格安SIMは海外でも利用できる?データ通信可能なSIMと注意点などを解説!

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

キャラクター画像
まま子さん
格安SIMに乗り換えようと思ってるんだけど、格安SIMって海外でも問題なく使えるのかな?
キャラクター画像
すーちゃん
海外で使いたい場合はちょっと注意が必要!実は格安SIMって、海外だと通信ができないものも多いんだよね。
キャラクター画像
まま子さん
そうなの?!格安SIMを海外で使う場合のおすすめの契約先について、教えて!

格安SIMは海外でも利用できますが、注意しなければいけないのが海外でのデータ通信の可否です。

実は格安SIMに乗り換えると、乗り換え先によっては通話やSMSしか使えなくなることがあります。

この記事では、格安SIMを海外で使いたい場合の注意点や、海外でデータ通信もできるおすすめの乗り換え先について解説します。

格安SIMを海外でも活用したい方は、参考にしてください。

今月のイチオシSIM「UQモバイル」をご紹介!

UQキャンペーン

出典:UQモバイル公式サイト(https://shop.uqmobile.jp/shop/cashback/)

※当内容は2024年7月9日時点のものとなっております

テレビCMでもお馴染みのUQモバイル!

使い方に合わせて3つのプランから選べ、最安990円から利用できるようになっています。

なんと、今なら乗り換えの特典として最大10,000円相当のau PAY残高を還元中!

UQモバイルは通信速度がピカイチなので、通信品質を落としたく無いという人に大変オススメ。最新のiPhone 15の利用ももちろんOK!新端末も続々発売予定です。

どのSIMに乗り換えをすれば良いか迷ってる方はぜひ一度UQモバイルをご検討ください。

乗り換えで最大20,000円相当還元!

格安SIMは海外でも使える?

格安SIMは、結論から言うと海外でも利用自体は可能です。

ただしできることが限られてしまう場合があるので、注意しなければいけません。

音声通話・SMSのみ対応のものがほとんど

格安SIMの多くは、海外だと国際ローミングというサービスにより音声通話とSMSが利用できます

かかってきた電話を受けたりSMSを読んだり、反対に自分から電話やSMSを送ったりすることが可能です。

メッセージのやり取りであれば、格安SIMでも問題なく行えるということですね。

言い換えると、多くは音声通話やSMSのみを利用できるのが格安SIMの海外利用です。

データ通信が可能なものは限られている

注意しなければいけないのは、データ通信にまでしっかり対応している格安SIMは選択肢が限られてしまうことです。

なんとなくで乗り換え先を選んでしまうと、いざ海外旅行に行った時に通信ができない!と困ってしまうこともあり得るので気をつけましょう。

この記事の後半ではデータ通信が可能なおすすめの格安SIMを紹介しているので、その中から乗り換え先を選べば現地で通信ができずに困ってしまう心配はありません。

格安SIMを海外で使う際の注意点

国際ローミングは料金が膨大になるおそれあり

海外における通話料金や通信料・SMSの送信料は日本で使う場合と異なるので、利用している格安SIMの公式サイトなどから利用料金を事前に確認しておきましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
知らないでたくさん使った結果高額な料金がかかる!なんてこともあるからね。

対象の国や地域は大手キャリアより少ない場合あり

格安SIMの場合、通信や通話・SMSが使える対象の国や地域が大手キャリアより少なくなる場合もあります。

自分が今後行く可能性のある国の国際ローミング対応状況は、しっかり確認しておきましょう。

データ通信は料金が別途かかる場合がある

海外でデータ通信をする際は、日本での通信料金と別に料金が追加でかかる場合があります。

キャラクター画像
すーちゃん
大手通信キャリアも同じ仕様だから、格安SIMだから不利になる!って感じではないよ。

海外でデータ通信を行う予定の場合は、事前に料金がどれくらいかかるかを公式サイトなどで確認しておきましょう。

海外でデータ通信ができるおすすめ格安SIM

ここからは海外でデータ通信が問題なく行える、おすすめの格安SIMを紹介します。

海外利用時の料金や注意点についても合わせて解説しているので、よく読みつつ契約先を検討してみてください。

ahamo

ahamo banner

ahamoはドコモがオンライン申し込み専用に提供している格安の料金プランで、20GB+5分かけ放題で月額2,970円などの料金設定が特徴です。

ahamo 料金プラン概要
月額基本料 2,970円 4,950円
データ量 20GB 100GB
低速時速度 1Mbps
通話料 22円/30秒
無料通話 5分かけ放題付帯
データ繰り越し ×
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

月額合計4,950円で100GB+5分かけ放題のahamo大盛りにすることも可能、また1,100円で無制限のかけ放題も利用できますよ。

ahamoは91カ国の国でデータ通信が可能、しかも追加料金がかかりません。

対応エリアについては、ahamoの公式サイト内の「サービス」→「海外データ通信」から確認できますよ。

海外でahamoを使ってデータ通信をする際に申し込み手続きは不要、スマートフォンの設定で「データローミング」をオンにすればすぐに使えます。

通信量は大盛りオプション加入時も含めて月間20GBまでで、上限到達後は1Mbpsで通信可能です。(データ量購入で高速通信は再開可能、ただし大盛りオプション加入時のみ当月末まで解除不可)

なお、ahamoを海外で使う場合、海外での利用開始日から15日が経過すると日本時間0時より速度が最大128kbpsに制限されます。

2週間以上など長期に渡って海外に滞在する場合は途中で高速通信ができなくなるので、レンタルWi-Fiサービスや現地のプリペイドSIMなど別の通信手段の利用も検討することをおすすめします。

キャラクター画像
まま子さん
なるほど、長期滞在時は注意ね。追加料金無しで最大20GBも高速通信できるのはかなり便利だわ!

海外で使う際におすすめのWi-Fiレンタル先はこちら

5分無料通話付き!

楽天モバイル

Rakutenmobile banner

楽天モバイルは楽天が自社回線で展開しているサービスで、3GB月額1,078円~無制限3,278円という安価な料金設定が魅力です。

楽天モバイル「Rakuten最強プラン」概要
月額料金 1,078円 2,178円 3,278円
データ容量 3GBまで 3~20GBまで 20GB以上
通話料 国内通話無料(Rakuten Link使用時)
22円/30秒(標準アプリ使用時)
5G対応
※表は右にスクロールできます
 

Rakuten Linkアプリからの発信で通話は無料でかけ放題、楽メールというキャリアメールを無料で使えるのも嬉しいですね。

楽天モバイルは海外70カ国での海外利用に対応、エリアは公式サイトの「海外ローミング(データ通信)」ページから確認できます。

海外ではもれなく2GBまで無料(プラン料金に含む)でデータ通信可能、通信量を使い切ると最大128kbpsに制限されるものの足りない場合は1GB500円で追加チャージもできますよ。

my楽天モバイルでオプションサービスの「国際」→「国際通話・国際SMS」や「海外ローミング」をオンにしていれば、あとは現地で設定アプリの「ローミング」をオンにするだけで利用可能です。

他社から乗り換えで6,000pt!

LINEMO

LINEMO

LINEMOはソフトバンクがオンライン申し込み限定で手掛けている格安の料金プランで、3GB990円や20GB2,728円という安価な料金設定が特徴です。

LINEMOの料金プラン概要
ミニプラン スマホプラン
月額料金 990円 2,728円
データ容量 3GB 20GB
低速時速度 最大300kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し ×
5G対応
※新プラン「LINEMOベストプラン」は7月下旬以降提供予定です
※表は右にスクロールできます
 

LINEMOはLINEが使い放題となる「LINEギガフリー」対応だったり、申し込みでPayPayポイントがもらえる豪華な契約キャンペーンが定期的に開催されていたりするのも嬉しいですね。

LINEMOは「世界対応ケータイ」という国際ローミングサービスに対応していて、「海外あんしん定額」や「海外パケットし放題」というサービスでデータ通信が行えます

「海外あんしん定額」は事前に申し込めば(MNPや番号移行でない新規契約時のみ課金開始から5ヶ月目以降に申込可能な制限あり)3GB980円(24時間・アメリカや中国などの「定額国L」対応エリア)などの低価格で定額通信を行えます。

「海外パケットし放題」も事前に申し込めば(同様に新規契約時5ヶ月目以降対応)、1日最大2,980円で使い放題などの定額データ通信を海外で行うことができますよ。

利用したいサービスをMy Menuから申し込み後、現地で設定アプリからローミングをオンにすればデータ通信ができます。

追加料金がかかってしまうものの低価格で通信を行えるので、海外でインターネットをたくさん使う方などはLINEMOを検討してみてください。

最大15,000円相当還元中!

ワイモバイル

Ymobile banner

ワイモバイルはLINEMOと同様にソフトバンクが展開している格安SIMです。(LINEMOのような料金プランではなくあくまで別のサービスです)

ワイモバイル料金プラン シンプル2概要
S M L
月額料金 2,365円 2,915円・4,015円 2915円・5,115円
各種割引適用後料金
(契約翌月以降)
1,078円 1,078円・2,178円 1,078円・3,278円
データ容量 4GB ~1GB・20GB ~1GB・30GB
低速時速度 最大300kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※割引金額は「おうち割 光セット(A)」「PayPayカード割」両方適用時の価格です
※表は右にスクロールできます
 

ワイモバイルは4GB2,365円などの料金設定でLINEMOより高額ですが、キャリアメールが無料、Yahoo!プレミアム特典を使えるなど特典・機能がより充実しています。

ワイモバイルの海外ローミングはLINEMOと同じで、海外あんしん定額と海外パケットし放題が利用できます。

国内で充実した通信や各種サービスを利用しつつ海外通信を行いたい場合は、ワイモバイルも検討してみましょう。

乗り換えで最大20,000円相当還元!

※詳細はワイモバイルの公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)でご確認ください

UQモバイル

UQmobile banner

UQモバイルはKDDIがauのサブブランドとして展開している格安SIMで、国内での通信品質は大手キャリア並みとなっています。

UQモバイル 料金プラン概要
ミニミニプラン トクトクプラン コミコミプラン
月額基本料 2,365円 2,277円・3,465円 3,278円
月額基本料
(最大割引時)
1,078円 990円・2,178円 割引無し
データ量 4GB 1GB・15GB 20GB
低速時速度 最大300Kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
無料通話 付帯なし 10分以内通話無料
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

4GB2,365円などの料金設定で、海外でのデータ通信利用にも標準で対応しています。

UQモバイルで利用できる海外通信はauと共通で1日490円~などの「世界データ定額」に対応してます。

安く使うには国内での事前予約が必要など他社サービスとはちょっと仕様が異なるのでご注意ください。

「世界データ定額」アプリをインストールして予約を行い、現地についたら設定アプリで「データローミング」をオンにすることで利用開始時刻より海外利用が可能となります。

乗り換えで最大20,000円相当還元!

povo2.0

povo banner

povo2.0は基本料金0円という変わったタイプの格安料金プランで、auがオンライン申し込み専用で提供しています。

povo トッピング概要
料金 390円 990円 2,700円 6,490円 12,980円 330円
データ量 1GB 3GB 20GB 60GB 150GB 使い放題
有効期限 7日間 30日間 90日間 180日間 24時間
低速時速度 128Kbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し ×
5G対応
※この表は右にスクロールできます
※上記は基本のトッピングのみです。この他に期間限定で提供されているものもございます

 

国内では3GB990円(30日間)などの料金設定となっているpovo2.0ですが、海外でも使えます。

海外ではトッピングを行って高速通信を行うしくみで、国内とは料金設定が異なっています。

160カ国以上に対応、povo2.0アプリの設定で海外ローミングをオンにしつつアプリの「海外」タブからトッピングを行えば通信可能です。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

まとめ

格安SIMは海外でも使える?

今回は、格安SIMの海外利用について解説しました。

ポイント

  • 格安SIMの中には海外だと音声通話とSMSしか利用できないものもある
  • ahamoは海外でも20GBの高速通信が可能、追加料金はかからない
  • 楽天モバイルは海外で2GBの高速通信を標準で行える
  • LINEMOやワイモバイルは、オプションを申し込むことで追加料金を支払って海外でのデータ通信を行える
  • UQモバイルはauと同じ世界データ定額を利用可能、追加料金がかかるが24時間490円など安価
  • povo2.0は海外で使う場合独自のトッピングを購入することで対応するしくみ

格安SIMに乗り換える場合は、海外利用に対応しているサービスを選ぶことで現地でも問題なく通信を行えます。

通信は特にしない、または現地のプリペイドSIMやレンタルWi-Fiルーターなどで済ませるといった場合は、とくに気にせず契約先を選んでも問題ありません。

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事