LINEMOの速度は遅いの?口コミなどで考察!電波が悪いって本当?

この記事はPRを含みます

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。

最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

LINEMOを申し込むにあたって、通信速度が遅くなってしまわないか心配な方は少なくないでしょう。

この記事ではLINEMOの通信速度の仕様や実際に使っている人からの評判を解説します。

LINEMOの速度が気になっている方は参考にしてくださいね。

LINEMOの概要|料金プランは3GBのミニプランと20GBのスマホプラン

LINEMO

LINEMOはソフトバンクが提供するオンライン専用の低額料金プランです。

ソフトバンクの回線をそのまま使用しているので、料金が安いながらも通信速度が速くて安定しているのが特徴となっています。

料金プランはシンプルで以下の2種類存在しています。

LINEMOの料金プラン概要
ミニプラン スマホプラン
月額料金 990円 2,728円
データ容量 3GB 20GB
低速時速度 最大300kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し ×
5G対応
※新プラン「LINEMOベストプラン」は7月下旬以降提供予定です
※表は右にスクロールできます
 

LINEMOはソフトバンクの回線が使える!速度も安定し対応エリアも広い

引用:LINEMO公式サイト(https://www.linemo.jp/

LINEMO公式サイトでは、通信速度について「ソフトバンクの回線をそのまま利用しています」と書かれています。

「そのまま利用」という記述を踏まえて考えると、基本的に繋がるエリアや速度の差は設けられていないと考えられます。

LINEMOは4Gや5Gに対応、昼間も夕方も繋がりやすい

格安SIMだとお昼や夕方~夜にかけて速度が急激に落ちてしまうこともありますが、LINEMOでは「お昼も夕方も繋がりやすい」と書かれていました。

LINEMOなら朝・昼・夜と、全国的に快適に通信できると考えられますよ。

時間帯による速度の急激な変化も、LINEMOでは回線がよほど混み合うなどの特別な事情がない限り起こらないと考えて良いでしょう。

お昼休みなどに積極的にスマホを使う方も安心ですよね。

また、LINEMOは4Gだけでなく5Gにも対応しているので、対応のエリアなら5G回線を使ってより高速で通信できるのも嬉しいですね。

LINEMOは品質や公平性確保のために速度が制御される場合もある

LINEMO公式サイトには、「通信品質およびネットワーク利用の公平性確保のため、通信速度を制御する場合があります」という表記もあります。

つまり常時100%の高速で通信できるわけではなく、混雑状況などによっては速度が制限される場合もあることにご注意ください。

なお、制御時の具体的なスピードは「未定」となっています。そして通信速度の制御については、実は本家ソフトバンクにも存在する仕様です。

つまり通信速度の制御という仕様も、ソフトバンクと別に設けられている制限というわけではありません。

【ミニプラン】最大5,940円相当還元中!

LINEMOの通信速度の実測値を調査・比較

ソフトバンクの回線をそのまま使えるといっても、やはり具体的な速度を知りたい方は多いと思います。

そこで本章では、LINEMOの実測値を「みんなのネット回線速度」にて調べてみました。

LINEMO夕方深夜
下り実測値100.38Mbps50.44Mbps79.87Mbps79.98Mbps58.34Mbps
上り実測値14.11Mbps10.11Mbps22.27Mbps16.46Mbps13.4Mbps

※上記の測定値は実測3ヵ月分の平均値です。
※測定期間:2023年7月16日~2023年10月16日
※出典:みんそく

実測3ヶ月分の平均値を時間帯別に記載しましたが、どの時間帯でも比較的安定して高速であることがわかります。

キャリア回線を借りて通信サービスを提供している格安SIMは通信が不安定になることがあり、特に昼などネットを使う人が多い時間帯は遅くなる傾向にありますが、LINEMOは昼でも50Mbps以上をキープしているので、時間帯を問わずネットを快適に使うことが可能でしょう。

スマホを快適に使用できる目安の通信速度は30Mbps前後といわれているので、LINEMOは問題なく使えますね。

ソフトバンクとLINEMOの通信速度を比較

ソフトバンクとLINEMOの下りの実測値を比較しました。

項目LINEMOソフトバンク
100.38Mbps118.49Mbps
50.44Mbps67.76Mbps
夕方79.87Mbps100.57Mbps
79.98Mbps55.74Mbps
深夜58.34Mbps122.49Mbps

※上記の測定値は実測3ヵ月分の「下り速度」の平均値です。
※測定期間:2023年7月16日~2023年10月16日
※出典:みんそく

上記の結果を見る限り、LINEMOとソフトバンクの実測値はほぼ変わらないと見て良いでしょう。

料金を安くしたいがネットも時間帯問わず快適に使いたい、という方にLINEMOは適してますね。

ワイモバイル・LINEモバイルと比較

LINEMOと、同じソフトバンク系列であるワイモバイル・LINEモバイルの通信速度を比較しました。
※LINEモバイルは新規受付を終了しています。

項目LINEMOワイモバイルLINEモバイル
100.38Mbps142.29Mbps45.01Mbps
50.44Mbps59.23Mbps46.75Mbps
夕方79.87Mbps95.5Mbps22.48Mbps
79.98Mbps87.57Mbps39.47Mbps
深夜58.34Mbps113.85Mbps69.48Mbps

※上記の測定値は実測3ヵ月分の「下り速度」の平均値です。
※測定期間:2023年7月16日~2023年10月16日
※出典:みんそく

ワイモバイルもLINEMOと同様、ソフトバンクの回線をほぼそのままの品質で使えるため、LINEMOとあまり大きな差はありません

一方でLINEモバイルは従来の格安SIMと同様にキャリアの回線を借りて通信サービスを提供したため、昼など利用者が多い時間帯は速度が低下する傾向にあります。

料金を抑え、尚且つ快適にネットを使いたいのであれば、格安SIMよりもLINEMOの方がおすすめですよ。

通信量超過後は速度が最大300kbpsまたは1Mbpsに制限される

引用:LINEMO公式サイト(https://www.linemo.jp/

LINEMOはスマホプランだと月20GB、ミニプランは3GBまで高速通信ができる仕様で、使い切ると月が変わるまでの間、スマホプランは速度が最大1Mbps、ミニプランは最大300kbpsになります。

以下に各社の速度制限時の最大速度をまとめましたが、1Mbpsは速めの部類に入ります。

各キャリアの制限中の速度
ドコモ、au、ソフトバンク最大128kbps
格安SIM、LINEMO(ミニプラン)最大200kbps~300kbps
UQモバイル、ワイモバイル最大1Mbps
ahamo、povo(1.0)、LINEMO(スマホプラン)最大1Mbps
povo2.0最大128kbps

LINEMO以外にも、ahamoやpovo(1.0)といった他大手キャリアの新プランはいずれも速度制限時を最大1Mbpsに設定、UQモバイルワイモバイルも最大1Mbpsとなっています。

1Mbpsは遅い?速い?YouTubeは観られるの?

LINEMOの速度制限時の速度である最大1Mbpsは決して速くはないものの、使っていてストレスが溜まる場面はそれほど多くありません。

ネットサーフィンやSNS、低画質での動画再生といった軽い用途なら、読み込み時間の長さに悩まされずに使い続けられます。

1Mbpsで読み込みが長くなるなどの問題が起こりやすいのは、以下のような一部の場面に限られます。

  • 画像や動画の多いWebサイト・SNSなどの閲覧
  • 大容量のアプリやゲームソフトのダウンロード
  • 高画質の動画閲覧やビデオ通話
  • 大容量ファイル等のやりとり

速度制限による読み込み時間の長さに悩まされずに大容量の通信を行いたい場合は、光回線などの固定回線を別途契約するか、ドコモのギガホプレミアなどさらなる大容量・使い放題系プランを選びましょう。

300kbpsだとどんなことができる?

ミニプランの速度制限時の速度である最大300kbpsは文字中心のSNSやメッセージアプリ、メールといった用途であればそこそこ快適です。

画像が少ないページなら、Webサイトの閲覧も概ねスムーズに行なえますよ。

動画再生はかなり画質を下げればなんとか見られますが、検索結果の画像が全然出てこないことがあるなど、ややストレスがあります。

いつでも快適に通信したいならスマホプランがおすすめで、ミニプランは普段の通信量が3GBに収まり、用途が軽めな人に最適と考えられます。

LINEMOでは1GB 550円で高速通信データ量の追加も可能

LINEMOで契約した通信量を使い切ってしまってからも高速通信を行いたい場合、1GB 550円で高速通信量を追加できます。

速度制限中に一時的に高速で通信したくなった場合などは、必要に応じてデータ量の追加を行ってみてください。

【ミニプラン】最大5,940円相当還元中!

LINEMOの速度は評判が良い?口コミを調べてみた

LINEMO

LINEMOの通信速度は速いのか、SNS上で実際に使っている人が実測速度を投稿している口コミを調べてみました。

口コミのタイトル
  • LINEMO Googleのスピードテスト結果 DL 58.5Mbps UL13.8Mbps レイテンシ24ms 結構な速さ。 —はぐれ遊民 (@i_wan_ya)July 23, 2021
  • LINEMOめっちゃ速いじゃーーん SIMの切り替えもアプリで手順通り押してくだけですごい楽だったし〜! 無料通話1年無料だしLINEMOしか勝たんわ〜 —奈々子 (@nananana_nanako) February 4, 2023
  • LINEMOはめちゃくちゃお得だと思います。通信速度も速いですしキャンペーンも強いですし、実際使ってても不便がなさすぎて最強です? —マルク (@Marc_life_)April 25, 2023
  • LINEMOが、家の近所だとアプリ起動に1分くらいかかるレベルですごい遅い。駅だと速くなるから、エリア的に弱い場所なのかなー —杯 (@sakazuki3154)May 10, 2023
  • LINEMOにしてからマジ快適。 昼でも普通につながるし、変えてよかった! —シャロ (@syaro_nm7)May 4, 2023

約60Mbps台という、十分なスピードが出ていることがわかります。フルHDでの動画再生など、速さが求められる場面でも十分対応できると考えられますね。

100Mbps超えという、大手キャリア並の速度で通信できているという口コミもありました。

一方であまり速度が出ず、がっかりしている声もいくつか見つかっています。

スマホ回線は、使う場所や時間帯によって速度が変動しやすいので、人によってはあまり高速で使えない場合もあることにご注意ください。回線が混み合いやすいお昼でも速度が安定していることが伺えます。

以上の通り、LINEMOの通信速度には賛否それぞれの声がありました。

【ミニプラン】最大5,940円相当還元中!

LINEMOのつながりが悪い・速度が遅い原因

LINEMOの通信速度は大手キャリアとほぼ変わらないとわかりましたが、つながりが悪い・速度が遅い時はどのような原因が考えられるのでしょうか。

原因
  • ギガを使い切ってしまって速度制限がかかっている
  • 昼休みや災害時など回線が混雑している
  • トンネルや地下など電波が入りにくい場所にいる
  • スマホの故障や不具合

LINEMOのつながりが悪い・通信速度が遅い原因について詳しく見ていきましょう。

ギガを使い切ってしまい速度制限(低速モード)がかかっている

LINEMOでは20ギガまたは3ギガを利用でき、1ヶ月の間に使い切ってしまうと月末まで速度制限がかかります。

データ超過後はスマホプラン(20ギガ)の場合1Mbps、ミニプラン(3ギガ)の場合300kbpsに制限されるため、突然通信速度が遅くなったと感じた際には、一度ギガを使い切っていないかチェックしましょう。

なお、使い切ってしまった際には、LINEMOからSMSにて速度制限を実施している旨のメッセージが届きます。

昼休みや災害時など回線が混雑している

一時的にアクセスユーザーの増加により回線が混雑し、通信速度が遅い・つながりにくくなる場合があります。

つながりにくい場合
  • 昼休みなどスマホを使っている人が多い場合
  • 災害発生時など情報収集のために多くの人が回線にアクセスしている場合
  • 特定のニュースやイベントに対してアクセスが集中している場合

一時的に速度が遅くなる・つながりにくくなるケースとして、上記のようなものが考えらえます。

災害時などの緊急時はやむを得ませんが、それ以外の場合は利用する時間帯をずらすなどして対処しましょう。

トンネルや地下など電波が入りにくい場所にいる

電波はどうしてもコンクリートなどの障害物に阻まれやすいため、トンネルや地下などは電波が入りにくくなります

また、高層ビルの間なども電波が繋がりにくくなる恐れがあるので、急に繋がらなくなった際にはまず今いる場所を確認しましょう。

場所を移動して再度通信を試してみてください。

使用中のスマホの故障や不具合

ギガの使用量や利用場所・時間帯に問題がなければ、LINEMOで使用中のスマホの故障や不具合が原因である可能性も考えられます。

スマホの平均寿命はおよそ2年から3年程度といわれているので、経年劣化が疑わしい場合は買い替えを検討することをおすすめします。

また、スマホを再起動することで改善される症状も多いので、スマホの調子が悪いと感じた際にはぜひ試してみてください。

【ミニプラン】最大5,940円相当還元中!

契約時は他社とも比較・検討を忘れずに!おすすめの格安SIM・プランを紹介

LINEMO以外にも、通信速度が速く快適に通信できる格安SIMや格安の料金プランがあります。

かんたんにおすすめのサービスを紹介するので、契約先を検討する際の参考にしてくださいね。

なお、ここで紹介する格安SIM以外についても知りたい方は、下記記事もぜひ参考にしてみてください。

ahamo|安心・安定のドコモ通信ネットワーク

ahamo banner

ahamoは20GB+5分かけ放題で月額2,970円となっています。

ahamo 料金プラン概要
月額基本料 2,970円 4,950円
データ量 20GB 100GB
低速時速度 1Mbps
通話料 22円/30秒
無料通話 5分かけ放題付帯
データ繰り越し ×
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

4,950円で100GB+5分かけ放題の「ahamo大盛り」を利用することもできますよ。

ahamoには小容量プランがないというデメリットがありますが、ドコモの料金プランなので日本全国非常に広いエリアで通信・通話をしっかり行えます

ソフトバンクが身の周りで繋がりづらい場合などは、ahamoもぜひ検討してみてください。

5分無料通話付き!

povo2.0|基本料0円・任意でトッピングして通信

povo banner

auの格安プランであるpovo2.0は基本料金がなんと0円で、3GB・30日間990円などの有料トッピングを行うことで高速なデータ通信が行えます。

povo トッピング概要
料金 390円 990円 2,700円 6,490円 12,980円 330円
データ量 1GB 3GB 20GB 60GB 150GB 使い放題
有効期限 7日間 30日間 90日間 180日間 24時間
低速時速度 128Kbps
通話料 22円/30秒
データ繰り越し ×
5G対応
※この表は右にスクロールできます
※上記は基本のトッピングのみです。この他に期間限定で提供されているものもございます

 

手動でアプリからトッピングを購入する手間はかかるので、それが苦にならない方やタブレットなどで不定期に使う方におすすめしたいのがpovo2.0ですね。

新規契約/他社からの乗り換えはこちら

楽天モバイル|通信し放題・かけ放題も無料

Rakutenmobile banner

楽天モバイルは楽天が提供している安価なキャリアのサービスで、3GBで1,078円〜使い放題3,278円という価格設定です。

出典:楽天モバイル公式サイト(https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/saikyo-plan/)

なんといっても上限3,278円で使い放題なのは非常に魅力的、できるだけ安くスマホを使いつつ大容量の通信は行いたいという方におすすめです。

楽天モバイル「Rakuten最強プラン」概要
月額料金 1,078円 2,178円 3,278円
データ容量 3GBまで 3~20GBまで 20GB以上
通話料 国内通話無料(Rakuten Link使用時)
22円/30秒(標準アプリ使用時)
5G対応
※表は右にスクロールできます
 

国内通話も無料でかけ放題のため、長電話などをする場合でも負担を大幅に抑えられますよ。

ただし楽天モバイルはLINEMOやahamo、povoと比べるとまだまだエリアが狭く、繋がりづらい場所もあるのがデメリットです。

他社から乗り換えで6,000pt!

UQモバイル│ネットもau回線で安定

出典:UQモバイル公式(https://www.uqwimax.jp/mobile/)

UQモバイルはauと同じKDDI株式会社が運営している格安SIMです。

UQモバイル 料金プラン概要
ミニミニプラン トクトクプラン コミコミプラン
月額基本料 2,365円 2,277円・3,465円 3,278円
月額基本料
(最大割引時)
1,078円 990円・2,178円 割引無し
データ量 4GB 1GB・15GB 20GB
低速時速度 最大300Kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
無料通話 付帯なし 10分以内通話無料
データ繰り越し
5G対応
※この表は、右にスクロールできます
 

povoと同じくauの回線がそのまま使えるため、通信速度が安定していると定評があります。

また、auひかりやでんきとセットで使ったり、家族みんなで使ったりすることで適用される割引など、割引サービスが充実している傾向にあります。

家族利用を考えている方にもぴったりですよ。

LINEMOと各社の通信速度を比較

これまで紹介してきた他社とLINEMOの通信速度を比較します。

項目LINEMOahamopovo楽天モバイルUQモバイル
100.38Mbps69.97Mbps83.51Mbps100.04Mbps85.89Mbps
50.44Mbps43.71Mbps77.76Mbps60.51Mbps68.83Mbps
夕方79.87Mbps69.42Mbps138.99Mbps68.92Mbps71.07Mbps
79.98Mbps61.52Mbps71.84Mbps72.68Mbps71.26Mbps
深夜58.34Mbps67.87Mbps109.59Mbps121.63Mbps98.05Mbps

※上記の測定値は実測3ヵ月分の「下り速度」の平均値です。
※測定期間:2023年7月16日~2023年10月16日
※出典:みんそく

快適にスマホを使う上で必要な通信速度は30Mbps前後なので、基本的にどの会社も問題なくスマホを使うことができます。

一方で料金やサービス内容は会社によって異なるので、各社を比較し、どの会社が自分に1番合っているのか見極めましょう!

まとめ:LINEMOはソフトバンクとほぼ同じ速度でネットが使える!

LINEMOの通信速度は、ソフトバンクの回線をそのまま使用しているため、本家ソフトバンクと同じでと考えて問題ありません。

安価な料金で高品質な通信環境でスマホを利用したい方はぜひLINEMOを検討してみてください。

SNS上ではLINEMOの速度に関する口コミが日々投稿されているので、申込みの際は今回の解説と合わせて参考にしてみることをおすすめします。

【ミニプラン】最大5,940円相当還元中!

・当サイトで紹介の内容は各商品やサービス等を提供する企業様の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている内容は各商品やサービス等の内容について何らかの保証をするものではありません
・当サイトの内容は各記事の作成日・更新日現在のものとなっております。それ以降に内容が変更されている場合がございます。最新の情報は各公式サイトにてご確認いただきますようお願いいたします
・当サイトで紹介されている内容は当社の意見であり、各企業等の意見を代表するものではありません
・当サイトで紹介されている意見は、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものではありません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事