\他社から乗り換えで13,000pt!/ au

IIJmioでキャリア決済は使えないの?使える格安SIMは?

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

キャラクター画像
まま子さん
月額料金の安いIIJmioに乗り換えようかな~
キャラクター画像
すーちゃん
たしかにIIJmioはお得だけど、キャリア決済を使ってる時は気を付けて!

IIJmioはSIMの種類や回線が選べる格安SIMとして高い人気があります。

音声SIMでも2GB:850円~とリーズナブルな価格設定なので、他のキャリアからの乗り換えを検討されている方もいるはず。

しかし、現在キャリア決済での支払いをよく利用している場合、IIJmioの乗り換え時には注意が必要です。

この記事では、以下のポイントについて詳しく解説いたします。

  • IIJmioでキャリア決済ができるのか
  • IIJmioへの乗り換え前に準備すべきこと
  • キャリア決済の代わりとなる支払い方法

\乗り換えで最大10,000円還元!/

UQモバイル

IIJmioでキャリア決済はできない!その理由は?

IIJmio banner

結論から言うと、IIJmioでキャリア決済は利用できません

現在大手キャリアなどのSIMでキャリア決済を利用しているなら、IIJmioへの乗り換え後は別の支払い方法にシフトしなければなりません。

キャリア決済とは買い物やサービスの月額料金をスマホ料金とまとめて支払えるサービスの総称です。

キャリアによってサービス名や利用条件、使えるサービスの範囲も異なりますが、現在対応しているのは以下のキャリアです。

大手キャリアのキャリア決済

格安SIMといってもキャリア決済に対応しているのは、大手キャリアが運営しているところが多いことが分かります。

独自のキャリア決済サービスが利用できるのはmineoと楽天モバイルのみで、どちらもAndroidユーザー対象でアプリとアプリ内サービスのみの使用に限られています

決済サービスの構築には手間とコストがかかる

IIJmioでキャリア決済が使えない理由として、

  • リーズナブルな月額料金を実現するためにコストを押さえている
  • 大手キャリア系列ではないので既存のキャリア決済が利用できない

などが考えられます。

そもそも自社で決済サービスを構築するためには手間とコストがかかりますし、リーズナブルな月額料金を実現するためにコストを削減することが多い格安SIMで独自のキャリア決済構築するのは負担が大きいのです。

IIJmioを運営してる株式会社インターネットイニシアティブの売上高を見てみると、

  • 法人向けインターネットサービス
  • アウトソーシングサービス
  • WANサービス

など法人向けの事業の売上が多いことが分かります。

出典:株式会社インターネットイニシアティブ(https://www.iij.ad.jp/ir/library/financial/pdf/IIJ4Q20J_presentation.pdf)

格安SIMは重要ではあるものの会社としてメインの事業というわけでもなさそうなので、まとまった費用が必要なキャリア決済のシステム構築の可能性は今後も低いかもしれません。

また、IIJmioはdocomoとauの回線を利用していますがそれらの大手キャリアの系列というわけでもないので、LINEMO等のように既存のキャリア決済システムを使うことも難しいでしょう。

2/29まで!初期費用割引中!

IIJmioではどの回線でもキャリア決済は使えない

IIJmioでは、

  • タイプD(ドコモ回線)
  • タイプA(au回線)

の2種類の回線を提供していますが、どちらもキャリア決済には対応していません。

他の格安SIMでは下表のようにSIMの種類・回線・支払い方法・OSによって限定的に使える場合がありますが、IIJmioではSIMや契約内容などに関わらず利用できません。

キャリア決済ができる格安SIM 特徴・条件 上限金額
mineo ・ドコモ回線音声通話SIMのみ利用可能
・Androidユーザー、Google play内でのみ対応
未成年:2万円/
20歳以上:210万円/
契約期間による
Yモバイル ・一部機種を除き全ユーザー利用可能
・Yahooショッピング利用やPaypayチャージなどは、月額料金をクレジット払いしてる人のみキャリア決済利用可能
契約内容などによって異なる
UQモバイル ・一部機種を除き全ユーザー利用可能
・au IDの設定が必要
1,500円~50,000
(年齢と契約期間により変動)
楽天モバイル ・月額料金をクレジット払いしている人のみ利用可能
・Androidユーザー、Google play内でのみ対応
未成年:1万円~5万円
(年齢により変動)
20歳以上:20万円
LINEMO ・一部機種を除き全ユーザー利用可能
・Yahooショッピング利用やPaypayチャージなどは、月額料金をクレジット払いしてる人のみキャリア決済利用可能
契約内容などによって異なる
povo2.0 ・au IDの取得が必要
・povoアカウントとau IDの連携
~12歳:利用不可
13歳以上:povo加入8ヶ月以上なら上限2,000円/月で利用可能

このようにキャリア決済に対応しているキャリアでも、内容や金額にかなり差があることが分かります。

  • iPhoneユーザーは使えない
  • クレジットカード払いしている人のみが使える

など制限がある格安SIMも少なくありません。

キャラクター画像
まま子さん
キャリア決済に対応していても自由に使えるわけじゃないのね
キャラクター画像
すーちゃん
使い勝手のいい他の支払い方法を選択肢にいれてもいいかも

2/29まで!初期費用割引中!

キャリア決済ユーザーがIIJmioへの乗換前にしておくこと

現在キャリア決済をよく利用している人がIIJmioへ乗り換える前にしておいた方がいい2つのポイントをご紹介します。

サブスクや継続サービスの支払い方法を変えておく

映像、音楽、ECサイトなどの月額料金をキャリア決済で支払っている場合、乗り換え後もサービスが使えるように支払い方法を変えておきましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
変更しておかないといきなり使えなくなっちゃうから注意してね!

クレジットカードに変更しておくのが一番手軽ですが、カードがない場合やこれから作る場合はコンビニなどに売っているプリペイドカードを買ってチャージしておくのもよいでしょう。

記事後半では、プリペイドカードで支払いができるオンラインサービスについてご紹介いたします。

不要なサービスがないか見直す

複数のサービスを利用している人は、IIJmioに乗り換える前に不要なサービスがないか見直してみましょう。

サブスクやオンラインサービスは初月無料のものも多いのでついつい登録してしまい、不要になっても解約しわすれたりと無駄にお金を払い続ける、という状態にもなりかねません。

キャラクター画像
まま子さん
登録したあとついつい忘れがちなのよね。

本当に使っているサービスか、無駄に加入し続けていないかを乗り換えの際に内容を確認しましょう。

1つ1つは数百円~1,000円程度だとしても、それがいくつもあればまとまった金額を支払うことにもなります。

家族で1人ずつサービスを利用している場合は、ペアプランやファミリープランなどを利用すると割安になるのでおすすめです。

  • 音楽、映像、電子書籍など重複する内容のサービスを複数契約していないか
  • 無料トライアルだけ利用しようと思っていたものがそのままになっていないか
  • 使っていないECサイトやサービスの利用料を支払い続けていないか

などを確認しながら、乗り換え前にサブスクの断捨離も行ってみてはいかがでしょうか?

2/29まで!初期費用割引中!

クレジットカードがない人がキャリア決済の代わりに使える支払い方法4選

ここではクレジットカードを持っていない人が、キャリア決済の代わりに使える方法を4つご紹介します。

PayPal

出典:paypal公式サイト(www.paypal.com)

PayPalは国際的に利用できる決済・送金サービスで、銀行口座を持っていれば利用でき、事前にPayPalアカウントと銀行口座を紐づけておけばオンラインですぐ支払いができます。

さらに日本国内のショッピングや支払い・送金であれば手数料無料なので、銀行振り込みよりもお得に利用できるのが大きなメリットです。

Paypal支払いに対応しているサービスには、以下のようなものがあります。

オンラインサービス

  • YouTube
  • Google Play
  • Microsoft
  • Skype
  • Spotify
  • Hulu
  • DAZN
  • Renta!

ECサイト

  • eBay
  • Esty
  • ヤマダ電機
  • ディスクユニオン
  • アニメイト
  • iHerb
  • HMV
  • Qoo10

また、別途通貨換算手数料を支払えば日本円に対応していない海外のサービスも利用できます。

ただし、PayPalに対応していないショップもあるので全てのオンラインサービスに使えるというわけではないのでご注意ください。

例えばAmazonは対応していないですし、楽天市場では利用する店舗によって支払い方法の種類が異なり、PayPal非対応のお店も少なくありません。

プリペイドクレジットカード

出典:VISAプリペ公式サイト(https://www.smbc-card.com/prepaid/visaprepaid/index.jsp)

プリペイドタイプのクレジットカードは、あらかじめカードにチャージして使う形式のカードです。

審査不要で発行できて口座振替も不要、チャージした金額の範囲内のみで使えるので使いすぎる心配もありません。

利用する際はカード番号・有効期限・セキュリティコードを入力すれば、普通のクレジットカードと同じように購入に使えます。

プリペイドクレジットカードにはカードタイプとアプリタイプがあり、カードタイプは実店舗での買い物にも使えますが、アプリタイプはオンラインのみの使用となります。

注意点として、プリペイドのクレジットカードはサブスクの支払いには使えないことが多いことが挙げられます。

ただ、iTunesやGoogle Playの支払い方法に設定しておけば利用できるケースもあります。

デビッドカード

出典:SMDCデビット公式サイト(https://www.smbc.co.jp/kojin/debit/)

デビッドカードは銀行口座と紐づけてクレジットカードのように使える支払い方法です。

クレジットカードとの違いは、

  • 支払いごとに口座からすぐ引き落とされる
  • 審査不要
  • 分割・リボ払い非対応

という3点です。

プリペイドのようにチャージも不要でサブスクにも使えます。

口座の金額内であれば普通のクレジットカードと同じように使えますし、VISAやMasterCardなど大手クレジットカードブランドのデビッドカードであれば海外でも使えます。

キャラクター画像
まま子さん
使いすぎちゃう心配も無いのが良いわね。

ただし、一括払いしかできないので高額な買い物をする際は支払いの負担が大きくなってしまうというデメリットもあります。

ギフトカード

ギフトカード(プリペイドカード)は特定のサービスでのみ使える支払い方法です。

例えばAmazonのギフトカードならAmazon内で、App store&iTunesカードならアプリや音楽購入にのみ使えます。

ギフトカードでチャージできるサービスには、

  • App store&iTunes
  • Google Play
  • NETFLIX
  • Hulu
  • Amazonギフトカード
  • Nintendo ONLINE

などがあり、アプリ購入からサブスク、オンラインサービス料金の支払いに利用できます。

ただ、プリペイドカードの金額分を使いきったらまたカードを買わなければならないので手間がかかるのも事実です。

つい買い忘れていてサービスが使えなくなってしまった、なんてこともあるでしょう。

コンビニによっては取扱っているギフトカードの種類が異なるので、欲しいサービスのカードが買えないこともあります。

2/29まで!初期費用割引中!

キャリア決済用に最低料金で契約を残しておくという方法も

キャリア決済をよく利用している、よく使うサービスがキャリア決済しか対応していないといった場合は、一番安い料金プランに変えて契約を残しておくという手もあります

キャラクター画像
まま子さん
でも2回線あると結局支払いが高くならない?
キャラクター画像
すーちゃん
IIJmioはリーズナブルだから2回線でもお得だよ

IIJmioと大手キャリアで同程度プランの料金を表で比較してみました。

キャリア プラン 月額料金
IIJmio 音声SIM 5GB:990円
10GB1,500
ドコモ irumo 6GB:2,827円
9GB:3,377円
au スマホミニプラン5G/4G(3GB 6,215
ソフトバンク ミニフィットプラン 3GB5,478

同じくらいのデータ量でも、大手とIIJmioでは4~5倍ほど月額料金が変わることが分かります。

仮に、ドコモのirumoで9GB(3,377円)使っていた人が、一番安いプランに変えてメインをIIJmioの同等プランに変えた場合の料金は以下のようになります。

項目 月額料金
irumo 0.5GB 550円
IIJmio ギガプラン10GB 1,500円
合計の月額料金 2,050円

このように、月額料金が大きく安くなっていることが分かります。

ただ、普通に乗り換えるよりかはどうしても高くつくので、どちらにせよ乗り換えを検討し始めたら契約内容の見直しやサービスごとの支払い方法を確認しておくとよいでしょう。

2/29まで!初期費用割引中!

IIJmioはクレジット払いのみなのでカードがあった方が便利

IIJmioはスマホの料金もクレジットカード払いしか利用できないので、カードを作ることをおすすめします。

一般的にクレジットカードができるまでは申込と審査を経て手元に届くまで2週間前後かかるとされますので、これからカードを作る人は余裕を持ってIIJmioに乗り換える1ヶ月前くらいにクレジットカードの申込をしておくとよいでしょう。

月次決済に対応しているクレジットブランドのデビッドカードならIIJmioの支払いに使えるという意見も複数見受けらましたが、利用できたとしてもクレジット利用時と引き落とし日が異なるので注意してください。

2/29まで!初期費用割引中!

まとめ

IIJmioはキャリア決済が使えない

IIJmioのキャリア決済について解説いたしましたが、本記事のポイントは以下の通りです。

ココがポイント

  • IIJmioでは回線やSIMの種類に問わずキャリア決済ができない
  • 今後もキャリア決済対応は難しいと予想される
  • 乗り換え前にキャリア決済を使っているサービスの見直し・支払い方法の変更をしておこう
  • どうしてもキャリア決済を使いたい場合は最低料金に変えてIIJmioと新規契約する手もある
  • IIJmioはクレジットカード払いのみなので、乗り換えるならカードを作っておいた方がいい

リーズナブルな月額料金が魅力のIIJmioですが、現在キャリア決済で支払いや買い物を行っている方は利用状況にあった使い方ができるか乗り換え前にご確認ください。

2/29まで!初期費用割引中!

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事