LINEMOでiPhoneは使える?動作確認状況や注意点など!最新の15シリーズは?

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

LINEMOはiPhoneでの利用にも対応しています。

ただし、対応していない機種も中にはあったり利用にあたって設定が必要などの注意点もあります。

この記事ではLINEMOでiPhoneを使う場合に知っておきたい注意点や設定方法について解説します。

LINEMOの料金や特徴、メリット・デメリットをまとめた完全ガイドもありますのでもっと詳しく知りたい方は是非ご覧ください!

LINEMOはiPhoneに正式対応済み!動作確認状況

iPhoneとMac

LINEMOはiPhoneの無印やmini、Proシリーズに正式に対応しています。

しかし利用にあたっては、対応している機種を選ぶことやSIMロックの解除が必要です。

まずはLINEMOでiPhoneを使うにあたって知っておきたい基礎知識を見ていきましょう。

引用:LINEMO公式(https://www.linemo.jp/device/support_list/

通常のSIMカードとデータをダウンロードして使う「eSIM」という形式で申し込めますが、どちらでも使えますよ。

ただし、動作確認が取れているのはiPhone 6sシリーズ以降に限られています。

LINEMOで動作確認済みiPhone
  • iPhone 6s、6s Plus
  • iPhone SE(第1世代、第2世代、第3世代)
  • iPhone 7、7 Plus
  • iPhone 8、8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XR
  • iPhone XS、XS Max
  • iPhone 11~15シリーズ

また、eSIMで使えるのはiPhone XSシリーズ・XR以降のモデルに限られることにご注意ください。

動作確認済みのいずれのiPhoneも、音声通話やデータ通信、SMS、テザリングに対応していますよ。

【5月31日まで!】最大15,000円相当還元中!

LINEMOの料金プラン

LINEMO

LINEMOの料金プランは非常にシンプルで、小容量の「ミニプラン」と大容量の「スマホプラン」の2種類となっています。

もちろん、どのスマホを使う場合も同じで、iPhoneでも同様の条件で利用できます。ミニプランとスマホプラン2種類の料金プランの概要は下記のとおりです。

LINEMOの料金プラン概要
ミニプラン スマホプラン
月額料金 990円 2,728円
データ容量 3GB 20GB
低速時速度 最大300kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し ×
5G対応
※表は右にスクロールできます
 

上記のように最安990円から利用できる非常にお得なプランです。

しかも、スマホプランなら量量を使い切った後でも通信速度1Mbpsで利用が可能。1MbpsであればYouTubeの中画質(360p)もそれなりに快適に使えるため、使用する用途によっては実質的に使い放題のようなものとなっております。

それでは、大手キャリアからLINEMOへ乗り換えると、具体的にどれくらいお得になるのでしょうか。ドコモ・au・ソフトバンク各社の料金と比較してみましょう!

LINEMOと大手キャリア3社の月額料金比較
通信事業者LINEMOドコモauソフトバンク
料金プランスマホプランeximo使い放題MAX 5Gメリハリ無制限+
月間データ通信量20GB無制限無制限200GB
※200GB到達後は4.5Mbpsに制限
月額料金2,728円7,315円7,238円7,425円
1年間の合計利用料金32,736円87,780円86,856円89,100円

※表は右にスクロールできます

大手キャリアからLINEMOに乗り換えた際の差額を計算すると、月額料金が最大4,510円、1年間で最大56,364円もお得になります。

使い放題ではありませんが、上手にデータを節約したり自宅のWiFi環境を活用する事でキャリアより圧倒的に安く使うことができます。

通信費をできるだけ安く抑えたい方は、ぜひLINEMOへの乗り換えを検討してみましょう。

LINEMOでiPhoneを使うメリット

iPhoneでLINEMOを使うと下記6つの大きなメリットがあります。

それぞれの嬉しいポイントについて分かりやすく解説していきます。

  • キャリアと比べて月額料金が大幅に安くなる
  • 通信品質がキャリア回線並みに高い
  • LINEのデータ通信量がカウントされない
  • テザリングも無料で利用可能
  • キャンペーンで3GBプランは半年間実質無料!(ソフトバンクユーザー以外)
  • 持込端末補償 with AppleCare Servicesに対応している

メリット①:キャリアと比べて月額料金が大幅に安くなる|かけ放題や留守電も提供!

iPhoneでLINEMOを使うとキャリアの場合と比べて月額料金が大幅に安くなります。

先ほども比較したように、月額料金が最大4,510円、1年間で最大54,120円とキャリアの通常プランとは比べ物にならないほど安く、まるで格安SIM並みですの料金となっています。

家族4人で大手キャリアからLINEMOに乗り換えればトータルで年間20万円近くスマホ代を節約できることもありますよ。

通話料金は通常30秒22円ですが、5分かけ放題を月額550円、無制限かけ放題を月額1,650円、留守電も月額220円で使えるので必要な人は申し込んでみてください。

本体の価格が高いiPhoneですので月額料金をなるべく抑えて節約したい方は、LINEMOへの乗り換えを検討してみると良いでしょう。

メリット②:通信品質がキャリア回線並みに高い

LINEMOは一般的な格安SIMとは異なり、ソフトバンク本体が提供している料金プランのため、通常のソフトバンク回線と同じ高い通信品質で快適にiPhoneを使うことができます。

実際に「みんなのネット回線速度」によると、LINEMOの平均通信速度(下り)は約80Mbpsで、これは格安SIMの中でも比較的速い速度になってます。

LINEMO97.32Mbps50.98Mbps84.19Mbps
ahamo65.88Mbps44.01Mbps64.11Mbps
ドコモ141.32Mbps90.06Mbps85.84Mbps
au75.02Mbps50.78Mbps48.3Mbps
ソフトバンク113.78Mbps70.01Mbps58.33Mbps
ワイモバイル137.98Mbps53.9Mbps81.63Mbps
UQモバイル79.09Mbps68.7Mbps70.01Mbps
povo87.26Mbps79.78Mbps67.38Mbps
BIGLOBEモバイル30.85Mbps3.62Mbps16.6Mbps

※この表は、右にスクロールできます
※測定期間:7月7日~10月7日
速度の引用元:みんそく

上記は主な通信事業者の速度を比較した表ですが、格安SIMで速度の評判が高いUQモバイルなどよりも実測速度が速く非常に安定しています。

20Mbpsも出ていればYouTubeで4K動画を快適に視聴できるので、LINEMOの通信速度は十分以上だと言えるでしょう。

混雑しやすい平日の昼間も、大幅な速度低下は見られません。

メリット③:LINEのデータ通信量がカウントされない

LINEMOの大きな魅力のひとつが、LINEアプリの使用中はデータ通信容量が消費されないことです。

LINEMOはソフトバンクとLINEが共同して提供している料金プランなので、「LINEギガフリー」機能が標準搭載されており、音声通話やビデオ電話、画像や動画などのデータファイルの送受信がカウントフリーになります。

プランの容量を使い切ったとしても、LINEは高速通信のまま利用が可能です。

ただし、一部機能はLINEギガフリーの対象外となるためご注意ください。LINEギガフリーの対象機能は下記のとおりです。

LINEギガフリーの対象となる機能一覧
LINEアプリの機能LINEギガフリー対象
各タブトップの表示
音声通話・ビデオ通話の利用
トークの利用
(テキスト・音声メッセージ・スタンプ・
画像・動画・その他ファイルなどの送受信)
トークでの位置情報の共有×
トークでのShoppin’トークの利用×
トークでのジフマガの利用×
トークのみんなで見る機能による画面シェア
トークのみんなで見る機能によるYouTube閲覧×
Liveの利用×
各トークの設定・アルバム・ノートなどの表示・編集
LINE VOOMの表示・投稿・シェア
※アプリからの利用
LINE VOOMの表示・投稿・シェア
※WEBからの利用
×
ディスカバー(写真・動画)の表示
ニュース記事詳細の閲覧×
ウォレットタブのLINE Payの利用
ウォレットタブのLINE家計簿の利用
設定および各項目の表示・編集
友だち追加画面の表示・各項目の操作・友だちの追加
プロフィールの表示・編集・投稿
検索の利用
OpenChatの利用×
スタンプショップの利用×
着せかえショップの利用×
LINEファミリーサービスの利用
(LINEマンガやLINEゲーム、LINE MUSICなど)
×
LINE Liteの利用×
海外のアプリストアでダウンロードしたLINEの利用×
他社サイトへの接続(URLなどをクリック)×
他社アプリへの遷移×

上記の表で「×」となっているものはLINEギガフリーの対象外となるため、あらかじめご注意ください。

なお、OSやブラウザ、アプリケーションなどのアップデートにより、対象となっている機能でもデータ通信容量が消費されてしまうことがあります。

特に、iOS 15以降でiCloud+を利用するときは、「プライベートリレー」がオンの状態でSafariからLINEギガフリー対象のサービスを利用した際、データ通信容量が消費されることがあるので注意が必要です。

iPhoneでLINEをたくさん使いたい方は、ぜひLINEMOを検討してみましょう。ギガが足りなくなった後でも、LINEの基本的な機能は高速で使えるようになりますよ。

【5月31日まで!】最大15,000円相当還元中!

メリット④:LINEMOなら無料でテザリングもできる

LINEMOならiPhoneでテザリングが無料で使えます。

パソコンでテレワークやゲーム機で遊びたいゲームをダウンロードしたり、LINEMOのデータ容量を自由に使えますよ。

とくにテザリングにおける通信量の制限などもないので、20GBの範囲内なら問題なく好きなペースで通信できます。

メリット⑤:キャンペーンでミニプランは1年間実質無料に!

LINEMOではキャンペーンを利用することで、ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイル以外からの乗り換えか、新しい電話番号での契約を条件に最大1年間実質0円で3GB990円のミニプランを利用できます。

PayPayポイントを数ヶ月にわたって還元するなどの条件により、実質0円になる仕組みです。

さらに、今なら20GBのスマホプランなら最大4ヶ月分が実質0円になるだけのPayPayポイントが還元されます。

キャンペーン終了日は未定なので、特典を利用してLINEMOをお得に使い始めたい方は早めに申し込みをしましょう。

LINEMOでは定期的にお得なキャンペーンが開催されているため、内容をしっかり見比べながら利用してくださいね!

メリット⑥持込端末補償 with AppleCare Servicesに対応している

LINEMOはiPhoneの保証サービスである「持込端末補償 with AppleCare Services」を提供しています。

LINEMO自体はスマホのセット購入が出来ませんが、他社で買ったiPhoneに保証を新しく付けられますよ。

料金は月額950円~1,480円で、例えばSE3なら950円で利用できますよ。

補償に加入していれば、iPhoneの故障時の修理・交換などを低価格で行なえます。

【5月31日まで!】最大15,000円相当還元中!

LINEMOで対応機種のiPhoneを使う際の初期設定までの流れ

白い箱の横にある青い iphone 5 c

LINEMOでiPhoneを使うには初期設定をしなければなりません。

ここでは通常のSIMカードとeSIMにおける設定方法をまとめました。

それぞれ2つの方法を紹介するので、より行いやすい方法を選んで初期設定をしてみてください。

通常のSIMカードをiPhoneの機種で利用する場合

まずはSIMカードを利用する場合の初期設定方法から紹介していきます。

SIMカードを利用する場合は「iOSとキャリア設定のアップデートを行う」または「APN設定をユーザー自ら行う」の2つの方法から選んでください。

SIMカードでの初期設定①iOSとキャリア設定のアップデートを行う

LINEMOでSIMカードを使う場合は、以下の手順で作業を進めましょう。

まずはiOSをアップデートするまでの流れをチェックします。

  1. iPhoneにLINEMOのSIMカードを入れてWi-Fiに接続
  2. 「設定」アプリを開き、「一般」「ソフトウェア・アップデート」の順に選択
  3. iOSのアップデートが利用出来る場合は、画面の指示に従って作業

以上の作業を行い、iOSのバージョンを14.5以上にしてください。

iOSのアップデートが完了したら、次はキャリア設定のアップデートです。

  1. 「設定」アプリを開き、「一般」「情報」の順に選択
  2. ポップアップで「キャリア設定アップデート」が表示されるので「アップデート」を選択

作業完了後にステータスバーの左側にある通信事業者名が「LINEMO」となっていれば、アップデートは成功です。

iPhoneで通信が出来るようになっているか確認しましょう。

SIMカードでの初期設定②プロファイルのインストールを自ら行う|APN設定は手動も可

上の方法がうまくいかなかった場合や、iOSのアップデートをしたくない場合は、自身でAPN設定を行いましょう。

通常のSIMカードをLINEMOで使う場合は、以下の手順で作業を進めてください。

  1. iPhoneにLINEMOのSIMカードを入れて、Wi-Fiに接続
  2. LINEMOの設定解説ページに掲載されているURLをSafariで開き、APN構成プロファイルをダウンロード
  3. 設定アプリを開き「プロファイルがダウンロードされました」の項目をタップ
  4. インストールボタンを押して、APN構成プロファイルのインストール

Safari以外のブラウザではプロファイルをダウンロードできないので、必ずSafariからリンクへアクセスしてくださいね。

eSIMで新規契約や乗り換えをする場合

eSIMカードを利用する場合は「LINEMO かんたん開通アプリを使う」または「APN設定をユーザー自ら行う」の2つの方法から選択できます。

アプリを利用すると簡単に初期設定を行えるので、まずは「LINEMO かんたん開通アプリを使う」を試してみてください。

eSIMでの初期設定①LINEMO かんたん開通アプリを使う

LINEMOではeSIMの初期設定を簡単に完了させられるアプリ「LINEMO かんたん開通アプリ」を提供しています。

iPhoneでeSIMを利用する場合は、このアプリをダウンロードするのがおすすめです。

ダウンロードまでの手順は以下の通りです。

  1. iPhoneをWi-Fiに接続
  2. App Storeで「LINEMO かんたん開通アプリ」をダウンロード
  3. アプリを起動し画面の指示に従って作業

アプリの指示通りに作業を行えば、すぐに通信が可能になります。

eSIMでの初期設定②APN設定をユーザー自ら行う

何らかの理由で「LINEMO かんたん開通アプリ」が利用出来なかった場合は、APN設定をユーザー自身で行いましょう。

以下の手順で作業を進めてください。

  1. LINEMOをeSIMで申込みメールで設定画面のURLを受信する
  2. 設定URLを開き、メールや自動音声通話で本人認証
  3. 画面に表示されたQRコードを読み取りプロファイルのダウンロード
  4. LINEMO申込時に設定した4桁の確認コードを入力
  5. 他社からLINEMOへ乗り換えた人は、回線の切り替え手続きを画面の指示に従って行う
  6. スマートフォンを再起動、LINEMOの設定解説ページに掲載されているURLをSafariで開いて、APN構成プロファイルをダウンロード
  7. 設定アプリを開き「プロファイルがダウンロードされました」の項目をタップ
  8. インストールボタンを押して、APN構成プロファイルのインストール

基本的には画面の指示に従って進めれば問題無いので、焦らず落ち着いて手順を進めましょう。

なお、LINEMOで使うiPhone以外にインターネットを使える機器がない場合は、以下の手順で設定を行えます。

  1. 設定アプリの「モバイル通信」を開き「モバイル通信プランを追加」をタップ
  2. 「詳細情報を手動で入力」をタップし、表示されている「SM-DP+アドレス」「アクティベーションコード」「確認コード」を入力

【5月31日まで!】最大15,000円相当還元中!

LINEMOでiPhoneを使う際の注意点

茶色の木製のテーブルに白いスマートフォン

最後にLINEMOをiPhoneを使う際に知っておきたい注意点をまとめます。

それぞれチェックして、問題ないかどうか確認してみてくださいね。

5Gの利用はiPhone 12シリーズやSE3以降で行える|SE2などは非対応

LINEMOは5G通信に対応していますが、iPhoneで5G通信を行いたい場合は5Gに対応するiPhone 12シリーズ以降のモデルを用意する必要があります。

11以前やSE2などのモデルは5Gが使えないことにご注意ください。

まだ日本国内の5Gエリアは十分に広がっているわけではないので、持っていない方が無理に5G端末を用意する必要はありません。

今後機種変更する際に、必要に応じて5G対応モデルを選べば問題ありません。

キャリアメールなど非対応なサービスもある

LINEMOではキャリアメールや留守番電話・転送電話など、ソフトバンクと違って非対応なサービスも多く存在しています。

LINEMO公式サイト等で確認して、問題ないかどうか判断したうえで申込みましょう。

ただし、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルから乗り換える場合に各社の「メール持ち運びサービス」を利用した場合はLINEMOでもキャリアメールが使えます。

月額330円の有料サービスではありますが、どうしてもLINEMOでキャリアメールを継続利用したい場合は検討してみましょう!

端末のセット購入や機種変更は不可!Apple Storeなどで入手が必要

LINEMOでは端末の販売を行っていないため、iPhoneも購入出来ないので注意してください。

機種変更も不可となっています。

iPhoneをまだ持っていなかったり、手持ちの機種が壊れてしまった場合は先に購入しておきましょう。

iPhoneはApple Storeやヨドバシカメラ、ビックカメラなどで新品のSIMフリーモデルを購入できます。また、中古ショップでも在庫があれば購入ができますよ。

ソフトバンクなど大手キャリアのショップやオンライン通販でも購入可能・分割プログラムへの加入も行えます。

現在ソフトバンクやドコモを使ってる人は先に使いたいiPhoneに機種変更しておく方法もありです。

paypayポイントも貯められる!

※詳細はソフトバンクの公式サイト(https://www.softbank.jp/mobile/)でご確認ください

最新iPhone14にも対応!

LINEMOで使うスマホはSIMロック解除を行う必要あり、12以前は注意!

iPhone 13以降に発売された機種は原則SIMロックはかかっていませんが、それ以前のものをLINEMOで使う場合は、スマートフォンのSIMロック解除が必須となっています。

ソフトバンクやワイモバイルで買ったスマホでも、LINEMOで使う場合はSIMロックが解除されたSIMフリー状態でなければいけません。

なお、ソフトバンクやワイモバイルで買ったスマホであれば、LINEMOに乗り換えた際SIMロックは自動的に解除されます。

ただし、eSIMを申し込む際やネットワーク利用制限中は自動でSIMロック解除されないので注意してくださいね。

My SoftBankやドコモオンライン手続き、My auなどのオンラインサイトからSIMロック解除状況を確認し、iPhoneのSIMロックを解除しておきましょう。

なお、キャリアでのSIMロック解除は分割払いかつ口座振替でiPhoneを購入している場合、購入日から101日目以降(または前回のSIMロック解除から100日経過)である必要があります。

SIMロック解除はオンラインなら無料ですが、キャリアショップだと3,300円の手数料がかかることにご注意ください。

機種変更時はバックアップやデータ移行を自分で行う必要あり

機種変更をする際はLINEMO内で端末購入ができないので、自分でApple Storeなどから新しいスマホ・iPhoneを購入する必要があります。

機種変更時は新しいスマホへデータを移すためのバックアップやデータ移行作業を自分で行わなければいけません。

難しいんじゃないの?と不安に感じるかもしれませんが、iPhoneからiPhoneへの機種変更なら実はとても簡単に出来ます。

古いiPhoneを起動した状態で新しいiPhoneの電源を入れれば「クイックスタート」機能を使ってすぐにデータ移行が出来ますよ。

手動でiCloudなどへのバックアップなどをしていなくても、直接iPhone同士でのデータ移行ができるようになっています。

Apple Watchの通信プランは未提供

iPhoneユーザーの場合、Apple Watchを一緒に使っている方も少なくないでしょう。

ソフトバンクでは、Apple WatchのCellularモデルとiPhoneを同じ電話番号で使える「Apple Watch モバイル通信サービス」が月額385円で提供されています。

しかしLINEMOへ切り替えると「Apple Watch モバイル通信サービス」は使えなくなります

GPSのみ対応のモデルを使っているなら問題ありませんが、CellularモデルのApple Watchで単体通信を活用している方はご注意ください。

LINEMO

3Gは2024年1月で終了するため繋がらない状態になる

LINEMO以外も含めて、ソフトバンクの3G通信サービスは2024年1月31日で終了となります。

それ以降は3Gでの通信ができなくなることに、ご注意ください。

iPhoneの端末補償はLINEMO内で提供あり

LINEMOでは端末のセット販売が行われていませんが、持込端末保証というオプションが提供されています。

手持ちのiPhoneに新しく端末保証をつけたい場合も、LINEMOなら問題なく追加が可能ですよ。

iPhoneユーザーの場合は「持込端末保証 with ApplpeCare Services」というオプション名で、X、XSシリーズ、11以降のProモデルは月額1,480円、15シリーズのProモデルは1,580円、SEは950円、無印モデル・miniモデル・8までのPlusモデルは1,180円、14Plusは1,350円です。

保証に加入していれば修理は自然故障・バッテリー交換なら無料、画面や背面ガラスの修理は3,700円などで負担してもらえます。

【5月31日まで!】最大15,000円相当還元中!

まとめ

LINEMOでもiPhoneを使うことができ、通常のSIMカードはiPhone 6s以降、eSIMはiPhone XR・XS以降が対応しています。

ただし、SIMロックが解除されたSIMフリーの状態であることが必須なのでご注意ください。

ソフトバンクユーザーがeSIMで申し込む場合やネットワーク利用制限されている場合、SIMロック解除状況を事前に確認し、SIMロック解除ができていることを確認してから申し込みましょう。

また、セット購入ができないので新しいiPhoneを用意する場合は自分で外部から購入する必要があるなど、細かい注意点も事前にしっかりチェックしておきましょう。

なお、LINEMO以外のahamoやpovo、格安SIMなどのiPhone対応状況が気になる方は下記記事もぜひ参考にしてみてください。

【5月31日まで!】最大15,000円相当還元中!

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事