\他社から乗り換えで13,000pt!/ au

【2024年最新】YouTubeをたくさん見るのにオススメの格安SIM5選!

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最近ではスマホでYouTubeをたくさん見るという方が増えていますよね。
「暇さえあればYouTube見てる」「情報収集はYouTubeでしてる」という方もたくさんいらっしゃるかと思います。

ただ…そうなると気になるのが「データ通信量」ではないでしょうか?
YouTubeはデータ通信量の消費が激しいので、たくさん見ると、あっという間に契約しているデータを使い切ってしまうというケースが多いです。

できる限り安く、だけどたくさん動画を見たい....そんな方にぜひ知っていただきたいのが「YouTubeをたくさん見るのにおすすめの格安SIM5社」です。

格安SIMの中には、YouTubeが見放題になるサービスを提供している会社や、データ通信が無制限に使える会社があります。
そういった格安SIMを利用することで、月額料金を抑えつつ動画を思う存分楽しむことができます。

今回はYouTubeをたくさん見る人におすすめの格安SIMを紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\最大26,000円相当還元中!/

ワイモバイル

はじめに...今月のイチオシSIM「楽天モバイル」をご紹介!

楽天モバイル2024年2月キャンペーン

出典:楽天モバイル公式サイト(https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/mnp/?l-id=campaign_campaign_mnp)

契約回線数が600万を突破した楽天モバイル!

データ使用量が3GB未満であれば1,078円、20GB以上はどんなに使っても無制限&国内通話無料で3,278円というプランが大人気となっています!

そしてなんと、今なら他社からの乗り換えの特典として13,000ptプレゼント!

データ3GB未満の1,078円であれば実質1年無料という見逃せないキャンペーンが開催中です。

現在は人口カバー率が99.9%となり、今後はプラチナバンドの提供も予定していて見逃せません。

圧倒的にお得な楽天モバイルへの乗り換えをぜひ検討してみてください!

他社から乗り換えで13,000pt!

YouTubeをたくさん見るのにおすすめの格安SIM5つ

スマホでYouTubeをたくさん見る人にオススメしたい格安SIMは、以下の5つです。

  • BIGLOBEモバイル
  • UQモバイル
  • 楽天モバイル
  • ahamo
  • mineo

それぞれ内容を比較しつつ、チェックしてみてください。

格安SIMには他にもIIJmio等色々ありますが、YouTube視聴に最適なのは上記の5つです。

特に、BIGLOBEモバイルはYouTubeがデータ通信量を消費しなくなる「カウントフリー(データフリー)」が利用できます。

エンタメフリー・オプションを契約すればYouTube視聴の通信料に制限がなくなり、いくらYouTubeを見ても契約しているデータの消費はしません。

まさに「YouTubeをたくさん見る人用の格安SIM」と言えます。

詳細は後述していますが、個人的には今回紹介する5社の中でもBIGLOBEモバイルが一番オススメです。

一方、UQモバイル、楽天モバイル、ahamo、mineoの4つは、データ通信を無制限に使う方法があります。

この4社は速度制限がかかって低速通信になってしまっても、YouTubeはもちろんSNSやLINE、ブラウジングなどもデータ通信量を気にせず利用することが可能です。

BIGLOBEモバイルの特徴

BIGLOBEモバイルにはYouTubeをはじめとする動画・音楽サービスがカウントフリーになる「エンタメフリー・オプション」があります。

BIGLOBEモバイル 料金プラン概要
月額基本料
(音声SIM)
1,078円 1,320円 1,870円 3,740円 5,720円 8,195円
月額基本料
(データSIM)
- 990円 1,595円 2,970円 4,950円 7,425円
データ容量 1GB 3GB 6GB 12GB 20GB 30GB
低速時速度 200Kbps
通話料 9.9円/30秒(BIGLOBEでんわアプリ利用時)
22円/30秒(標準アプリ使用時)
データ繰り越し
5G対応 ※ドコモ回線のみ
※この表は、右にスクロールできます
 

エンタメフリー・オプションを利用すると使い放題になる

BIGLOBEモバイルでエンタメフリー・オプションを利用すると、以下の動画・音楽サービスが使い放題になります。

使い放題のサービス
  • YouTube
  • ABEMA
  • U-NEXT
  • YouTube Kids
  • YouTube Music
  • Apple Music
  • Spotify
  • AWA
  • Amazon Music
  • LINE MUSIC
  • radiko.jp
  • らじる★らじる
  • dヒッツ
  • 楽天ミュージック
  • TOWER RECORDS MUSIC
  • dマガジン
  • dブック
  • 楽天マガジン
  • 楽天kobo
  • Facebook Messenger
  • au PAYマーケット

YouTubeはもちろん、AbemaやApple Music、Spotifyなど国内で人気の動画・音楽サービスは一通り網羅されています。

エンタメフリーオプションの料金は、音声通話SIMなら月額308円、データSIMなら月額1,078円です。

さらに音声通話SIMで契約するなら、初回は最大6ヶ月間無料で使えますよ。

エンタメフリー・オプション契約で、安い料金プランに変更できることも

エンタメフリーオプションは有料ですが、YouTubeをたくさん見るなら利用することを強くおすすめします。

というのも、エンタメフリー・オプションにすることで契約するデータ量は少ないプランのものにできるため、総合的な料金は安くなるんです。

例えば、YouTubeだけで毎月17GB、その他で3GB、合計で毎月20GBのデータ通信量を消費するとします。

このケースの場合、他社とBIGLOBEモバイル(+エンタメフリー・オプション)ではこれだけの差がでます。

契約プラン月額料金
他社20GBプラン2,000円前後
BIGLOBEモバイル3GBプラン+エンタメフリー・オプション1,628円(1,320円+オプション308円)

YouTubeをたくさん見る場合、他社だと最低でも20GBのプランを契約しないといけないことがほとんどなのですが、そうなると月額料金は2,000円前後と高額になります。

一方、BIGLOBEモバイルの場合はエンタメフリー・オプションによってYouTubeで消費するデータは考えなくてもよくなるため、YouTube以外で消費するデータ量のプランで契約すればOKとなります。

結果、月額料金を他社より500円ほど安く抑えられるのです。

たった500円、と思うかもしれませんが、年間にすると6,000円です。

これだけで焼き肉食べ放題にいけちゃいますよ。

また、BIGLOBEモバイルはその他全般のサービスの質を考慮すると、個人的には後述する4社よりオススメだと感じています。

エンタメフリー・オプション2ヶ月無料!

エンタメフリー・オプションにおける3つの注意点


YouTubeが見放題のエンタメフリー・オプションですが、以下の3点に注意が必要です。

エンタメフリー・オプションにおける3つの注意点
  1. 公式アプリ/公式サイト以外から視聴すると対象外になる
  2. 動画の再生以外(動画のアップロードやSNSへの投稿など)も対象外
  3. 高画質な動画の再生には向いていない

エンタメフリー・オプションはYouTubeの公式アプリまたは公式サイトから視聴する場合のみ有効です。

Twitterやブログなどに埋め込まれている動画を再生する場合はデータ通信量を消費してしまうことがあるので、少し面倒ですが、必ずYouTubeの公式アプリか公式サイトに移動して再生してください。

また、YouTubeでも動画の再生以外の機能はエンタメフリー・オプションの対象外です。

動画をアップロードしたり、YouTubeの動画をSNSでシェアしたりする際はデータ通信量が通常通りカウントされます。

そしてエンタメフリー・オプションでは、YouTubeにおいて標準画質(360p)での再生を推奨しています。

高画質な動画を再生したい場合は読み込みが止まってしまうなどの問題が起こる場合があるので、エンタメフリー・オプションは向きません。

エンタメフリー・オプション2ヶ月無料!

YouTubeの視聴にオススメな他の格安SIM4社

続いてカウントフリーサービスはないものの、YouTubeをたくさん見る方におすすめできる格安SIMを4つ紹介します。

おすすめの格安SIM4つ
  1. UQモバイル
  2. 楽天モバイル
  3. ahamo
  4. mineo

上記の格安SIMは高品質な低速モードが使い放題なのが特徴です。(楽天モバイルは標準で使い放題)

紹介した4社は他社と比べても速度が速いため、どちらもYouTubeの標準画質ならスムーズに再生できます。

また、低速モード利用中はデータを一切消費しませんので、実質見放題となります。

オススメ格安SIM①UQモバイル


UQモバイルはKDDIが展開するauのサブブランド格安SIMで通信速度の速さが売りですが、実は「速度制限時のスピード」も非常に優秀です。

UQモバイル 料金プラン概要
ミニミニプラン トクトクプラン コミコミプラン
月額基本料 2,365円 2,277円・3,465円 3,278円
月額基本料
(最大割引時)
1,078円 990円・2,178円 割引無し
データ量 4GB 1GB・15GB 20GB
低速時速度 最大300Kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
無料通話 付帯なし 10分以内通話無料
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

主力のプラン「トクトクプラン」や「ミニミニプラン」では、通信量を使い切ってから利用できる低速時の最大速度が1Mbpsとなっています(ミニミニプランは300kbps)。

一般的な格安SIMの低速時の最大速度は200kbpsなので、UQモバイルならは5倍近く速い計算ですね。

1Mbpsの速度ならYouTubeの標準画質くらいなら快適に再生できますし、カウントフリーが存在しないNetflixでも低〜中画質の再生が可能です。

UQモバイルの速度制限時における低速モードは、YoutubeやNetflixをたくさん楽しみたい人にもぴったりですよ。

しかもUQモバイルのミニミニプランであれば節約モードがあり、いつでも速度を制限中と同じに切り替えて、代わりに高速通信量を消費しない状態にできます。

また、低速モードのオン/オフは専用アプリからワンタッチで切り替えられます。

UQモバイルの4GBプラン・ミニミニプランの低速モードは最大300kbpsでちょっと遅いですが、YouTubeも144p~360p程度ならそれなりに快適に見られます。

普段は低速にしておき、高画質な動画を見たい時は高速通信に切り替える、といった使い方もできるため利便性も高いでしょう。

最大10,000円相当還元!

オススメ格安SIM②楽天モバイル

UQモバイル同様、データ通信量を気にせず定額・無制限でYouTubeを見られるのが楽天モバイルのRakuten最強プランです。

楽天モバイル「Rakuten最強プラン」概要
月額料金 1,078円 2,178円 3,278円
データ容量 3GBまで 3~20GBまで 20GB以上
通話料 国内通話無料(Rakuten Link使用時)
22円/30秒(標準アプリ使用時)
5G対応
※表は右にスクロールできます
 

厳密には楽天モバイルは格安SIMではないのですが、格安SIMレベルの料金設定で利用できるので今回おすすめとして挙げていますよ。

楽天モバイルは、パートナー回線エリア内でもデータ通信が無制限になりました。これまでは、パートナー回線エリア内では、データ通信量が月間5GB(国内)を超えると、速度制限が適用されていましたが、この制限が撤廃されました。

これにより、楽天モバイルユーザーは、パートナー回線エリア内でも、データ通信を無制限に利用できます。

データ通信の制限が撤廃されたので、YouTubeは標準画質や高画質でスムーズに再生できますし、SNSやブラウジング、ゲームなども比較的快適です。

なお、楽天モバイルでは以前1日に10GBほど使うと一時的に低速モードになる隠れた制限の存在という注意点がありましたが、現在は撤廃済み、完全に無制限です。

楽天モバイルの最新料金プラン・Rakuten最強プランでは、auパートナー回線エリアでもデータ通信を引き続き利用できます。(都市部などでauローミングが拡大、より繋がりやすくなりました。)

他社から乗り換えで13,000pt!

オススメ格安SIM③ahamo

ahamoはたっぷり使える20GB+5分かけ放題プランを月額2,970円で提供しています。

ahamo 料金プラン概要
月額基本料 2,970円 4,950円
データ量 20GB 100GB
低速時速度 1Mbps
通話料 22円/30秒
無料通話 5分かけ放題付帯
データ繰り越し ×
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

また、速度制限中は最大1Mbpsで利用できるため、YouTubeでの動画視聴のほか、SNSアプリの利用やwebサイトの閲覧でも使えます。

さらに、ahamoは2022年6月より「大盛りオプション」というサービスを提供開始しました。

大盛りオプションは、月額1,980円で80GBの高速通信量を追加できるオプションです。

楽天のように使い放題ではないですが、100GBあればかなり余裕がありますよね。

要するにahamo大盛りは、月額2,970円(通常20GB)+月額1,980円(大盛りオプション80GB)=4,950円(100GB)と、大変お得なプランとなります。

5分無料通話付き!

オススメ格安SIM④mineo

mineoは1GB〜20GBのプランを展開している、ドコモ、au、ソフトバンク回線対応の格安SIMです。

mineo 「マイピタ」概要
月額基本料
(音声SIM)
1,298円 1,518円 1,958円 2,178円
月額基本料
(データSIM)
880円 1,265円 1,705円 1,925円
データ量 1GB 5GB 10GB 20GB
低速時速度 200Kbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

ソフトバンク回線を選べる格安SIMはあまり多くないので、ソフトバンクが一番繋がりやすい。という方にはmineoのソフトバンク回線プランがおすすめです。

月額1,925円の20GBプランを選べば、高画質のYouTube視聴もたっぷり行えますよ。

そしてmineoは「パケット放題Plus」というオプションを提供しています。

パケット放題Plusとは、月額385円で最大1.5Mbpsのデータ通信が使い放題になるサービスです。

しかも10GB以上のプランで契約するなら、mineoにおいてパケット放題Plusのオプション料金はかかりません。

そしてmineoは、「マイそく」とよばれるサービスの提供を開始しました。

マイそくもdocomo、au、ソフトバンク回線対応ですよ。

マイそくは、月曜〜金曜の12時〜13時の間に速度が制限される代わりに、データ無制限プランを利用できるサービスです。

マイそくなら、最大1.5Mbpsのスタンダードが月額990円、最大3.0Mbpsで使い放題のプレミアムが月額2,200円となっています

最大300kbpsのライトプランも660円で提供していますが、流石にYouTubeを見るならスタンダード以上の選択がおすすめですよ。

また、自宅でWiFiを使う人は、近畿地方で使える光回線「eo光」とのセット契約がおすすめ。

mineoとeo光をセット契約すると、eo光の月額料金から330円割引になるセット割が適用されます。

mineoはスマホを便利に使うためのオプションが豊富で、しかもeo光との割引もあるのでさまざまな状況下で最適な使い方が可能です。

【限定】事務手数料無料!

※事務手数料無料はmineoとの提携サイト限定キャンペーンです
※上記リンクからのみ特典が適用されます
※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトは特典対象外です

格安SIMでYouTubeをたくさん見るための4つの方法

格安SIMでYouTubeをフリーなスタイルでたくさん見るには、大きく分けて4つの方法があります

YouTubeをたくさん見る方法
  1. カウントフリー対応の格安SIMを利用する
  2. データ容量が多い格安SIM(プラン)を利用する
  3. Wi-Fiに接続してYouTubeを見る
  4. 格安SIM会社の携帯向けプランを使う

最もおすすめしたいのは、1の〈カウントフリー対応の格安SIMを利用する〉です。

「カウントフリー」とはデータ容量を消費しなくなるサービスのことで、YouTubeをいくら見てもデータ容量に変化が無いため、思う存分YouTubeを楽しめますよ。

もし格安SIMがカウントフリーに対応していなくても、データ容量が多ければYouTubeを快適に長時間見られるのでおすすめです。

カウントフリーが選べないサービスではデータ容量が大きい料金プランを選び、YouTubeを楽しみましょう。

※「カウントフリー」とは主に格安SIMで提供されていて、いくらデータ通信を行っても、データ容量を消費しないので速度制限にかかるリスクを抑えられるサービスのことをいいます。

格安SIMにおけるカウントフリーのメリット・デメリット

メリット デメリット
・カウントフリーの対象がよく使うアプリであれば、データ消費を大幅に削減できる
・データ容量の少ない料金プランに変更できて、スマホ料金を節約できる
・2台持ちにしてサービスを使えば、アプリ専用のサブ機として使用用途が広がる
・速度制限がかかっていても、対象サービスだけは速度制限が解除される場合がある
・Wi-Fi環境でなくても、通信環境を気にせず対象のアプリが楽しめる
・高画質や、高音質で動画を見ることができないケースがある
・データ量を気にしなくて良いが、一定以上使うと速度制限がかかる可能性がある
・カウントフリー対象外となるアプリやサービスもあるので、利用する中での区別が難しい
・そもそもカウントフリーがない格安SIMも多い

カウントフリーはYouTubeが見放題なだけでなく、以下の6つのメリットもあります

カウントフリーは、対象のアプリを使う際のデータ通信量がカウントされないか、少なくカウントするというもの。

実質的な「使い放題」の状態となるので「今月分のデータ量、もうすぐ使い切ってしまうから少し我慢するか・・」という事がなくなります。

また、カウントフリーを含むプランは比較的プラン料金が安い傾向があるので、月々のスマホ代の節約にもなってお得です。

それぞれのメリットを詳しく解説します。

メリット1|データ消費を大幅に削減できる

カウントフリー対象サービスの中によく使うアプリがあれば、データ消費を大幅に抑えられます。

たとえばBIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションなら、YoutubeやAbemaなどの人気動画サービスがデータ消費ゼロ。

Youtubeの中画質(360p)動画は1時間あたり約300MBのデータ量を消費するので、仮に毎日3時間視聴すると月間で30GBものデータ量を削減できます。

通常のデータはSNSやゲームなどの対象外サービスでまるまる使えるので、動画をよく見る人にはぴったりなサービスと言えるでしょう。

メリット2|スマホ料金を節約できる

カウントフリーサービスを上手に活用することで、スマホの料金を大幅に節約できます。

たとえば「普段は月に3GBもあれば十分だけど、日曜日だけたくさん映画を見る」というようなケースでは、povo2.0の24時間使い放題トッピングが便利です。

以下の条件で、24時間トッピングを併用する場合としない場合で料金をシミュレーションしてみましょう。

比較条件
  • 毎週日曜日にNetflixで4K映画を4時間視聴する(月間80GB程度消費)
  • 平日のデータ量は3GBもあれば十分
24時間使い放題を併用通常料金
利用サービスpovo2.0ahamo
月額料金990円
(3GB)
2,970円
(20GB)
オプション料金1,320円
(330円×4回)
1,980円
(大盛りオプション+80GB)
合計2,310円4,950円

上記のように、大容量データがお得な「ahamo」と比べてもpovo2.0でトッピングを併用する方が安くなります。

このように「特定の日に大量のデータを使う」または「特定サービスだけで大量のデータを使う」というケースなら、カウントフリーオプションを上手に使うことでスマホ代が節約できますよ。

メリット3|2台持ちで定額のYoutube専用機としても運用可能

BIGLOBEモバイルのデータSIMなら、2台目のスマホ・タブレットをエンタメ専用機として運用可能。

BIGLOBEモバイルでデータSIM+エンタメフリーオプションを契約した場合、月額1,298円でデータ量を気にすることなくYoutubeやAbema・U-NEXTを視聴できます。

「動画は大画面で見たい」「動画を見ながらスマホの操作もしたい」という方には、エンタメフリーオプションを活用した2台持ちが特におすすめですよ。

メリット4|速度制限時でも対象サービスは高速通信で使える

エンタメフリーオプションは、通常のデータ量を使い切っても対象サービスを高速通信で使えます。

ついついデータをたくさん使って速度制限がかかっても、Youtubeなどの対象サービスが快適に視聴できる点は大きなメリットです。

メリット5|WiFiがなくてもデータ通信量を気にしなくて良い

動画は大量のデータを消費するので、自宅にWiFi環境が必須と言えます。

しかし、カウントフリーオプションを使う場合はその限りではありません。Youtubeを見るためだけに、WiFiの料金を毎月払うのはもったいないですよね。

WiFiがなくてもデータ通信量を気にしなくて良い点は、カウントフリーオプションの大きなメリットです。

続いてデメリットをみていきましょう。

対象のアプリなどの通信量を大幅に減らす事ができるカウントフリーですが、以下のようなデメリットもあることを忘れてはいけません。

「見放題、使い放題」ではあるものの、それが常に最高の品質で提供されるわけではないということです。

また、毎日大容量のものをダウンロードしたりしていれば速度制限がかかってしまう可能性もあります。

これらのデメリットを確認した上で、自分の使い方がカウントフリーとマッチするのかどうかを確認して検討していきましょう。

デメリット1|動画の画質や音質がやや悪い可能性がある

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションは、各サービスで推奨画質が以下のように設定されています。

主なサービスの推奨画質・音質
  • Youtube:360p(中画質)
  • Abema:最低画質
  • U-NEXT:最低画質
  • Apple MUSIC:高音質
  • Spotify:標準音質

そのため、データ量を消費して視聴するときやWiFiで視聴するときに比べて、画質や音質が悪くなるケースがあります。

とはいえスマホの画面サイズなら高解像度にする必要性があまりないので、大きなデメリットとは言えません。

一方、タブレットやテレビなどの大画面だと画質が重要なので、注意が必要です。

デメリット2|一定以上のデータ容量使うと速度制限がかかり低速になる可能性もある

カウントフリーオプションは基本的に無制限使い放題ですが、ネットワークに負荷をかけるほど使いっぱなしの状態だと速度制限がかかる可能性もあります。

具体的にどれぐらい使ったら制限されるといった情報はありませんが「数日間Youtubeを見続ける」などの一般的な利用から大きく逸脱するとネットワークに負荷をかけかねないので注意が必要です。

デメリット3|カウントフリー対象外の無料サービスとの区別が難しい

カウントフリーの中には、対象サービスと対象外サービスの区別が難しいサービスもあります。

代表的な例として、BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションはYoutubeの「検索機能」は通常のデータ通信量を消費します。

カウントフリー対象なのは動画の再生だけで、動画を検索する部分は動画再生にあたらないからです。

検索で消費するデータ量はわずかですが、このような例があるので「どこまでがカウントフリー対象なのか」を把握して使いましょう。

デメリット4|IIJmioやOCNモバイルONEなど、格安SIMの中にはカウントフリーのモードがないサービスも多い

格安SIM全てにカウントフリーがあるわけではなく、そもそもサービスに含まれていない会社も多いです。

IIJmioやOCNモバイルONEなどでは、カウントフリーを利用できないのでご注意ください。

格安SIM会社の携帯向けプランでもYouTubeは十分快適に見れる

ここまでYouTubeを見るのにおすすめの格安SIMを紹介してきました。

YouTubeも対象のカウントフリーが提供されていたり、低速モードでもそこそこの速度で通信ができたりと、格安SIMでもYouTubeをたくさん見る方におすすめできるサービスがあることがお分りいただけたかと思います。

ただ、格安SIMは大手キャリアよりも速度が遅いため、そもそもちゃんとYouTubeが見られるのか心配な方も多いですよね。

いくら動画見放題プランがあっても、そもそもの通信速度が遅かったら意味がありません。

結論から言うと、「格安SIMであってもYouTubeは基本的には快適に見られるが、回線が混雑する時間帯の再生は難しいものもある」といったところです。

格安SIMでは平日お昼や夕方は昼休みのサラリーマンや学生、帰宅途中の人などが一斉にスマホを使いだすため、回線が非常に混雑します。

そういった時間帯ではSNSやブラウジングすら読み込みが遅い時間帯なので、YouTubeの再生も難しくなります。

逆に、早朝や深夜、お昼の中途半端な時間(3時台など)は回線が空いているためYouTubeもスムーズに再生されます。

こういった時間帯にスマホをメインに使う方なら格安SIMでも問題ないかと思います。

ちなみに、UQモバイルやahamo、楽天モバイルあたりは格安SIMの中では速度がとても安定しているので、高速通信を使えば平日お昼や夕方でも快適にYouTubeを閲覧できます。

ただし、当然ですが高速通信を使って再生するとデータ通信量をたくさん消費してしまいます

回線混雑時は高速通信、それ以外の時間帯は低速モードといった使い分けをすれば問題ありませんが、正直なかなか面倒くさいところはあるかもしれません。

大手キャリアと格安SIMを比較

Youtubeをたくさん見れる代表的な格安SIMとの料金比較もしましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

ドコモ・au・ソフトバンクは無制限プランが必須

ドコモ・au・ソフトバンクでYoutubeをたくさん見る場合、無制限プランが必須です。

無制限以外だとドコモは7GBまで、au・ソフトバンクは3GBの容量しか選べず、すぐに速度制限がかかってしまうからです。

なお、それぞれの無制限プラン料金は以下のとおりです。

ドコモauソフトバンク
プラン名eximo使い放題MAX 5Gメリハリ無制限+
月額料金7,315円7,238円7,425円
家族割引2回線:-550円
3回線:-1,100円
2回線:-550円
3回線:-1,100円
2回線:-605円
3回線:-1,210円
光回線のセット割引-1,100円-1,100円-1,100円
クレジットカードとのセット割引-187円-110円-187円
最大割引時の金額4,928円4,928円4,928円

3社とも大きくプラン内容は変わりません。「家族で3台利用」「光回線とのセット割」「クレジットカードでの支払い割引」といった複雑な割引を全て駆使しても、月額5,000円弱の料金がかかってしまいます。

格安SIMは大手キャリアの半額以下で使える

続いて、エンタメフリーオプションを提供するBIGLOBEモバイルと比較をしてみましょう。

ドコモBIGLOBEモバイル
データ量無制限6GB
(プランM)
Youtubeは見放題
基本料金7,315円1,870円
エンタメフリーオプションなし308円
合計金額7,315円
(最大割引時は4,928円)
2,178円

BIGLOBEモバイルの基本プランは、月間6GB使える「プランM」で比較を行いました。

仮にドコモで最大割引が適用できたとしても、BIGLOBEモバイルは半額以下で使えます。

Youtubeなどのエンタメフリーオプションの対象サービスをメインで視聴する場合、圧倒的にお得と言えるでしょう。

格安SIMの申し込み手順4ステップ

格安SIMを申し込みたい方に向けて、格安SIMの申し込み手順を解説します。

申し込み手順は4ステップなので、非常に簡単にできます。

【ステップ1】事前準備

まずは、事前準備として必要に応じて「SIMロック解除」を行いましょう。

現在使用しているキャリアで購入した端末を、格安SIMに変更してもそのまま使いたい人は必要な場合がある作業です。

乗り換え前と後で同じ回線を使うならSIMロック解除はau版iPhone 6s~7など一部の機種を除き不要ですが、違う回線になる場合は必要です。

SIMロックの解除は、キャリアのオンラインページから無料で行なえますよ。

SIMロック解除受付条件は下記の通りになっています。

解除受付条件
  • 端末代の精算が終わっている場合
  • 対象機種の分割購入または前回のSIMロック解除申込から100日経過した場合
  • 分割購入・支払い方法がクレジットカード払いの場合

自分の端末はどのキャリアのものなのか、端末代は分割なのか一括で支払ったのかを確認してSIMロック解除が可能かを確認しましょう。

なお、2021年10月以降に発売された機種についてはSIMロックがそもそもされていない為、解除作業は不要となります。一手間減るので嬉しいですね。

そして、今使っている電話番号を引き継いで乗り換えをされる方は、契約されているキャリアで「MNP予約番号」を取得しましょう。

MNP予約番号は15日間の有効期限があるので、発行されたらすぐ乗り換えを申し込んで期限切れを防ぐようにしましょう。

【ステップ2】格安SIMを申し込む

事前準備が終わったら、格安SIMの申し込みをします。

格安SIMでは、オンライン申込が主流となっている為、自宅から申込が可能です。

不明点等は、チャット形式でのお問い合わせもできるので、そちらを活用しながら進めていきましょう。

また、それぞれの格安SIMでオンライン申込者限定のお得なキャンペーンを実施しています。

申込みの時期によっても内容は異なりますので、申込む際は使えるものがないかを確認してから手続きを進めるようにしましょう。

【ステップ3】格安SIMをスマホ・タブレットに挿入する

オンラインでの申込みが終わると、契約した住所にSIMカードが届きます。

同封されている説明書を読みながら、SIMカードを挿入しましょう。

本体の電源が切れている事や、SIMカードの向きが合っているかなどを確認しながら作業する事が必要です。

基本的には、カードトレイを取り出して入れ替えるだけの簡単作業になりますので、機械に疎い人でもストレスフリーで行えると思います。

【ステップ4】初期設定をする

無事にSIMカードを挿入したら、次に行うのは初期設定です。

こちらは一緒に端末を購入したかどうかによっても作業内容は異なります。

お使いになる端末や、格安SIMごとの設定内容によっても設定の仕方は違いますので、同封の説明書やホームページを見ながら進めていきましょう

まとめ


今回は、YouTubeをたくさん見る方におすすめの格安SIMを紹介しました。

ポイント
  • BIGLOBEモバイルはエンタメフリー・オプションを利用するとYouTubeが見放題になる
  • UQモバイルの「トクトクプラン」「コミコミプラン」は低速モードの速度が1Mbpsと速い(ミニミニプランは300kbpsだけど節約モード対応・低画質でOKならおすすめ)
  • 楽天モバイルは楽天回線・パートナー回線エリアでも使い放題
  • ahamoは速度制限中でも最大1Mbpsで使い放題、100GBの大盛りオプションも魅力的。
  • mineoはデータ無制限のプランやオプションが充実
  • 格安SIMで平日お昼など回線が混雑する時間帯にYouTubeを見るのは厳しい
  • 逆に早朝や深夜など回線が空いている時間帯は快適に利用できる

BIGLOBEモバイルはエンタメフリー・オプションを利用することでYouTubeをはじめとする動画・音楽サービスが使い放題です。

対象のサービスだけをよく使うなら、BIGLOBEモバイルにすることでスマホ代を大幅に節約できます。

その他サービスの質も安定していますし、回線増強にも積極的ですので、個人的にはとてもオススメです。

一方、高品質な低速通信が使えるUQモバイル・楽天モバイル・ahamo・mineoもYouTube以外の通信もたくさんする方にはオススメできます。

ただし「使い放題」といっても1日あたりのデータ通信量に制限がある会社もありますので、その点はご注意くださいね。

いずれにしても、今回ご紹介した5社であればYouTubeヘビーユーザーの方でも満足できるかと思います。

それぞれ特徴やメリット・デメリットがあるので、当記事を参考に、ご自身の使い方に合ったものを選んでいただけると嬉しいです。

最新の格安SIMランキングをチェック!

お手頃価格で高品質な通信サービスをお探しではないでしょうか?

当サイトでは、各格安SIMの速度、料金、サービス内容を徹底比較し、最適な格安SIMを見つける手助けをしております。

ユーザーの評価も参考に、あなたにぴったりの格安SIMを選んでください。さっそく、最新の格安SIMランキングをチェックしましょう!

詳細は以下記事からご覧ください!

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事