\他社から乗り換えで13,000pt!/ au

留学・海外転勤前のスマホ代については格安SIMにしておくのがおすすめ

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

キャラクター画像
まま子さん
ねーすーちゃん。知り合いの娘さんが留学に行くみたいんなんだけど、留学中の携帯電話はどうしておくのがいいのかしら。
キャラクター画像
すーちゃん
あー留学中の携帯電話かぁ。悩ましいね。

留学中の携帯電話をどうしようかとお悩みのみなさん。

いやぁ本当留学前って考えること多いですよね。私も高校・大学と海外に留学していましたが、日本と留学先を行き来することも多く、携帯電話の扱いには本当に悩まされました。

当時は知識もなかったので、日本の大手携帯会社で契約していた携帯電話をそのままにしたまま、留学先で携帯電話を契約したりして…すごくお金がかかってしまったのを覚えています。

しかし!実はちゃんと事前に準備をしておけば、留学中の携帯電話代は最小限に抑えることができるのです。

ということで、当ページでは留学中携帯電話代を最小限に抑える方法をご紹介します!

この記事さえ読めば

  • 留学中日本の携帯電話を絶対放置してはいけない理由
  • 留学現地で日本の携帯電話を活用するための事前準備
  • 留学中、日本に残された携帯電話代を少しでも安くする方法3つ

の3つが初心者の方でもしっかり分かる構成になっています。

この方法を実行するのとしないのでは、携帯電話にかかるお金が大きく変わってきます。当時の私のように何も知らずに損をしないためにも、事前にしっかり準備しておきましょう。

はじめに...今月のイチオシSIM「楽天モバイル」をご紹介!

楽天モバイル2024年2月キャンペーン

出典:楽天モバイル公式サイト(https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/mnp/?l-id=campaign_campaign_mnp)

契約回線数が600万を突破した楽天モバイル!

データ使用量が3GB未満であれば1,078円、20GB以上はどんなに使っても無制限&国内通話無料で3,278円というプランが大人気となっています!

そしてなんと、今なら他社からの乗り換えの特典として13,000ptプレゼント!

データ3GB未満の1,078円であれば実質1年無料という見逃せないキャンペーンが開催中です。

現在は人口カバー率が99.9%となり、今後はプラチナバンドの提供も予定していて見逃せません。

圧倒的にお得な楽天モバイルへの乗り換えをぜひ検討してみてください!

他社から乗り換えで13,000pt!

留学中日本の携帯電話の放置は絶対NG。留学先で使うのは論外

まず、結論としては留学先で日本で契約した携帯電話を使うことは絶対にしてはいけません(一部例外もあります)。

というのも、日本で契約した携帯電話を海外で使用すると国際料金がかかります。

この国際料金、異常なくらい高額です。

私はかつて大手携帯会社で働いていましたが、その際に国際料金が50万円近くになり泣きっ面なお客さんをたくさん見てきました。彼らのほとんどは海外でほんの少しネット通信をしたくらいです。それでも海外パケット代は尋常じゃないほど高額で、すぐに10万、20万といった金額になってしまうのです。

ということで、日本で契約した携帯電話をそのまま留学先で使うことだけは絶対にしないでください。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど。まず、留学先でそのまま携帯電話を使うのは絶対ダメね。

また、留学先では使えないからといって、日本に携帯電話を放置するのもNGです。

携帯電話の料金は定額料の場合がほとんどです。つまり、留学中その携帯電話を使っても使わなくても月額料金が発生します。月額料金がおよそ9,000円だとすると1年の留学で108,000円も無駄になるのです。

ですから、留学中携帯電話を日本で契約したまま放置するのも避けましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
つまり、何かしらの対策をしておかないといけないってことだね。

滞在期間に合わせて現地のプリペイドSIMカードを手に入れよう!

キャラクター画像
まま子さん
でも、日本の携帯電話を留学先で使っちゃいけないんだとすると、現地では携帯電話はどうすればいいのかしら?

まま子さん、いい質問ですね。

先ほど日本で契約した携帯電話を留学先で使うと、高額料金が発生し大変なことになるとご紹介しましたよね。しかし、かといって現地で携帯電話が全く使えないのは不便です。現地でのお友だちもできるでしょうし、異国の地で連絡手段を持たないというのは不安ですよね。

ということで、現地では現地のSIMカードを入手することを強くお勧めします。

現地のSIMカードであれば、国内利用料しか発生しないため、料金はかなり安いです。また、海外ではプリペイドSIMカードの取り扱いも豊富なため、毎月必要な分だけチャージすれば電話もメールもネットもきちんと使えます。

私も留学中は現地でSIMカードを購入し、利用していました。海外では日本と比べ月額料金も安いことが多く、一ヶ月2,000円もあれば十分でしたね。

キャラクター画像
すーちゃん
日本みたいに年間契約じゃないプリペイドにすれば、扱いも楽チンだよ。

また、1週間や半月・1ヶ月間などプリペイドSIMの料金は利用期間によって変わります。自分の滞在期間に合わせて、最もコスパの良いものを選びましょう!

日本の携帯電話を現地で使うためにSIMロック解除をしておこう!

キャラクター画像
まま子さん
でも、携帯電話本体はどうすればいいのかしら?それも現地で買うの?
キャラクター画像
すーちゃん
ううん。それは日本で使ってるのをそのまま使えばいいんだ!

現地で契約したSIMカードを入れるための携帯電話本体は日本で使っているもので問題ありません。

ただし、日本の携帯会社で購入した携帯電話にはSIMロックと呼ばれる特別なロックがかかっていて、特定の携帯会社以外のSIMカードは反応しないように設定されています。

ですから、出国前にこのSIMロックを解除し、留学先に持っていく必要がありますね。

SIMロック解除の詳細は携帯会社ごとに異なりますので、それぞれご確認ください。

なお、2021年10月以降に発売された端末であれば原則SIMロック解除は不要です。

留学・出張中に日本で契約した携帯電話を安くする方法

では、留学中に携帯電話本体をどうすれば良いか分かったところで、日本の契約はどうしておくべきか確認しておきましょう。

方法は以下3つです。

  1. 出国前に解約し、帰国したら再度契約
  2. 事前に格安SIMに乗り換え、基本料最小限にし放置
  3. 家族ごと格安SIMにし、シェアプランを活用

それぞれにメリット・デメリットがありますので、順番に見ていきましょう。

①出国前に解約し、帰国したら再度契約:一番安いが、電話番号が消滅

1つ目は出国前に日本の携帯電話を解約し、帰国したら再度契約する方法ですね。

この方法だと留学中の日本の携帯電話代はゼロ円なので、一番お財布には優しいです。しかし、解約に伴って電話番号が消滅するという欠点があります。

「電話番号はなくなってしまっても構わない」

という方は、今の携帯会社を出国前に解約し、帰国時に再度同じ会社で契約するのもありですが、どうせなら、再契約時は格安SIMにするとお得です。

例えばmineoであれば、どのSIMカードであっても純粋な解約(電話番号そのままでの乗り換えではない)であれば解約手数料が発生しません。これであれば、もし再度日本を離れることになって携帯電話を解約するとしても、余計な手数料を取られずに済みますよね。

キャラクター画像
すーちゃん
電話番号は要らないって人は、格安SIMでデータSIMを契約すると安いし、契約の縛りもないし便利だよ!

【限定】事務手数料無料!

※事務手数料無料はmineoとの提携サイト限定キャンペーンです
※上記リンクからのみ特典が適用されます
※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトは特典対象外です

②事前にdocomoやauから格安SIMに乗り換え、基本料最小限にし放置:使っていなくても基本料はかかるが、たいした金額ではない(月額1,000円程度)

2つめは留学に出発する前に格安SIMに乗り換えて、月額基本料を最小限にした上で放置するという方法ですね。

冒頭で、日本の携帯電話の契約を放置するのはNGという話をしましたが、これはあくまで、大手携帯会社の契約の場合です。格安SIMであれば月額1,000円程度のプランがありますから、それらに変更した上で放置するのであれば許容範囲以内の出費かと思います。

キャラクター画像
まま子さん
大手携帯会社は年間108,000円だったけど、格安SIMなら12,000円で済むってことね。

また、この方法であれば、電話番号を維持することが可能ですし、日本に帰国した際にすぐに携帯電話が使えるというメリットもあります。この2点を考慮した上で月額1,000円は最小限の必要経費かなと思います。

格安SIMの中ではIIJmioが2GB(電話番号付き音声通話SIM)で月額850円、イオンモバイルが500MB(電話番号付き音声プラン)で月額803円ほどで提供されています(この2つが大手格安SIMの中では非常にリーズナブルです)。

もちろん、帰国した際にデータ容量は大きいものに変更することが可能です。個人的には帰国した際の使い勝手も考えるとイオンモバイルより[IIJmio]のほうが良いのではないかと思いますよ。

一応、2つを比較した記事も別途用意しましたので、ご興味ある方は参考にしてみてくださいね。

音声1GB月額780円!

2/29まで!初期費用割引中!

③家族丸ごと格安SIMにし、シェアプランを活用:手間はかかるが、基本料が最小限

最後は家族ごと格安SIMに乗り換えてシェアプランを活用する方法です。

シェアプランとは簡単にいうと、一定のデータ量を複数のSIMカードで共有するプランです。

このやり方であれば、留学中データが使われずに無駄になるということもありません。また1枚のSIMカードにかかる月額料金は500~1,000円程度なので、②の格安SIMで1人で1つの契約を保有するよりリーズナブルです。

しかし、これにはそれなりの手間が伴います。家族で携帯電話を乗り換えることに抵抗がある方もいらっしゃると思いますし、家族の協力が必要なため、難しそうな方は②の方法をオススメします。

シェアプランがある格安SIMで有名なのはワイモバイルBIGLOBEモバイルですね。

ワイモバイルであれば追加のSIMカードは月額539円で3枚までSMS対応のデータSIMを契約でき、BIGLOBEモバイルであれば月額990円(音声通話機能付きSIM)で契約可能です。

キャラクター画像
すーちゃん
でもまぁiijmioの850円とあまり変わらないから、手間も考慮すると②の方がいいかもね。

2/29まで!初期費用割引中!

エンタメフリー・オプション2ヶ月無料!

【最新】現地でSIMの購入不要!国際料金が発生しないプランも続々登場!

「日本で契約したスマホを海外で使うと高い」のがこれまでの当たり前でしたが、最近では日本の契約そのままで使えるプランや会社も増えています。

本章では、国際料金が発生しないおすすめのプランを2つ紹介します。

  • ドコモの格安プラン「ahamo」
  • ソフトバンクの「アメリカ放題」

日本の契約のまま海外で使えるのであれば、現地でのプリペイドSIMの購入やSIMロック解除などの手間も不要ですね。

下記にてそれぞれのプランについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

ドコモの格安プラン「ahamo」はそのままの料金で20GB使える!

出典:ahamo公式サイト(https://ahamo.com/plan/

ドコモの格安プラン「ahamo」では、海外でも日本での契約と変わらず2,970円で20GB使えます。

ahamo 料金プラン概要
月額基本料 2,970円 4,950円
データ量 20GB 100GB
低速時速度 1Mbps
通話料 22円/30秒
無料通話 5分かけ放題付帯
データ繰り越し ×
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

ahamoには100GB使える「ahamo大盛り」もありますが、海外でも20GB制限になってしまうので注意しましょう。

ahamo大盛りを契約中の方は、留学・出張前にオプションを外すことをおすすめします。

ahamoはドコモの回線をほぼ同じ品質で使えるので、通信速度も速く快適にネットが使えます。

月額料金も2,970円なので、滞在期間が短い方などスマホの契約をあれこれ変えたくない方にもおすすめです。

ただし国際電話は従来の料金が発生するので、日本に電話をしたい場合はLINE通話などアプリを利用すると良いでしょう。

対応エリアはahamo公式サイトをご確認ください。

ソフトバンクのアメリカ放題(留学先がサービス対象国の場合のみ可能)

ソフトバンクの「アメリカ放題」も同様に、対象の国であればソフトバンクの契約そのままでネット通信や通話が利用できるサービスです。

対象の国と地域が限られていますので、詳細はソフトバンクアメリカ放題詳細を参考にしてみてくださいね。

キャラクター画像

すーちゃん
アメリカ放題なら、国際料金はかからないよ!

まとめ:留学前に格安SIMにしておくのが、一番安い+賢い!

留学中の日本のスマホを一番安くする方法-01

結論としては、携帯電話の契約は留学前に格安SIMに乗り換えておくのがベストと言えそうです。

コスト的には①の「解約し、再契約」が一番いいかと思いますが、電話番号が消滅してしまうのがネックという方は非常に多いかと思います。

電話番号を維持しておくとなると、何かしらの形で日本の契約も残しておかなければなりません。大手携帯会社の「電話番号お預かりサービス」は一見安いように見えて、登録のたびに手数料が発生したり、割引が消滅してしまうなどのデメリットもあります。

その点も考慮すると、早いこと格安SIMに乗り換え、留学中も帰国時も最小限の月額基本料で携帯電話が使えるようにした方が賢いでしょう。

②③のいずれの方法であってもIIJmioがオススメですよ。

いずれにしても、大手携帯会社の契約を放置しておくのは勿体無さすぎます。出発前に格安SIMを見てみるなど、ちょっぴり時間を割くだけで大きな差が出ます。

この記事が留学前の皆さんのお役に少しでも立っていれば嬉しいです。

最新の格安SIMランキングをチェック!

お手頃価格で高品質な通信サービスをお探しではないでしょうか?

当サイトでは、各格安SIMの速度、料金、サービス内容を徹底比較し、最適な格安SIMを見つける手助けをしております。

ユーザーの評価も参考に、あなたにぴったりの格安SIMを選んでください。さっそく、最新の格安SIMランキングをチェックしましょう!

詳細は以下記事からご覧ください!

2/29まで!初期費用割引中!

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事