\他社から乗り換えで6,000pt!/ au

ahamoはデータ通信のみ利用も可能だが注意点が多い!

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

キャラクター画像
まま子さん
ahamoを契約しようか考えているんだけど、データ通信のみでも使える?iPadで使おうと思ってるんだけど…
キャラクター画像
すーちゃん
データ通信のみでも問題なく使えるよ!ただし、ちょっと注意点もあるから納得の上で契約することが重要になるんだ。
キャラクター画像
まま子さん
そうなのね。ahamoをデータ通信のみで使う場合の注意点などについて、詳しく教えて!

タブレットやモバイルルーターなどで使うSIMカードを契約する場合、電話やSMSは使わないのでデータ通信のみで契約したいこともありますよね。

ahamoはデータ通信のみでも利用可能ですが、色々と注意したい点もあります。

この記事では、ahamoをデータ通信のみで使えるかどうかや注意点、他のおすすめのサービスの候補などについて解説します。

ahamoは音声通話なし・データ通信のみでも利用できる

ahamoは結論から言うと音声通話なし、データ通信のみでの運用が可能な格安プランです。

しかし音声通話に標準で対応しています。

そのため、あくまで「音声通話機能を使わないでデータ通信のみで運用する」という方法が可能なだけである点にご注意ください。

キャラクター画像
まま子さん
それってつまり、データ通信専用のSIMカードでは契約できないってこと…?

データ通信専用SIMは契約できない

格安SIMでは音声通話に対応していない、データ通信専用のSIMを提供している事業者も多く存在し、月額料金が通常と比べて安いのが魅力となっていますが、ahamoはデータ通信専用SIMでの契約に対応していません。

契約できるのは、あくまで音声通話対応SIMのみです。

povo2.0やLINEMOといった他社のオンライン申し込み専用格安プランも同様に、データ通信専用SIMを選ぶことが不可となっています。

キャラクター画像
すーちゃん
データ通信専用SIMを選んで安く運用する!みたいなことは、できないんだ。

5分無料通話付き!

注意!ahamoはプランが少なく、データ通信専用としての利用はあまりおすすめできない

ahamoは前提としてあまりデータ通信専用での運用に向いていません。

まず、通信量が毎月最低でも20GBでの契約となっています。

20GB以外の選択肢は1,980円の「大盛りオプション」契約時の100GBのみです。

キャラクター画像
まま子さん
容量が大きい!

かなりの大容量なので通信量が少なくても十分な方には不向きです。

毎月20GBや100GBをしっかり使うのであれば、もちろん選択肢としてはありとなります。

また、ahamoは標準で5分かけ放題が付帯されているのもデータ通信専用で使うにあたってもったいない仕様です。

キャラクター画像
すーちゃん
その分、LINEMOやpovoと比べるとちょっと料金も割高なんだよね。
キャラクター画像
まま子さん
確かに、せっかく付いてるなら通話込みで使いたいわよね…。

ahamoを契約するのであれば、できれば音声通話対応SIMとしてスマートフォンで運用したいですね。

5分無料通話付き!

ドコモ回線にこだわりがなければ、データ通信用で使うならLINEMOとpovo2.0がおすすめ

どうしてもドコモ回線のahamoを使いたい!という強いこだわりがあるのでなければ、データ通信専用として格安プランを使う場合はLINEMOやpovo2.0の方がおすすめです。

LINEMOもpovo2.0も音声通話対応SIMのみで提供されているサービスではありますが、どちらも最低料金が非常に安く、小容量での契約も可能なのでデータ通信用で使うのにも向いていますよ。

どちらも大手キャリアの料金プランなどで、お昼など回線が混み合いやすい時間帯でも速度が下がりづらいことも魅力です。

キャラクター画像
すーちゃん
かけ放題が標準付帯だったりもしないので、音声通話を使わなかったとしてもとくに損した気分にはなりづらいよ。

ここからはLINEMOとpovo2.0の特徴について解説します。

LINEMOはソフトバンクの格安プラン、3GBと20GBを選択できてLINE使い放題!

LINEMO

LINEMOはソフトバンクが展開している格安プランでオンライン申し込み専用、3GBと20GBの料金プランから好きなものを選んで契約できます。

LINEMOの料金プラン概要
ミニプラン スマホプラン
月額料金 990円 2,728円
データ容量 3GB 20GB
低速時速度 最大300kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し ×
5G対応
※表は右にスクロールできます
 

容量の選択肢は2つと少ないですが、通信量が足りなければ1GB550円で追加チャージを行うこともできます。上限回数を設定しての自動チャージも可能ですよ。

定期的にポイント還元などのキャンペーンでお得に契約ができることも、LINEMOのメリットとしては見逃せません。

キャラクター画像
すーちゃん
申し込み時に対象プランの契約でPayPayポイントがもらえるキャンペーンが開催されていれば、かなりお得に契約できるよ!

また、LINEMOにはLINEギガフリーという便利な特典サービスも標準で付帯されています。

これによりLINEのメッセージ連絡や無料通話、ビデオ通話といった機能を通信量の消費無しで利用できますよ。

SIMを入れた端末でLINEを使うのであれば、LINEギガフリーを活用できることもLINEMOの魅力です。

できるだけ安くソフトバンク回線で通信をしたい方やLINEを活用したい方は、LINEMOを検討してみてください。

乗り換えで最大10,000円相当!

povo2.0は月額基本料金が0円!使いたいときだけ課金して使える

povo banner

povo2.0は月額基本料が0円のauが提供している格安料金プランです。

そのままだと最大128kbpsと低速な回線になってしまうpovo2.0ですが、トッピングをアプリから購入すれば高速通信が可能になりますよ。

povo トッピング概要
月額基本料 390円 990円 2,700円 6,490円 12,980円 330円
データ量 1GB 3GB 20GB 60GB 150GB 使い放題
有効期限 7日間 30日間 90日間 180日間 24時間
低速時速度 128Kbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し ×
5G対応
※この表は右にスクロールできます
※上記は基本のトッピングのみです。この他に期間限定で提供されているものもございます

 

24時間使い放題が1回330円だったり、3GB・30日間のトッピングが990円だったりと、低価格での運用が可能なのが魅力です。

また、ローソンなどの対象店舗でau PAY決済をするなどの方法で「ギガ活」として無料で高速通信が可能となるプロモコードをもらえることもメリットです。

タブレットなどをできるだけ安くデータ通信のみで運用したい方は、povo2.0を検討してみるのもおすすめです。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo1.0・auからの変更はこちら

速度にこだわりがなければ、安くてお得なデータ通信専用SIMは格安SIMでの契約がおすすめ!

ドコモ回線などに対応する格安SIMには、データ通信のみのSIMを契約することでコストを抑えられるプランも豊富です。

前項で紹介したLINEMOやpovo2.0と比べるとお昼など混雑時の通信速度が遅くなってしまう点には注意ですが、とにかく安くデータ通信専用SIMを契約したい方はこれから紹介するmineoやIIJmioといったサービスの利用を検討してみてください。

この記事ではおすすめの格安SIMをピックアップさせていただきますが、下記記事では最安のSIMがどれなのかも紹介しているので、ぜひ併せてご確認ください。

mineoはパケット放題Plusで使い放題が魅力!

mineo(マイネオ)

mineoはオプテージが展開中のドコモ、au、ソフトバンク回線対応の格安SIMです。

キャラクター画像
すーちゃん
好きな回線を選んで契約可能だよ。
キャラクター画像
まま子さん
ドコモ回線も選べるのね!

mineoの通常プラン・マイピタは、音声通話対応SIMだと1GB1,298円などの価格設定になっていて、余った通信量は翌月まで繰越可能です。

mineo 「マイピタ」概要
月額基本料
(音声SIM)
1,298円 1,518円 1,958円 2,178円
月額基本料
(データSIM)
880円 1,265円 1,705円 1,925円
データ量 1GB 5GB 10GB 20GB
低速時速度 200Kbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

そしてデータ通信専用SIMでの契約なら、1GB880円からとさらに安価です。

また、mineoには月額385円の「パケット放題Plus」という便利なサービスがあります。

最大1.5Mbpsで通信量が上限なしとなるため、タブレット等でできるだけたくさん通信をしたい場合におすすめです。

1.5Mbpsの速度があれば、SNSや低画質での動画再生、音楽の再生などはある程度快適に行なえますよ。

10GB以上での契約なら無料となるので大容量プランで契約するならよりお得です。

ただし、パケット放題Plusは3日間に10GB以上使っている状態だと速度が最大200kbpsに制限されてしまうので使いすぎにはご注意ください。

キャラクター画像
すーちゃん
月間の上限はないけど、数日単位だと速度制限があるんだ。

また3GB以下のデータSIMでは、パケット放題Plusは契約できません。

【限定】事務手数料無料!

※事務手数料無料はmineoとの提携サイト限定キャンペーンです
※上記リンクからのみ特典が適用されます
※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトは特典対象外です

IIJmioは2GB440円からデータ通信専用SIMを契約できる!

IIJmio banner

IIJmioはドコモまたはau回線で契約できる格安SIMです。

2GB850円など、音声通話SIMの時点で非常に安価な料金設定となっています。

IIJmio 「ギガプラン」概要
月額基本料 850円 990円 1,500円 1,800円 2,000円 2,700円 3,300円 3,900円
データ量 2GB 5GB 10GB 15GB 20GB 30GB 40GB 50GB
低速時速度 300Kbps
通話料 11円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
※30GB以上のプランは2024年3月1日より提供開始

そして、ドコモ回線のデータeSIMで契約してeSIM対応のタブレットやスマートフォン等で使うならさらに料金を下げられます。

IIJmioの料金プラン(データeSIM)
2GB 440円
5GB 660円
10GB 1,100円
15GB 1,430円
20GB 1,650円

なんと2GB440円から使えてしまうので、データ通信専用で不定期に使う端末などがある場合はコストを大幅に下げられますよ。

IIJmioは余った通信量を翌月まで繰り越せるので、無駄なく通信できるのも魅力です。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど、IIJmioはかなり良さげね…。

6/3まで!初期費用割引中!

まとめ

ahamoはデータ通信のみ利用も可能だが注意点が多い!

今回はahamoをデータ通信のみで使えるかどうかやその他おすすめのサービスなどについてまとめました。

ポイント

  • ahamoはデータ通信のみで使えるが、データ通信専用SIMでの契約には非対応
  • ahamoは20GBまたは100GBかつ標準で5分かけ放題が付帯されているので、データ通信のみで使うのには不向き
  • LINEMOやpovo2.0なら高速通信可能かつ低価格でデータ通信のみでの運用にも最適
  • IIJmioやmineoは月額料金がデータ通信のみだと安価、特にIIJmioは2GB440円などデータeSIMが非常に安いのでお得

ahamoは料金的には大手キャリアの通常プランより安いものの、大容量かつ5分かけ放題付きとなっているのでデータ通信のみで使うのにはあまり向いていないサービスです。

今回の解説を参考に、LINEMOやpovo2.0、IIJmio、mineoといったより便利・低価格な選択肢から自分に合ったサービスを選んで申し込むことをおすすめします。

5分無料通話付き!

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事