通信速度制限でも快適に使える格安SIM5選!対処法とコスパが高いものを紹介

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

スマホの通信制限ほどわずらわしいものってないですよね。

使いたいと思った時にネットが遅すぎて何もできない時のストレスは半端ないです。

しかし、ある日そんなイライラから一気に解放される方法に出会い、この方法ならスマホ代は高くなるどころか安くなり、通信制限に悩まされることも一切なくなりました。

ということで、今回はたった30分で通信制限から卒業した方法を皆さんに共有したいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

今月のイチオシSIM「UQモバイル」をご紹介!

UQキャンペーン

出典:UQモバイル公式サイト(https://shop.uqmobile.jp/shop/cashback/)

※当内容は2024年7月9日時点のものとなっております

テレビCMでもお馴染みのUQモバイル!

使い方に合わせて3つのプランから選べ、最安990円から利用できるようになっています。

なんと、今なら乗り換えの特典として最大10,000円相当のau PAY残高を還元中!

UQモバイルは通信速度がピカイチなので、通信品質を落としたく無いという人に大変オススメ。最新のiPhone 15の利用ももちろんOK!新端末も続々発売予定です。

どのSIMに乗り換えをすれば良いか迷ってる方はぜひ一度UQモバイルをご検討ください。

乗り換えで最大20,000円相当還元!

通信速度制限とはデータ量を超過して速度が遅くなること

通信速度制限とは、携帯電話回線等のインターネット回線サービスにおいて契約している通信容量を超過してしまって速度が遅くなった状態を指します。

例えば月間データ3GBの契約をしている場合、3GBを超えて通信をするとデータ超過と判断されて普段よりも速度が遅くなってしまうのです。

遅くなった時の速度は事業者によって128Kbps~1Mbpsまで存在します。(事業者やプランにより異なる)

128KbpsだとWebの読み込みもストレスがかかる一方、1Mbpsならニュースサイトや中画質程度なら閲覧することができます。

大手キャリアではテザリングにおける通信速度の容量制限があるケースも

格安SIMだと基本的に通信速度制限は契約している容量を使い切った時点で発生しますが、auやソフトバンクなどの大手キャリアではテザリングやタブレット等との「データシェア」時に個別の制限が設定されています。

例えばソフトバンクのメリハリ無制限だと、通常の通信量は無制限ですが、テザリングやデータシェアは月30GBまでしか行なえません。

スマホでテザリングやデータシェアを利用する場合は個別の速度制限ルールがないかどうか確認しておきましょう。

2段階の速度制限がある格安SIMも存在する

Ymobile banner

ワイモバイルはソフトバンクがサブブランドとして展開する格安SIMで、速度制限時も最大1Mbpsで通信可能なのが魅力です。

ワイモバイル料金プラン シンプル2概要
S M L
月額料金 2,365円 2,915円・4,015円 2915円・5,115円
各種割引適用後料金
(契約翌月以降)
1,078円 1,078円・2,178円 1,078円・3,278円
データ容量 4GB ~1GB・20GB ~1GB・30GB
低速時速度 最大300kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※割引金額は「おうち割 光セット(A)」「PayPayカード割」両方適用時の価格です
※表は右にスクロールできます
 

しかしワイモバイルでは、契約しているデータ通信量の半分と同容量の低速通信をすると月末まで速度が最大128kbpsに制限されてしまうという2段階速度制限があります。

自由に1Mbpsで使い続けられるわけではないので、ご注意ください。

乗り換えで最大20,000円相当還元!

※詳細はワイモバイルの公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)でご確認ください

通信速度制限による影響

続いて、通信速度制限が発生した場合にどのような影響が出てくるかという点を詳しくお伝えします。

速度制限時はどれくらい遅くなる?

通信速度が低速になるといっても、使用する機能によって影響は異なります。

ここからは3つの用途ごとに解説をさせていただきます。

メール・電話・チャットツール

スマホを使った連絡手段には、メール・電話・チャットツールなどがありますが、これらのうちメールやチャットツールのテキストは特に問題なく送受信ができます。

しかし画像や動画が添付されている場合は、データ容量によって読み込みが遅くなることもあります。

また、通常の電話に関しては特に問題ありませんが、LINEのビデオ通話は接続が不安定になることがあります。

そのため、速度制限中はテキストのやりとりか音声のみの通話を利用すると良いでしょう。

ネットの閲覧

速度制限中にインターネットを経由してウェブサイトやSNSを閲覧すると、読み込みに時間がかかってしまいます。

特に画像やデータの埋め込みが多いサイトはなかなか表示されず、ストレスに感じてしまうことも多いでしょう。

動画の視聴

速度制限中だと動画の視聴はほとんどスムーズにできません。

再生できたとしても画質が粗かったり、読み込みに時間がかかる、途中で停止してしまうなどといった現象が発生します。

しかし、1Mbpsの通信が可能なら画質を上げない(YouTubeなら480p以下など)ことで、ある程度快適に視聴することができます。

速度制限のまま使い続けるとどうなるか

速度制限になったままスマホを使用することは可能で、翌月になれば制限は解除されます。

また、制限中に利用をされても課金されることもありません。

ただし、キャリアやプランによって制限中に一定のデータ量を利用すると、さらに制限がかかって通信速度が遅くなることもあります。

速度制限にならないためにデータ量を節約する方法

速度制限は様々な方法で回避できますが、そのうちの1つが「そもそもデータ量を節約する」という方法です。

プランや契約の見直しも効果的ですが、データを節約する方法も合わせて覚えておきましょう。

速度制限を回避する方法①Wi-Fiを利用する

速度制限の回避に最も効果的な方法はWi-Fiを利用することです。

Wi-Fiには自宅で利用できるものと外出先で使えるものが存在しますが、このうち外出先で使えるWi-Fiは無料で使えるサービスも多いため是非活用をしましょう。

外出先で利用できるWi-Fiの一例
  • d Wi-Fi(ドコモ契約者は無料)
  • au Wi-Fi SPOT(au/UQモバイル契約者は無料)
  • ソフトバンクWi-Fiスポット(ソフトバンク/ワイモバイル契約者は無料)
  • ギガぞう Wi-Fi(BIC SIM)
  • 飲食店(マクドナルド、スタバなど)
  • コンビニ(セブンイレブン、ローソンなど)
  • スーパー・百貨店
  • ホテル・旅館

上記のように、現在では多くのお店や施設で無料Wi-Fiが提供されており、駅や空港でも使える場所が増えてきています。

上手に無料のWi-Fiサービスを活用してデータを節約しましょう。

速度制限を回避する方法②節約モードを使う

UQモバイルなど一部の格安SIM事業者には「節約モード」が用意されています。

節約モードは速度制限時と同じ速度にわざと速度にすることで、適用中のデータ量が減らなくなる効果があります。

例えばLINEの利用やWeb閲覧など、速度があまり必要ない時に「節約モード」を使用してデータ量を抑え、動画視聴などの速度が重要な時だけ通常速度に戻すといった活用方法が効果的です。

普段使いで利用するデータ量を動画やゲームに回すことで、データ量が大きく節約できて速度制限にかかりにくくなります。

速度制限を回避する方法③自動更新・自動通信をオフにする

アプリの自動更新や自動通信をオフにすることも、データを節約するのに効果的な方法です。

スマホはアプリを起動していなくても自動的に通信をするケースが多く、例えばアプリの更新や、ニュースなどの通知が送られてくることがありますよね。

Wi-Fi環境なら問題ありませんが、外出先でこのような形で通信が行われると大きくデータを消費してしまい、結果的に速度が制限されてしまいます。

Android、iPhoneともに本体の設定でアプリの自動更新や通信をオフにする設定があるので、是非活用してください。

通信速度制限を卒業する方法は3つ

通信制限を卒業する主な方法は以下の3つです。

  1. プランを変更して十分なデータ量を契約=簡単だけどスマホ代が高くなる
  2. 無制限のポケットWiFiを契約=データは使い放題だけど高い
  3. 格安SIMを契約=スマホ代も安くなり、通信制限ともおさらば出来る可能性大

ではそれぞれ見ていきましょう。

速度制限を卒業する方法①プランを変更して十分なデータ量を契約=簡単だけどスマホ代が高くなる

一番簡単な方法はプラン変更をして十分なデータ量を契約する方法ですね。

もっとも、この記事を読んでくださっている方は、とっくにこの方法はお考えで、その方法が得策ではないから、その他の方法を模索しているのだとは思いますが…。

ですので、ここでは割愛させていただきます。

強いて言えば、この方法は一番簡単で手っ取り早い方法ではあります。今契約している携帯会社でプランの変更をすれば、翌月には新しいプランが適用にはなるでしょう。

データ量を増量するとその分の基本料は上がりますが、一番手間が少なく通信制限からおさらばできる方法ではあります。

速度制限を卒業する方法②無制限のポケットWiFiを契約=データは使い放題だけど高い

2つ目は無制限のポケットWiFiを契約する方法です。

こちらはデータ無制限であるため通信制限とは完全におさらばすることができますが、データ通信無制限のポケットWiFiは月額料金が安くありません。相場で見ても月額4,000円程度はします。

ただ「スマホとは別に通信費が発生しても構わないから、とにかく使い放題がいい」という方や「スマホ以外でも通信をする」という方にはポケットWiFiはオススメです。

ポケットWiFiの中ではWiMAXがデータ使い放題で特におトクに契約できますよ。

なお、ポケットWiFiの注意点として、一度に大容量の通信を行った場合や混雑する時間帯などに一時的に速度制限がかかることが挙げられます。

24時間常時高速で通信し続けられるようなサービスではありません。

https://digital-wallet.jp/mobile/uqmobile-bundle-discount/

速度制限を卒業する方法③格安SIMを契約=スマホ代も安くなるし通信制限ともおさらば出来る可能性大

最後は格安SIMを契約する方法です。

格安SIMは少量のデータプランが多くて「大手携帯会社から乗り換えてしまったら、余計にデータが自由に使えなくなりそう」というイメージを抱いている方も多いかと思います。

格安SIMは数十社とありますが、その中から適切な会社を選べばスマホ代も安くなり、なおかつ通信制限とおさらばできるのです。

快適に使える格安SIM5選!通信速度制限も無くなるしスマホ代も安くなる

格安SIMであればどの会社であっても「速度制限も無くなるし、スマホ代も安くなる」という、夢のような2つの条件を満たすわけではありません。

ということで、ここからは通信制限とおさらばしたいあなたに適切な格安SIM5つをご紹介します。

速度制限から卒業できる格安SIM①LINEMO

LINEMO

LINEMOは厳密にいうと格安SIMではありませんが、LINEを使った際の通信量が契約しているデータ量に含まれない、データフリーと呼ばれる仕組みがあります。

LINEをたくさん使っている人は料金が安くなるうえに、通信量を一気に削減できますよ。

LINEMOの料金などは以下とおりです。

LINEMOの料金プラン概要
ミニプラン スマホプラン
月額料金 990円 2,728円
データ容量 3GB 20GB
低速時速度 最大300kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し ×
5G対応
※新プラン「LINEMOベストプラン」は7月下旬以降提供予定です
※表は右にスクロールできます
 

一番安いプランであればなんと3GBの契約で月額990円、20GBでも2,728円です。

大手キャリアで例えば毎月7,000円ほどかかっていた場合、20GBのプランでも半額以下になるので良いこと尽くしですね。

「データ量のほとんどをLINEの通信に使っている。」という方にはLINEMOは間違いなくオススメです。

最大15,000円相当還元中!

速度制限から卒業できる方法②BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル公式

出典:BIGLOBEモバイル(https://join.biglobe.ne.jp/mobile/)

BIGLOBEモバイルは通常のプラン料金とは別に、月額308円(音声通話SIMの場合、データSIMは月額1,078円)で使えるエンタメフリーオプションというものを用意しています。

このオプションに加入すると以下21個のサービスを使用した際の通信量がカウントされなく、使い放題となります。

エンタメフリー対象 YouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotify、AWA、radiko.jp、らじる★らじる、Amazon Music、U-NEXT、YouTube Kids、楽天ミュージック、楽天マガジン、楽天kobo、dマガジン、dブック、dヒッツ、RecMusic、YouTube Music、Facebook Messenger、au PAYマーケット

特にYouTubeなどの動画配信サービスはデータを多く消費しますから、月額308円でこれらが使い放題になるのは非常にコスパが高いですね。

YouTubeで10GB使ったとしても実際に契約しているプランは3GB、というのもOKなんです。

BIGLOBEモバイル 料金プラン概要
月額基本料
(音声SIM)
1,078円 1,320円 1,870円 3,740円 5,720円 8,195円
月額基本料
(データSIM)
- 990円 1,595円 2,970円 4,950円 7,425円
データ容量 1GB 3GB 6GB 12GB 20GB 30GB
低速時速度 200Kbps
通話料 9.9円/30秒(BIGLOBEでんわアプリ利用時)
22円/30秒(標準アプリ使用時)
データ繰り越し
5G対応 ※ドコモ回線のみ
※この表は、右にスクロールできます
 

「スマホで動画をよく見たり、音楽をストリーミングする」という方にはBIGLOBEモバイルは非常にオススメです。

エンタメフリー・オプション2ヶ月無料!

速度制限から卒業できる方法③UQモバイル

UQmobile banner

UQモバイルにはLINEMOやBIGLOBEモバイルのような、特定のサービスへの通信が使い放題になるサービスは用意されていません。

しかし、節約モードが用意されている他、制限時の通信速度が速いという特徴があります。

UQモバイル 料金プラン概要
ミニミニプラン トクトクプラン コミコミプラン
月額基本料 2,365円 2,277円・3,465円 3,278円
月額基本料
(最大割引時)
1,078円 990円・2,178円 割引無し
データ量 4GB 1GB・15GB 20GB
低速時速度 最大300Kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
無料通話 付帯なし 10分以内通話無料
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

節約モードは「ミニミニプラン」でのみ利用可能となっており、データ通信速度が最大300kbpsに制限される代わりに、利用中のデータはカウントされません

300kbpsはそれほど速くはないため、動画などを視聴する時以外に利用するなどにおすすめです。

そして、「トクトクプラン」「コミコミプラン」については制限時の速度が1Mbpsあるので、中画質程度の動画視聴であればストレスなく行えます。

契約しているデータ容量を超過しても一定の速度で通信できるので実質使い放題とも言えますね。

特定のサービス利用ではなくネットサーフィンなどでデータが無くなってしまう、という方はUQモバイルを活用するのがオススメです。

乗り換えで最大20,000円相当還元!

速度制限から卒業できる方法④楽天モバイル

Rakutenmobile banner

楽天モバイルは使った分だけ支払うプラン料金となっています。

楽天モバイル「Rakuten最強プラン」概要
月額料金 1,078円 2,178円 3,278円
データ容量 3GBまで 3~20GBまで 20GB以上
通話料 国内通話無料(Rakuten Link使用時)
22円/30秒(標準アプリ使用時)
5G対応
※表は右にスクロールできます
 

上記のように利用したデータ容量に応じて料金が変わる三段階のプランで、月20GBを超えた以降はどれだけ使っても月額3,278円で使い放題というコスパの高さが魅力です。

また、楽天モバイルは専用アプリを使えば国内通話も無制限で使えます。

速度制限を気にせず、データも通話も無制限に使いたい人は要チェックです。

他社から乗り換えで6,000pt!

速度制限から卒業できる方法⑤mineo

mineo(マイネオ)

mineoはデータ通信をお得に使えるサービスをいくつか提供しています。

mineo 「マイピタ」概要
月額基本料
(音声SIM)
1,298円 1,518円 1,958円 2,178円
月額基本料
(データSIM)
880円 1,265円 1,705円 1,925円
データ量 1GB 5GB 10GB 20GB
低速時速度 200Kbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

上記は通常のプラン「マイピタ」の料金ですが、この他にも「パケット放題Plus」「マイそく」というサービスを提供しています。

1つ目のお得に使えるサービス「パケット放題Plus」は通信速度を最大1.5Mbpsに制限する代わりにデータが無制限に利用できるサービスです。

対象のサービスに制限がなく、SNSアプリや動画視聴、ネット検索などあらゆる用途で使えます。

利用するには通常月額385円かかりますが、10GB以上のプランを契約していれば無料となります。

2つ目の「マイそく」は、月〜金曜日の12時〜13時の時間帯だけ通信速度が最大32kbpsに制限され、それ以外の時間帯は契約内容により最大300kbps~3Mbpsで通信し放題になるサービスです。

平日お昼の時間帯はほぼ利用しなく、それ以外の時間帯でもそこまで速度を必要としない方におすすめですよ。

【限定】事務手数料無料!

※事務手数料無料はmineoとの提携サイト限定キャンペーンです
※上記リンクからのみ特典が適用されます
※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトは特典対象外です

まとめ

ご紹介してきたように適切な格安SIMを利用すれば通信制限とおさらばすることができ、なおかつ毎月のスマホ代も安くなります。

今回ご紹介した5つの格安SIMをおさらいしましょう。

ポイント
  • LINEをいっぱい使うならLINEMO
  • 動画視聴サービス、音楽ストリーミングサービスならBIGLOBEモバイル
  • ネットサーフィンなどその他諸々のアクセスならUQモバイル
  • データ通信も通話も無制限に使いたいなら楽天モバイル
  • オプションを使ってデータを無制限に利用するならmineo

もちろんプラン変更やポケットWiFiを契約する方法もありですが、通信速度制限を卒業したいのであれば、格安SIMを利用するのがもっとも効率的&経済的です。

今回ご紹介した内容を参考に、スマホ代を安くしつつ、毎月の通信制限との戦いに終止符を打ってみてはいかがでしょうか。

最新の格安SIMランキングをチェック!

お手頃価格で高品質な通信サービスをお探しではないでしょうか?

当サイトでは、各格安SIMの速度、料金、サービス内容を徹底比較し、最適な格安SIMを見つける手助けをしております。

ユーザーの評価も参考に、あなたにぴったりの格安SIMを選んでください。さっそく、最新の格安SIMランキングをチェックしましょう!

詳細は以下記事からご覧ください!

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事