解説ページなども参考にしてね。
キャラクター画像
まま子さん
大体わかったけど、MNP予約番号とプロファイルっていうのがちょっとよくわからないかも。
キャラクター画像
すーちゃん
それでは、それぞれ解説するね。

MNP予約番号は電話番号をそのまま移行させるのに必要

MNP予約番号は電話番号をそのままで他社へ乗り換えるために必要なもので、大手キャリアのマイページ等から発行できます。

ただし、乗り換えを予定している格安SIMが「MNPワンストップ」に対応している場合は取得が不要です。

大手キャリアとそれらが提供してるahamoなどの格安プランやサブブランドのUQモバイル、mineoなどが対応しています。

MNP予約番号の有効期限は15日ですが、ウェブで乗り換えを申し込む場合は一定期間以上期限が残っていないと申し込めないので注意が必要です。

期限が切れた場合は再度発行が必要ので、発行したらすぐに乗り換え先で契約手続きを開始しましょう。

SIMカードが届いたらプロファイルのインストールを忘れずに!

APN構成プロファイルは、iPhoneで格安SIMを使って通信するために必要なデータです。

iPhoneではSafariからインストール用のページを開いてデータをダウンロードし、設定アプリの「一般」→「プロファイル」からインストールすることで利用可能になります。

キャラクター画像
すーちゃん
構成プロファイルのインストール用ページは、主に格安SIMが届いた時に同封されている説明書や公式サイトに記載されているよ。

ただし、楽天モバイルなど一部のキャリアや格安SIMはプロファイルをインストールしなくてもそのまま使える場合があります。

iPhone乗り換え時に利用できるオススメのキャンペーン

iPhoneの乗り換え時にはキャンペーンを利用することをおすすめします。

格安SIM会社ではiPhoneをかなり安く購入することができるキャンペーンが開催されています。

キャラクター画像
まま子さん
キャンペーンを使えばお得に端末を購入したり、契約ができるみたいね
キャラクター画像
すーちゃん
そうだよ。購入前にはキャンペーン内容を確認した方がいいね。

下記の記事でiPhone乗り換え時に使えるキャンペーンについて詳しく解説しているので、記事の内容を参考にiPhoneをできるだけ安く入手してください。

iPhoneをお得に購入できるキャンペーンについて知りたい方はこちら!

iPhoneの取り扱いがある格安SIMはどこ?

iPhoneはさまざまな格安SIMで取り扱いがあります。

ここからはiPhoneの取り扱いがある格安SIMについて、サービス内容やiPhoneの価格を中心に解説させていただきます。

ワイモバイルはiPhone 12シリーズなどを販売中

ワイモバイルのiPhone

出典:ワイモバイル公式サイト(https://www.ymobile.jp/iphone/

ワイモバイルはソフトバンクが自ら展開している格安SIMで、月額料金は3種類のプランから選べます。

ワイモバイル料金プラン シンプル2概要
S M L
月額料金 2,365円 2,915円・4,015円 2915円・5,115円
各種割引適用後料金
(契約翌月以降)
1,078円 1,078円・2,178円 1,078円・3,278円
データ容量 4GB ~1GB・20GB ~1GB・30GB
低速時速度 最大300kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※割引金額は「おうち割 光セット(A)」「PayPayカード割」両方適用時の価格です
※表は右にスクロールできます
 

料金プランは家族で使うと2回線目以降が安くなる仕組みで、3GBプランなら月額990円と1,000円を切るほどの激安です。

キャラクター画像
まま子さん
家族で乗り換えるなら、ワイモバイルはかなり良さそうね。

ソフトバンクが自ら展開していることもあり回線品質は高くて常に安定した高速が出ますよ。

ワイモバイルでは、iPhone 13とSE(第3世代)、12、12 mini、11が販売されています。

ワイモバイルで販売しているiPhone(一部)
iPhone 13 115,200円 131,040円 161,280円
iPhone SE(第3世代) 55,440円 63,360円 81,360円

※表は右にスクロールできます。

オンラインストアでの購入であれば上記価格からさらに割引が適用されて支払いを大幅に抑えることができますよ。

安さと速さを重視しつつ、iPhoneをお得に手に入れたい方や家族で格安SIMに乗り換えたい方は、ワイモバイルを検討してみてください。

乗り換えで最大20,000円相当還元!

※詳細はワイモバイルの公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)でご確認ください

UQモバイルiPhone SE(第3世代)のみ販売中!

UQmobile banner

UQモバイルはKDDIが展開する格安SIMで、au回線が使われています。

料金プランは3種類、ワイモバイル同様に他格安SIMと比較をすると高めですが、各種割引を適用することでかなり安く抑える事ができます。

UQモバイル 料金プラン概要
ミニミニプラン トクトクプラン コミコミプラン
月額基本料 2,365円 2,277円・3,465円 3,278円
月額基本料
(最大割引時)
1,078円 990円・2,178円 割引無し
データ量 4GB 1GB・15GB 20GB
低速時速度 最大300Kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
無料通話 付帯なし 10分以内通話無料
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

iPhoneは13とSE(第3世代)が販売されていて、他社からの乗り換えと増量オプションIIの加入を条件に割引が行われています。

UQモバイルで販売中のiPhone(一部)
iPhone 13(128GB) 92,720円(MNP・増量オプションII加入あり)
iPhone SE(第3世代・64GB) 48,935円(MNP・増量オプションII加入あり)

※表は右にスクロールできます。

上記は新品のiPhoneですが、auの認定中古品であれば13シリーズや第2世代のSEも販売されています。

キャラクター画像
まま子さん
認定中古品って何?
キャラクター画像
すーちゃん
要するに、新品ではないけどちゃんと使えるきれいな状態の中古品ってことだね。

基本料金が安いながらも快適なスピードで通信できる格安SIMをiPhoneで使いたい方は、UQモバイルを検討してみてください。

乗り換えで最大20,000円相当還元!

mineoはiPhone 13やSEなどをWebで販売中

mineo(マイネオ)

mineoはドコモ、au、ソフトバンクから好きな回線を選んで契約できる格安SIMです。

キャラクター画像
すーちゃん
どこからの乗り換えでもiPhoneなら6s・7以外はSIMロック解除無しで使えるんだよね。

料金プランは4種類で、小容量の1GBから大容量の20GBまでを選べるバランスの良いラインナップです。

mineo 「マイピタ」概要
月額基本料
(音声SIM)
1,298円 1,518円 1,958円 2,178円
月額基本料
(データSIM)
880円 1,265円 1,705円 1,925円
データ量 1GB 5GB 10GB 20GB
低速時速度 200Kbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 
キャラクター画像
まま子さん
料金設定もUQモバイルやワイモバイルより安いね。

Web上でわかりやすいサポートページがあったり、コミュニティサイト「マイネ王」からわからないことを相談できたりするので、初めての格安SIMに最適です。

そして、iPhone 13や11、SE(第2世代)をセット購入できますよ。

mineoで販売しているiPhone(一部)
iPhone 13 128GB:117,480円
256GB:132,792円
512GB:163,944円
iPhone SE(第2世代) 64GB:48,312円
128GB:57,024円

※表は右にスクロールできます。

mineoはサポートが充実していて月額料金が安く、手間をかけずに使い始められる格安SIMを選びたい人におすすめです。

【限定】事務手数料無料!

※事務手数料無料はmineoとの提携サイト限定キャンペーンです
※上記リンクからのみ特典が適用されます
※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトは特典対象外です

IIJmioもiPhone 13シリーズやSEなどの未使用品を販売中

IIJmio banner

IIJmioは大手インターネットプロバイダのIIJがドコモ回線とau回線で展開している、とにかく低価格な料金プランが魅力です。

IIJmio 「ギガプラン」概要
月額基本料 850円 990円 1,500円 1,800円 2,000円 2,700円 3,300円 3,900円
データ量 2GB 5GB 10GB 15GB 20GB 30GB 40GB 50GB
低速時速度 300Kbps
通話料 11円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます

2GBで850円や5GBで990円と、1,000円を下回る料金でスマホが持ててしまいます。

iPhoneシリーズも豊富に取り扱われていて、他社からのMNPなら最安で9,980円から購入できてしまいます。

IIJmioで販売しているiPhone(未使用品・一部)
iPhone 13/128GB 116,980円、MNP限定特価98,800円
iPhone 12 mini/64GB 49,800円、MNP限定特価39,800円
iPhone SE(第3世代)/64GB 49,980円、MNP限定特価39,800円

※表は右にスクロールできます。

キャラクター画像
まま子さん
iPhone 13シリーズも、MNPならかなり安いね。128GBが98,800円!

とにかく安い格安SIMに乗り換えたい方には、IIJmioがおすすめですよ。

9/2まで!初期費用割引中!

BIGLOBEモバイルではiPhoneの販売はないが、最新機種も動作確認済み

BIGLOBEモバイルはインターネットプロバイダのBIGLOBEが展開しています。

BIGLOBEモバイル 料金プラン概要
月額基本料
(音声SIM)
1,078円 1,320円 1,870円 3,740円 5,720円 8,195円
月額基本料
(データSIM)
- 990円 1,595円 2,970円 4,950円 7,425円
データ容量 1GB 3GB 6GB 12GB 20GB 30GB
低速時速度 200Kbps
通話料 9.9円/30秒(BIGLOBEでんわアプリ利用時)
22円/30秒(標準アプリ使用時)
データ繰り越し
5G対応 ※ドコモ回線のみ
※この表は、右にスクロールできます
 

BIGLOBEモバイルの魅力は月額308円のエンタメフリー・オプションで、契約すればYouTubeやSpotifyなどの対象サービスがプランのデータ容量を消費することなく使い放題になります。

iPhoneで動画や音楽などを楽しみたい方はぜひ活用してみてください。

取り扱いこそないものの、BIGLOBEモバイルでは最新のiPhone15シリーズの動作確認もされていますので、端末を用意することができれば問題無く利用することが可能です。

エンタメフリー・オプション2ヶ月無料!

格安SIMではないけど楽天モバイルもiPhoneの取り扱いあり!

Rakutenmobile banner

楽天モバイルは楽天が自社回線で展開しているキャリアですが、iPhoneの取り扱いがあります。

キャラクター画像
すーちゃん
料金プランは1種類で、使った容量に応じて支払額が変わるよ!
楽天モバイル「Rakuten最強プラン」概要
月額料金 1,078円 2,178円 3,278円
データ容量 3GBまで 3~20GBまで 20GB以上
通話料 国内通話無料(Rakuten Link使用時)
22円/30秒(標準アプリ使用時)
5G対応
※表は右にスクロールできます
 

3GBまでであれば1,078円と低価格なうえ、どれだけ使っても最大3,278円しかかかりません。

大手キャリアに各社は無制限プランを用意してますが、低料金で無制限プランを使いたい場合は楽天モバイル一択です。

しかも、最新のiPhone 15シリーズすべてとiPhone 13/13 mini、SE第3世代をセット購入可能です。

楽天モバイルで販売しているiPhone(定価)
容量 128GB 256GB 512GB 1TB
iPhone 15 140,800円 161,800円 199,900円 -
iPhone 15 Pro 179,800円 205,900円 235,800円 245,800円

※表は右にスクロールできます。

そして、上記の表の金額に最大24,000円相当の楽天ポイント還元があるので、実質もっとお得に購入可能です。

通信料金を徹底的に下げたり、容量を気にせず自由に通信したりして、iPhoneを便利に使いたい方には楽天モバイルがおすすめです。

すでにiphoneをお持ちで楽天モバイルを検討されている方はふじさわブログ」にて手順などが詳しく紹介されているので、参考にしてみてください!

他社から乗り換えで6,000pt!

格安SIMでiPhoneを利用するときの注意点・デメリット

本項ではiPhoneで格安SIMを利用するにあたっての注意点をまとめています。

利用前に注意点に該当しないか確認しておきましょう。

動作確認されていなくても基本利用は可能

格安SIM各社では公式サイトで「動作確認済み端末」を公開しています。

こちらに利用したい端末がないと正常に動かないのでは?と思ってしまいますが、国内で販売されているiPhoneであればどのキャリアの回線でも問題無く使える仕様なのでその心配はありません。

特に最新の発売されたばかりの機種は動作確認まで時間がかかる事がありますが、その場合でも安心して利用しましょう。

APN設定を自身で行う必要がある

APN設定とは利用するSIM会社の回線でインターネットを利用するための初期設定のことです。

iPhoneの場合は、格安SIMのマイページ等からAPN構成のプロファイルをダウンロードし、「設定」からインストールを行うことで設定を完了させることが可能です。

iPhoneで格安SIMを利用するメリット

端末代金が他のスマホと比べて高額になりがちなiPhoneですが、格安SIMで利用することで得られるメリットも存在します。

下記にまとめましたので、ご覧ください。

月額利用料金を抑えることができる

端末代金が高額であるのに加えて大手キャリアでは月額の利用料金も高い水準でかかってきます。

格安SIMを利用することで、人気のiPhoneを利用しながらも毎月のスマホ代をリーズナブルに抑えることができます。

以下のように、毎月1000円程に抑えることが可能で、乗り換えてよかったという声が多数ありました。

おかんの携帯代が聞いたらめちゃ高かったので格安SIMに移行すべくMNP番号を四苦八苦しながら取らせたりしてました

端末は中古でiPhone 6s確保した
言うて電話と天気予報とニュース見るくらいやし

これで毎月1000ちょいに抑える

— ささきひろ (@ritterorden) July 5, 2020

格安SIM乗り換え前はau使ってたけど、iPhoneだけで月8000円はかかってた。乗り換えた当初は月1500円にまで料金下がったので違約金払っても数か月でペイできたの良かった。

— ( ・ㅂ・ ) (@a_aryzae) March 31, 2018

中古端末やセールなどで安価にiPhoneを購入することができる

前述のとおり端末代金が高額になりがちなiPhoneですが、格安SIM会社では中古の端末を安価に販売していたり、定期的なセールの開催をしているため、通常よりもリーズナブルな価格で購入することができます。

常に、中古端末が販売されていたり、セールが開催されているわけではないのでこまめに利用した格安SIM会社の公式サイトをチェックしておくとよいでしょう。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた場合のスマホ代はどれくらい?料金を比較!

キャラクター画像
まま子さん
大手キャリアから格安SIMに乗り換えると、どれくらいスマホ代が安くなるのかな?
キャラクター画像
すーちゃん
ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えた場合を例に、チェックしてみようか。

大手キャリアから格安SIMに乗り換えた場合、どのように料金が変わるのかを実際に計算して調べてみました。

iPhone 14 Proの128GBモデルをソフトバンクで使っている人が、そのままワイモバイルに乗り換えた場合を例に金額をまとめてみました。

ソフトバンク
(ミニフィットプラン+)
ワイモバイル
(シンプル2 S)
通信料金 3,278円(~1GB)
4,378円(~2GB)
5,478円(~3GB)
2,365円(4GB)
iPhone 14 Pro(128GB)の分割代金
(ソフトバンクでの支払い)※
1〜24回目:3,890円
25〜48回目:3,530円
合計(1〜24回目) 7,168円(~1GB)
8,268円(~2GB)
9,368円(~3GB)
10,556円
合計(25〜48回目) 6,808円(~1GB)
7,908円(~2GB)
9,008円(~3GB)
10,196円

※表は右にスクロールできます。
※ソフトバンクの端末を48回払いで購入した場合、1〜24回目と25〜48回目で端末代金が異なります。

ソフトバンクでiPhone 14 Proの128GBモデルを使っている人がそのままワイモバイルに乗り換えると、月額1,100円~3,300円ほどスマホ代が下がります。

キャラクター画像
まま子さん
1年間で考えると13,200円~79,200円もの差がでるよ!
キャラクター画像
すーちゃん
端末はそのままで月額料金が下がるのは嬉しいよね。

乗り換えで最大20,000円相当還元!

※詳細はワイモバイルの公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)でご確認ください

格安SIMで使うのにおすすめのiPhoneランキング

格安SIMで使う時におすすめのiPhoneは以下の通りです。

  • iPhone SE3
  • iPhone 15
  • iPhone 13 mini

それぞれの特徴について詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

第1位:価格も安い!格安SIMでセット購入も可能なiPhone SE3

iPhone SE3はiPhoneの中でも廉価モデルといわれているiPhone SEシリーズの最新機種です。

発売から既に期間が経過していますが、今でも根強い人気があります。

価格も最安で6万円台と、他のiPhoneと比較してリーズナブルなのも魅力です。

プロセッサはiPhone 13と同じなので、スペックにこだわりがない方にも適していますよ。

見た目はiPhone 8と同じでホームボタンもあるので、ホームボタンありきのiPhoneの操作性が好きな方にもおすすめできます。

第2位:スペックやUSB-Cにこだわりたい方向け!iPhone 15

iPhone 15はシリーズの中でも最もスタンダードなモデルであり、価格も12.4万円と他のiPhone 15シリーズよりも安価となっています。

CPU・GPUともに非常に高性能で、画質の良いスマホゲームや複数アプリでの利用も快適にできます。

また、USB-Cポートを採用したためタブレットやパソコン、その他機器とケーブルをまとめやすくなったのも嬉しいポイントですね。

機種代金は高額ですが、性能にこだわりたい方に適していますよ。

第3位:コンパクトなサイズ感が魅力!iPhone 13 mini

出典:ドコモオンラインショップ(https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/products/detail.html?mobile-code=004BY

iPhone 13 miniは5.4インチのフルディスプレイ仕様のiPhoneで、前章で紹介したiPhone SE3よりもコンパクトなサイズ感となっています。

全体的な性能はiPhone 13と変わらないので、高性能でコンパクトなサイズのスマホが欲しい方におすすめです。

価格でも9万円台と他のハイエンドのiPhoneよりも若干安い傾向にあります。

また、iPhoneのminiシリーズは14からはなくなってしまったので、コンパクト大画面のiPhoneを使いたいなら今でも13 miniが最新となっています。

他社から乗り換えで6,000pt!

まとめ

格安SIMでもiPhoneはちゃんと使える?

今回はiPhoneで格安SIMを使えるのか、そしておすすめの格安SIMなどについて解説しました。

iPhoneでも格安SIMで問題なく使え、ワイモバイルやUQモバイルなど、セット購入できる格安SIMも多く存在しています。

12シリーズ以前の古い機種を格安SIMで使う際、販売元のキャリアと異なる回線で利用する場合などはSIMロック解除が必要になることにご注意ください。

格安SIMへの乗り換えを考えているiPhoneユーザーの方は、是非今回の解説を参考に乗り換え先などを検討してみてくださいね。

最新の格安SIMランキングをチェック!

お手頃価格で高品質な通信サービスをお探しではないでしょうか?

当サイトでは、各格安SIMの速度、料金、サービス内容を徹底比較し、最適な格安SIMを見つける手助けをしております。

ユーザーの評価も参考に、あなたにぴったりの格安SIMを選んでください。さっそく、最新の格安SIMランキングをチェックしましょう!

詳細は以下記事からご覧ください!

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事