\他社から乗り換えで6,000pt!/ au

LINEMOはデュアルSIM運用ができる!注意点や他社回線とのおすすめの組み合わせを解説

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

キャラクター画像
まま子さん
LINEMOって、デュアルSIM運用ができるのかしら?他社とセットで使って出費を抑えたり、便利に使いたいのよね…
キャラクター画像
すーちゃん
LINEMOは通常のSIMとeSIM契約両方に対応してるから、対応する端末があればすぐに始められてデュアルSIM運用にもおすすめなんだ。
キャラクター画像
まま子さん
そうなのね。LINEMOのデュアルSIMでの利用について、詳しく教えて!

2枚のSIMカードをスマホに入れて使うデュアルSIM運用ができれば、スマホ代を抑えられたり用途に合わせてSIMを使い分けられたりするので便利ですよね。

この記事では、LINEMOのデュアルSIM運用が可能かどうかや、おすすめのSIMの組み合わせなどについて解説します。

LINEMOを他社と組み合わせて便利に活用したい方は、参考にしてください。

デュアルSIMとは?LINEMOでも利用できる?

デュアルSIMとはスマホなどの対応する端末にSIMカードを2枚入れて使う機能のことです。

方法としては通常のSIMカードを2枚入れるか、1枚は通常のSIMカード、2枚目はデータのみをスマホにダウンロードする「eSIM」、そしてeSIM2枚での運用といったものがあります。

キャラクター画像
すーちゃん
端末ごとに、2枚のSIMカードを同時に使う方式は違っているよ。例えばiPhoneならSIMカード1枚+eSIMか、eSIM2枚(13シリーズやSE3以降)だね。

デュアルSIMのメリットは?

デュアルSIMなら2枚のSIMカードが使えるので、片方が圏外になってももう片方のアンテナが立っていればデータ通信に使うSIMを切り替えて通信・通話ができます。

キャラクター画像
すーちゃん
通信障害時も安心!

また、サブで使う回線に低価格な料金プランの物を使うことで安くたくさんの通信や通話を行えるのもメリットです。

他にも仕事とプライベートで使う電話番号を分けるなど、様々な使い方ができますよ。

LINEMOのSIMでもデュアルSIM運用可

LINEMOではデュアルSIM運用を問題なく行えます。

キャラクター画像
すーちゃん
そもそも、デュアルSIM自体は端末側の機能だからね。LINEMOを使えるスマホなどがあれば、デュアルSIM運用ができるよ。

LINEMOではSIMカード以外にeSIMも提供されているので、eSIMを使わなければデュアルSIM運用ができない端末などでも利用しやすいのが魅力です。

注意!デュアルSIM運用にはiPhone XS・XR以降などの対応端末が必要

デュアルSIM運用は全てのスマホでできるわけではありません。

デュアルSIM運用をするには以下のような対応スマホ等がなければいけません。

  • iPhoneのXSシリーズ・XR以降
  • Pixelの4シリーズ以降
  • GalaxyのS23シリーズ以降やZ Flip4・Fold4以降
  • XperiaのIVシリーズ以降など

機器の公式サイトなどで、デュアルSIMへの対応状況を確認できます。

端末ごとにSIMカードを2枚入れられたりeSIMとの組み合わせが必要だったりとデュアルSIMの運用方法が異なるのでご注意ください。

LINEMOではスマホが販売されていないので、家電量販店などで端末は自分で購入してくる必要があります。

LINEMOのデュアルSIM運用におすすめなのは3GB990円のミニプラン

LINEMOには3GB月額990円のミニプランと、20GB月額2,728円のスマホプランという2種類の選択肢があります。

LINEMOの料金プラン概要
ミニプラン スマホプラン
月額料金 990円 2,728円
データ容量 3GB 20GB
低速時速度 最大300kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し ×
5G対応
※表は右にスクロールできます
 

LINEMOにおいてデュアルSIM運用で契約するのにおすすめなのはミニプランです。

月額料金の負担が少ないので、メインの回線として他社の大容量プラン等と組み合わせても良いですし、非常用の予備回線として持つのにもおすすめできますよ。

乗り換えで最大10,000円相当!

LINEMOと他社格安SIM・格安プランのおすすめの組み合わせを紹介!

最後に、LINEMOと他社の格安SIMや格安プランにおけるデュアルSIM運用におすすめの組み合わせをまとめました。

さまざまなニーズ毎におすすめの組み合わせは変わってくるので、こちらを参考に自分に一番合いそうなSIMを探してみましょう。

LINEMO×povo2.0|足りないときのデータ追加や通信障害時の対策など万能に使える組み合わせ

povo banner

povo2.0はauがオンライン申し込み専用の格安プランとして展開しています。

月額基本料金が0円となっていて、トッピングを購入することで高速通信が可能となっています。

povo トッピング概要
月額基本料 390円 990円 2,700円 6,490円 12,980円 330円
データ量 1GB 3GB 20GB 60GB 150GB 使い放題
有効期限 7日間 30日間 90日間 180日間 24時間
低速時速度 128Kbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し ×
5G対応
※この表は右にスクロールできます
※上記は基本のトッピングのみです。この他に期間限定で提供されているものもございます

 

LINEMOがソフトバンク回線なのに対してpovo2.0はau回線なので、LINEMOが圏外になったときの予備回線として契約しておくのに最適です。

キャラクター画像
まま子さん
LINEMOが繋がらなくても、au回線のpovo2.0なら繋がる可能性があるわけね。

基本料金が0円なうえで24時間データ使い放題が330円などの低価格なプランがあるので、LINEMOで通信量がなくなったときなど、一時的に課金するのにも向いていますよ。

povo2.0は半年に1回以上課金をしなければ強制解約になってしまう場合があるので、契約したまま延々放置しておかないように注意しながら使いましょう。

キャラクター画像
すーちゃん
維持費が安いpovo2.0は、LINEMOとの組み合わせでまず検討したい選択肢だね。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

povo1.0・auからの変更はこちら

LINEMO×楽天モバイル|通話料金を抑えたい場合におすすめ

Rakutenmobile banner

楽天モバイルは3GBまでの通信量なら月額1,078円から使え、「Rakuten Link」アプリの利用により国内通話料金がもれなく無料でかけ放題となっています。

楽天モバイル「Rakuten最強プラン」概要
月額料金 1,078円 2,178円 3,278円
データ容量 3GBまで 3~20GBまで 20GB以上
通話料 国内通話無料(Rakuten Link使用時)
22円/30秒(標準アプリ使用時)
5G対応
※表は右にスクロールできます
 

LINEMOだと5分かけ放題が月額550円、国内通話かけ放題は1,650円なので、かけ放題専用のSIMとして契約すれば圧倒的に安く通話が行えます

キャラクター画像
すーちゃん
通信エリアはLINEMOと比べるとちょっと不安定なんだけど、通話料金の安さはかなり魅力的だね。通話用として契約するのにおすすめ!

また、楽天モバイルは上限3,278円で通信量も使い放題になります。

不定期にたくさん通信する月があるような方も、楽天モバイルを契約していれば金額の極端な上乗せ無しでたくさん通信できるので安心ですね。

楽天モバイルユーザーなら楽天市場での買い物時にポイント倍率が+5倍となる特典もあるので、楽天ヘビーユーザーが持っておくのにもおすすめですよ。

他社から乗り換えで6,000pt!

LINEMO×IIJmioは低価格でたくさん通信したい場合におすすめ

IIJmio banner

IIJmioはドコモとau回線から選ぶ事ができる格安SIMで、とにかく料金が安いのが特徴です。

IIJmio 「ギガプラン」概要
月額基本料 850円 990円 1,500円 1,800円 2,000円 2,700円 3,300円 3,900円
データ量 2GB 5GB 10GB 15GB 20GB 30GB 40GB 50GB
低速時速度 300Kbps
通話料 11円/30秒
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
※30GB以上のプランは2024年3月1日より提供開始

プランの選択肢も豊富で2GB、5GB、10GB、15GB、20GBといった選択肢を選ぶことが可能となっています。

一方のLINEMOは3GBか20GBしか選べず、その中間がありません。

3~20GBの中容量を使いたい場合は、LINEMOでミニプランを契約しつつIIJmioで2~20GBを使って組み合わせてみてはどうでしょうか。

IIJmioのデータeSIM月額料金
2GB 440円
5GB 660円
10GB 1,100円
15GB 1,430円
20GB 1,650円

上記はデータ通信専用かつeSIMの料金ですが、音声通話SIMと比較するとさらに料金が安くなり、2GB440円や10GB1,100円などで使えるため、デュアルSIMでの利用に最適ですよ。

6/3まで!初期費用割引中!

まとめ

LINEMOでデュアルSIM運用!

今回は、LINEMOのデュアルSIM運用について解説しました。

ポイント

  • LINEMOは3GB990円のミニプランと20GB2,728円のスマホプランを契約可能
  • LINEMOはiPhone XSシリーズなどの対応機種があれば、デュアルSIM運用ができる
  • LINEMOはeSIMでの契約にも対応している
  • デュアルSIM運用は通信障害や圏外の対策ができたり、通信量やオプションを組み合わせて1枚契約よりも便利に使えたりするのが魅力
  • povo2.0は維持費が安価でau回線、デュアルSIM運用に最適
  • 楽天モバイルは国内通話がかけ放題なので、通話重視の方におすすめ
  • IIJmioはデータeSIMなどが安価、ミニプランで通信量が足りない場合などにおすすめ

LINEMOは低価格かつeSIMでの契約もできるので、デュアルSIM運用に最適なサービスです。

今回の解説を参考に、LINEMOのデュアルSIM運用を行ってみてください。

なお、今回はLINEMOと他サービスとの組み合わせを紹介しましたが、他にも下記記事でおすすめの組み合わせを紹介してるので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

乗り換えで最大10,000円相当!

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事